2019年9月6日更新

実写映画「かぐや様は告らせたい」キャスト一覧&3つの見所「お可愛いこと」はどう再現される?

かぐや様は告らせたい 5 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)

平野紫耀と橋本環奈主演の実写映画版「かぐや様は告らせたい」が2019年9月6日公開。プライドの高い男女の恋愛合戦を描いた作品の原作情報に加えて、実写映画のあらすじ・キャストや見所を一部ネタバレを含みながら紹介します。

映画「かぐや様は告らせたい」キャスト一覧&注目ポイント 主演は橋本環奈&平野紫耀

人気漫画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(通称「かぐ告」)が2019年9月についに実写映画化。 「かぐ告」は、自分から告白したら負けだと思っている男女の恋愛を描いています。相手に告らせるため、お互いが天才的な頭脳で戦略を練る様を描く一風変わったラブコメディとなっています。 原作は週刊ヤングジャンプにて連載中の赤坂アカの漫画。シリーズ累計発行部数は500万部を超えているほどの大ヒット作で、2019年1月にはアニメ版も放映されています。 この記事では原作情報から、実際に作品を鑑賞したciatr編集部員による実写映画版の見所まで、余すことなく紹介していきます。 ※一部実写作品のネタバレが含まれるので、注意です。

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』のあらすじ

原作漫画のストーリーは?

舞台はエリートが集まる名門高校、秀知院(しゅうちいん)学園。そこで生徒会長を務める白銀御行(しろがねみゆき)と副会長の四宮かぐや(しのみやかぐや)は互いに想いを寄せ合っています。しかし、どちらもプライドが高すぎて素直に告白できないまま。それだけにとどまらず、2人はいつしか“告白したら負け”というこじれた関係に……。 サブタイトルになっている「恋愛頭脳戦」という言葉が何なのか気になる人も多いはず。たとえば負けたほうが相手の言うことを聞くババ抜きなどがあります。本当はデートに誘いたいけれど、自分から誘ったら負けな気がする。など2人のシュールな心理描写がクスっと笑える、高度な読み合いの頭脳戦が繰り広げられます。 「いかにして相手を告白させるか」ということに執着する天才2人が、その頭脳をフル稼働。絶対に相手から告らせたい2人による、不器用で甘酸っぱいラブコメ展開に注目です。果たして2人の恋の運命やいかに!?

実写映画版「かぐ告」ではどこまで描かれるのか

「かぐや様は告らせたい」の予告編映像では、原作にもあった「壁ダァン」や「恋の病ですね」などのシーンが見られます。さらにキャラ設定などは原作そのもの。 実際には、一部実写版オリジナルとなっているものの、原作のシーンが多く登場。原作やアニメのテンポの良さも、効果音やイラスト等を使用することで上手く表現していたのではないでしょうか。

「かぐや様は告らせたい」キャスト一覧

ここから、「かぐや様は告らせたい」主演の2人を紹介していきます。「かぐや様」に告らせたい生徒会長を演じるのは「King & Prince (キンプリ)」の平野紫耀です。かぐや様を演じるのは実写化作品では常連の橋本環奈です。

白銀御行(しろがねみゆき)/平野紫耀(しょう)

一般家庭出身、努力の天才

白銀は偏差値77を誇る秀知院学園のなかでも常に1位の成績を維持する天才で、学園の生徒会会長を務めています。生徒から羨望のまなざしを集める完璧なイメージの彼ですが、実は生まれながらの天才ではなく、努力の天才でした。 彼は家柄も、学園の中では珍しく一般階層で、通学にはママチャリを使っています。他にも、お風呂で溺れるほどのカナヅチ、大の昆虫嫌い、音痴、などなど完璧に見える彼にはたくさんの弱点があります。しかし、たゆまぬ努力で成績は一位を保持し、多くの資格を取得するなど、プライドと努力によって築き上げた彼の地位はホンモノです。 「かぐや様」に好意を抱きつつも素直になれず、なんとかかぐやに告白させたい白銀。努力の天才によるプライドをかけた恋愛頭脳戦は必見です。

キャストは注目の若手俳優、平野紫耀!

白銀を演じるのはジャニーズ所属の人気アイドルグループ「King & Prince (キンプリ)」所属の平野紫耀です。平野は1997年1月29日生まれ。「King & Prince(キンプリ)」のメンバーで、ハスキーボイスが特徴的です。普段は天然キャラで、バラエティに出演するとその天然っぷりで周囲を笑わせてくれます。 2012年からジャニーズとしての活動を始めた彼ですが、徐々に俳優としても実力を伸ばしていき、2018年には映画『honey』と映画『ういらぶ。』で主演を務めました。 また、2018年に若い世代から絶大な支持を受けたドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』でヒロインの相手役として話題となり、彼の人気はうなぎ登りとになりました。「花晴れ」の主題歌も自身が所属する「キンプリ」が担当し、アーティストとしての活躍も見逃せません。 本作で平野が演じた白銀は、確かに天才で頭の切れるキャラクター。しかし、どこか平野の柔らかい雰囲気が滲み出ており、“平野らしい”白銀だという印象でした。作中では「サービスショット」も見られ、ファンにとってはたまらないシーンとなっているのではないでしょうか。

映画「かぐ告」公式コメント

平野は公式サイトで、「僕が演じる白銀御行は天才という役柄ですが、僕自身はメンバーやファンの方々からよく天然と言われることが多いので、自分で大丈夫なのかなという不安があります(笑)が、これから監督さんやスタッフさんと相談しながら、天才とはどのような感じか、細かい仕草などを勉強して撮影に挑みたいと思います。」とコメントしています。

四宮かぐや(かぐや様)/橋本環奈

生まれながらの天才令嬢

大手財閥・四宮グループの令嬢で、容姿端麗な少女です。生徒会副会長で、血筋の良さもあり何をやっても高いレベルでこなすことのできる万能型の天才です。白銀が努力の天才であるのとは対照的に、彼女は生まれながらの天才ですが、成績で白銀に勝つことはまだできていません。 四宮はいかにも「かぐや様」と呼べるようなお嬢様気質な性格。そのせいか世間知らずな一面があります。特に恋愛や下ネタのことは知識が全くないようで、免疫のない所作にほっこりしてしまうキャラクター。 そしてかぐや様と言われるだけあって、彼女はとてつもなく高いプライドを持っており、生徒会長の白銀に好意を寄せているものの自分からは告白しません。自分を「竜」、白銀を「ミミズ」に例え、二人がどうして釣り合うことがあろうかという、辛辣なセリフも登場します。 果たして白銀との恋の決着はどうなるのでしょうか。

キャストは「ジャンプ」実写化キャスト常連、橋本環奈

ツンデレお嬢様なかぐやを演じるのは、橋本環奈です。橋本は1999年2月3日生まれ。地元福岡でのアイドル活動の後上京しました。「奇跡の一枚」と呼ばれる写真が話題となり、「千年に一人の逸材」として有名になりました。2015年実写映画版『暗殺教室』や2017年実写映画版『銀魂』など、人気漫画の実写化に多く起用されています。 実写版『銀魂』を筆頭としジャンプ作品の実写化に多く関わっていますね。2018年は実写ドラマ版『今日から俺は!!』で清野菜名と共にスケバンのヒロイン役を演じるなど、話題作には必ず名を連ねる女優です。 本作の役どころはプライドの高いお嬢様。橋本は数々の実写化映画でそのキャラクターを壊さずに演じてきましたが、今回も「さすが」と言ったところ。名家ならではの芯の強さを見せる一方で、不器用ながらも白銀に想いを寄せるかぐやに見事になりきっていました。

映画「かぐ告」公式コメント

橋本は公式サイトで、「私が演じる四宮かぐやは、上品であり、まじめで冷静な天才という役柄です。仕草や行動が天才に映るようがんばりたいと思います。」とコメントしています。

藤原千花(ふじわらちか)【(通称)藤原書記】/浅川梨奈(あさかわなな)

天然系の王道ヒロイン

藤原千花は生徒会で書記を務めているキャラクターです。原作では、かなりファンが多い藤原書記。語学や音楽の分野で類まれな才能を持つ天然系美少女です。少しズボラな彼女はゴキブリを素手で触ることが出来たり、味覚音痴だったりと、ちょっとズレている感じの女の子です。 その天真爛漫で天然なキャラクターから人気がある藤原千花というキャラクター。実写映画版「かぐや様は告らせたい」で彼女を演じるキャストには、ファンから相当注目されていましたが、浅川梨奈(あさかわなな)がキャスティングされました。

人気キャラクターに抜擢されたのは浅川梨奈(あさかわなな)

藤原千花を演じるのは、浅川梨奈です。彼女は、1999年4月3日生まれの女優で、アイドルグループSUPER☆GiRLSの元メンバーです。13歳の時に同アイドルグループでデビューし、芸能界入りを果たしました。 見事に浅川は藤原千花を演じきったと言えます。猫なで声の天真爛漫なキャラクターを演じようとするとわざとらしくなってしまいがちですが、違和感はなし。実写化キャストの中でもトップレベルのはまり役だったのではないでしょうか。

石上優(いしがみゆう)/佐野勇斗

裏主人公、生徒会の要

本作の「裏主人公」とも言われる石上優は、生徒会の会計を務めています。不登校ぎみな彼でしたが生徒会にスカウトされ、今では白銀から絶大な信頼を寄せられています。ラブコメ作品には不可欠な、観察力が高いキャラクターで、時には地雷を踏んでしまうことも。 物語に深く関わってくる主要なキャラクターです。彼の気だるげながらも地頭が良い感じが、実写版でも再現されるといいですね。

キャストは駆け出しのイケメン俳優、佐野勇斗(はやと)

石上優を演じるのは若手俳優の佐野勇斗(はやと)。佐野は1998年3月23日生まれ。2012年の第25回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に出場し、賞こそ逃したもののスカウトを受け、スターダストプロモーションに所属することになりました。彼はダンスボーカルユニット「M!LK」のリーダーとしても活躍しています。 佐野は、2019年2月に「火花」で知られる又吉直樹原作の映画『凛 りん』で、本郷奏多と共にW主演を務めました。また2019年5月公開の映画『小さな恋のうた』でも主演を務めるなど、これからの活躍から目が離せない期待の新人俳優です。 本作の石上への佐野のハマり具合は高く、彼が登場するシーンではあちこちから笑いも。藤原との絡みも注目ポイントの一つです。

早坂愛(はやさかあい)/堀田真由

「かぐや様」のお目付け役

早坂愛は四宮グループ幹部の娘で、かぐや様の侍女を務める使用人です。かぐやをサポートするために秀知院学園に通っており、かぐやが素直になれる数少ない相手です。 普段はクールなキャラクターですが、学園内ではギャルとして過ごしたり、状況によって様々な顔をもつ役どころ。そのため、多重な顔を演じ分ける演技力が求められるこのキャラクターに、堀田真由がキャスティングされました。

キャストは人気作への出演が多い堀田真由

早坂愛を演じるのは、堀田真由です。彼女は1998年4月2日生まれの女優。2014年に行われたアミューズの新人発掘イベント「オーディションフェス2014」でWOWOWドラマ消を受賞し、芸能界入りを果たしました。 その後、2015年のWOWOWドラマ『テミスの求刑』で女優デビューし、2017年朝ドラ『わろてんか』では主人公の妹・藤岡りん役に抜擢されるなど、今後の活躍が楽しみな女優です。彼女は他にも2018年ドラマ「チア・ダン」や2019年ドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』などへの出演歴があります。 そして本作では、早坂の出演シーンは多くないものの、印象は強く残していたのではないでしょうか。上映時間の関係上「マザコン」などの一面を見ることはできませんでしたが、かぐやとの姉妹さながらの絆はしっかりと感じることができます。

柏木渚(かしわぎなぎさ)/池間夏海(いけまなつみ)

優秀だけれどちょっぴりダークな一面がある女子生徒

柏木渚(かしわぎなぎさ)は、御行やかぐやと同じ秀知院学園に通う女子生徒です。彼女は大手造船会社を経営する会長の娘で、成績は上位一桁に入るほどの優秀な人物。しかし、いわゆるヤンデレ気質なところがあり、嫉妬心に火が付くと狂気じみた行動に走ってしまうことも……。 かぐやとは互いに恋愛相談をする仲で、彼女と御行の関係にはうすうす気づいています。

キャストは池間夏海(いけまなつみ)

柏木渚を演じるのは、池間夏海(いけまなつみ)です。彼女は2002年7月10日生まれの女優。子役出身で、2013年ドラマ『斎藤さん2』(当時1歳)に出演している過去があります。2018年にはブレイク女優への登竜門ともいわれる「シーブリーズ」のCMに出演したりと、今後ブレイク間違いなしの女優です。 彼女は、2018年映画『ニセコイ』で小野寺小咲を演じ、中条あやみとWヒロインを務めました。今回はメインヒロインではないものの、その存在感はきちんとあった印象。翼の告白が成功してからは、原作と同じくかぐやの恋愛相談にのっていました。

翼/ゆうたろう

渚に恋する男子生徒

画像右が翼

翼は、秀知院学園に通う男子生徒です。渚に恋心を抱き、御行に恋愛相談を持ち掛けることに。そのことがキッカケで、徐々に性格が変わっていき、生徒会室にもよく顔を出すようになっていきます。御行に教わった「壁ダァン」が劇中でも炸裂するので、注目してみてください。

キャストはゆうたろう

翼を演じるのは、ゆうたろう。彼は1998年6月3日生まれのモデル・俳優です。古着屋店員としてSNS上で有名だった彼は2016年にバラエティ番組『マツコ会議』に出演し世間で話題を呼んだ末、芸能界デビューという異色の経歴を持っています。 彼は、2018年『3D彼女 リアルガール』に伊東悠人役で出演、他にも舞台作品に多数出演し、めきめき実力を伸ばしている人物です。「かぐや様は告らせたい」が、今後のさらなる飛躍の足掛けとなるのでしょうか? 原作の翼は途中でチャラ男に変身しますが、実写版でもその流れは同じ。髪色が数回変わっているので、そこにも目を配ってみてください。

白銀の父/高嶋政宏

職業不定の父親

白銀御行の父親は名前が明らかになっていないため、文字通り父などと呼ばれる人物です。彼は職業不定で、白銀家の経済が困窮している原因になっています。 息子の携帯電話に勝手に出たり、気まぐれで体育祭の応援に来たりと、奔放な性格です。しかし、資格マニアであることや、強面な顔つきなどは、親子であることを感じさせます。 かぐやと御行の関係に気づき、からかいながらも2人を応援する人物です。

キャストはベテラン俳優、高嶋政宏

白銀御行の父を演じるのは、高嶋政宏です。彼は、1965年10月29日生まれの俳優。2018年には著書『変態紳士』を発売し、40半ばでSMに目覚めたことを明かすなど、近年何かと話題の人物です。 彼は、主な代表作に1987年映画『BU・SU』、2012年ドラマ『ストロベリーナイト』、2014年ドラマ『S 最後の警官』などがあります。主演することは少ないながらも、確かな演技力と存在感を感じさせるベテラン俳優。 本作でも演技において、その再現度の高さを見せていました。主に息子である御行とのシーンで登場しますが、お茶目な面を沢山見ることができます。

田沼正造・ナレーション/佐藤二朗

世界的な医者

田沼正造は、世界的な医者です。「ゴッドハンド」と呼ばれる彼は、原作では翼の父親にあたります。実写映画版では翼に苗字が与えられておらず、2人の血縁関係は描かれていません。

キャストはコミカルな演技に定評がある佐藤二朗

田沼正造を演じるのは、佐藤二朗です。彼は1969年5月7日生まれの俳優。コミカルな演技で独特の存在感を放つ、「3枚目」俳優として定評があります。 彼は主な出演作に、2008年ドラマ『ごくせん』や2017年ドラマ『過保護のカホコ』、2018年ドラマ『今日から俺は!!』などがあります。 今作では、田沼正造役以外にもナレーションをつとめており、その存在感が爆発。見どころの見出しでまた紹介しますが、佐藤二朗ワールドが本作でも炸裂していました。

白銀圭/深尾あむ

反抗期の妹

御行の妹の圭は中等部2年生で、絶賛反抗期中。しかし兄の恋愛には興味を持っている様子で、不器用ながらも聞き出そうとします。また、そうは言いつつもブラコンの一面も。御行の衣装が異常にダサいことを知った時には、過去に兄からもらったお金で洋服を買ってあげていました。 さらにはその服を着て中等部の文化祭を訪れた兄が、自分の同級生から羨望の眼差しを受けた際には、文句を言いつつも得意げな表情を見せていました。

キャストはnicola専属モデルの深尾あむ

圭を演じたのは、ティーン向けファッション誌「nicola」専属モデルの深尾あむ。2005年生まれなので、2019年9月現在は現役中学生です。話題作への出演はこれが初めて。今後の活躍が期待されます。 実写版の圭は主に反抗期モード。御行に、「食べ終わったらごちそうさまでしょ」など小言を言われた際には、「うるさい」と反抗している様子が映されました。

声優・古賀葵(こがあおい)も出演決定

アニメ版かぐや様を演じた古賀葵

「かぐや様は告らせたい」は2019年1月から3月にかけて、アニメ版が放送されました。そしてアニメ版でヒロイン四宮かぐやを演じた声優・古賀葵(こがあおい)が、実写版「かぐ告」に出演することが明かになっています。 古賀が演じるのは、かぐやが訪れた映画館で接客を担当する、映画館スタッフの役です。アニメ版と実写版の、「2人のかぐや」が登場するシーンに注目です。 古賀葵は1993年生まれ、8月24日生まれの女性声優。主な出演作には、2016年アニメ『魔法少女?なりあ・がーるず』や、2017年アニメ『つうかあ』などがあります。

監督は漫画実写化で成功を重ねる河合勇人

映画『ニセコイ』も監督。ラブコメは得意?

実写映画版『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』で監督を務めるのは、これまでも実写化作品を多く手掛けてきた河合勇人です。2015年『俺物語!!』や2018年『ニセコイ』など、これまで人気漫画の実写映画化に多く携わってきました。 「ニセコイ」や「俺物語」では、原作のイメージを忠実に再現しようとするこだわりが見えました。また、本作でもかぐやの後れ毛や藤原のピンク色の髪の毛など、キャラクターのヴィジュアルには力を入れてくれた様に思います。

「かぐ告」の見どころ3選。ネタバレを少々含みます

モノローグ多め。主演二人の表情に注目!

作品前半部で何よりも思うのが、白銀とかぐやのモノローグの多さ。原作でも本心や、お互いの動向を探る様子はモノローグで表現されていますが、それは実写版でも同じです。 それゆえに、表情での演技が非常に大事になってきますが、何の問題はありませんでした。平野も橋本も表情のバリエーションが非常に豊富であり、そこに演技力の高さを伺うことができます。二人ともアイドル(橋本は元ですが)なだけあり、表情で魅せるという点においては高いレベルを誇っているように思われます。

原作のあのシーンはどう再現されるのか

原作にはインパクトのあるシーンが多々ありますが、原作ファンにとってはどのシーンがどのように再現されるのか気になるはず。ここでは二つのシーンを紹介します。 まず、かぐやの「お可愛いこと」というお決まりのセリフのシーン。これは実写版でも見事に表現されていました。前述したように、橋本の表情には文句なし。それに加えて背景にも工夫が施されており、原作を見たことがない人にも非常に大きな印象を与えたのではないでしょうか。 もう一つは、花火のシーン。原作においても重要なシーンだと思われますが、実写版でも重点が置かれていました。原作と同じく、かぐやはロープで屋敷から脱走(ただ、プールに落ちでびしょ濡れに。)することに成功するものの、間に合わず。そこに白銀が現れ、房総の花火大会に皆で向かうのでした。 このシーンの注目ポイントは、何と言ってもかぐやの気持ちの表れと白銀の名言集でしょう。胸キュンと笑いが詰まったシーンです。

佐藤二朗ワールド炸裂!まさかのあの番組のパロディが

佐藤が本作で演じたのは、田沼医師とナレーション。まずナレーションですが、声だけでも佐藤だと分かる存在感を発揮。冒頭から彼のナレーションは登場するのですが、その勢いやトーンが作品を一気にスピードアップさせたように思います。 さらに、田沼医師のシーンではテレビ番組『情熱大陸』のパロディである『情熱大国』が登場。「突然『情熱大陸』?」と思う人も多くいると思いますが、実は2019年5月19日放送の『情熱大陸』のゲストは佐藤でした。その時に「かぐ告」の撮影風景も放映されていたのです。そこから本作のパロディが実現したのかもしれませんね。 佐藤のアドリブ全開の登場シーンにも注目です!

映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の公開日は2019年9月6日

実写映画版『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』は2019年9月6日(金)公開です。 恋愛をめぐる頭脳戦の行方や、個性あふれるキャラクターを見事に演じきったキャストたちに注目です。