2021年8月30日更新

映画『騙し絵の牙』が視聴できる動画配信サービスはここ!大泉洋にきっと貴方も騙される

『騙し絵の牙』 大泉洋
©2020「騙し絵の牙」製作委員会

映画『騙し絵の牙』の動画を観られる配信サービスを紹介!

映画『騙し絵の牙』あらすじ

大手出版社・薫風社では創業一族の社長が亡くなったのをきっかけに、ドロドロの権力争いが繰り広げられています。そんな中、専務・東松による大規模な改革も進められ、金にならないと判断された雑誌は存続が危ぶまれるように。 カルチャー雑誌であるトリニティも、廃刊候補のうちの1つでした。切れ者で変わり者の編集長・速水は専務に無理難題を課されながらも、廃刊を免れるため試行錯誤することに。彼は新人編集者・高野を仲間に引き入れ、大物作家・デビュー前の天才作家・人気モデルなどさまざまな人間をスカウトしていきます。 「大逆転」を目指す速水の秘策とは一体……。そして数多くの強者が集まる中、トリニティは無事最後まで生き残ることができるのでしょうか。

豪華すぎる!『騙し絵の牙』登場人物/キャストを紹介

速水輝役/大泉洋

速水輝は、薫風社のカルチャー雑誌・トリニティの編集長です。どこかつかみどころのない男で、奇抜なアイデアで周りを驚かせます。 速水役を演じたのは、「探偵はBARにいる」シリーズで知られる俳優・大泉洋。原作者が彼をイメージしながら書いたキャラということで、文句のつけようがないぴったりのキャスティングです。

高野恵役/松岡茉優

高野恵は、速水に引き抜かれてトリニティ編集部に移ることになった新人編集者。個人書店の一人娘で、本を愛する気持ちを人一倍持っています。 高野役は、女優・松岡茉優が演じました。彼女は子役としてデビューした後、『勝手にふるえてろ』をはじめとした数々の映画やドラマで活躍しています。

矢代聖役/宮沢氷魚

矢代聖は、薫風社の『小説薫風』に作品を投稿した新人小説家です。速水にスカウトされてトリニティで連載をすることになります。 矢代役を担当したのは、モデルであり俳優でもある宮沢氷魚。初主演の映画『his』での演技が高く評価され、今後のさらなる活躍が期待されています。

動画配信サービスで映画『騙し絵の牙』で無料視聴しよう!

今回の記事では、映画『騙し絵の牙』のあらすじ、キャスト情報について紹介してきました。劇場での上映期間を逃してしまった人は、ぜひ記事内で紹介している動画配信サービスをチェックしてみてください!