2019年6月3日更新

小西真奈美おすすめドラマ13選!朝ドラ『ちゅらさん』の医者役が懐かしい!

Here We Go【初回限定盤】(CD+DVD) CD+DVD, 限定版

昔から変わらない美貌の持ち主である小西真奈美。童顔からは想像出来ないですが、実はもう40歳なんですよね。そんな小西真奈美が出演してきた数々のドラマの中でもオススメの13選を紹介します。

目次

モデルでデビューした小西真奈美出演のオススメドラマとは?

小西真奈美は、1978年10月27日に鹿児島県で生まれ育ちます。 エリートモデルルックの日本代表に選ばれ、雑誌モデルとして活動をはじめ、その後女優としてデビューしました。

1.クールでミステリアスな役を演じた『深く潜れ〜八犬伝2001〜』

2000年に人気絶頂の鈴木亜美の初主演ドラマとして話題となったNHKで放送されていたドラマで主人公香美の親友朋子を演じ注目されました。 ごく普通の女子大生であった香美は、前世恋人同士であったとされる朋子と知り合い、謎のセラピストが主催する前世を知る事が出来るツアーに参加する事になり、そのツアーに参加した8人の物語が描かれます。 小西真奈美が演じた阿保朋子は、無愛想でクールでミステリアスな雰囲気を持つ女子大生。彼女の持つ独特な雰囲気は、その役にピッタリで注目を集めました。

2.小西真奈美の出世作となった『ちゅらさん』

2001年に放送されたNHKの連続テレビ小説のテレビドラマに出演し、大ヒットしたこのドラマは、2003年に『ちゅらさん2』2004年に『ちゅらさん3』、2007年に『ちゅらさん4』とシーズン4まで放送され、小西真奈美は『ちゅらさん 3』まで出演をしていました。 ちゅらさんは、沖縄と東京を舞台にした話で、主人公の国仲涼子演じる古波蔵恵里の成長や恋模様を描いた人間ドラマです。その恵里の恋敵、西宮遙を演じたのが小西真奈美でした。恵里が結婚した初恋の相手で、医者である文也の元恋人役を演じています。

3.教師役を熱演した『青と白で水色』

2001年日本テレビ系で放送された昼ドラマで、イジメをテーマにした内容は当時話題となりました。若かりし頃の主演級俳優たちが見られるドラマとなっています。 楓(宮崎あおい)は、中学校親友だったかすみ(蒼井優)からイジメを受けていました。日に日にエスカレートするイジメに耐えられなくなり、屋上から飛び降りようとしますが、鍵がかかって開きません。 屋上の鍵の開け方を知る匠(小栗旬)と知り合い、鍵を開ける道具を貸すのですが、鍵を開けたい目的がわかり匠は手伝おうとはしません。 ラストでは、臨時講師大内(小西真奈美)が生徒を前にし、自分の心の訴えを話す場面を好演し評判の作品となりました。

4.『人にやさしく』

2002年にフジテレビで香取慎吾主演で放送され、他にも松岡充、加藤浩次が出演し、人気の高かった月9ドラマです。 前田前(香取慎吾)、山田太朗(松岡充)、大坪拳(加藤浩次)の3人は共同生活し、借金返済の毎日を送っていました。 そんな時、100万円の入った封筒を家の前で拾い、全て使ってしまいます。 ある日、1人の小学生明が現れ、100万円を落としたと言うのです。その子がもっていた手紙には、この子を預かってくださいという内容で、100万円を使ってしまった手前、面倒をみることになり、4人の共同生活が始まりました。 小西真奈美は、水崎花子という3人の行きつけのお店「レッドライン」の店員で、太朗に想いを寄せる役を演じていました。

5.『天体観測』

2002年フジテレビで放送されました。伊藤英明、小雪、坂口憲二、田畑智子、小西真奈美、オダギリジョー、長谷川京子という今や主演級の役者たちが揃ったドラマで注目を集めました。 伊藤英明が主演を務め、大学の天文サークルで一緒だった7人の仲間の友情と、その頃とは変わってしまった大人になってからの生活を描いた物語です。 小西真奈美は、オダギリジョーが演じる木崎タケシの同棲をしている井田有里を演じました。大学時代からタケシと付き合っていて、借金のあるタケシを陰ながら支える役を演じ高評価を受けます。

6.『オレンジデイズ』

2004年TBSで放送された人気ドラマ。妻夫木聡と柴咲コウが主演を務め何度も再放送されています。 4年前に聴覚を失い、心に傷を抱えている萩尾沙絵(柴咲コウ)と、明るく笑顔が素敵な結城櫂(妻夫木聡)の障害を超えたラブストーリーです。 櫂に出会い、次第に心の傷が癒えた沙絵は、諦めかけていた音楽にも再度チャレンジする事になりました。 その櫂の先輩であり彼女の真帆を演じたのが小西真奈美です。 櫂と沙絵の関係が良くなる一方で、真帆と櫂には溝が深まり破局したのですが、女の嫌な裏の部分と表の顔をうまく演じ分けていました。

7.『WATER BOYS 2005夏』

2005年にスペシャルドラマとして放送。メインキャストは小出恵介、平岡祐太、柄本祐で、テレビドラマ『WATER BOYS』の田中(瑛太)が大学生になったという設定で物語が展開されました。 夏祭りのシンクロを成功させようと奮起する3人の姿が感動を呼んだ作品となっています。 小西真奈美は、物語のヒロインで元看護師の今日子を演じました。 この作品で『WATER BOYS』完結となります。

8.『あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜』

2008年フジテレビで放送された連続ドラマです。 喜多善男を演じる小日向文世が、11日後に死を決意し、死ぬまでの11日間を描いた物語。 入院先で知り合った小西真奈美が演じる美人看護師みずほと結婚し、人生の最高潮を感じていたのですが、そこから待っていたのは転落の人生だったのです。 親友の死や妻との離婚など、人生が急降下していく事になります。 小西真奈美は、善男の元奥さんみずほを演じます。裏の顔がある難しい役どころでしたが、見事に演じきりました。

9.『パンドラ』

2008年WOWOWで放送された連続ドラマ。人気ドラマで、4シーズンまで続きました。 三上博史演じる鈴木秀樹はガンの特効薬の開発に成功し、この薬を使えば日本で死ぬガン患者を救えると思っていましたが、治験が認められませんでした。途方にくれている中、ある1人の少女と知り合い独自に治験する事になったのです。 小西真奈美は、鈴木の同僚で、発明データを盗む飯田小夜子を演じました。

10.『マークスの山』

2010年にWOWOWで放送されたドラマです。かつて映画化もされた人気作品をドラマ化したもので、上川隆也、石黒賢、小西真奈美、小日向文世、戸田菜穂、大杉漣と大物俳優たちが出演する事でも話題となりました。 閑静な住宅街で起こった、元暴力団員の殺人事件。その後同じような殺され方で法務省官僚である松井も殺された事で連続殺人事件として操作されたのです。 「週刊潮流」の記者である根来を演じたのが小西真奈美で、記者としてこの殺人事件を追う事になります。 刑事たちと共にマークスとは何か?殺人事件の謎に迫る物語となりますが、その中でも存在感ある演技を見せ一流俳優たちと肩を並べた作品となりました。

11.『Nのために』

2014年TBSで放送されたドラマで、事件の鍵を握る夫婦の妻を演じ、演技の幅の広さをみせた『Nのために』は大ヒットドラマとなりました。 懲役10年が言い渡された過去の殺人事件に疑問を感じた刑事が、事件から15年経った今、過去を振り返りながら真実を明らかにしていきます。 殺害された夫婦の妻、野口奈央子を演じたのが小西真奈美。不倫、夫への純愛とたくさんの顔をみせた役でした。

12.『空想大河ドラマ 小田信夫』

2017年にNHKオンデマンドで放送された時代劇でネプチューンの3人と共にコメディ時代劇に挑戦しました。 NHKが本気で悪ふざけ?として話題を集め、堀内健が演じる小田信夫の正室であるお毛を小西真奈美が演じ、世継ぎが生まれないことを気にしているという役所を笑いを交えながら見事に演じきります。 この作品でお笑いへの挑戦をし、さらに演技の幅を広げ、世間を驚かせた作品となりました。

13.『絶叫』

2019年WOWOWで放送されたドラマです。ドラマ「救命病棟24時」シリーズの水田成英が監督を務めた作品としても注目を集めます。 尾野真千子演じる陽子が生きるために保険金殺人に手を染めてしまい、真千子の人生が狂い出します。その陽子の事件を捜査していく中で、陽子に共感を抱く女刑事奥貫綾乃を小西真奈美が演じます。 正統派な女性らしいイメージからカッコイイ女刑事がはまり役でした。