©Abaca Press/Hahn Lionel/Abaca/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

ドーナル・グリーソンが『スター・ウォーズ』など大作に出演!『ハリポタ』ビルが大出世!

2018年1月16日更新

世界的大ヒットシリーズ『ハリー・ポッター』でウィーズリー家の長男に扮し、大ブレイクしたドーナル・グリーソンの出演作が大作続きだと話題になっています。『スターウォーズ/フォースの覚醒』への出演や、ディカプリオとの共演も!今回は彼の出演作をご紹介します。魔法使いではない彼の魅力を発見してみてください。

ビル・ウィーズリー役ドーナル・グリーソン

『ハリーポッターと死の秘宝』

『ハリーポッターと死の秘宝』でロンの兄であるビル・ウィーズリーを演じたドーナル・グリーソン。アイルランドの俳優で1983年5月12日生まれの32歳です。意外にも俳優としてのキャリアは遅く、以前は舞台や映像といった分野で脚本や監督を手がけていました。

2009年ころから俳優としてのキャリアをスタート。『わたしを離さないで』(2010)、『アンナ・カレーニナ』(2012)など、大きなプロジェクトの数々に出演してきました。

ドーナル・グリーソン出演映画とその軌跡

『ハリー・ポッターと死の秘宝』のPART1,2に出演!

『ハリーポッターと死の秘宝』

かの有名ファンタジー映画『ハリー・ポッター』の最終章となる「死の秘宝」に、ロンの兄であるビル・ウィーズリーとして出演していました。ホグワーツ魔法魔術学校では優秀な成績を収めており、その力を活かして活躍したキャラクターです。

『アバウト・タイム 愛おしい時間について』では主演に抜擢

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について』

『ノッティングヒルの恋人』の恋人などで知られる名匠リチャード・カーティス監督。彼が監督を務めた、タイムトラベルをテーマとしたラブストーリー『アバウト・タイム 愛おしい時間について』(2013)では、主演に抜擢されたドーナル。

同作が初の主演作ということで注目度も高い作品となりました。劇中では過去の失敗をやり直すためにタイムトラベルを繰り返す中で、家族や恋人との時間の大切さを知り、逞しく成長していく姿を好演。『ハリー・ポッター』では見せたことのない、大人の表情をスクリーンいっぱいに披露していました。

続く『FRANK -フランク-』でも主演を射止め、人気俳優の仲間入りを果たす

『フランク』

かぶり物をしているフランクというキャラクターのビジュアルが話題となった音楽映画『FRANK -フランク-』で、フランクに憧れ、追いつくべくバンドの一員として必死にもがく主人公ジョンを演じました(画像右)。『アバウト・タイム』と本作の出演で、渋い脇役俳優という立場から一気に主演級のスターへと上り詰めて行きました。

アンジェリーナ・ジョリー監督『不屈の男 アンブロークン』

『アンブロークン 不屈の男』

アンジェリーナ・ジョリー監督作品であり、第二次世界大戦中に捕虜に取られたオリンピック選手ルイス・"ルイー"・ザンペリーニを追った戦争映画です。日本兵を題材とした作品であることから注目度が高く、日本では公開前から話題が沸騰しています。

ドーナルは、主人公ルイス(ジャック・オコンネル)と共に墜落した飛行機の搭乗員で生き残ったキャプテンのラッセル・フィリップスを演じています。

『レヴェナント 蘇えりし者』でディカプリオとの共演も!

『レヴェナント:蘇えりし者』

『スターウォーズ/フォースの覚醒』が公開して休みまもなく、2016年4月22日公開予定の作品『レヴェナント 蘇えりし者』への出演も決まっており、その売れっ子ぶりはすでにハリウッドの人気俳優の仲間入り。

同作では、レオナルド・ディカプリオの共演も話題の一つ。また、同作の原作となる小説は絶版していたのですが、再販も予定されているようです。熊に襲われ死にかけたディカプリオ扮する毛皮猟師が、自分を見捨てた仲間たちに復讐するというリベンジスリラーとなっています。

ドーナル・グリーソンはディカプリオたちのチームのリーダーを演じました。

ドーナル・グリーソンの父親は、名優ブレンダン・グリーソン

父の姿を見て、自身も俳優を目指したという彼の父親は名優名優ブレンダン・グリーソン。数々の出演作の中でも『トロイ』や『ギャング・オブ・ニューヨーク』などがあり、ブラット・ピットやレオナルド・ディカプリオとの共演も果たしています。

また、ドーナルの出世作とも言える『ハリー・ポッター 死の秘宝 PART1』では親子共演も実現させました。父親との共演によって、その演技力の成長を感じることもできたのではないしょうか。

ハックス将軍で『スターウォーズ/フォースの覚醒』への出演で大スターに!

『スターウォーズ』 ハックス将軍

長い時を経てついに公開したかの大作シリーズの続編、『スター・ウォーズ7/フォースの覚醒』。ドーナル・グリーソンは本作でハックス将軍という役柄で出演しています。

ハックス将軍はカイロ・レンと共にスノークに仕えている悪役の一人であり、劇中でも重要な役どころを担っています。「スターキラー・ベース」というファースト・オーダーの基地を指揮しています。

彼自身は『スターウォーズ』シリーズの熱狂的なファンであり、中でもボバ・フェットがとくに好きだということです。憧れのシリーズへの出演は、彼の人生の中で大きな意味をもたらすことになるかもしれませんね。

アカデミー賞視覚効果賞受賞作品『エクス・マキナ』に主演!

アカデミー賞視覚効果賞を受賞したSF映画『エクス・マキナ』に主演しています。

IT企業社長の大富豪ネイサン・ベイトマン(オスカー・アイザック)の家に招かれた若手プログラマーのケイレブ・スミス(ドーナル・グリーソン)は、AIエヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)のテストに協力して欲しいと頼まれます。エヴァと会話を重ねるケイレブ。ある日、ケイレブはエヴァに、「ネイサンは嘘つき」だと言われ……。

シアーシャ・ローナン主演『ブルックリン』

『ブルックリン』

1950年代のニューヨーク、ブルックリンを舞台にシアーシャ・ローナン演じるアイルランドからの移民の少女エイリシュの生活や恋を描いた映画『ブルックリン』にも出演が決定しています。

シアーシャ・ローナンがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたほか、作品賞、脚色賞でもノミネートされた注目作『ブルックリン』は必見作品です。

ドーナル・グリーソンの今後の出演映画

トム・クルーズと『アメリカン・メイド』で共演!

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でタッグを組んだだぐ・リーマンとトム・クルーズが再びタッグを組むと話題になった作品『アメリカンメイド』に出演します。

ドーナル・グリーソンはモンティー役を演じます。

実写とアニメの融合映画『ピーターラビット』

ピーターラビット

『ANNIE アニー』のウィル・グラックが製作・監督・脚本を手掛ける『ピーターラビット』にマクレガーさん役で出演することが決まりました。マクレガーさんは、盗み食いをするピーターのライバル的存在です。