2021年2月22日更新

『BURN THE WITCH』(バーンザウィッチ)全話ネタバレ解説!『BLEACH』との関係性も考察

バーンザウィッチ

『BURN THE WITCH』(バーンザウィッチ)は『BLEACH』を手がけた久保帯人の新作ファンタジーアクション。シーズン1が終了した本作について、登場人物や各話あらすじ、『BLEACH』との繋がりなどをネタバレありで詳しく解説します!

『BURN THE WITCH』(バーンザウィッチ)は久保帯人の短期連載漫画【BLEACH】

バーンザウィッチ

『BURN THE WITCH』は、ロンドンの裏側“リバース・ロンドン”を舞台に、魔女とドラゴンの戦いを描いたファンタジーアクション漫画です。 週刊少年ジャンプの創刊50周年を記念して、2018年に『BLEACH』の作者・久保帯人が読み切り作品として発表。その後2年間の準備期間を経て、2020年から短期連載が始まりました。 この記事ではシーズン1として4話まで連載された『BURN THE WITCH』について、登場人物や各話あらすじ、『BLEACH』との関係などをネタバレ解説していきます。

『BURN THE WITCH』読み切り版ネタバレ解説【2018年掲載】

“笛吹き隊”ニニーとのえる、昇格を目指しドラゴン討伐?

物語の舞台はロンドンの裏側“リバース・ロンドン”。ロンドンにおける全死因の72%に関わるドラゴンの駆除は、その姿を視認できるリバース・ロンドンの市民の中でも、ウイングバインド(WB)に所属する魔女と魔法使いだけとなっています。 WBの笛吹き隊(バイパーズ)に所属するニニーは、いつか戦術隊(サーベルズ)に所属することを夢見る少女。同じく笛吹き隊に所属するのえるとペアを組んで、上司の無茶ぶりに振り回されるのが日常です。 ある日、“資源”として飼育されているドラゴンの収穫業務に向かった2人は、上司からドラゴンの退治を緊急要請されます。そのドラゴンが現われた場所は、のえるの学校がある地区でした。

ニニー重傷!ダークドラゴンとの戦いの行方は……?

2人が駆けつけると、そこには人間と触れ合い続けたことで負の感情を吸収し、人に仇なす存在となった“ダークドラゴン”が出没していました。 襲われていたのは表のロンドンでのえるが通う学校の先輩・バルゴ。彼の愛犬オスシちゃんは、実は死体の皮を被った“覆面竜(ディスガイザー)”だったのです。 逃げ出したバルゴの幼なじみ・セルビーを追ったニニーでしたが、突然彼の姿が豹変。実は覆面竜だったセルビーは、魔女を食べれば不老不死になれるという都市伝説を信じてニニーを食べようとしていました。 ニニーが重傷を負い、ダークドラゴンが迫るピンチの中、のえるが笛を使って魔法を発動。ダークドラゴンと化したセルビーは退治され、ニニーとノエルは任務を完遂させました。

『BURN THE WITCH』第1話ネタバレ解説【短期連載版】

表のロンドンではアイドルとして有名なニニーは、野次馬からの目を避けて今日もWBに出勤中。のえると共に本部へ行くと、窓からはドラゴン犬のオスシちゃんに振り回されているバルゴの姿が見えました。 上司から追加給金と追加実績のボーナスを提示された2人は、仕方なくバルゴを救出に向かいます。無事オスシちゃんを宥めることに成功したのえるでしたが、背後にはなんとダークドラゴンが。 長い間ドラゴンと一緒にいたせいで“ドラゴン憑き”となってしまったバルゴは、ドラゴンを呼び寄せる体質になってしまっていたのです。 ニニーとのえるの連携攻撃によってドラゴンは仕留められたものの、その様子を見ていたWB最高幹部“トップ・オブ・ホーンズ”達は、バルゴの存在を危険視し始めていました。

『BURN THE WITCH』第2話ネタバレ解説【短期連載版】

バーンザウィッチ

ニニーとノエルは上司から5倍の報酬と実績を餌に休日出勤を要請されていました。しぶしぶ任務へ向かうことになった2人は、上からの指示でバルゴを伴って行動することに。 しかし、現場に着いたニニーは表の住人であるはずのメイシーの姿を見つけます。メイシーはニニーがリーダーを務めるアイドルグループから突然脱退したメンバーで、ニニーとの不仲が噂されていた人物です。 ドラゴンが見える特異体質だったメイシーは飼育したドラゴンを伴って、大好きなニニーとの不仲を報道した新聞社を壊そうと事件を起こしていたのでした。 ニニーとメイシーの口論が激しくなる中、のえるが合流しドラゴンとの戦闘が勃発。そこに現われたのは、トップ・オブ・ホーンズの1人、魔陣隊(インクス)長官・ブルーノでした。

『BURN THE WITCH』第3話ネタバレ解説【短期連載版】

現われたブルーノは、バルゴを新聞社襲撃のテロリストとして拘束を要請。この事件はドラゴンを呼び寄せるバルゴを危険視した幹部達が、彼を捕らえるために企てた茶番だったのです。このままでは彼は賞金首となり、討伐されてしまいます。 そこでニニーとノエルは上司であるブルーノに逆らってバルゴを逃がすことに。ブルーノの不意を突き、2人はバルゴとメイシーを連れて逃亡します。 メイシーは逃亡先で「自分にだけ見えるドラゴンが自分を特別にしてくれた」とニニーに告白。実はずっとアイドル活動が嫌だったことも明かします。 するとそこにブルーノが到着。彼の手にはバルゴの害竜指定が完了したことを示す書類がありました。

『BURN THE WITCH』第4話ネタバレ解説【短期連載版】

突然の死刑宣告に戸惑うバルゴ。そこにメイシーが育てたドラゴンが現れますが、ブルーノは容赦なく攻撃を仕掛けます。しかし死んだかと思われたドラゴンは、月光を浴びて羽化し、今までよりも巨大な姿に変身。 メイシーが育てたドラゴンの正体は、なんと伝説の童話竜(メルヒェンズ)の1つ、シンデレラだったのです。シンデレラがまき散らす粉末によって次々と周囲の建物は破壊され、ニニー達は一旦ブルーノと共闘することを余儀なくされます。 ブルーノの魔法、そしてニニーとのえるの合わせ技が発動するも、シンデレラは一向に弱る気配がありません。しかし、それまで戦力外だったバルゴがなぜか剣を出現させたことで、シンデレラの動きが止まります。 停止したシンデレラの弱点を捕らえたのはニニー達の上司でした。こうして童話竜は討伐され、バルゴは童話竜討伐の切り札として死刑を免れることに。メイシーはニニー達に保護されることが決まり、のえるとバルゴの関係にも進展が見られました。

『BLEACH』との関係性について徹底考察!

『BURN THE WITCH』と『BLEACH』は同じ世界線の物語?

BLEACH

2018年に掲載された読み切り版『BURN THE WITCH』のラストに、「尸魂界(ソウル・ソサエティ)・西梢局(ウエスト・ブランチ)」という文言が登場しています。 尸魂界とは、『BLEACH』の舞台だった死後の世界のことであり、死に神や死者が住んでいる場所です。また、『BLEACH』の作中では1度だけ“東梢局”という言葉が登場していたこともあり、『BURN THE WITCH』と『BLEACH』は同じ世界線の話なのではないか、と考察されています。 ちなみに“尸魂界・西梢局”は、ニニーやノエル達が出勤する建物の門に掲げられていた看板の文字。尸魂界の東を東梢局が、西を西梢局が管轄していると考えることも出来ますね。

『BURN THE WITCH』のタイトルに隠された仕掛け

読み切り版『BURN THE WITCH』の最終ページで大きく描かれたタイトルロゴには、とある仕掛けが。ロゴの中にあるB、E、C、H、そしてTとWの一部が濃い色で塗られているため、よく見ると『BLEACH』と読める仕掛けが隠されているのです。

劇場版アニメ公開&配信スタート!視聴できる配信サービスは?【BURN THE WITCH】

2020年から始まった『BURN THE WITCH』の短期連載と共に、アニメの制作が発表され、2020年10月には劇場にて中編アニメーションの上映がされました。

上映期間は2週間と短かったため、見逃してしまった人も多いのではないでしょうか?そんな人に向けて、今からでも視聴できる動画配信サービスを紹介します。

2021年2月現在、上映終了した劇場版アニメはAmazonプライムビデオにて視聴することが出来ます。劇場版アニメを分割し、3話分として配信中です。見逃してしまった人、見直したい人は、ぜひAmazonプライムビデオを利用してアニメ版『BURN THE WITCH』を観てみてくださいね。

『BURN THE WITCH』の主要キャラとアニメ版の声優を紹介!

ニニー・スパンコール/田野アサミ

ニニー・スパンコールは、リバース・ロンドンの自然ドラゴン保護管理機関“ウイング・バインド(WB)”で笛吹き隊に所属する2等保護官。表のロンドンではガールズグループ“セシルは2度死ぬ(CD2)”のリーダーとしてアイドル活動を行っています。 強大なドラゴンや目上の人物に対して一切臆さないほどの強気で男勝りな性格。後輩ののえるからは「ニニーちゃん」と呼ばれています。 そんなニニーを演じるのは、女優としても活躍中の声優、田野アサミ。アニメの他にも吹き替えやゲームなど、幅広いメディアで活動しています。 アニメの主な出演作には、『スマイルプリキュア!』日野あかね / キュアサニー役や『フランチェスカ』エクソシスト役、『ゾンビランドサガ』二階堂サキ役などがあります。

新橋のえる/山田唯菜

新橋のえるは、ニニーとバディを組んでいる黒髪の少女。リバース・ロンドンでは笛吹き隊の1等保護官としてニニーと共に戦っていますが、表のロンドンではサウス・ブラクストン校の学生です。 先輩や上司に対しても毒舌を隠さず、飄々とした雰囲気のあるキャラクター。ニニーからは「ニーハ」の愛称で呼ばれています。 そんなのえるを演じるのは、声優の山田唯菜。2016年に『クロムクロ』のミラーサ役でデビューしました。主な出演作に、『アイドルタイムプリパラ』幸多みちる役や『ピアノの森』アレグラ・グラナドス役、『アニマエール!』有馬ひづめ役などがあります。

迫力満点魔女アクション!『BURN THE WITCH』の続きも気になる

『BLEACH』で知られる久保帯人の新作ファンタジーアクション『BURN THE WITCH』。2020年の短期連載で大好評のうちにシーズン1を終えた本作は、既に続編となるシーズン2の制作も決定しています。単行本1巻やアニメを見て、更なる展開に備えましょう!