2019年11月24日更新

『ジョジョの奇妙な冒険』歴代主人公一覧!時代を超えて「悪」と闘い続ける、誇り高き一族!

ジョジョの奇妙な冒険

個性派揃いな「ジョジョの奇妙な冒険」の歴代主人公達。本記事では、「ジョジョ」主人公達の性格や強さ・人間関係・スタンド名などを、具体的なエピソードと共に紹介します!

目次

「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズで代々受け継がれる“ジョースター家”の血とは?

ジョースター家とは、『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する主人公の家系です。ジョースター一族はシリーズを通して、吸血鬼と化したディオやその後継者たちと、1世紀以上にわたって闘いを繰り広げます。 ジョースター家の家系は、元を辿るとイギリスの貴族。ジョースター家の血筋を引いている者は、生まれつき首筋に星型の痣が発現しています。また、ジョースター家の男子には、例外はあるものの“短命で生涯ひとりの女性を愛する”というジンクスがあるようです。 本記事では、ジョースター家の血筋を引く誇り高き主人公達を、各エピソードと共に紹介します!

第1部の主人公 ジョナサン・ジョースター

たとえ敵であっても優しさを忘れない、正統派主人公!

ジョナサン・ジョースターは、第1部『ジョジョの奇妙な冒険 Part1 ファントムブラッド』の主人公。英国紳士としての振る舞いを心掛けており、正義感が強く真面目な性格です。 少年時代は、ジョースター家の家督争奪を目論む養子のディオ・ブランドーから、様々な嫌がらせを受けました。しかし、逆境にあっても爆発的な力を発揮するジョナサンの底力を、ディオは注視するようになります。 石仮面の力で吸血鬼となったディオに対抗するため、ジョナサンは吸血鬼に唯一対抗する事が出来る「波紋の力」を習得。ジョナサンの代表的な必殺技は、波紋法を用いた「山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーバドライブ)」です。この技により、相手に打撃を加え直接波紋を流し込み、吸血鬼やゾンビを倒します。

第2部の主人公 ジョセフ・ジョースター

ノリの軽いお調子者、でも正義感は人一倍!

ジョセフ・ジョースターが主人公として活躍するのは、第2部『ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流』。ジョセフは、ジョースター家男子のジンクスである“ 短命、1人の女性しか愛さない”を、ことごとく覆した破天荒な青年。性格も暴力的でお調子者と、祖父のジョナサンとは正反対です。 ジョセフは、祖父から引き継いだ「波紋の力」を少年時代から使いこなすなど、波紋の才能の持ち主でした。地上の支配を目論む「柱の男」達の野望を阻止する為、ジョセフはリサリサという女性の下で修行を積みます。 ジョセフは相手の裏をかいたり先読みしたりする事が得意で、戦闘中は波紋法を使うだけではなく、マジックやイカサマなどをフル活用。ジョセフが使う攻撃技も、髪の毛に波紋を流し込む「波紋ヘアアタック」や、糸を張って波紋を流す「糸の結界」など、道具や武器を使用した戦法が多いです。

第3部の主人公 空条承太郎(くうじょうじょうたろう)

冷静で判断力に優れた、「ジョジョ」有数のスタンド使い

第3部『ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース』の主人公は、17歳の高校生・空条承太郎(くうじょうじょうたろう)です。クールで冷静沈着な性格で、口癖は“やれやれだぜ”。しかし根は激情家で、正義感の強い青年です。 100年前に海へ沈んだはずのDIO(ディオ)が復活した影響で、承太郎達はスタンド能力に目覚めました。承太郎のスタンド「星の白金(スタープラチナ)」は、射程距離は短いものの桁外れなパワーやスピード、動体視力を持っています。“オラオラオラオラ……オラ!”と叫びながら敵に拳の連打を叩き込む攻撃は、インパクト大です。 承太郎はDIOを倒すため、祖父のジョセフやモハメド・アヴドゥル、花京院典明(かきょういんのりあき)、ジャン=ピエール・ポルナレフ、イギーらと共にエジプトへ向かいます。

第4部の主人公 東方仗助(ひがしかたじょうすけ)

壊れたものや怪我を直すスタンド能力は“グレートだぜ”

日本に住んでいる高校1年生の東方仗助(ひがしかたじょうすけ)は、『ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない』の主人公です。リーゼントヘアが特徴的で、幼い頃にリーゼントの青年に助けられた事から、自身の髪型に思い入れを持っています。 仗助の口癖は“グレートだぜ”です。邪悪なスタンド使いによって祖父が殺害された仗助は、友人の広瀬康一(ひろせこういち)や虹村億泰(にじむらおくやす)らと共に、町を守るため戦うことを決意します。 仗助が操る人型のスタンド「クレイジー・ダイヤモンド」は、その特殊能力によりあらゆる物を修復する事が可能です。祖父や多くの人々を殺害したスタンド使い・アンジェロに対しては容赦がなく、粉々に粉砕した岩と融合させ「アンジェロ岩」という名所を作ってしまいました。

第5部の主人公 ジョルノ・ジョバァーナ/汐華初流乃(しおばなはるの)

ジョースター家とディオの血筋を受け継ぐ青年

第5部『ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風』の主人公ジョルノ・ジョバァーナは、ディオと日本人女性の間に生まれました。本名は汐華初流乃(しおばなはるの)ですが、イタリアで暮らしている事からジョルノ・ジョバァーナと名乗っています。 父親のディオがジョナサンの肉体を奪っていた為、ジョルノの首筋にもジョースター家特有の「星型の痣」が発現しました。ジョルノも歴代のジョジョ同様に正義感が強く、咄嗟の機転や行動力も持ち合わせています。 ジョルノが所有しているスタンドは、人型で近距離パワー型の「ゴールド・エクスペリエンス」。このスタンド能力により、触れた物に対して生命力を注ぎ、そこから動物や植物などの生命を生み出す事が出来ます。 ギャング組織「パッショーネ」のブローノ・ブチャラティから襲撃を受けたジョルノは、このスタンド能力でブチャラティに生命力を過剰注入しました。ブチャラティは過剰になった生命力により痛覚も増大し、ジョルノからの攻撃に必要以上の痛みを感じてしまいます。

第6部の主人公 空条徐倫(くうじょうじょりーん)

「石の牢獄」から自由になるために闘う、シリーズ初の女主人公

空条徐倫(くうじょうじょりーん)は第3部の主人公・空条承太郎の娘で、第6部『ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン』の主人公です。日系アメリカ人の19歳で、口癖は“やれやれだわ”。徐倫の冷静な判断力や逆境に屈しない精神力は、父親譲りです。 徐倫が幼い頃、生死の境をさまよっていた時に承太郎が見舞いに来てくれなかった事から、徐倫は承太郎の事を非常に嫌っていました。無実の罪で刑務所に服役する事になってしまった徐倫は、面会に現れた承太郎から、DIOの関係者によって仕組まれた収監だと伝えられます。 承太郎が差し入れた「矢の破片」により、徐倫はスタンド能力「ストーン・フリー」を発現。自身の肉体を糸に変えて、自在に操る事が出来ます。

第7部の主人公 ジョニィ・ジョースター

下半身不随の青年が挑むのは、馬を使った「アメリカ大陸横断レース」

第7部『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の主人公は、19歳の青年ジョニィ・ジョースターです。ジョニィは幼少期、天才的な騎手で高慢な性格でしたが、あるトラブルにより下半身不随となってしまいます。 しかし、偶然出会ったジャイロ・ツェペリの持つ鉄球が発した「波紋の力」により、ジョニィの下半身が一瞬動きました。希望を見出したジョニィは、ジャイロと「スティール・ボール・ラン」のレースに参加する事を決意します。 レースの序盤、ジョニィは「聖なる遺体」に触れたことで、「タスク(牙)」というスタンドを発現。スタンドは妖精の様な見た目で、“チュミミィ~~~~ン”と鳴く可愛らしいキャラです。 初期段階の「タスクACT1」は、回転する爪を発射して攻撃。また、人体を切断するほどの威力を持っています。ジョニィの精神力が成長していく事で、「タスクACT2」「タスクACT3」へと能力を進化させていきました。

第8部の主人公 東方定助(ひがしかたじょうすけ)

震災後の地中から発見された、記憶喪失の主人公

東方定助(ひがしかたじょうすけ)は、第8部『ジョジョの奇妙な冒険 Part8 ジョジョリオン』の主人公として登場。2011年3月に大震災が起こった日本の杜王町(もりおうちょう)で、「壁の目」という土地の地中から定助が発見されます。定助は記憶喪失で名前も思い出せず、定助を発見した広瀬康穂(ひろせやすほ)から「定助」と名付けられました。 定助はのほほんとした性格で、素っ頓狂な顔をしながら「オレェ?」と言うのが口癖。物同士の間隔を正確に分析する特技も持っています。 定助のスタンド「ソフト&ウェット」は、星模様のあるしゃぼん玉を作って、触れた物を出し入れする事が可能。水分や光、摩擦、音など、奪えるものは多岐にわたりますが、「自分自身のもの」は奪えない様です。

ジョースター家の血統は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのシンボル!

「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの主人公は、“ジョースター家の血統を引いている”事が条件となっています。第7部からは世界が一巡した後の「パラレルワールド」となりますが、その世界でもジョースター家の血筋は健在です。過去作品の主人公が別のパートで脇役として登場してくれるのも、シリーズの醍醐味(だいごみ)。 本記事では、個性豊かな歴代の「ジョジョ」達を紹介しました。あなたはどのシリーズの「ジョジョ」がお気に入りですか?