2019年9月3日更新

チャゼル新作映画「バビロン」最新情報 ブラピ&エマ・ストーン出演が濃厚か?

デイミアン・チャゼル
©JIM RUYMEN/UPI/Newscom/Zeta Image

2014年の『セッション』、2016年の『ラ・ラ・ランド』と立て続けにヒットを飛ばしてきたデイミアン・チャゼル監督。彼の新作『バビロン(原題)』の制作が発表されました。大物俳優をキャスティングされるとみられる本作について、最新情報をお届けします。

デイミアン・チャゼル新作映画「バビロン」にエマ・ストーンとブラピ出演が濃厚

『セッション』(2014)、『ラ・ラ・ランド』(2016)と立て続けにヒットを連発し、ハリウッドでも注目の監督のひとりとなったデイミアン・チャゼル。そんな彼の新作『バビロン (原題)』の詳細が徐々に明らかになってきました。 今回は、2019年9月現在判明しているあらすじや出演交渉中のキャストなどを紹介します。気になる新作について、いち早くチェックしておきましょう!

映画「バビロン」のあらすじと作品概要

「バビロン」のあらすじは2019年9月現在、まだ正式には発表されていませんが、米DEADLINEなど複数のメディアが報じたところによると、ハリウッド映画がサイレントからトーキーに移行する1920年代のロサンゼルスを舞台としているとのこと。 また、本作は実在の人物と架空のキャラクター、実際の出来事とフィクションを織り混ぜて描くR指定作品になるようです。

制作費は約8000万ドルから1億ドル?

本作の制作費は推定8000万ドルから1億ドルといわれており、チャゼル史上最大規模の作品になるとみられています。 ヒットメーカーの新作とあって、『ラ・ラ・ランド』を制作したライオンズゲートをはじめ、多くの制作会社が興味を示しているものの、やはりその膨大な予算のためどこも慎重になっているようです。

エマ・ストーンとブラッド・ピットが出演交渉中?キャスト候補を紹介

エマ・ストーンがサイレント映画のセックスシンボルを演じる?

エマ・ストーン
Adriana M. Barraza/WENN.com

本作への出演が決定すれば、チャゼルとは2度目のタッグとなるエマ・ストーン。彼女が演じるのは、サイレント映画時代末期にセックスシンボルとして人気を博した女優クララ・ボウ役と見られています。 1922年に映画デビューしたボウは、数々のお色気コメディ映画に出演し人気を獲得。しかし、ハリウッドのトーキー映画への移行の波に乗り切れず、1933年に引退しました。

ブラッド・ピットも出演交渉中?

ブラッド・ピット
WENN.com

一方、本作にはブラッド・ピットも出演すると噂されています。彼の役柄は2019年9月現在のところ不明ですが、史実とフィクションを織り交ぜたハリウッドの物語ということで、2019年8月30日に日本公開されたクェンティン・タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を彷彿とさせますね。 実現すれば、ピットはチャゼルと初めてタッグを組むことになります。また、ピットやストーンの他にも一流俳優を多数起用する予定だとか。

監督は『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル

デイミアン・チャゼル
©JIM RUYMEN/UPI/Newscom/Zeta Image

2014年の『セッション』でアカデミー賞5部門にノミネートするなど大きな注目を集め、次作『ラ・ラ・ランド』(2016)でも同賞で14部門ノミネート、6部門受賞と高く評価されたデイミアン・チャゼル監督。 チャゼルは本作の脚本も執筆しています。本作のあらすじについては、ハリウッドがサイレント映画からトーキー映画へと移行する1920年代を舞台とした、実際の出来事とフィクションを織り交ぜた物語になるということしかわかっていませんが、続報を楽しみに待ちたいですね。

期待高まるチャゼル新作「バビロン」の続報を待とう!

デイミアン・チャゼル監督の新作「バビロン」で、エマ・ストーンとブラッド・ピットの共演が実現するかもしれません。彼らの他にも豪華キャストの起用が予定されているという本作。ストーリーの詳細や、キャストの全容はまだ明らかになっていませんが、期待が高まります。 公開年も2019年9月現在のところ決定していませんが、気長に待ちましょう。