2019年1月23日更新

ザンビプロジェクトについて徹底解説!齋藤飛鳥主演ドラマ放送開始!

ザンビ

秋元康プロデュース、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46出演の「ザンビプロジェクト」が2018年11月から始動。この記事では「ザンビ」とは何か?どのメンバーが出演するのか?など現在発表されている第四弾までの本プロジェクトについてまとめました。

ザンビプロジェクトについて解説します!

「ザンビプロジェクト」とは乃木坂46の全国ツアー「真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~」(2018年7月)にて発表されたプロジェクト。本プロジェクトには乃木坂46、欅坂46、けやき坂46のメンバーが出演します。 2018年11月16日から25日に行われた第一弾の舞台に続いて、第二弾のドラマ、第三弾のアプリゲームが次々発表され、2019年1月現在第四弾の舞台まで情報解禁が行われています。 この記事ではザンビプロジェクトについて解説します。

そもそもザンビとは?

ザンビとは「残美」とも書き、生と死の間にある存在。残美信仰が残るある村では昔、生きながらにして埋葬された女性が災いをもたらしたと言い伝えられています。 ザンビに噛まれてから発症するまで1週間かかるため、見た目だけではザンビとは判断できないのが大きな特徴だそう。 このザンビをテーマに舞台やドラマで繰り広げられるホラーサスペンスが「ザンビプロジェクト」なのです。

第一弾:舞台『ザンビ』

日程:2018年11月16日(金)~25日(日) 

プロジェクトの皮切りとしてスタートした舞台『ザンビ』は、TOKYO DOME CITY HALLで2018年11月16日〜25日の間講演。この舞台は「体感型舞台」と言われ、実際にステージ上に観客も濡れたり汚れる「ザンビスペシャルシート」なるものも設けられました。 また、TEAM“RED”、TEAM“BLUE”の各6名のメンバーがそれぞれ同じ役を演じ、基本的には1日1講演ずつ、合計2講演の構成となっています。また、「“ザンビ”アフターライブ」といったような、講演に際したメンバープロデュースのイベントが行われました。 舞台の世界ではすでにザンビの感染が蔓延しており、ストーリーの主人公は収容所に送り込まれた6名の女子高生。彼女たちは「ザンビに感染しなければ他の収容所へ移動させてやる」と言われますが、現実は厳しく。周りの収容者も含め、次々と感染の輪が広がっていきます。そんな中で変わっていく彼女たちの気持ちや立場、どうザンビに立ち向かっていくかが見所となっています。

TEAM“RED”、“BLUE”のメンバー一覧

【RED】鳴沢摩耶/与田祐希(乃木坂46)

勇敢な性格で、杏奈を守るために果敢にザンビに立ち向かうのが鳴沢摩耶。REDでは乃木坂46の与田祐希が演じました。与田は乃木坂46の3期生で、過去には舞台『3人のプリンシパル』で三役をこなしています。 そんな与田が演じる摩耶は、最後までザンビに感染しない3人のうちの1人。しかし、杏奈を守ったことで収容所から逃げ切れず、そのまま収容所は爆破されてしまいます。

【BLUE】鳴沢摩耶/久保史緒里(乃木坂46)

BLUE版摩耶を演じたのは乃木坂46の3期生の久保史緒里。雑誌『Seventeen』の専属モデルも務めています。 久保はミュージカル経験などないものの、歌唱力や演技力に高い評価が集まっていました。

【RED】一之瀬杏奈/山下美月(乃木坂46)

弱気な性格で、姉がザンビ化してしまい、殺されてしまうという過去を持つ杏奈。彼女を演じたのは乃木坂46の3期生、山下美月。山下は乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」で主人公を演じた経験を生かし、舞台『ザンビ』でも高い評価を得ました。 杏奈も最終的に生き残るメンバーですが、自分を守った摩耶を置いて収容所から逃げなければなりませんでした。

【BLUE】一之瀬杏奈/梅澤美波(乃木坂46)

BLUE版杏奈を演じたのは乃木坂46の梅澤美波。梅澤は山下とともに、過去に乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」に出演。また、舞台『七つの大罪 The STAGE』にも出演していました。

【RED】桂雪穂/土生瑞穂(欅坂46)

雪穂は学級委員長で、男勝りなキャラクターで、言葉遣いも少々きついところがあります。しかし、明るい性格の持ち主でもあります。 RED版雪穂を演じたのは欅坂46の土生瑞穂。身長が170cm超あり、ファッション雑誌『JJ』の専属モデルも務めています。土生にとって本作が初の舞台出演となりました。 雪穂は途中でザンビ化してしまい、摩耶や杏奈に襲いかかるようになってしまいます。

【BLUE】桂雪穂/菅井友香(欅坂46)

BLUE版雪穂は欅坂46のキャプテン、菅井友香が演じました。雪穂は普段のおしとやかなキャラクターとは正反対の強気女子。しかし、見事に演じ切りました。

【RED】一色彩菜/小林由依(欅坂46)

彩菜は女子高生らしい明るさも持ちつつ、正義感の強いキャラクター。欅坂46の小林由依が演じました。舞台出演は本作が初。 小林は雑誌『with』の専属モデルでもあります。また、『第69回NHK紅白歌合戦』や『第60回日本レコード大賞』では平手友梨奈の代わりにセンターを務めたことでも注目を浴びました。 彩菜も最終的にはザンビに襲われてしまいます。

【BLUE】一色彩菜/守屋茜(欅坂46)

BLUE版彩菜を演じたのは欅坂46副キャプテンの守屋茜。彩菜の明るいキャラクターが守屋の活発なキャラクターによってさらに引き立てられていたという評価も上がっていました。

【RED】本宮佳蓮/齊藤京子(けやき坂46)

佳蓮は雪穂や彩菜の後輩。後述するゆかりとともに、他の4人より早く収容所に送り込まれていました。佳蓮は後輩ではあるものの、真面目で正義感あふれるキャラクターです。 佳蓮を演じたのはけやき坂46の齊藤京子。過去には舞台『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に出演しています。 佳蓮は6名の中で初めにザンビに感染し、摩耶のフェンシングの剣に刺され殺されてしまいます。

【BLUE】本宮佳蓮/柿崎芽実(けやき坂46)

柿崎芽実はけやき坂46のメンバー。漢字・ひらがなを合わせた欅坂46の中で最年少です。柿崎は、齊藤、加藤とともにドラマ「Re:Mind」に出演していました。

【RED】飯野ゆかり/小坂菜緒(けやき坂46)

佳蓮と同じく、後輩のゆかりはビビリなキャラクターで佳蓮といつも一緒にいます。RED版ゆかりを演じたのは、けやき坂46の2期生の小坂菜緒。 小坂は雑誌『Seventeen』の専属モデルでもあります。 ゆかりも神様に救いを祈るものの叶わず、ザンビに感染してしまいます。

【BLUE】飯野ゆかり/加藤史帆

BLUE版ゆかりはけやき坂46のメンバー。本人曰く、女の子らしくない性格のため、その反対のキャラクターであるゆかりを演じるために沢山練習を重ねたそう。

第二弾:ドラマ『ザンビ』

放送日:2019年1月23日(水)〜

第二弾として発表されたのがドラマ『ザンビ』の放送。主演を乃木坂46の齋藤飛鳥に迎え、乃木坂46のメンバーによって新たな物語が始まります。日本テレビにて、2019年1月23日から毎週水曜深夜0:59放送されます。 舞台は収容所から、「フリージア学園」という女子校へ。学園の生徒たちは修学旅行の途中で訪れた村で一夜を過ごすことになりますが、そこで出会った男性(片桐仁)にこの村から早く出て行くことを促されます。無事に学園に戻りますがそれ以来、彼女たちの周りで次々と奇妙なことが起こり……。

ドラマ版『ザンビ』のメンバー一覧

山室楓/齋藤飛鳥

フリージア学園2年生。幼い頃両親を亡くしており、クールな性格の持ち主です。幼馴染である亜須未(秋元真夏)には心を許していますが、孤高の存在。 そんな楓を演じるのは齋藤飛鳥。映画『あの頃、君を追いかけた』でヒロインを演じたりと、活躍の場を広げています。 また、齋藤演じる楓の映像が舞台版『ザンビ』でも流されるなど、情報解禁前から注目を浴びていました。

諸積実乃梨/堀未央奈

実乃梨はフリージア学園2年生。学級委員長で成績優秀、明るく誰とでも仲良くなれる性格の持ち主という完璧女子。学園で奇妙なことが起きて以来、楓とともに行動を共にするようになります。 実乃梨を演じるのは堀未央奈。堀は2019年に初主演を務めた映画『ホットギミック』の公開を控えています。

甲斐聖/与田祐希

フリージア学園2年生。人見知りでクラスにはあまり馴染めていません。オカルト好きで霊感の持ち主ではありますが、お化けは苦手だそう。楓が学園の異変に気付いた際に話しかけ、そこから優しい楓に信頼を置くようになります。 聖を演じるのは与田祐希。舞台『ザンビ』では勇敢な役を演じていましたが、ドラマではまた違った一面を見ることができそうですね。

西条亜須未/秋元真夏

フリージア学園2年生。楓とは幼馴染で、性格は真反対の明るい性格。写真部の部長も務めており、社交的で活発なキャラクターです。演じるのは1期生の秋元真夏。 そんな秋元演じる亜須未がザンビ化し、他の生徒に襲いかかる写真がドラマ放送前に解禁。ザンビ化してしまった親友に対して楓がどう立ち向かうか気になるところです。

秋吉凛/星野みなみ

フリージア学園2年生。忘れ物をよくするなど天然な性格の持ち主。また、天真爛漫な性格のおかげでクラスのムードメーカー的存在でもあります。 そんな凛を演じるのは1期生の星野みなみ。プライベートでも仲の良い齋藤飛鳥や堀未央奈と、どう関わっていくのかも注目ポイントではないでしょうか。

榊瀬奈/寺田蘭世

フリージア学園2年生。テニス部の主将を務めており、性格は勝気で負けず嫌い。凛の親友でもあります。クラスには凛のおかげで馴染めたため、天然な彼女をいつも気にかけています。 瀬奈を演じるのは2期生の寺田蘭世。寺田は、乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」では、セーラーマーズ(火野レイ)役を演じました。

金村優衣/山下美月

フリージア学園2年生。いじめグループのリーダー格で、何でも思っていることを口にするなど気が強い性格。基本的に器用な性格ですが、一番になれず傷つくことを避けているため、本気で何かに取り組むことをしなくなりました。 優衣を演じるのは3期生の山下美月。山下は舞台『ザンビ』で演じた弱気な性格から一変、いじめっ子を演じることとなりました。

花村穂花/久保史緒里

フリージア学園2年生。美術部に所属しています。真面目な性格で、成績も優秀。喘息持ちで体が弱く、もともとは内気な性格。しかし、親友である柚月(大園桃子)のおかげで友達が増え、だんだんと明るくなっていきました。そのため、柚月には誰よりも心を開いています。 穂花を演じるのは3期生の久保史緒里。久保も舞台『ザンビ』に出演していましたが、その時は与田と同じく勇敢にザンビに立ち向かう役柄を演じていました。

先川柚月/大園桃子

フリージア学園2年生。吹奏楽部に所属しています。体の弱い親友・穂花を自分が支えなければならないという使命感を持って彼女のそばにいます。また、あまり自分から前に出るキャラクターではありませんが、面倒なことも進んで引き受ける真面目な性格の持ち主です。 柚月を演じるのは3期生の大園桃子。18thシングル「逃げ水」でシングル表題曲のセンターに初めて選出されました。

佐倉鈴音/渡辺みり愛

フリージア学園2年生。漫画研究会に所属しています。内向的で人に怒ったことがないほどの優しい性格の持ち主のため、嫌なことでもすべて受け入れてしまいます。そんな性格が災いし、優衣たちのグループからいじめられるようになってしまいます。 鈴音を演じるのは2期生の渡辺みり愛。乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」ではセーラーマーキュリー(水野亜美 )を演じました。

五十嵐麗奈/伊藤純奈

フリージア学園2年生。優しい性格で、クラスメイトの上杉砂羽と仲良し。修学旅行から帰ってきた後、聖が楓や実乃梨とともに行動するようになったことに対して、密かに寂しさを感じています。 麗奈を演じる伊藤純奈は2期生。伊藤は『七色いんこ』や『犬夜叉』などの舞台に数多く出演しています。

美しい女/新内眞衣

「美しい女」という肩書き以外、名前も公開されておらず全てが謎な存在。しかし、フリージア学園の制服を着ているため学園の生徒ではありそうです。 そんな謎の女性を演じるのは2期生の新内眞衣。新内も『続・時をかける少女』などの舞台に出演経験があります。

藤崎麻里奈/鈴木絢音

フリージア学園1年生。生徒会に所属しており、実乃梨の後輩にあたります。正義感が強く、論理的な性格の持ち主。あらゆる時も冷静な判断をし、物事を考える際には順序立てて考えます。 麻里奈を演じるのは2期生の鈴木絢音。鈴木はテレビ朝日の『19の夜~大人でも子供でもない夢前夜~』というバラエティー番組にてナレーション業も行いました。

木内加奈/梅澤美波

フリージア学園2年生。生真面目な性格の持ち主ではありますが、優衣のいじめグループに所属しており、クラス内カーストでは上位に君臨。また、負けず嫌いで行動力の持ち主でもあります。 加奈を演じるのは、梅澤美波。梅澤は山下と同じく、舞台版『ザンビ』の弱気な杏奈から一転、いじめっ子・加奈を演じます。

本多恭子/吉田綾乃クリスティー

フリージア学園2年生。恭子も加奈と同じく、いじめっ子グループに属しており、クラスカースト上位の生徒。楽観的で、感情のまま自由に行動します。 恭子を演じるのは3期生の吉田綾乃クリスティー。名前や顔立ちからハーフかと思われがちですが、生粋の日本人。ハワイ移住を計画した父親が、ハワイでも日本でも通用するようにこの名前を命名したそう。本人は英語を喋れないそうですが、恭子は帰国子女という設定。

関あずさ/佐藤楓

フリージア学園2年生。あずさもいじめグループに所属しており、クラスカースト上位。実際は真面目で優しい性格の持ち主ですが、流されやすい一面を持ち合わせています。そのため、優衣に従ったままいじめっ子グループに。 あずさを演じるのは3期生の佐藤楓。おっとりした性格の佐藤は22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」で初めて選抜入りを果たしました。

一条詩織/伊藤理々杏

フリージア学園2年生。合唱部に所属しています。控えめな性格で、人になんでも譲ってしまうお人好しです。修学旅行から帰った後に、学園で奇妙な光景を目撃します。 詩織を演じるのは3期生の伊藤理々杏。沖縄出身でしっかりした性格の持ち主です。

内藤恵美/岩本蓮加

フリージア学園1年生。後輩らしく、誰にでも可愛がられる愛らしい性格の持ち主。修学旅行後、学園で起きた異変に気づき、姿を潜めることに。 恵美を演じるのは3期生の岩本蓮加。岩本は2004年生まれ、乃木坂、ひらがな漢字欅を含めた坂道シリーズの中で最年少です。

庄司美緒/向井葉月

フリージア学園2年生。剣道部の主将を勤めています。まっすぐな性格の持ち主で、武装集団としてザンビに立ち向かいます。 美緒を演じるのは3期生の向井葉月。大食いで明るく、面白い性格が魅力的です。

小島弥生/阪口珠美

フリージア学園1年生。漫画研究会に所属しています。美琴(中村麗乃)とは親友で、周りを寄せ付けないほどのオーラを出し、2人だけの世界を作り上げています。 弥生を演じるのは3期生の阪口珠美。乃木坂46加入前は芸能プロダクション「ノンシュガーレーベル」の研究生でした。

椎名美琴/中村麗乃

フリージア学園1年生。漫画研究会に所属しています。親友である弥生とともに2次元の世界に没頭。また、いじめを受けています。 美琴を演じるのは3期生の中村麗乃。過去にはガールズエンタメ演劇集団「演劇ガール☆フューチャ」のメンバーでもありました。

第三弾:ゲームアプリ『乙女神楽 ~ザンビへの鎮魂歌~』

リリース日:2019年内

「ザンビ」プロジェクト第三弾として発表されたのはRPG型アプリゲームのリリース。アプリ内出演者はドラマメンバーと同じ21名。 舞台は東京。国は、東京を「汚染地帯」としてザンビの感染者と生存者とともに隔離。月日が経ち、主人公が無法地帯と化した東京にて、山室楓(齋藤飛鳥)と出会うこととなります。 未だ詳しい情報は解禁されていませんがティーザーが解禁。アプリのプレイヤーは、それぞれ能力を持った乃木坂メンバーをピックアップしザンビと戦うのではと予想されています。

第四弾:舞台『ザンビ~Theater's end~』

日程:2019年2月7日(木)~17日(日)

第四弾は第一弾と同じく舞台。しかし、第一弾が「体感型舞台」だったのに対し、第四弾は「完全体感舞台」だそう。未だ情報が解禁されていないので詳細は不明ですが、よりパワーアップした舞台になっていそうですね。 そして、新メンバーも発表されました。第一弾と同じく、坂道シリーズ合同で行われます。気になるメンバーは以下の通り。

TEAM BLACK:伊藤理々杏(乃木坂46)、石森虹花(欅坂46)、潮紗理菜(けやき坂46)

TEAM YELLOW:阪口珠美(乃木坂46)、織田奈那(欅坂46)、松田好花(けやき坂46)

TEAM GREEN:岩本蓮加(乃木坂46)、渡辺梨加(欅坂46)、佐々木久美(けやき坂46)

2019年2月7日から17日まで、大阪の天王洲 銀河劇場 で上演予定です。

ザンビプロジェクト、ドラマ主題歌から目が離せない!

舞台をはじめ、ドラマやアプリゲームなどで構成される「ザンビプロジェクト」。まだまだ詳細が発表されていないものもあり、今後新たなプロジェクトが発表されることも予想されます。 ザンビの真の招待は一体何なのか?坂道メンバーの演技やドラマの主題歌「もうすぐ~ザンビ伝説~」にも注目です!