© 2016 AMC Network Entertainment

高身長女優エリザベス・デビッキのプロフィール、出演作まとめ【画像】

2017年7月6日更新

『華麗なるギャツビー』でジョーダン・ベイカーを演じたことで知られるエリザベス・デビッキ。2015年も注目作に出演する華やかな彼女の魅力に迫ります。

エリザベス・デビッキのプロフィール

エリザベス・デビッキは、1990年フランス生まれのオーストラリアの女優です。幼い頃はバレエに興味を持ち、バレエダンサーになるためのレッスンを続けていましたが、のちに女優になる事を決意。大学では演劇の学位を取得しています。

2011年『A Few Best Men』でスクリーンデビューを飾り、その直後の出演作『華麗なるギャツビー』ではジョーダン・ベイカーに抜擢され、スクリーンに映える190cmの高身長と華々しさに注目が集まりました。

『華麗なるギャツビー』でジョーダン・ベイカーを演じる

今でも高い人気を誇る1925年の小説『グレート・ギャツビー』を原作に、『ロミオ+ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマンが監督を手掛けた話題作『華麗なるギャツビー』で、レオナルド・ディカプリオやトビー・マグワイア、キャリー・マリガンらと共演しています。

キャリー・マリガン演じるデイジーの古くからの親友のプロゴルファー、ジョーダン・ベイカー役を演じ、モデルのような美しさでスクリーンに華を添えました。

『華麗なるギャツビー』にはジョーダン・ベイカーの幻のキスシーンが存在した!?

『華麗なるギャツビー』ではレオナルド・ディカプリオ演じるギャツビーとキャリー・マリガン演じるデイジーの儚い恋愛模様を軸に描かれており、トビー・マグワイア演じるニックとエリザベス・デビッキ演じるジョーダンは2人を応援しながらお互いに友好関係を深めるまでの間柄が描かれていて、直接的な恋愛描写は描かれていませんでした。

ところがニックとジョーダンが見つめ合って濃厚なキスをするシーンが存在していることが発覚しました。

F・スコット・フィッツジェラルドの原作『グレート・ギャツビー』では2人のキスシーンが描かれていることもあって、見たかった人も多かったはず!『華麗なるギャツビー』ブルーレイ&DVDの特典映像に含まれているそうなので気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

映画『コードネーム U.N.C.L.E.』出演

1960年代にヒットしたイギリスのテレビシリーズ『0011 ナポレオン・ソロ』の映画化『コードネーム U.N.C.L.E.』にヴィクトリア役として出演し、アーミー・ハマーヘンリー・カヴィルアリシア・ヴィキャンデルヒュー・グラントらと共演しています。

映画『エベレスト 3D』に出演

1996年に起こった実話をベースに製作された超大作『エベレスト3D』に出演。キャロライン・マッケンジーを演じ、ジェイソン・クラークジェイク・ギレンホールキーラ・ナイトレイら実力派俳優たちと共演しています。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編にも出演決定!

2014年に公開され、世界で7億7000万ドル以上の興行収入をあげた大ヒット作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編が2017年5月に日本公開されることが決定。エリザベス・デビッキも出演することが発表されました。