2019年3月7日更新

バットウーマンについて知っておきたい5つのこと ルビー・ローズ主演でドラマ化決定

バットウーマン

DCコミックスのスーパーヒーロー「バットウーマン」が主人公となるテレビドラマが誕生!観る前にバットウーマンというキャラクターをおさらいし、あらすじや主演女優について紹介します。

DCコミックスのスーパーヒーロー「バットウーマン」のテレビドラマが始動!

DCコミックスに登場するバットマンの女性版スーパーヒーロー「バットウーマン」。キャシー・ケインという名で初めて登場したのは1956年でしたが、2006年にケイト・ケインとして再登場しました。 ケイトは新しい時代のスーパーヒーローとして“多様性”を体現したキャラクターに。そのケイト・ケインが主人公となるテレビドラマの新シリーズが企画され、注目を集めています。 パイロット版製作が正式に決定したことを踏まえて、今回はまずバットウーマンというキャラクターや、バットウーマンを演じる主演女優について詳しく紹介します。ドラマを観る前にぜひ読んでおきましょう!

1.バットウーマンのプロフィール

バットウーマンとは、バットマンの女性版としてDCコミックスに登場したキャラクターです。ゴッサム・シティでバットマンのようなヒーロースーツに身を包み、バットガールという相棒とともに自警団のような活動をしていました。 髪は赤髪、顔にはバットマン同様コウモリをイメージしたマスクを付けており、黒と赤のスーツとマントを着用。バットマンがゴッサム・シティ不在の時期に、代わりに犯罪者と戦っています。 バットマン・ファミリー、バットマン・インコーポレイテッドに所属。ハイレベルなファイターで捜査能力にも優れています。1代目バットウーマンはキャシー・ケイン、2代目がケイト・ケインです。

2.ケイト・ケインはレズビアンでユダヤ教徒

初代バットウーマンのキャシーは、初めはバットマンのライバルとして登場。ヒロインとしてバットマンとのロマンス要素もありましたが、時代の移り変わりとともにバットガールも登場して、一度シリーズからは離脱しています。 2代目のケイトは多様化する時代に合わせてレズビアンという設定になり、さらにユダヤ教徒でもあります。陸軍士官学校「ウェストポイント」を、レズビアンであることを理由に退学になったという来歴を持つケイト。ブルース・ウェインことバットマンとの関係は、母方の従妹に当たります。 多様性の重要性が問われている現代だからこその、斬新なキャラクターです。

3.実写版バットウーマンはすでにドラマで登場

実は実写版のバットウーマンは、すでにテレビドラマで初登場を果たしています。2018年12月9日放送のDCコミックスのドラマ『ARROW/アロー』、『THE FLASH/フラッシュ』、『SUPERGIRL/スーパーガール』の3作がクロスオーバーするエピソード「エルスワールド」に参戦。 これらアローバースの作品群がクロスオーバーする世界・エルスワールドには、アローをはじめフラッシュやスーパーウーマンも集結し、バットマンやバットウーマンが拠点とするゴッサム・シティも登場しています。 このエピソードで初めてお披露目されたバットウーマンを演じたのは、『ピッチ・パーフェクト』のルビー・ローズ。2019年1月には、バットウーマンが主人公となるドラマのパイロット版製作も発表されました。

4.単独ドラマ企画が進行中!そのあらすじは?

単独でテレビドラマの主役を務めることになったバットウーマンは、クロスオーバーのエピソードに引き続き、ルビー・ローズが演じることになっています。 ヒーローとして社会悪を正すためにゴッサム・シティへやって来たバットウーマン。バットマンが不在の間ウェインタワーに住んで犯罪者と戦います。バットウーマン自らが抱える心の闇にも向き合い、克服しようとする様子も描かれるようです。 パイロット版の脚本を担当するのは、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のキャロライン・ドライス。監督は『ARROW/アロー』や『THE FLASH/フラッシュ』で知られるデヴィッド・ナッターが務めます。

5.バットウーマンを演じる女優ルビー・ローズとは?

ルビー・ローズは、1986年生まれのオーストラリア人モデル・女優。2017年の『トリプルX:再起動』でのアデル・ウルフ役や『ジョン・ウィック:チャプター2』でのアレス役で知られ、同年の『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』ではカラミティ役で美声も披露しました。 レズビアンであるスーパーヒーローが、テレビドラマのシリーズで主人公となるのは初めてのこと。しかも演じるルビー・ローズも、自身がレズビアンであることを公表しています。 しかし、子どもの頃から憧れていたバットウーマンを演じることになって喜んでいた矢先、一部のファンの心ないバッシングによってTwitterアカウントを削除してしまったルビー。それでも引き続きバットウーマンを演じることが決まっています。

多様性の時代のニューヒーロー!ルビーのバットウーマンに期待

クロスオーバーしたエピソードで、スレンダーなボディーを黒いスーツで包み、颯爽と登場したバットウーマン。単独ドラマが製作されることで、俄然今後のシリーズ化の期待が膨らみます。 キャラクターと同様の背景を持つルビー・ローズだからこそ、バットウーマンの心に潜む闇や葛藤を表現できると信じて。多様性の時代に活躍できるニューヒーロー、バットウーマンの登場を待ちましょう!