2021年10月5日更新

漫画『消えた初恋』をネタバレあらすじ解説!思いもよらぬ勘違いから始まるラブストーリー

消えた初恋 1

『消えた初恋』はひねくれ渡とアルコが描く、おバカで可愛い4人の高校生が織りなす勘違いラブストーリーとなっています。キュンキュンしながらもクスッと笑える作品で、BL要素が強いのも大きな特徴です。 本記事ではそんな本作のネタバレあらすじを、最新巻まで解説していきます! ※この記事は2021年10月現在の『消えた初恋』のネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

ネタバレあらすじ①:勘違いラブストーリー開幕!はじまりは消しゴム?

ある日のテストで消しゴムを忘れてしまった青木は、密かに想いを寄せている橋下さんから消しゴムを借ります。その消しゴムのカバーの下には「イダくん」の文字が。その上彼はその消しゴムを、前の席の井田に見られてしまったのです。 「青木は俺が好きだ」と勘違いする井田と、「悔しいけど橋下さんの恋を応援しよう」と考える青木。こうして2人を中心とした勘違いラブストーリーが幕を開けます。 同じクラスのあっくんこと相多から邪魔をされつつも、青木は井田と橋下さんをくっつけようとしました。しかし彼は徐々に誠実で優しい井田に惹かれるようになります。 そして橋下さんにもう恋を応援できないと伝える青木。すると彼女は「かっこいいもん、相多くん」と口にしました。 消しゴムの文字は「ア」が消えており、彼女が本当に好きなのはあっくんだったのです。

ネタバレあらすじ②:青木は本気で井田を好きになってしまい……

消えた初恋 2

青木はもちろん、井田も彼を意識している様子。しかしあっくんに問われた青木は、最初の消しゴムは勘違いであったと話してしまいます。 そして彼はあっくんに連れられ、遂に井田に事実を打ち明けました。嫌われると思っていた予想とは逆に、誠実な対応をとる井田。それを見て、青木は本気で彼を好きになってしまいます。 しかし青木は井田を諦めると決めました。橋下さんに青木について相談された際、あっくんはとっとと言わなかった青木の自業自得だと切り捨てます。 それを聞き、大好きな彼をビンタする橋下さん。彼女は同じような境遇にいる青木の気持ちが、痛いほどよくわかるのです。 その後青木の表情から本気で好きなんだと知ったあっくんは、彼にしっかりと謝罪をしました。

波乱の修学旅行!2人のキョリは縮まるのか?

消えた初恋 3

4人は修学旅行という名の「スパルタスキー合宿」に向かいます。そして評価によってクラスを分けられますが、案の定井田とあっくんはAクラス、青木と橋下さんはDクラス。 先生からの言葉でいつも諦めているから成長しないと気付かされた2人は、ある決意を固めます。 スパルタ練習を終えた4人は、練習がキツすぎて宿を脱走しました。2人きりになり、遂に井田に告白をする青木。崖から転落するトラブルに見舞われた青木達ですが、無事に宿に帰還します。 そして井田は改めて告白した青木の気持ちを受け入れ、2人は付き合うことになるのでした。しかし、ときを同じくして橋下さんもあっくんに告白をしますが、彼女はフラれてしまいます。

ネタバレあらすじ③:青木と井田は結ばれたけどトラブルばかり?

消えた初恋 4

いざ付き合うことになった2人ですが、彼らの恋愛はトラブル続き。青木は井田との関係が周りにバレないか心配していますが、井田は一部の友人に青木と付き合っている事実を話してしまいます。 これに怒った青木は、井田に絶交宣言。2人は仲直りできぬまま、クリスマスを迎えてしまうのでした。 姉のケーキ屋を手伝っている青木のもとへ、何食わぬ顔で井田がやってきます。そして当たり前のようにケーキ売りを手伝ってくれる彼。 仲直りした2人が一緒にクリスマスケーキを食べる姿は、とても幸せそうです。 一方の橋下さんとあっくんは、フラれはしたものの距離は近づいているようでした。

青木は受験に向けて塾に通うことになり……

消えた初恋 5

順調に交際を進める青木と井田。しかし受験が近づき成績の良くない青木は、塾に通うことになります。そこで塾講師をしていた先輩に恋愛の指南を受け、井田と手を繋ぐことに成功する彼。 しかしそれを見た先輩は、自分も恋愛対象として見られているのではないかと青木を避けるようになります。そんな先輩に彼は、井田だから好きなんだとしっかりと伝えるのでした。 橋下さんはバレンタインデーにカップケーキを手作りします。相手はもちろんあっくんです。しかし他の女子からのチョコを、手作りは無理だと断っている様子を見て落ち込む彼女。それでもあっくんは、橋下さんの手作りケーキは受け取ります。 彼は橋下さん以外のチョコは断ると決めていたのです。

一方、あっくんと橋下さんは?

消えた初恋 6

遂にあっくんと橋下さんも付き合うことになりました。しかし自分の気持ちに正直になれず、カッコつけてしまうあっくん。根負けしてしょうがなく付き合ったと話しているのを、橋下さんに聞かれてしまいます。 自信をなくした橋下さんは、彼と別れることに。悶々と春休みを過ごすあっくんは、おばあちゃんに長年の経験によるアドバイスをもらいます。 そして橋下さんに本当の想いを伝え、2人は本物のカップルになったのでした。 高校3年生になった青木達。付き合って半年の青木と井田は、キスを意識しだします。少し気まずくなってしまう2人ですが関係を修復し、体育祭の日に初めてキスをしました。

『消えた初恋』の主要登場人物を紹介!

青木想太(あおきそうた)

青木想太は本作の主人公です。2年7組に在籍する生徒で、茶髪の髪色が特徴的でした。去年のバレンタインデーに橋下からカップケーキを貰い、それがきっかけで彼女に恋をしています。 思いやりのある性格で、消しゴムの秘密を井田に見られた際は、彼女のだとバレないよう自分のものだと嘘を吐きました。授業中に居眠りをしているせいか、成績はあまりよくありません。

橋下美緒(はしもとみお)

橋下美緒は2年7組に在籍する女子生徒です。髪型は黒髪のボブカットで、同じクラスのあっくんに恋をしています。彼女は青木に秘密を書いた消しゴムを貸してしまう、物語の重要人物です。 恥ずかしがり屋な性格をしており、大勢の人前や好きな人の前で話すのが苦手でした。

井田浩介(いだこうすけ)

井田浩介は2年7組の生徒で、青木の前の席に座る人物です。黒髪の短髪で、男らしい顔立ちが特徴的な彼。「イダくん」と彫られた消しゴムを見てしまい、青木が自分を好きだと誤解します。 井田は恋愛経験がなく、“好き”という感情もよくわかりません。それでも青木からの告白(?)を受けても茶化したりせずしっかりと向き合う、真面目な性格をしていました。

相多颯人(あいだはやと)

あだ名は「あっくん」。相多颯人は2年7組の生徒で、青木の親友です。髪は紫色のセンターパートにしています。彼は俗に言う「パリピ」で、ノリも軽く明るく元気なお調子者です。 基本的にはポジティブで人と仲良くなるのも得意ですが、勘違いからいらない世話を焼くこともあります。

『消えた初恋』はドラマ化も!あらすじを読んで備えよう

勘違いから生まれた、手探りで甘酸っぱい恋模様を描く『消えた初恋』。BLを主体とした本作ですが、『別冊マーガレット』にて連載中の作品であるため、爽やかな恋愛が楽しめるのも大きなポイントです。 2021年10月より放送される、ドラマ『消えた初恋』。原作のあらすじをおさらいしながら、ドラマに備えましょう!