2017年2月23日更新 172,517view

【新作ドラマ】『きみはペット』新旧ドラマキャストを比較してみた

2003年に、小雪と松本潤のコンビで人気を博し、13年ぶりのテレビドラマ化が決定した『きみはペット』。2016年版で、新たなラブストーリーの主役になるのは、入山法子と志尊淳です。今回は、2003年版と2016年版、新旧キャストを比較してみました!

人気ラブコメ『きみはペット』が13年ぶりにドラマ化!

きみはペット

今作の原作は、累計発行部数420万部を誇る、小川彌生による漫画『きみはペット』です。

ヒロインは、高学歴かつ容姿端麗なキャリアウーマン・巌谷澄麗(スミレ)。スミレはある日、段ボールに捨てられていた謎のイケメン・モモに、ペットとして暮らすことを提案します。そんな2人の、奇妙な共同生活を描いた異色のラブコメディです。

2013年版のドラマは、2003年4月16日から6月18日まで、全10話で放送。主演を務めた小雪の大人っぽさと、当時19歳だった松本潤の幼さがマッチしていると人気に。お互いに連続ドラマ初主演、初レギュラーだったにも関わらず、平均視聴率11.9%をマークしました。

そして2016年、入山法子・志尊淳の共演で、13年ぶりのテレビドラマ化が決定!具体的な放送日は未定ですが、全16話構成で制作、フジテレビで深夜に放送される予定です。スタッフには、『南くんの恋人~my little lover~』などの制作陣が集結しており、どんなラブストーリーが展開されるか楽しみですね!

『きみはペット』のあらすじを紹介!

きみはペット

新聞社に勤めるスミレこと巌谷澄麗は、才色兼備のキャリアウーマンだが失恋と左遷のせいでストレスを抱えていました。そんなある日、スミレは家の前に巨大な段ボールが捨てられており、その中で青年が眠っているのを見つけます。驚きを隠せないスミレですが、家もお金もないその青年を哀れに思ったのか、家に引き入れ、ご飯を食べさせてあげるのです。

昔飼っていたペットに似ていることから、スミレは半分冗談でペットとして暮らす事を提案すると、意外にもすんなり受け入れられてしまい、始まってしまった2人の奇妙な同居生活を描いた異色のラブコメディです。

ヒロイン:巌谷スミレ

巌谷スミレ

きみはペット 1

本作のヒロイン・巖谷スミレは、高学歴かつ容姿端麗、東都新聞社に勤めるキャリアウーマンです。社内でも仕事ができると評判で、一見すると完璧ですが、実は恋愛に不器用で繊細な性格をしています。

ある日、失恋の痛手が影響してミスを犯してしまい、外報部からの左遷が決定します。しかし、落ち込みながら帰宅する途中、段ボールに捨てられた謎のイケメンを発見。昔の飼い犬の面影を見たスミレは、ペットとして暮らすことを提案し、2人の共同生活が始まりました。

小雪【2003年版】

小雪

小雪は高校3年生の時に、ファッション誌『non-no』の専属モデルとしてデビューしました。1988年、テレビドラマ『恋はあせらず』のヒロイン・有村麗役に抜擢され、それ以降ドラマや映画・CMなど、多くの作品に出演しています。

主な出演作は、『ALWAYS 三丁目の夕日』や『僕と彼女の生きる道』、『フラジャイル』など多数。2011年に松山ケンイチと結婚し、3児の母となってからは、高嶺の花から親しみやすい雰囲気になってきたと話題です。

入山法子【2016年版】

入山法子は、2004年の大学入学当時に、『週刊朝日』の表紙を飾ってモデルデビューしました。2006年、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』で本格的に女優業を開始。2008年に映画デビューを果たすと、『ネコナデ』を含む3作に立て続けに出演しました。

入山は、2011年の『霧に棲む悪魔』以来、約5年ぶりの主演を務めることになりました。原作の読者だったことを明かし、思い入れも一入で、今回のキャスティングへの感激を語っています。

まさか主人公のスミレちゃんのオファーが来るとは思わずびっくりでした。バリバリのキャリアウーマンで容姿端麗なスミレちゃんとは境遇は違いますが、実は泣き虫で不器用すぎるところにとても共感しますし、ペットを飼っている点は一緒ですかね。ただ、人間でしかも年下の男の子を飼うのは初めてですが(笑)
引用:eiga.com

ペットのモモこと合田武志

モモ/合田武志

きみはペット2

行き場のないところを巖谷スミレに拾われ、ペットの”モモ”として飼われ始めた、合田武志。女系家族の末っ子に生まれ、上に4人の姉を持つ影響からか、女性の扱いに長けています。ペット生活が続く内に、スミレの癒し的な存在になっていきました。

実は、ダンスの世界では有名人で、若くして将来を嘱望されたバレエダンサーでした。最初の留学時にトラブルを起こしてしまい、失意の中で帰国した後にスミレと出会ったのです。

松本潤【2003年版】

松本潤は、ジャニーズグループ「嵐」のメンバーです。1997年、『保健調査員 しがらみ太郎の事件簿 第3作「讃岐人殺人事件」』に出演し、ドラマデビューを果たしました。アイドル活動前から、舞台や映画への出演経験もあります。

2002年には、『ごくせん』および『花より男子』への出演が話題になり、それぞれでドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞しました。2016年4月から放送された、『99.9 -刑事専門弁護士-』では主演を務め、初回から高視聴率をマークしています。

志尊淳【2016年版】

志尊淳は、若手男性俳優集団「D-BOYS」および「D2」のメンバーの一人です。2011年7月に、大人気マンガを原作とした舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』に出演。向日岳人役を演じて、俳優デビューを飾りました。

2014年、『烈車戦隊トッキュウジャー』で主演を務め、2015年の月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』では、星川天音役を好演しています。モモ役に決定したことについて、原作やドラマ・映画を見直して研究していると明かし、意欲も充分な様子です。

モモの内側に秘めている思い、ペットでいる時の可愛らしさダンスに対して持つ情熱など、繊細な気持ちの部分をしっかり演じられたらと思います。視聴者の皆さまに『こんなペットを私も飼いたい!』と思っていただけるように頑張ります!
引用:eiga.com

イケメンエリート・蓮實滋人

蓮實滋人

蓮實滋人は、東都新聞社に勤務するスミレの先輩で、外報部所属のエリート。非の打ち所が無く、高身長・高学歴・高収入が揃った、絵に描いたような”3高”の人物です。スミレは、モモという”人間のペット”の存在を隠しつつ、蓮實との恋人生活を続けていくことになります。

田辺誠一【2003年版】

田辺誠一は、1987年に雑誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルに選ばれ、モデルデビューを果たしました。応募総数5000人の中から選ばれ、それ以降1994年までモデルとして活動。1992年に俳優デビューし、テレビドラマ・映画・CMへと活動の幅を広げています。

近年では、Twitter上で前衛的かつ独創的な絵を披露しており、フォロワーを中心に支持を集めました。独特の絵柄の求心力、あまりの奇才っぷりから「画伯」と称され、LINEスタンプの販売や個展を開くなどの活動も行っています。

竹財輝之助【2016年版】

大学在学中、モデル事務所に所属し地元で活動していたという竹財輝之助。上京後は、演技の道にも興味を持ち始め、2004年『仮面ライダー剣』で俳優デビューを果たしました。

雑誌のメンズモデル・カタログモデルのほか、テレビドラマや映画、バラエティ番組でも活躍しています。2007年には、映画『未来予想図~アイシテルのサイン~』に出演。この際、数千人に及ぶ応募者の中からオーディションを突破し、松下奈緒の相手役に選ばれました。

スミレのライバル?澁澤ルミ

澁澤ルミ

澁澤ルミは、小悪魔的な美少女で、医者の娘であり将来有望なバレエダンサー。モモ/合田武志の元彼女として登場しますが、別れた後もモモに未練を残してる様子。そのため、巖谷スミレとの関係に横やりを入れるものの、スミレとも次第に打ち解けていきます。

石原さとみ【2003年版】

石原さとみ

石原さとみは、現在の事務所・ホリプロのオーディションでグランプリを受賞し、2002年に本格的な女優業を始めました。現在の名義でのデビュー作は、2008年の映画『わたしのグランパ』の五代珠子役です。

2003年に、澁澤ルミ役を演じて連続ドラマに初出演。2015年には舞台にも初挑戦し、『奇跡の人』でヘレン・ケラー役を演じました。2015年放送の『5→9~私に恋したお坊さん~』で、月9ドラマ初主演を飾るなど、着実にキャリアを重ねています。

志田友美【2016年版】

志田友美は、2008年から2013年4月号まで、ファッション雑誌『ピチレモン』のモデルとして活躍。その後、『ポップティーン』6月号から専属モデルになりました。2012年6月、アイドル音楽劇グループ「夢みるアドレセンス」に加入し、アイドル活動も行っています。

女優業としては、2009年放送の『トライアングル』葛城佐智絵役で、テレビドラマ初主演。2013年の『仮面ライダー鎧武/ガイム』では、高司舞と始まりの女(運命の巫女)、二役扱いの役を演じました。

スミレの親友・白妙ユリ

白妙ユリ

白妙ユリは、スミレの幼なじみ兼親友で、イケメンパイロットの夫・娘と3人暮らしの主婦。学生時代は異性からモテまくる文句なしの美少女でしたが、現在は少々太り気味です。スミレからは、良き相談相手として頼られており、モモの件も最初に相談されていました。

鈴木紗理奈【2003年版】

鈴木紗理奈は、1994年に芸能界デビュー。グラビアなどで活躍する一方、2003年からは本名の苗字からとった「MUNEHIRO」名義で、レゲエソングライターとしての活動も開始しました。

そのほか、テレビドラマ・映画・CM・バラエティ番組などで活躍しています。関西弁のサバサバしたキャラが好評で、フジテレビ『めちゃ×2イケてるッ!』に、長期に渡ってレギュラー出演。近年では、雑誌などでの第一子との親子共演も話題です。

野呂佳代【2016年版】

野呂佳代は、2000年に元事務所・ムーン・ザ・チャイルドに所属して、芸能界デビュー。2006年以降、女性アイドルグループAKB48・SND48として活動し、SND48ではキャプテンを務めました。SND48解散後は、一時露出が減ったものの、バラエティ番組の”いじられキャラ”に活路を見出しています。

また、女優業はアイドル活動前からこなしており、ドラマ・映画・舞台で活躍。2004年のドラマ30『ことぶきウォーズ』に、主人公の同僚・絵里役で、女優としてデビューしました。2016年には、ミュージカル『アニー』ではリリー役を務めています。

金持ち男性を狙う魔性の女・福島紫織

福島紫織

福島紫織は、東都新聞社社員で、母親が家出した後に弟の面倒を見てきた苦労人。女を武器に金持ちの男性を狙う中、条件の良い結婚をする目的で蓮實滋人に近付きました。次第に本心から惹かれ始め、蓮實に素直な気持ちをぶつけるなど、恋人のスミレとは対照的なキャラクターです。

酒井若菜【2003年版】

酒井若菜

酒井若菜は、デビュー当初からグラビアメインで活躍を開始。1999年に「日テレジェニック’99」に選ばれ、多数の写真集を出版するなど、グラビアアイドルとして知名度を上昇させました。

同時に、1997年には『サイコメトラーEIJI』で女優デビューをしています。2002年頃から女優業メインに転向し、『木更津キャッツアイ』や『恋の門』などに出演。2012年には念願叶い、NHK大河ドラマ『龍馬伝』に、近藤長次郎の妻・お徳役で出演を果たしました。

柳ゆり菜【2016年版】

EXPO大阪校生時代から、EXILEのバックダンサーを務めるなど、ダンスに長けていた柳ゆり菜。2013年、「smart Boys&Girlsfriendオーディション」の特別賞を受賞し、デビューを果たしました。

グラビアアイドルとして活動を始め、『週刊ヤングマガジン』のほか、数誌のグラビア記事に登場するようになります。2014年からは女優業を開始し、NHK連続テレビ小説『マッサン』にて、「太陽ワイン」の半裸モデルを演じたことで話題になりました。

『きみはペット』の見どころは?

この作品は、大人っぽくしっかりしたスミレと、甘え上手な可愛いモモの関係と、時折見せるスミレの繊細さとモモの男らしさが魅力で、またモモはバレエダンサーなのでダンスシーンは見どころになるでしょう。

今回はリメイクなので前作の2003年版と比べられるのは必然で、前作が好評だっただけに今作がどういう評価を得るかも見どころです。

韓国版『きみはペット』主演はチャン・グンソク!

きみはペット韓国

2003年と2016年にテレビドラマ化された本作ですが、実は2011年に韓国でも実写映画化されています。

この韓国版『きみはペット』で主人公の家に転がり込むペット”カン・イノ”役を演じているのが、チャン・グンソクです。ドラマ『美男ですね』は韓国のみならず、日本国内でも大ヒット。彼のツンデレっぷりに多くのファンが夢中になりました。

また歌手としても人気が高く、日本の映画主題歌に彼の楽曲が起用されることもありました。

旧主題歌はV6の『Darling』

2003年版のテレビドラマでは、V6が主題歌を担当、主題歌である『Darling』は、ポップな曲調で作品の世界観に見事にマッチしていました。

また、「嵐」の松本潤主演のドラマで、「V6」が主題歌を担当するというジャニーズのタイアップとしては珍しいパターンになっていました。

とはいえ2003年版はジャニーズ主演もあり、主題歌もジャニーズが担当しましたが2016年版の新主題歌は誰が歌うのでしょうか。

参考URL
ja.wikipedia.org
eiga.com

PAGE TOP

カテゴリー一覧