2016年8月13日更新 58,612view

上野樹里の魅力!カメレオン女優、天然なだけじゃない!

ドラマ『のだめカンタービレ』で世間広く知られた上野樹里ですが、そのイメージが強く世間はそのイメージが払拭出来ずにいる中、本人はどんどん違った役柄に挑戦し評価を得て現在の地位を築きました。そんな上野樹里の魅力について見て行きましょう。

上野樹里とは

上野樹里1

引用: eiga.com

上野樹里は1986年5月25日兵庫県の加古川市で生まれました。NHK朝の連続ドラマ『てるてる家族』で世間に認知されるようになり、初主演の映画『スウィングガール』で女優として一定の評価を受ける様になりました。

更に漫画原作月9ドラマ『のだめカンタービレ』で主役を演じ大ブレイク。しかし、その後は『のだめ~』のイメージが強くついてしまい低迷期に入りますが、ドラマ『ラスト・フレンズ』で役の幅を広げます。これ以降、一定のイメージを払拭し、NHKの大河ドラマをはじめ、ドラマ、映画にと活躍し続けています。

女優としての高いこだわり

上野樹里2

よく上野樹里はネット上や雑誌などでは性格が悪い、上野のいる現場は雰囲気が悪いなどと言われています。しかし、これを良く調べてみるとどうも演技に対するこだわりゆえのものが多いと言う事が判ります。
上野樹里

出典: locari.jp

自身の演技に納得がいかずに現場の進行を止めると言うのは決して悪い事では無く、本来役者としてこだわりがあれば当然の事でしょう。これで現場の雰囲気が悪くなるとすれば、周囲の共演者やスタッフにこだわりがなく、やっつけ仕事をしていると言え、プロフェッショナルに徹している方が悪く言われるのは理不尽と言うものです。
上野樹里

出典: topicks.jp

しかしながら、ある映画でのインタビューでは「監督やプロデューサーの求める役柄に入る為に、自身はこだわりを持たず、考えずにニュートラルな状態でいます」と上野自身が答えているように噂が独り歩きしている感も否めないのです。

上野樹里への周囲の評価

上野樹里3

『のだめ』の印象が強過ぎて、中々そこから視聴者が脱却出来なかった為に、しばらくは使う側も使いにくかったのか低迷期に入りますが、本人は至ってそれを気にはしておらず、元々色々な役柄にチャレンジしたかったようです。

TRICERATOPS和田唱と結婚!

和田唱

出典: natalie.mu

2016年5月26日、スリーピースロックバンドTRICERATOPSのボーカル&ギター和田唱と入籍したことを発表しました。

ふたりはファックスで

「この度、和田唱と上野樹里は結婚することになりました。二人にとって、とても自然な事でした。そしてその事にとても喜びを感じています。お互い支え合いながら一歩一歩、前に進んでいこうと思っておりますので、皆様に温かく見守って頂けたら幸いです。ありがとうございます」
引用:natalie.mu

とコメントをしています。

ちなみに、和田唱の父は映画監督としても活躍するイラストレーターの和田誠、母は料理愛好家の平野レミなので、上野樹里はふたりの義理の娘ということになります。

上野樹里の出演作品

映画『スウィングガールズ』(2004)

映画初主演となった本作で上野樹里はコメディエンヌとして素晴らしいスタートダッシュを切りました。

『ウォーターボーイズ』の矢口史靖がジャズ版、女の子版の主演に選んだのが上野じゃなかったら…。今の上野樹里はいないんじゃないでしょうか。

映画『亀は意外と速く泳ぐ』(2005)

『のだめ』のドタバタコメディな上野樹里が好きな方はこちらも見てみればいかがでしょうか。『亀は意外と速く泳ぐ』は『時効警察』の三木聡監督による脱力系コメディです。蒼井優との掛け合いもいい感じ!

ドラマ『のだめカンタービレ』(2006)

『のだめカンタービレ』

言わずと知れた上野樹里の代表作。原作漫画のファンが見ても上野ののだめ役は完璧だったと言えます。むしろ漫画が上野樹里に見えてくる…?

SPドラマや映画化もなされた人気シリーズです。

大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』(2011)

『江〜姫たちの戦国〜』 上野樹里

上野樹里は天下の大河ドラマでも主演を務めました。『のだめ』しか知らなかったファンが上野の演技の幅の広さに気づいた重要な作品です。

作品自体の評価は芳しくありませんが、上野樹里の演技には一見の価値があります。

映画『陽だまりの彼女』(2013)

「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」と話題の同盟原作小説の映画化です。

上野樹里の可愛さにキュンキュンできちゃう映画です!

ドラマ『アリスの棘』(2014)

『アリスの棘』上野樹里 オダギリジョー

上野樹里がいままでのイメージを払拭したのがドラマ『アリスの棘』です。復讐に駆られた上野が大学病院で関係者に次から次へと制裁を加えていきます。

上野のジト目にドキッとされた方も多いはずです。

韓国映画『ビューティー・インサイド』

2016年1月22日全国公開予定の韓国映画『ビューティー・インサイド』にウジン役で出演しています。

『ビューティー・インサイド』は、毎朝目が覚めるたびに外見が変わってしまう青年ウジンが主人公のラブストーリー。ウジンは、家具屋で働く女性イスと出会い恋に落ちますが、外見が変わってしまい……というどのようになるのか想像もつかないストーリー。

上野樹里123人のウジン役のひとりを演じました。

ウジンが恋に落ちるイスを演じたハン・ヒョジュは、韓国ソウルで行われた製作報告会で、「21人のウジンの中で誰が印象に残ったか?」という記者の質問に対して次のように答えました。

上野樹里さんが一番記憶に残っている。おいそれとは会えない人なので記憶に残る。チョン・ウヒさん、パク・シネさん、コ・アソンさんも記憶に残る

ドラマ『家族のカタチ』

家族ノカタチ

2016年1月17日スタートのドラマ『家族ノカタチ』に、上野樹里はヒロインの熊谷葉菜子として出演します。

このドラマは、家族と結婚のかけがえなさを描いた笑いあり涙ありのホームコメディーです。永里大介は、流行りものに敏感で他人との付き合いもそつなくこなすが、恋愛で傷つくことは嫌う文具メーカーに勤めるアラフォー男子。一人暮らしにも何も不満を感じていないが、ある日突然、父・陽三が訪れ、独身貴族の生活はかき乱されていきます。

一方ヒロインの上野樹里は、大手商社に務める、32才のバリバリのキャリアウーマン・熊谷葉菜子。けれど彼女はすでに離婚歴があり、結婚に対していい思いがあまりありません。そんな2人のこじらせ男女を軸に、家族のカタチを問う物語です。

主人公の大介を香取慎吾が演じるほか、西田敏行や吹雪ジュンなどベテラン俳優とも共演します。

上野樹里の今後

映画『お父さんと伊藤さん』

お父さんと伊藤さん

出典: realsound.jp

2016年公開の映画『お父さんと伊藤さん』で主人公彩を演じることが決定しています。本作は、34歳フリーターの彩とバツイチフリーターの伊藤(リリー・フランキー)と彩の父(藤竜也)の同居生活を描いた作品です。

本作について、上野樹里は次のようにコメントしています。

脚本を頂いた時、登場人物たちのセリフの掛け合いがとても面白く感じました。
34歳と54歳の20歳差の恋愛をしている二人のところに、実の父親が転がり込んでくる…という特殊な設定ですが、凄くリアリティを感じました。結婚はせずに、年上の男性と心地よい距離を保ちながら、付き合っている人が年々増えてきていたり、30代半ばで老いた父親の将来を意識する年齢に差し掛かってきている人も多い世の中で、共感できる作品だと思います。私が演じた彩というキャラクターは、キラキラした単純なヒロインではなく、自分の価値をそこまであげず、彼女なりに現実を見据えて生きている等身大の女性です。リリー・フランキーさん演じる伊藤さんとの互いに自立した恋人関係や、藤竜也さん演じるどこか憎めない愛らしいお父さんとのコミカルな掛け合いを楽しんでいただけたら嬉しいです。

2016年も続々と上野樹里の出演作が公開されます。これからの活躍に期待ですね!

この記事はこちらの特集に含まれています。

『のだめカンタービレ』特集
日本の美人女優・若手女優特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧