2020年1月27日更新

映画『ラプラスの魔女』のフル動画を無料視聴する方法 東野圭吾原作映画をデイリーモーションより安全に

ラプラスの魔女

櫻井翔と広瀬すず主演で2018年に公開された映画『ラプラスの魔女』は、興行収入14億円を超えるヒットを記録したサスペンス作品です。本記事では、本作を安全に無料で視聴できるサービスや、あらすじ、見どころを紹介します。

目次

映画『ラプラスの魔女』のフル動画を無料視聴できる配信サービスを紹介

2018年公開の映画『ラプラスの魔女』は、温泉地での死亡事件と、自然現象を操る謎の力を結び付けた新感覚のストーリーで人気を博しました。 本記事では、デイリーモーションなどで視聴できる違法にアップされた動画ではなく、安全に本作を視聴できる動画配信サービスについて紹介していきます。(本記事に掲載されている情報は、2020年1月現在のものです。)

映画『ラプラスの魔女』のフル動画を配信中のサービス一覧【無料あり】

VODサービス 見放題・無料レンタル 有料レンタル
TSUTAYA DISCAS
U-NEXT × ×
hulu × ×
ビデオマーケット × ×
amazonプライムビデオ × ×
dTV × ×
FODプレミアム × ×
ディズニーデラックス × ×

映画『ラプラスの魔女』は、TSUTAYA DISCASの宅配レンタルで観ることが可能です。 次は、TSUTAYA DISCASについて詳しく紹介していきます。

映画のフル動画を無料視聴したいならTSUTAYA DISCAS一択

サービス名 TSUTAYA TV/DISCAS
無料期間 30日間
付与ポイント 毎月1,100ポイント
種類 月額定額
料金(税抜) 最安1,865円〜5,423円
メリット ・動画配信サービスと、宅配レンタルサービスで作品ラインナップが豊富
デメリット ・値段が高い
・宅配レンタルの場合、宅配を待たなければいけない

TSUTAYA DISCASは、映画『ラプラスの魔女』を宅配レンタル作品として取扱中です。本サービスのトライアル期間中であれば、本作を無料で観ることができますよ!

映画『ラプラスの魔女』のあらすじ【ネタバレなし】

ある温泉地で、硫化水素中毒による死亡事故が発生。警察の中岡祐二は、温泉地での事件は保険金が絡んだ故意の殺人であると睨み、調査を続けます。 しかし、地域の住民に調査を依頼された地球化学者・青江修介(あおえしゅうすけ)は、硫化水素を操って人を殺せる可能性を完全に否定。 その後調査を続ける青江は、現地で羽原円華(えはらまどか)と出会います。円華は青江の目の前で、不思議な能力でドライアイスを操ってみせました。そして青江は、この能力があれば硫化水素による殺人は可能かもしれないと考え始めます。 一方中岡は、事件の被害者と繋がりのある甘粕才生(あまかすさいせい)という監督の調査を開始。果たして、甘粕と円華にはどのような関係があるのでしょうか……。

映画に登場するメインキャスト

青江修介/櫻井翔

青江修介は、泰鵬(たいほう)大学の教授で地球化学のスペシャリストです。温泉地で硫化水素による死亡事故が起き、地域の住民たちの不安を解決するため、原因究明の調査に乗り出しました。 そんな中彼は、羽原円華に出会い、彼女がラプラスの魔女であるという科学の常識を超えた可能性に興味を示します。 青江を演じたのは、アイドルグループ・嵐の櫻井翔。彼は、数々の映画やドラマに出演していて、2006年公開の映画『ハチミツとクローバー』、2011年公開の映画『神様のカルテ』、2013年公開の映画『謎解きはディナーのあとで』への出演が特に有名です。

羽原円華/広瀬すず

羽原円華は、死亡事故があった温泉地で度々目撃されている謎の女性。ある男性を探していて、青江に協力を求めますが、自身も桐宮玲という女性に追われています。彼女は、自然現象に関する特殊な能力の持ち主です。 そんな彼女を演じたのは、女優の広瀬すず。彼女は、若手実力派として各方面から演技力を評価され、多くの映画やドラマに出演しています。第40回日本アカデミー賞では、映画『ちはやふる 上の句』で優秀主演女優賞、映画『怒り』で優秀助演女優賞を獲得するという快挙を成し遂げました。

東野圭吾原作映画『ラプラスの魔女』の見どころ

東野圭吾による新感覚のミステリー!

本作は、殺人事件に自然現象を絡ませたという点が非常に斬新です。自然現象についての特殊能力を持つ、ラプラスの魔女と呼ばれる人物まで出てきます。 もしも、自然現象による殺人が可能なのであれば、それは殺人として立証できるのでしょうか?そんな斬新なテーマを持った本作のストーリーは、今までのミステリー作品とは一線を画しています。 また、自然現象のコントロールや魔女という設定が絡むと、通常の作品はファンタジーのジャンルに区分されてしまうのですが、東野圭吾はそこに巧みなオチをつけて、新感覚で楽しめるミステリーを作ってくれました。

人の内面をえぐり出したような展開!

本作は、様々な出来事から登場人物の内面をくっきりと浮かび上がらせているところが見どころの1つです。死亡事故に関与した人物、隠された事件の動機、それぞれの犯行の方法、どれも常軌を逸しています。 それらのパーツが、関わっている人物の内面を映し出す鏡となり、視聴者に異常性を覗かせてくれるのです。事件が論理的に解決されるミステリーの展開に加え、登場人物の心情が暴かれる本作のサスペンス要素は魅力的ですよ!

おすすめ関連動画!

2重人格者が警察のDNA解析員?映画『プラチナデータ』

映画『ラプラスの魔女』と同じく東野圭吾原作で、26億円超のヒットを記録した作品が、2013年に公開された映画『プラチナデータ』です。 あるとき、連続婦女暴行殺人が起こります。警察の特殊解析研究所に所属する神楽龍平は、自身の別人格「リュウ」が事件に関わっている可能性を抱えながら、真相に迫っていくのでした……。 全く予想できない二転三転する展開は、サスペンス好きにはたまりません。そして驚きのラストは、しみじみとした余韻を含んでいます。

ある夫婦惨殺事件の残像 映画『怒り』

『ラプラスの魔女』で円華役を務めた広瀬すずが出演するサスペンス作品を観たい人には、2016年公開の映画『怒り』がおすすめです。広瀬すずは本作で、第40回日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を受賞しています。 八王子で、ある夫婦の惨殺事件が起きてから1年が経過。警察は犯人を特定できずにいました。そんな中、千葉、東京、沖縄の3つの場所にいる、身元不明の青年3名が容疑者として浮かび上がるのですが……。 本作は、事件の全容に迫りながら、人間の根底にあるエゴイズムや猜疑心に強くスポットを当てているのが特徴です。人間が背負う業とは?容疑者を取り巻く人間関係に注目すると、様々な疑問や考えが浮かんできます。

可愛い養子が来た途端、事件が次々に発生?映画『エスター』

不思議な少女が事件の鍵を握っているという意味で映画『ラプラスの魔女』と共通しているのが、2009年公開の映画『エスター』です。 3人目の子どもを死産してしまったケイトとその夫は、エスターという養子を迎えます。しかし、彼女が家に来てから、家族の周りで次々に不審な出来事が起こっていくのでした……。 結末は多くの視聴者の予想を完全に超えていて、迫り来る恐怖はトラウマになる程です!

映画『ラプラスの魔女』のフル動画は配信サービスで無料視聴しよう

本ん記事では、映画『ラプラスの魔女』の動画を無料で視聴できる動画配信サービス、あらすじ、登場人物、見どころやおすすめの関連作品について紹介しました。 自然現象と殺人事件を組み合わせた新しいミステリーの本作を、これを機会にぜひ視聴してみましょう!