2021年9月28日更新

『ワールドトリガー』陽太郎の正体が衝撃的!姉・忍田瑠花との関係も

ワールドトリガー 陽太郎

『ワールドトリガー』林道陽太郎の意外な正体や過去を解説【ネタバレ注意】

誕生日 9月22日
年齢 5歳
身長 98cm
血液型 AB型
声優 浦和めぐみ

林藤陽太郎(りんどうようたろう)はボーダー玉狛支部に住みつく5歳の子供です。普段は木崎レイジが作ったヘルメットを愛用しており、よく生意気な物言いやおやつの盗み食いで隊員からチョップをされています。 玉狛支部への愛は強く、玉狛隊員の三雲修(みくもおさむ)がスケープゴートにされた際は、激怒する姿を見せていました。 今回はそんな陽太郎の正体から声優まで徹底解説していきます! ※この記事は2021年9月現在までの『ワールドトリガー』のネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります

サイドエフェクトで動物と会話ができる!

陽太郎は「動物との意思疎通」というサイドエフェクトを持っています。この能力は「超技能」に当たるため、ランクは「A」です。どのレベルの会話ができるかは動物の知能によりますが、「YES」「NO」程度ならば全ての動物とできます。 しかしあくまで意思疎通なので、言うことを聞かせられるわけではなく、作中では雷神丸以外に使用している描写もありません。 また5歳児であるため、トリガーを使用した戦闘力は相当に低いです。しかしパラメーターを見ると指揮のみ「5」とB級隊長レベルの数値になっています。 作中では陽太郎がヒュースにB級ランク戦についてや、戦術について教えている姿が描かれていました。彼は生意気なだけでなく、5歳児離れした頭の良さを持っているようです。

陽太郎の正体考察が勃発!生後すぐにボーダー入隊?

玉狛支部を我が物顔で闊歩する陽太郎ですが、普通に考えるとその姿は違和感そのもの。名字は「林藤」ではあるものの、プロフィールのファミリー欄は「不明」となっており、どうやら血の繋がりはない様子でした。 また公式データブックの「BBF」にて、陽太郎はレイジや小南同様、旧ボーダー時代からの隊員であると判明しています。4年以上前の旧ボーダー時代では、陽太郎はまだ生後数ヶ月。連載当初から登場しているキャラではあるものの、その謎の多さから、彼はファンの間で様々な正体考察をされていました。 「戦争孤児説」や「ブラックトリガー説」などが挙がり、盛り上がりを見せていた考察。しかし原作200話にて、遂に陽太郎の正体が明かされたのです。

陽太郎の正体は“王子様”だった!?

ワールドトリガー 16

陽太郎は5年前に滅んだ近界の国家「アリステラ」の王子だったのです。 旧ボーダーはかつて、近界に存在する3つの国と同盟を結んでいました。その中の1つであるアリステラは、現代より5年前に滅亡の危機に陥ります。そこでまだ幼い王女と生後間もない王子を、国からミデンに亡命させました。 それを手伝っていたのが旧ボーダーであり、その王子こそが陽太郎です。彼が普段から偉そうだったり複数の女性に求婚しているのは、王族であるがゆえだったのでしょう。 またネイバーフッドから来たヒュースを、彼は常に気にかけていました。それは自身とヒュースが同じような境遇に置かれていたためだったのです。

姉・忍田瑠花と再会!名字が違うのはなぜ?

ワールドトリガー 23

陽太郎の正体が判明した第200話にて、彼の姉である忍田瑠花(しのだるか)も初登場を果たしました。瑠花は大人しそうな見た目に反して尊大な人物で、ボーダー幹部の面々に対しても当たり前のように呼び捨てです。 アリステラは自国のマザートリガーを、密かに陽太郎と瑠花に継承していました。そして瑠花はそのマザートリガーを動かし、ボーダーの発展に貢献しています。 つまり彼女はボーダーをここまで大きな組織にした立役者であり、本人も「ボーダーが大きくなったのは、ほとんどが私たちの存在と唐沢の尽力によるもの」と自負していました。 しかし彼女は神にはなっておらず、あくまでトリガーを動かしているだけのようです。

陽太郎と瑠花の名字が違う理由は?

姉弟であるにも関わらず、名字が違う陽太郎と瑠花。実は2人は営業部長である唐沢克己(からさわかつみ)によって、戸籍をイジられています。 陽太郎は林藤支部長の親族、瑠花は忍田本部長の親族として処理されているため、2人は名字が違うのです。陽太郎は玉狛支部に住み瑠花は本部に住んでいますが、2人は週に1回程度の頻度で会っています。 また2人の戸籍が分けられた理由については、未だ判明していません。ファンの間では、「姉弟とバレないため?」「違和感なく別々の場所で暮らさせるため?」と様々な考察がされていました。

マザートリガーを動かせるのは2人だけ

アリステラのマザートリガーを動かせるのは、継承者である陽太郎と瑠花だけです。そのため2人はボーダーにとって、相当なキーマンとなっています。 また陽太郎と常に一緒にいる雷神丸は、アリステラのクラウントリガーであると判明しました。が言うには戦えば非常に強いようなので、その姿が描かれるのにも期待です!

アニメ『ワールドトリガー』で陽太郎を演じる声優は浦和めぐみ

TVアニメ『ワールドトリガー』にて陽太郎を演じるのは、青二プロダクション所属の声優である浦和めぐみです。少年役や人間以外の役まで幅広く演じる彼女は、陽太郎と共に雷神丸にも声を当てています。 浦和めぐみの代表的な役は、『デジモンアドベンチャー02』火田伊織(ひだいおり)役などです!

『ワールドトリガー』林道陽太郎はただのお子さまではない!

ワールドトリガー アニメ
(C)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

長期間謎の多い生意気な子供として描かれ、遂にその衝撃の正体が明かされた陽太郎。その役所から物語が終盤に差し掛かれば、重要なキャラクターになるのは間違いないと考えられます。 TVアニメ『ワールドトリガー』第3シーズンは、2021年10月から放送開始です。陽太郎の生意気で癒される姿が見られるのを、心待ちにしましょう!