2021年10月13日更新

ユン・シユンのおすすめ出演ドラマを紹介!優しい性格のイケメン韓国俳優の現在に迫る

『サイコパスダイアリー』 ユン・シユン

「第2のチョン・イル」と呼ばれた時期を経て、自分だけの魅力を発揮するユン・シユン。ドラマ『製パン王 キム・タック』で一躍スターとなり、国内外のファンを獲得しました。今回は、ジャンルを問わず活躍する彼の現在や出演ドラマにスポットを当てます!

イケメン韓国俳優ユン・シユンのプロフィールを紹介

名前 ユン・シユン
生年月日 1986年9月26日
身長 178cm

幼い頃は共働きの両親に代わり、田舎の祖母に厳しくも優しく育てられたそうです。そうした生い立ちからか、共演したパク・シネは「とても礼儀正しく、お年寄りに優しい」と彼を評しています。 大学時代は演技学科で学びつつ、当時の本名ユン・ドング名義で活動を始めました。書類選考に苦戦する日々が続くも、後のマネージャーとの出会いと改名が転機に!歌手キム・ドンユルのMVでデビューし、2009年にシットコム『屋根を突き破ってハイキック』で知名度を上げます。 爽やかなイケメンっぷりが話題を呼び、2008年には『コ死2』に主演して映画デビュー。共演者からユニークな一面が語られる一方、徹底した自己管理でも有名です。 そんなお茶目でストイックな彼の出演作から恋の噂まで、プロフィールをまるっと紹介します!

ユン・シユン出演のおすすめドラマ!迷ったらまずこれを観よう

ここからは、ユン・シユンの出演ドラマを現代劇と時代劇に分けて紹介します! 映画よりもドラマの出演が多く、近年は時代劇での活躍も評価されているようです。迷った場合は古い作品から観ると、演技の成長を追いやすいかもしれません。

おすすめ現代劇

『サイコパス ダイアリー』(2019年)

自分をサイコパスだと思い込む主人公を演じ、視聴者を驚かせた異色のドラマです。1冊の日記が鍵になっており、「コミックサスペンス」という新ジャンルを生みました。 本作で演じたユク・ドンシクは、同僚にも便利に扱われる気弱なお人好し。彼はある日、連続殺人の犯行現場を目撃し、逃げる途中で交通事故に遭い記憶を失います。犯人の殺人日記を拾っていたことから、自分の犯行だと勘違いしてしまい……。 ユン・シユン扮する偽物とパク・ソンフン扮する本物のサイコパス、笑いと恐怖がマッチした2人の心理戦がコントのような演出で描かれます。過去にない役柄に挑戦しながらも、磨かれてきた演じ分けの腕が存分に発揮されました。

『親愛なる判事様』(2018年)

『総理と私』(2013年)などでキャリアを重ね、2018年に主演を務めた『親愛なる判事様』。2016年以降、兵役を経て演技も深みが増し、本作では一人二役をこなしました。 双子の兄ハン・スホが最年少で判事になり、兄へのコンプレックスを拗らせたガンホ。兄が司法試験に合格した当日に逮捕され、その後は前科5犯の不良になります。そんな彼が行方不明の兄に成り代わり、判事として働くドタバタの法廷ラブコメディです。 ユン・シユンは冷徹な「コンピューター判事」のスホと前科持ちのガンホ、同じ外見でも性格は180度違う双子を見事に演じ分けています。表情や口調だけでなく、個人の癖にまでこだわった役づくりは、脚本のチョン・ソンイルにも絶賛されました。

『となりの美男〈イケメン〉』(2013年)

年下男子のユン・シユンを堪能したいなら、『となりの美男〈イケメン〉』がおすすめ!Yoo Hyun-sookのウェブトゥーンを、パク・シネ主演でドラマ化したラブコメディです。 引きこもりを謳歌するコ・ドクミ唯一の楽しみは、向かいの家のイケメンを観察すること。しかしある日、彼と同居を始めたエンリケ・クムに覗き見がバレてしまいます。ドクミの日常は一変し、近隣のイケメンたちが彼女の脱・引きこもりを目指しますが……。 ユン・シユン演じるエンリケは、スペイン育ちの人気ゲームクリエイター。天真爛漫で人懐こく、誰とでも仲良くなる彼のかわいさに魅了されること間違いなし!日本から俳優の水田航生が出演しており、イケメン俳優陣の共演にも注目です。

『製パン王 キム・タック』(2010年)

『製パン王 キム・タック』
Licensed by KBS Media Ltd. ©2010 KBS. Allrights reserved

2010年にKBSで放送され、 瞬間最高視聴率58.1%を叩き出した『製パン王 キム・タック』。復讐・サクセス・恋愛と様々な要素が絡み、視聴者を虜にした伝説のドラマです。 当時20代前半のユン・シユンは、出生に秘密がある主人公キム・タックを演じました。実父と同じ製パン業界に飛び込み、一流の職人を目指すタック。腹違いの弟が偶然、同じ師匠のもとで修行をはじめ、2人は様々な形で対立することに……。 当初、製作側は無名の新人の主演に難色を示しましたが、ユン・シユンは断りを入れた脚本家に「自分はまだまだ未熟ですが、精一杯頑張ります!」と熱意を見せたそうです。とにかく真っ直ぐな好青年を屈託のない笑顔で演じ、作品を大ヒットに導きました。

おすすめ時代劇

『不滅の恋人』(2018年)

不滅の恋人
ⓒ 2018 TV Chosun

朝鮮王朝時代、最も有名な王位争いとして知られる「骨肉の争い」がモチーフの時代劇です。ユン・シユン扮するイ・フィのモデルは、世宗大王の第3王子アンピョン大君。 フィは人柄も才能も非の打ち所がなく、宮中で愛されて育ちました。彼は重臣の娘チャヒョンと惹かれ合いますが、第2王子のイ・ガンも彼女を気に入ります。チャヒョンがフィを選んだことで、不遇な扱いを受けてきた兄の怒りがついに爆発しました。 弟への闘争心と嫉妬に駆られ、王座と愛するものを奪おうと陰謀を巡らせるガン。フィはその優しさゆえに苦悩しながらも、兄弟と闘うことを決意します。幾度となく島流しに遭い、命に危機に瀕してもなお愛を貫く姿に胸を打たれるでしょう。

『魔女宝鑑 ~ホジュン、若き日の恋~』(2016年)

ユン・シユンが時代劇に初挑戦し、主演を演じたファンタジーロマンス「魔女宝鑑」。多くの時代劇でモデルとなった、朝鮮最高の名医ホ・ジュンの若かりし頃を描きます。 庶子の子として生まれたジュンは、母親の身分を回復すべく呪われた森へ足を踏み入れます。そこで出会ったのは、出生に秘密を抱え人里離れて暮らす王女ヨニ。呪いで凍りついた心臓を持ち、魔女となったヨニとの出会いが彼の運命を変えるのでした。 ユン・シユンは悲運の王女を懸命に守る男らしさを発揮し、これまでの好青年イメージを覆します。相手役はキム・セロンが務め、童話のように美しいケミが話題に!新たなファン層の獲得にも成功し、さらに演技の幅を広げていきました。

ユン・シユンは兵役除隊済み?

ユン・シユンは『総理と私』の撮影中に兵役の準備に入り、2014年4月に海兵隊へ入隊しました。 陸軍、海軍、空軍、海兵隊の中で最も訓練が厳しく、かつてヒョンビンも所属した部隊です。海兵隊を志願したのは、“水への恐れを克服する”のが理由の1つだったとか。2016年1月27日、約1年10ヶ月の軍生活を終え、国内外のファンが出迎えに駆けつけました。 除隊時に事務所との契約も満了し、当時は多くの他事務所からオファーがあったそうです。しかし自分を見出してくれたマネージャーへの義理を通し、共に新事務所を設立しました。

現在彼女はいる?気になるチン・セヨンとの関係とは

番組などで過去の恋愛話を明かしつつも、熱愛報道とは無縁だったユン・シユン。仕事一筋と思いきや、2018年に女優チン・セヨンとの熱愛説が浮上します。 2人はドラマ『大君〜愛を描く』(2018年)で共演しており、チン・セヨンが相手役候補の1人だった彼を強く推したために、交際相手だと疑われました。報道が出たわずか10分後、双方の事務所が発表したコメントを通じ正式に否定しています。 理想の女性は「自分と共に成長していける人。お互い励ましあえる人。それぞれの仕事を応援しあえる人」と過去に語っていますが、まだ出会えていないようですね。

ユン・シユン出演のドラマに目が離せない!

一時は「キムタックの子」という呼び名に苦しみ、新たな魅力を開拓したユン・シユン。どちらかと言えば童顔のイケメンですが、近年は大人の色気も感じられます。 除隊後はひと癖ある役柄に挑戦し、同じ作品で真逆の役を演じることも少なくありません。2021年11月に日本初放送の『TRAIN』では、キャスト全員が一人二役に挑戦します。過去になく冷徹な役を演じるそうなので、今後の出演ドラマもお見逃しなく!