2023年1月17日更新

『BLEACH』死亡キャラ一覧!死神・破面・滅却師の死亡シーンを一挙に紹介

BLEACH
(C)久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ 

原作完結から6年の時を経ても、未だに人気色褪せない『BLEACH』。そんな『BLEACH』の実に10年ぶりとなる新作アニメとなる、「千年血戦篇」が放送されて話題を呼んでいます。 今までお馴染みだったキャラも多く死亡する今章の展開に、唖然としている方も多いのではないでしょうか? そこで本記事では、『BLEACH』の作品内における主な死亡者を、死因なども取り上げなら徹底解説していきます。 ※この記事は『BLEACH』の重大なネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。 またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

AD

死亡キャラと死因

コヨーテ・スターク京楽との戦闘において、リリネットがやられた動揺を突かれ死亡。
バラガン・ルイゼンバーンハッチとの戦闘において、自身の能力により自滅。
ウルキオラ・シファー完全虚化した一護との戦闘において死亡。
ノイトラ・ジルガ更木との戦闘において一刀両断され死亡。
ルピ・アンテノール左腕を取り戻したグリムジョーの虚閃を喰らい死亡。
ゾマリ・ルルールキアを人質に取ったが、それに怒った白哉との戦闘で死亡。
アーロニーロ・アルルエリ海燕の姿でルキアを翻弄するも、頭部のカプセルを破壊され死亡。
ザエルアポロ・グランツマユリの開発した超人薬で時間の感覚を狂わされた間に胸を貫かれ死亡。
ヤミー・リヤルゴ更木と白哉との戦闘の末に死亡。
ドルドーニ・アレッサンドロ・デル・ソカッチオ一護に敗北した後、彼を逃すため葬討部隊と戦闘し死亡。
チルッチ・サンダーウィッチ雨竜との戦闘後、葬討部隊の手によって殺害される。
リリネット・ジンジャーバーグ 京楽との戦闘で数体の狼の姿となって戦うが、全て倒された事で死亡。
シャルロッテ・クールホーン弓親との戦闘で「瑠璃色孔雀」に霊圧を吸い尽くされて死亡。
フィンドール・キャリアス檜佐木との戦闘で恐れをなし、逃亡したところを背後から斬られ死亡。
チーノン・ポウ狛村の卍解に叩き潰されて死亡。
アビラマ・レッダー吉良との戦闘で翼を重くされ墜落。首を落とされて死亡。
ジオ・ヴェガ砕蜂との戦闘で弐撃決殺を受け死亡。
ニルゲ・パルデゥック見た目で舐めてかかっていた大前田の五形頭に倒され敗北。
シャウロン・クーファン限定解除した日番谷に凍結させられ死亡。
エドラド・リオネス卍解した斑目との一騎打ちの末、半身を抉り取られ死亡。
ナキーム・グリンディーナ限定解除した乱菊の速度に追いつかず瞬殺され死亡。
イールフォルト・グランツ限定解除した恋次の狒骨大砲によって死亡。
ディ・ロイ・リンカルキアとの戦闘で『袖白雪』によって凍結させられ死亡。
テスラ・リンドクルツ一護を救援に現れた更木に一刀両断され死亡。
ルミーナザエルアポロによって回復のため捕食され死亡。
メダゼピ恋次の救援に駆けつけた石田に射抜かれ死亡。
ロカ・パラミアヤミーの腕を治療した直後、腕慣らしのため頭を潰されて死亡。
ワンダーワイス・マルジェラ元柳斎との戦闘で双骨を喰らい死亡。
アヨン元柳斎との戦闘で流刃若火に焼かれて死亡。
デモウラ・ゾッド雨竜と交戦し優位に立っていたが、新たな力を手に入れた茶渡に敗れ死亡。
アイスリンガー・ウェルナール凄まじいスピードと攻撃量を見せるが、新たな力を石田との戦闘で死亡。
フーラー白のスーパーキックを喰らって死亡。
市丸ギン一度は藍染を追い詰めるが、崩玉と完全に融合した藍染には敵わず死亡。
東仙要狛村達に敗北し和解した直後、藍染に始末され死亡。
ユーハバッハ雨竜に打ち込まれた「静止の銀」で動きを止められ、一護に両断され死亡。
霊王霊王宮に侵攻してきたユーハバッハに胸を貫かれ死亡。
ユーグラム・ハッシュヴァルトユーハバッハの聖別によって力を奪われて死亡。
エス・ノト卍解したルキアとの戦闘で完全に凍結させられて死亡。
グレミィ・トゥミュー更木との戦闘で更木の力を持った自分を想像したことで、体が力に耐えられなくなり死亡。
ペルニダ・パルンカジャスネムを殺し取り込むが、ネムに仕込まれた「強制細胞分裂加速器官」を取り込んだことによる過剰成長で死亡。
アスキン・ナックルヴァール浦原の卍解の能力で、背後に回ったグリムジョーに心臓を貫かれ死亡。
バズビーハッシュヴァルトとの戦闘の末、自身の敗北を認めた後に死亡。
キルゲ・オピー一護を黒腔内に閉じ込めた直後、グリムジョーに一刀両断され死亡。
マスク・ド・マスキュリン恋次との戦闘で「蛇牙鉄炮」で消し炭にされ死亡。
ロイド・ロイド(Loyd)更木との戦闘で更木に変身して交戦するが、以前の自分を超えた更木に敗北し死亡。
ロイド・ロイド(Royd)ユーハバッハに化け元柳斎との戦闘で敗北した後、ユーハバッハに消し炭にされ死亡。
蒼都日番谷に敗北し、敗北者への断罪で、ハッシュヴァルトに処刑され死亡。
BG9砕蜂に敗北した後、敗北者の断罪で蒼都と共にハッシュヴァルトに処刑され死亡。
ペペ・ワキャブラーダマユリが連れてきたゾンビ部隊に吹き飛ばされた後、リルトットに捕食され死亡。
ジェラルド・ヴァルキリーユーハバッハの聖別によって死亡。
ロバート・アキュトロンユーハバッハの聖別によって死亡。
ドリスコール・ベルチ奪った雀部の卍解を披露するが、元柳斎に一太刀で焼き尽くされ死亡。
ベレニケ・ガブリエリ更木との戦闘で自身の力の説明中、喉を引きちぎられて死亡。
ジェローム・ギズバット更木と交戦しあっさり真っ二つにされて死亡。
ニャンゾル・ワイゾル千手丸に服を改造され、服の内部から針で貫かれたことで死亡。
リジェ・バロ七緒の八鏡剣で力を反射されたことで、体が真っ二つになり四散して死亡。
シャズ・ドミノ技術開発局の面々を始末した直後、現れた一護に瞬殺され死亡。
雀部長次郎忠息黒陸門の警護中ドリスコールに卍解を奪われて死亡。
山本元柳斎重國ユーハバッハとの戦闘で卍解を奪われた後、一刀両断され死亡。
卯ノ花烈更木の本来の力を取り戻す、壮絶な戦いの末死亡。
浮竹十四郎自らの中に宿っていた霊王の右腕の力を奪われた結果、病気が進行して死亡。
涅ネムマユリを庇って全身にペルニダの神経を打ち込まれ、粉微塵となり死亡。

死神代行篇・尸魂界篇(ソウルソサエティ篇)

虚や一般人では多数の死者が出ますが、物語序盤であるためメインキャラからの死者は出ませんでした。そのためこの章での死亡キャラの紹介はありません。 また護廷十三隊からも名も無い隊士の死者が出ますが、隊長格からの死者は0でした。しかし3人もの隊長格が裏切ったことで、これから起こる熾烈な戦いが起こることを予感させました。

死神代行篇を

尸魂界篇(ソウルソサエティ篇)を

破面篇(アランカル篇)

十刃(エスパーダ)の死亡キャラ

コヨーテ・スターク

立場 十刃No.1
死亡した巻数 43巻375話
死因 京楽との戦いの最中、リリネットを失った動揺で力を出しきれず死亡。

元々リリネットと2人で1つの存在でしたが、帰刃することで再び一体化する強力な能力を持ちます。この能力を持って、京楽ら隊長格を相手どりながら優位に戦いを運んでいました。ですが京楽の始解の能力によって不意を突かれ重症を負います。 その後もなんとか能力の特性を把握して、互角の勝負に持ち込みます。ですがリリネットを失った動揺からか、本来の力を出せず最後は京楽に一刀両断され死亡します。

バラガン・ルイゼンバーン

立場 十刃No.2
死亡巻数 43巻371話
死因 ハッチの機転により、自身の老いの能力を体に転移させられ死亡。

虚圏の王として君臨していましたが、藍染達の登場により十刃として加わることとなります。空座町の決戦では、「老いの力」によって、砕蜂とハッチを圧倒します。 しかしハッチが「老いの力」に侵された自身の右腕を、バラガンの体内に転送させる機転を見せました。それにより自身の力に侵され、朽ち果てて死亡します。最後の瞬間まで自身を倒した藍染への恨み節を呟いていました。

ウルキオラ・シファー

立場 十刃No.4
死亡巻数 41巻354話
死因 完全虚化した一護に敗北した後に消滅。

破面篇における一護のライバルともいえる存在です。1度は虚化した一護を圧倒して、胸に孔を空けて戦闘不能に追い込みます。 しかし織姫の声に応え、完全虚化した一護に一方的に押されることになります。戦闘の末、一護に一刀両断され、虚閃で体を吹き飛ばされてしまいました。 なんとか体を再生しますが、とうに限界を迎えており、理性を取り戻した一護と決着をつけられないことを惜しみながら消滅しました。

ノイトラ・ジルガ

立場 十刃No.
死亡巻数 35巻312話
死因 両手持ちで剣を振るった更木に一刀両断された後に死亡。

十刃最高の鋼皮(イエロ)を誇っており、更に刀剣解放したことで1度は更木に死を感じさせるほど追い詰めます。 しかし両手で剣を握った更木に一刀両断され、瀕死に追い込まれます。それでも負けを認めず、最後まで更木に喰いつこうとし切り倒されました。

ルピ・アンテノール

立場 十刃No.6
死亡巻数 27巻240話
死因 左腕を取り戻したグリムジョーの虚閃を受け死亡。

グリムジョーが左腕を失ったことで、1度は十刃に成り上がります。しかし藍染が目をつけた織姫の力によって、グリムジョーは左腕と力を取り戻します。 そして力試しと言わんばかりにルピーは胸を貫かれ、虚閃で体を吹き飛ばされました。

ゾマリ・ルルー

BLEACH
(C)久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ
立場 十刃No.7
死亡巻数 34巻302話
死因 ルキアを人質に取った事で白哉の怒りを買い、卍解まで使われて死亡。

十刃最高の速度と、「愛」の力でルキアを人質に取ることで、1度は白哉を翻弄することに成功します。 しかし白哉が卍解したことにより、終始圧倒されることになりました。そして最後は死神が虚を狩ることへの正当性を問いながら死亡します。

アーロニーロ・アルルエリ

立場 No.9
死亡巻数 30巻269話
死因 海燕の姿を形取りルキアを翻弄したが、最後は頭部を貫かれあえなく死亡。

かつて海燕を殺した虚を喰らったことで、ルキアの恩人である海燕の姿と力を模倣して、ルキアを精神的にも追い詰めていくことになります。 しかし光を浴びせ変身を解かれた後、弱点である頭部のカプセルを貫かれたことで死亡しました。

ザエルアポロ・グランツ

立場 十刃No.8
死亡巻数 35巻306話
死因 マユリに超人薬を投与され、時間感覚を狂わされた後胸を貫かれ死亡。

恋次と雨竜を刀剣解放した力により圧倒しますが、救援に現れた涅マユリとの交戦になります。1度は倒されますが、受胎告知の能力でネムの体から復活したのです。 しかしネムの体に仕込まれていた「超人薬」の力で、1秒が100年に感じる体へと変えられてしまいます。そして抵抗できないまま、マユリに胸を貫かれ死亡しました。

ヤミー・リヤルゴ

立場 十刃No.10
死亡巻数 48巻421話
死因 更木と白哉との戦闘の末、体を一刀両断されて死亡。

怒りによって力が増す能力により、No.10ではなくNo.0という本来の姿を見せ、一護達を圧倒します。 しかし救援に現れた白哉と更木という、最強レベルの隊長2人と戦闘になります。そして藍染との決着後、気づけば2人に敗北したヤミーの姿が描かれました。

AD

十刃(エスパーダ)落ちの死亡キャラ

ドルドーニ・アレッサンドロ・デル・ソカッチオ

立場 破面No.103
死亡巻数 29巻254話
死因 一護に敗れた後、追ってきた葬討部隊と戦った後に死亡。

虚夜宮に侵入した一護と最初の対戦相手となります。卍解と虚化を解放した全力の一護と戦うことを望んでおり、力を解放させるため執拗にネムを狙い撃ちします。 しかしいざ虚化した一護に、一瞬のうちに敗北。その後は敵である自分を助けようとする一護を先に行かせるため、わざと斬られるようにします。 その後は一護を追撃してきた葬討部隊との交戦になり死亡したようです。

チルッチ・サンダーウィッチ

立場 No.105
死亡巻数 29巻259話
死因 雨竜との戦いに敗れた末、やってきた葬討部隊に殺害される。

破面篇(アランカル篇)を

従属官(フラシオン)の死亡キャラ

リリネット・ジンジャーバーグ

立場 コヨーテ・スタークの従属官
死亡巻数 43巻374話
死因 京楽との戦いで複数の狼の形態に変化し襲いかかるが、消滅させられて死亡。

スタークの刀剣解放によって虚閃を放てる銃と、無数の狼2つの形態を使い分ける能力そのものもへと姿を変えます。 原作では京楽との戦闘中気づかないうちに消滅しますが、アニメ版では京楽によって狼が全て倒されたことで死亡という補足がされています。

シャルロッテ・クールホーン

立場 バラガンの従属官
死亡巻数 37巻322話
死因 瑠璃色孔雀の力を発揮した弓親に霊力を吸い取られて死亡。

フィンドール・キャリアス

立場 バラガンの従属官
死亡巻数 38巻325話
死因 始解を発動した檜佐木に恐れをなして、逃走を図ったところを背中から斬られて死亡。

チーノン・ポウ

立場 バラガンの従属官
死亡巻数 38巻328話
死因 卍解した狛村によって一撃で叩き潰されて死亡。

アビラマ・レッダー

立場 バラガンの従属官
死亡巻数 38巻324話
死因 吉良の侘助の能力によって空から落とされた後、首を刎ねられて死亡。

ジオ・ヴェガ

立場 バラガンの従属官
死亡巻数 39巻333話
死因 砕蜂の始解「雀蜂」の弐撃決殺によって死亡。

ニルゲ・パルデゥック

立場 バラガンの従属官
死亡巻数 39巻321話
死因 大前田との交戦中に吹き飛ばされた砕蜂が頭にあたり、そのまま作品からフェードアウトした。

シャウロン・クーファン

立場 グリムジョーの従属官
死亡巻数 24巻210話
死因 限定解除した日番谷に手も足も出ず、凍結させられ死亡。

エドラド・リオネス

立場 グリムジョーの従属官
死亡巻数 24巻206話
死因 卍解した斑目との戦いで半身を抉り取られて死亡。

ナキーム・グリンディーナ

立場 グリムジョーの従属官
死亡巻数 24巻210話
死因 限定解除した乱菊に手も足も出ず、背後を取られて死亡。

イールフォルト・グランツ

立場 グリムジョーの従属官
死亡巻数 24巻210話
死因 限定解除した恋次の力に恐れをなし、逃走しようとしたところを突かれて死亡。

ディ・ロイ・リンカ

立場 グリムジョーの従属官
死亡巻数 23巻201話
死因 始解を初披露したルキアに凍結させられて死亡。

テスラ・リンドクルツ

立場 ノイトラの従属官
死亡巻数 35巻313話
死因 更木に一刀両断され敗北。死にゆくノイトラを見て涙を流しながら息を引き取る。

ルミーナ

立場 ザエルアポロの従属官
死亡巻数 31巻276話
死因 雨竜の攻撃を受け瀕死になったザエルアポロが、回復のために捕食し死亡。

メダゼピ

立場 ザエルアポロの従属官
死亡巻数 31巻272話
死因 恋次の救援にかけつけた雨竜によって撃ち抜かれ死亡。

ロカ・パラミア

立場 ザエルアポロの従属官。
死亡巻数 26巻229話
死因 切り落とされたヤミーの右腕の治療をした後、腕慣らしのためヤミーに頭を潰されて死亡。

破面篇(アランカル篇)を

その他の破面(アランカル)の死亡キャラ

ワンダーワイス・マルジェラ

立場 改造破面
死亡巻数 45巻395話
死因 元柳斎との戦いで双骨を喰らい、バラバラになって死亡。

元柳斎の「流刃若火」の力を抑え込むために作られた、改造破面です。この火を抑え込むという一点のために、理性、言葉、記憶、知性全てを失っています。 その甲斐もあって通常戦闘でも圧倒的力を誇り、白、拳西を倒しました。しかし元柳斎には斬魄刀の力を封じてもなお、肉弾戦で圧倒され、最後は「双骨」を喰らい死亡します。

アヨン

立場 合成混獣
死亡巻数 39巻338話
死因 元柳斎に一刀で焼き尽くされて死亡。

アパッチ、ミラ・ローズ、スンスンが自らの左腕を捧げてつくる、「混獣神(キメラ・パルカ)」です。 その戦闘力は凄まじく、副隊長格をあっという間に蹴散らしていきます。しかし流石の元柳斎には敵わず、一瞬の内に焼き尽くされてしまいました。

デモウラ・ゾッド

立場 虚宮22号地の番人
死亡巻数 28巻244話
死因 新しい力を手に入れた茶渡の前に手も足も出ず敗北し死亡。

アイスリンガー・ウェルナール

立場 虚宮22号地の番人
死亡巻数 28巻244話
死因 雨竜の1200発の矢を受けて敗北。その後22号地の崩落に巻き込まれて死亡。

フーラー

立場 不明
死亡巻数 42巻367話
死因 白のスーパキックを喰らい、一撃で死亡。

破面篇(アランカル篇)を

AD

死神の死亡キャラ

市丸ギン

立場 元三番隊隊長
死亡巻数 48巻417巻
死因 藍染に致命傷を与えるが、崩玉と完全に一体化していたため復活された後殺害される。

「鏡花水月に直接触れる」という弱点を聞き出し、乱菊の奪われたものを取り返すため、藍染の側で100年以上もの間殺せる機会を待ち続けていました。 そして念願が叶い、神殺鎗で胸に大穴を開けることに成功します。しかし崩玉と完全に融合していた藍染に復活され、そのまま切り伏せられ致命傷を負います。 最後は想い人の乱菊に看取られながら、一護の成長に安心して息を引き取りました。

東仙要

立場 元九番隊隊長
死亡巻数 45巻387話
死因 狛村達と和解した直後、藍染の手で始末され死亡。

虚化の能力を手に入れ、帰刃しハエのような姿へと成り果てながら、狛村を追い詰めます。しかしなまじ視界を得たことで、近づく檜佐木に気づくことができず、喉に斬撃を喰らってしまいます。 虚化の影響で辛うじて命を繋ぎ、お互いの正義を吐露し、2人と剣を交わし合ったことで和解しかけます。しかし直後に藍染の手によって、用済みとして始末されてしまいました。

破面篇(アランカル篇)を

死神代行消失篇

BLEACH ブリーチ 井上 織姫
©COLOPL, Inc. ©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ

この章では沓澤ギリコ、月島秀九郎、銀城空吾とメインキャラが死亡することになります。しかし3人とも死亡した後に魂魄が尸魂界に送られ、霊体として生活しています。 そして「千年血戦篇」において再登場し、一護の破壊された斬月を修復。ユーハバッハ討伐に貢献することになりました。 なので死亡したが再登場するキャラとして、本記事では詳細な死因等は記述しません。

死神代行消失篇を

AD

千年決戦篇

頂点の死亡キャラ

ユーハバッハ

BLEACH ブリーチ ユーハバッハ
©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ
立場 滅却師の祖
死亡巻数 74巻686話
死因 雨竜によって「静止の銀」を撃ち込まれ能力を無効化させられたことで、一護に切り倒される。10年後に肥大化した力の残滓が、息子の一勇に消滅させられ死亡。

未来を見透し、未来を改変する力によって、零番隊、一護、藍染すら圧倒します。 しかし竜弦が作り出した「静止の銀」の鏃を雨竜が打ち込むことで、一時的にそれらチート能力を封じることに成功します。 その隙に一護が斬月で斬り裂いたことで死亡します。そしてその10年後かすかな残滓として復活しようとしますが、一護の息子一勇に握りつぶされ、本当に最後を迎えました。

霊王

立場 尸魂界を支配する王
死亡巻数 69巻614話
死因 霊王宮に侵攻してきたユーハバッハに胸を突かれた後、一護に真っ二つにされ死亡

死神の頂点として君臨する霊王。 しかしその実態は、世界を維持する楔として結晶の中に封じ込められた生贄でした。 戦闘能力も当然持たないため、霊王宮に侵入したユーハバッハに胸を一突きされて死亡。その後、ユーハバッハの能力によって操られた一護がとどめを刺すことで、完全に機能を停止しました。

千年決戦篇を

星十字騎士団(シュテルンリッター)の死亡キャラ

ユーグラム・ハッシュヴァルト

BLEACH ブリーチ ユーグラム・ハッシュヴァルト
©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ
立場 星十字騎士団A「世界調和」
死亡巻数 74巻681話
死因 ユーハバッハの聖別によって力を奪われ死亡。

雨竜の「完全反立(アンチサーシス)」により、1度は劣勢に立たされますが、自身の世界調和の力で追い込むことに成功、トドメを刺そうとします。 しかしその直後、ユーハバッハによる聖別により殆ど死に体となります。そして雨竜に傷を自分に移し替えていくよう進言。最後は自身がかつて親友を裏切る選択をしたことを思い出しながら息を引き取りました。

エス・ノト

立場 星十字騎士団F「恐怖」
死亡巻数 63巻570話
死因 卍解したルキアの「白霞罸」に凍結させられて死亡。

自身の体を凍結させ、エス・ノトの能力を表皮で止めるルキアの戦法に、1度は劣勢を強いられます。しかし滅却師完聖体の力で、視界からの攻撃が可能になり優勢になります。 しかし加勢にきた白哉の言葉でルキアが立ち直り卍解、その能力の前に凍結させられ死亡しました。

グレミィ・トゥミュー

立場 星十字騎士団V「夢想家」
死亡巻数 64巻579話
死因 更木の力を完全に想像しようとした結果、体が耐えきれなくなり死亡。

自身の想像することでどんな物でも生み出すことが出来る能力を、容易く切り裂いてくる更木との戦いの最中、初めてグレミィは「勝ちたい」という気持ちを持ちます。 そして更木に勝つため、更木の力を完璧に想像しようとします。しかし更木の力に耐えられるのは、更木の体だけであり、グレミィの体は耐えられず自滅したのです。 最後は勝てなかったことを悔やみながら、想像の限界を迎え死亡しました。

ペルニダ・パルンカジャス

立場 星十字騎士団C「強制執行」
死亡巻数 71巻643話
死因 ネムの強制細胞分裂加速器官を取り込んだことで、過剰成長が引き起こされ自滅。

その正体は「霊王の左腕」でありながら、滅却師の力を持ってる異常性で徐々にマユリを追い詰めていきます。 しかしマユリを庇うため乱入してきたネムを取り込んだことで、異変が生じます。ネムは体に強制細胞分裂加速器官を備えており、ペルニダはそれごとネムを吸収してしまいました。 その結果過剰成長が起こり、体が耐えきれなくなり自滅したのです。

アスキン・ナックルヴァー

立場 星十字騎士団D「致死量」
死亡巻数 73巻666話
死因 浦原の卍解によって背後を取られたグリムジョーによって、心臓を貫かれて後に死亡。

完聖体となり、表層に猛毒の結界を張り、相手を猛毒の空間内に閉じ込める「猛毒領域」を発動、浦原を追い詰めます。 しかし浦原の「物を作り変える」卍解によって、領域内に侵入路を作成され、グリムジョーに背後を許してしまいます。そしてグリムジョーに心臓を潰されますが、自身の死によってなんとか2人を相打ちに持ち込みました。

バズビー

立場 星十字騎士団H「灼熱」
死亡巻数 70巻634話
死因 自身を捨て駒にしたユーハバッハを倒すため裏切った後ハッシュヴァルトと対戦。圧倒的力の差を前に敗北し死亡。

かつて共にユーハバッハを殺せる立場になるため、滅却師を目指して修行していたハッシュヴァルトとの一騎打ちに臨みます。 しかし「世界調和」の力の前に終始圧倒される形となりました。最後はハッシュヴァルトに勝てなかったものの、どこか清々しい顔をしながら息を引き取りました。

キルゲ・オピー

立場 星十字騎士団J「監獄」。虚圏狩猟部隊統括狩猟隊長。
死亡巻数 57巻500話
死因 一護の足止めに成功するも、急襲したグリムジョーに一刀両断され死亡。

最初に一護と戦う聖十字騎士団として、完聖体、血装などを駆使して一護達を追い詰めていきます。しかし卍解した一護の攻撃力と、攻撃速度に翻弄され冷静さを失った所を、浦原に致命傷を負わされます。 しかし乱装天傀の力でなんとか一護の足止めだけは成功した直後、急襲したグリムジョーに真っ二つにされ死亡します。

マスク・ド・マスキュリン

立場 星十字騎士団S「英雄」
死亡巻数 63巻564話
死因 恋次と交戦しますが、真の力を解放した卍解の「蛇牙鉄砲」に消し炭にされて死亡。

実は声援を送るジェイムズが本体であり、マスキュリンは「理想の英雄の具現化」された姿なのです。それもあって隊長格2人を軽く葬り、声援で体の再生までするチートっぷりを披露していました。 しかし霊王宮で修行をした恋次には叶わず、あっさりと双王蛇尾丸の「蛇牙鉄炮」により消し炭にされました。

ロイド・ロイド(Loyd)

立場 星十字騎士団Y「貴方自身」
死亡巻数 57巻503話
死因 更木の姿と力を模倣し対戦するが、更木がそれ以上の力を発揮したことで敗北し死亡。

ロイド・ロイドのLのイニシャルを持つ方です。最初の瀞霊廷進行の際、更木と交戦します。更木の姿形、力までも模倣し、更木と互角の戦いを繰り広げます。 しかしその能力は相手が強いほど、その力を増していく更木との相性は最悪でした。「その時の自分より強くなればいい」というとんでも理論で、すぐ撃破されてしまいます。

ロイド・ロイド(Royd)

立場 星十字騎士団Y「貴方自身」
死亡巻数 58巻510話
死因 ユーハバッハの姿と力を模倣して元柳斎と対戦するが、力及ばず敗北。その後現れた本物のユーハバッハに始末され死亡。

ロイド・ロイドのRの方です。Lと同じく他人の姿形、力まで模倣することができます。ユーハバッハが藍染に会いに行っている間、それを気取られぬように元柳斎と交戦していました。 流石に最強の卍解には歯が立たず敗北。最期は藍染の元から帰ってきたユーハバッハの手によって、消滅させられました。

蒼都

立場 星十字騎士団I「鋼鉄」
死亡巻数 62巻559話
死因 日番谷との対戦で敗北した後、敗北者の処断にかけられ、ハッシュヴァルトの手により処刑される。

BG9(ベー・ゲー・ノイン)

立場 星十字騎士団K「(不明)」
死亡巻数 62巻559話
死因 砕蜂との戦いに敗北した後、敗北者の処断にかけられた後、ハッシュヴァルトに処刑され死亡。

ペペ・ワキャブラーダ

立場 聖十字騎士団L「愛(ザ・ラブ)」
死亡巻数 66巻597話
死因 マユリが連れてきたゾンビ部隊によって吹き飛ばされた後に、リルトットに捕食され死亡。

ジェラルド・ヴァルキリー

立場 星十字騎士団M「奇跡」
死亡巻数 74巻680話
死因 ユーハバッハの聖別によって白骨化して死亡。

ロバート・アキュトロン

立場 星十字騎士団N「(不明)」
死亡巻数 67巻604話
死因 ユーハバッハの聖別によって力を奪われ、白骨化して死亡。

ドリスコール・ベルチ

立場 星十字騎士団Q「大量虐殺」
死亡巻数 57巻504話
死因 雀部の卍解で元柳斎を攻撃するが全く通用せず、一太刀で焼き尽くされて死亡。

ベレニケ・ガブリエリ

立場 星十字騎士団Q「異議」
死亡巻数 57巻503話
死因 更木との戦闘前に、異議がどうのこうの話している間に喉を引きちぎられ死亡。

ジェローム・ギズバット

立場 星十字騎士団R「咆哮」
死亡巻数 57巻503話
死因 更木との戦闘であえなく一刀両断され死亡。

ニャンゾル・ワイゾル

立場 星十字騎士団W「紆余曲折」
死亡巻数 66巻599話
死因 千手丸によって改造された衣服により、内側から無数の針で貫かれて死亡。

リジェ・バロ

立場 星十字騎士団X「万物貫通」
死亡巻数 72巻654話
死因 七緒の八鏡剣の能力により、自身の力を反射されたことで四散。その後四散した体はイヅルによって倒され死亡。

シャズ・ドミノ

立場 星十字騎士団ϛ「生存能力」
死亡巻数 58巻512話
死因 黒腔内から脱出してきた一護に、自己紹介中に瞬殺される。その後ちゃっかり生き残っていたが、イヅルの手によって殺害される。

千年決戦篇を

AD

死神の死亡キャラ

雀部長次郎忠息

立場 一番隊副隊長
死亡巻数 55巻483話
死因 ドリスコールとの戦闘で卍解を奪われた後、一番隊隊舎にまで飛ばされ死亡。

滅却師の死神達への宣戦布告の際、聖十字騎士団と初めて戦う隊士となります。 その際生涯一番隊副隊長として山本元柳斎重國の下で仕え続けることを誓い、秘匿していた卍解を2000年ぶりに解放するも、ドリスコールに略奪されてしまいます。 そして一番隊舎まで吹き飛ばされた後、元柳斎に卍解が封じられることを伝え息絶えたのです。

山本元柳斎重國

BLEACH ブリーチ 山本元柳斎重國
©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ
立場 一番隊隊長兼総隊長
死亡巻数 58巻511話
死因 ユーハバッハとの戦闘で卍解を奪われ、なす術もなく身体を真っ二つにされる。

最強の死神としての威厳を見せ、その卍解の力で終始ユーハバッハを圧倒します。そしてとうとう滅却師の長を倒したと思った直後、本物のユーハバッハが一番隊舎を破壊して目の前に現れます。 偽物との戦いで力を消耗しながら、卍解しようとしますがユーハバッハに奪われてしまいます。そしてなす術もないまま、ユーハバッハに一刀両断。 例え上半身が斬り落とされても立ち続ける姿は、死神の長として相応しい最期でした。

卯ノ花烈

BLEACH ブリーチ 卯ノ花八千流
©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ
立場 四番隊隊長
死亡巻数 59巻527話
死因 更木の本来の力を取り戻すための決闘の末、更木に切り伏せられ死亡。

初代護廷十三隊の十一番隊隊長を務め、初代剣八でもあった卯ノ花。そんな彼女とかつての更木は対等、いえ更木の方が確実に腕は上でした。 しかし更木は戦いを楽しむため、本能的に卯ノ花を殺さぬよう力を抑えて戦うことを覚えてしまいました。その枷を解くため、更木と無間における殺し合いをします。 その戦いの末卯ノ花は死亡。しかし更木の力を解き放つという、大義を終えたその死に顔は安らかでした。

浮竹十四郎

立場 十三番隊隊長
死亡巻数 68巻621話
死因 霊王の右腕を解放し、霊王の死によって引き起こされた世界の崩壊を食い止めるが、ユーハバッハにその力も吸い取られ死亡。

かつて病で3歳までに死ぬと言われた身でしたが、肺に霊王の右腕である「ミミハギ様」を宿すことで、ここまで延命してきました。 そしてユーハバッハによって霊王が殺され、世界が崩壊しかけた際に、自身の臓腑をミミハギ様に捧げる神掛で霊王の依代となったのでした。 しかしユーハバッハによって右腕の力ごと霊王を取り込まれてしまい、意識不明となります。最終回では墓標が建てられているため、そのまま死亡したようです。

涅ネム

立場 十二番隊副隊長
死亡巻数 71巻643話
死因 マユリを庇いペルニダの神経攻撃を受け、木端微塵に四散し死亡。

霊王の左腕であるペルニダとの戦いの中で、自身のリミッターを外し圧倒的な戦闘力を見せつけます。 しかしマユリのピンチの際、彼の身代わりとなりペルニダの神経攻撃を打ち込まれてしまいました。そして体をバラバラの肉片にされ死亡します。 しかしマユリによって大脳だけは回収され、後にそれを元にして眠八號が生み出されることとなりました。

千年決戦篇を

AD

死人続出の「千年血戦篇」を見よう!

ここまで「破面篇」「千年血戦篇」における死亡者と、死因や死亡話数に関して解説させていただきました。 やはり慣れ親しんだ味方側のキャラが多く死亡する「千年血戦篇」は、読んでいて苦しいものがありますね。 そんな「千年血戦篇」が令和の技術でアニメ化され、非常に見応えあるものとなっています。ぜひ原作と合わせて楽しんでください!