かわいいチョン・ジヒョンは性格もいいの?【画像】

2017年6月1日更新 67058view

映画『猟奇的な彼女』や『僕の彼女を紹介します』で演じた、可愛いながらも荒々しい性格のイメージが強いチョン・ジヒョン。そんなチョン・ジヒョンのほかの出演作や、性格に迫ります。

チョン・ジヒョンのプロフィール

チョン・ジヒョン

チョン・ジヒョンは1981年生まれの韓国女優です。

モデルとしてデビューしたのち、ドラマ『私の心を奪ってみて』で女優デビュー。映画デビュー作となった『ホワイト・バレンタイン』では白桑芸術大賞新人賞を受賞しています。また、ケンタッキーフライドチキンやオリンパス、ipodなど数多くのCMに出演していることでも知られています。

2003年に出演した映画『猟奇的な彼女』では日本でも知名度を上げ、日本のCMにも出演しました。プライベートでは2012年に米国系銀行に勤める韓国人男性と結婚しています。

『猟奇的な彼女』で大ブレイク!

韓国のネット小説が原作の映画『猟奇的な彼女』で、DV体質で「ぶっ殺されたい?」が口癖の最強の彼女を演じました。これをきっかけにチョン・ジヒョンは大ブレイクを果たしています。

猟奇ブームを巻き起こした映画『猟奇的な彼女』は、日本では2008年に草彅剛と田中麗奈主演によりドラマ化され、アメリカではエリシャ・カスバートとジェシー・ブラッドフォード主演によりリメイク版の映画が製作されています。

チョン・ジヒョンのその他の主な出演作

2000年『イルマーレ』

海辺の家を舞台に時空を超えた文通を行う男女の恋愛模様が描かれた映画『イルマーレ』では主演のウンジュを演じました。2006年にはキアヌ・リーブスサンドラ・ブロックによってリメイクされています。

2004年『僕の彼女を紹介します』

強くて可愛い婦警と高校教師の切ない恋愛模様を描いた映画『僕の彼女を紹介します』ではヒロインのヨ・ギョンジンを演じました。2001年に大ヒットした韓国映画『猟奇的な彼女』と同じ監督・主演の作品ということで話題を呼びました。

2009年『ラスト・ブラッド』

香港とフランスの共同制作映画『ラスト・ブラッド』でチョン・ジヒョンは世界進出を果たしています。バンパイアハンターのサヤに扮し、怪物を次々と倒すというアクションに挑戦しています。またオニゲンには日本の女優小雪が出演していることでも注目を集めました。

チョン・ジヒョンのかわいい画像集

チョン・ジヒョン

役柄に合わせて様々な表情を作ることのできるチョン・ジヒョン。そんな彼女の可愛い画像をピックアップします。

チョン・ジヒョン

チョン・ジヒョン

チョン・ジヒョン

チョン・ジヒョン

チョン・ジヒョンの性格

チョン・ジヒョン

出典: azshowbiz.net

映画『猟奇的な彼女』では老人に席を譲らない人にはどつき、援助交際らしきカップルがいれば文句をつけ、つねに荒々しい性格のヒロインを演じたチョン・ジヒョン。

チョン・ジヒョンといえば『猟奇的な彼女』というイメージで定着している方も多いのでは?実際の性格が気になるところですが、趣味は映画鑑賞や音楽鑑賞だそうで、意外にも物静かな性格として知られているそうです。

チョン・ジヒョンの現在

1933年の上海と京城を舞台に、暗殺作戦のために集められた独立軍、臨時政府要員、殺人請負人たちの運命が描かれた映画『暗殺』に出演し、ハ・ジョンウやイ・ジョンジェらと共演しています。

チョン・ジヒョンが演じるのは暗殺部隊のスナイパーにしてリーダーのアン・オギュンです。クールなカッコよさを堪能できます。

韓国では2015年7月22日に公開、日本では1年遅れた2016年7月16日に公開予定です。