2018年6月29日更新

中村倫也に注目!ブレイク中の若手俳優の12つの事実

朝ドラ『半分、青い。』で人気急上昇中の若手俳優・中村倫也。カメレオン俳優とも称される彼のこれまでの活動の軌跡やドラマでの役どころなど、徹底解剖していきます。

中村倫也のプロフィール

中村倫也(なかむらともや)は、1986年12月24日生まれ、東京都出身の俳優です。松坂桃李、菅田将暉らが所属するトップコートに所属し活動しており、代表作には『ハリ系』『七人の弔』『俺は、君のためにこそ死ににいく』などが挙げられます。 2015年人気ドラマ『下町ロケット』に出演し、2018年には連続テレビ小説『半分、青い』に出演したことで人気急上昇中の俳優です。 ドラマや映画、舞台にダンスなど、多ジャンルにおいて頭角を現している中村倫也の魅力に迫っていきましょう。

1.旧芸名は「中村友也」

その後、カメレオン並みの変幻自在な演技が高い評価を受け、若手実力派俳優として注目されてされるようになった中村倫也ですが、実は芸能界入りしたときの芸名は「中村友也」だったとか。デビュー後数年間は、「中村友也」の名前で出演しています。

2.俳優中村昌也との血縁関係は無い

そんな中村倫也ですが、俳優でタレントの中村昌也との血縁関係がウワサされた時期がありました。このウワサですが、まったくのガセだそうです。ちなみに、中村昌也の弟がこちらです。

イケメンですね!198cmの長身でプロのバスケットボール選手だそうです。兄弟揃って長身のイケメンとは、遺伝子のチカラって恐ろしいです。

3.中村倫也が舞台で大活躍!『RENT』『ライチ☆光クラブ』にも出演

世界的人気ブロードウェイ『RENT』

『RENT』は、NYで生まれて以来12年4ヶ月ものロングランを経て、トニー賞やピューリッツァー賞などを受賞するなど華々しい功績を残し、さらには映画化もされるなど、世界的な人気を博したブロードウェイ・ミュージカルです。 2012年10月30日に開幕した人気ミュージカル『RENT』の新作にて、中村はHIV感染者の元ロックバンド・ヴォーカルであるロジャーの役を演じました。 恋人をエイズでなくし、塞ぎこんだ毎日を送る一方で、自らもエイズに感染しているという複雑な役どころでしたが、HIVに侵されたロジャーが、人生の最期に後世に残る曲を描きたいともがく姿は、多くの人々の心を打ちました。

『ライチ☆光クラブ』

舞台『ライチ☆光クラブ』は、古屋兎丸が手掛けた人気漫画を2012年に舞台化したもので、翌年もほとんど同じキャストで上演されました。その後アニメ化を経て、キャストを総入れ替えした同作品のリメイク版として、2015年12月18日から12月27日まで上演されました。中村倫也は、このリメイク版にて主演を務めました。 独裁者を夢見て、合理的な思考とチェスの溢れる才気、圧倒的なカリスマ性で光クラブを統治するも、最期には悲劇的な死を迎えてしまうという難しい役どころを見事に演じきりました。

4.公式Twitterに日々の呟きを掲載!インスタやブログなどは?

中村倫也は自身で公式のTwitterアカウントを持っており、日々のことを呟きで綴っています。その中には映画、ドラマなどに出演した情報はもちろんですが、彼の個人的な呟きもあります。中にはファンのコメントをリプライして掲載しているのもあり、リプライされたファンは大喜び。ファンサービスが凄いですね。 2018年現在、インスタグラムには公式がないようですがAmebaにオフィシャルブログもあり、ブログと出演情報などを見ることが出来ます。ブログは多忙なのか更新回数が控え目なので、普段はTwitterをチェック、アップされたらブログを読んでみるといろいろな彼の顔が楽しめそうです。

5.DroomのCMの中村倫也が可愛すぎる

中村倫也が登場しているCMをご存じでしょうか。実はこれが中村倫也だと気が付いていない人も多い様なのですが、実はダイワハイスのCMに出ています。 そのCMとは上野樹里と夫婦役で出ているもので、ジャムの瓶は開けられず、トイレも1人でいけず、サボテンに「ボンちゃん」という名前をつけている夫が中村。なんとも頼りないですが、その分とても優しいのです。寝癖のようなふんわりした髪型も相まって「可愛い!」と評判です。 普段と雰囲気が大分違うので夫を演じているのが彼だと知って驚いた人も多かった様です。

6.『スーパーサラリーマン左江内氏』でムロツヨシとコンビを組む!

ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』では、ムロツヨシとコンビを組んでまるでコントのような芸を披露しました。演出を担当した福田雄一からは「ムロくんと2人で面白いことやって」という、アバウトな要求があったのだとか。 ムロ演じる小池刑事と中村の狩野巡査の遣り取りはなんと台詞は6割で、残りの4割はアドリブ。リハーサルもなしのぶっつけ本番が多かったそうです。 この役を演じるにあたって中村は「なんだかよくわからないけどテンション上がっちゃう、7歳児くらいの気持ちをイメージした」とコメント。演技力の幅の広さを見せつけ「こんな演技も出来るんだ!」とファンを驚かせました。

7.菅田将暉と松坂桃李の仲の良さに嫉妬?

中村の所属している事務所トップコートには、菅田将暉、松坂桃李の2人が所属しています。菅田と松坂は2人とも中村のことをとても慕っており、菅田は中村の舞台を良く見に行くなど仲が良い様子。 菅田がパーソナリティを担当するラジオ番組、オールナイトニッポンに松坂が3回登場したことがあったのですが、その際中村はTwitterで菅田に対して「なんで桃李あんなに行ってるのに俺行けないの」とコメント。松坂が短期間の間に立て続けに出演したこともあり「中村君が嫉妬してて可愛い!」とファンの間で盛り上がったのだそうです。 また、ムロツヨシと中村が共演したドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』に菅田がスペシャルゲストとして出演。その際のツーショット写真をSNSにアップしており「目の保養になる」とファンを楽しませました。

8.「闇金ウシジマくん」シリーズではゾっとするサイコパス役を

暴利を貪る闇金業者と彼らに金を借りに来る人々を描いた「闇金ウシジマくん」シリーズ。中村はこの作品でドラマ版の『闇金ウシジマくん Season3』に登場しています。 中村が演じたのはサイコパスなDV男「洗脳くん」こと神堂。婚約者の上原まゆみを洗脳し、家族もろとも食い物にし崩壊へと追い込む恐ろしい男です。この「洗脳くん」は原作でも危険なキャラとして有名で、中村自身も「ヤバッ」と思ったのだそうです。 実際に洗脳に関する本も読んで勉強したという中村。彼の演技を見たファンは「イカれてる」「怖い」という感想を述べており、彼の勉強が演技に生きた様です。

9.NHK朝ドラ『半分青い』でヒロインの恋のお相手に

2018年4月より放送のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』 に登場。律の大学の同級生、朝井正人を演じました。正人はふんわりとした落ち着いた雰囲気を持つ青年ですが、本当は寂しがり屋で女性側が放っておけなくなるタイプの男性。 ヒロイン鈴愛は彼に恋をしますが、今まで本当の意味で女性を好きになったことのなかった正人。鈴愛のことを本当に好きになりそうで怖い、と彼女をフってしまいました。王子様的雰囲気が漂うキャラクターで、脚本のイメージでは「ホイップクリームみたいな男子」だったそうです。 中村本人と雰囲気が似ているということであまり作り込まずに挑んだということでした。ドラマ公式サイトに彼のインタビューが載っていますので気になる方は是非。

10.ドラマ『崖っぷちホテル』ではシェフ役を

2018年春のドラマ『崖っぷちホテル』では、競艇大好きなホテルの専属シェフ、江口竜二を演じました。このドラマは借金を抱えて崖っぷちにあるホテルが昔のような見事なホテルに返り咲くまでの逆転劇を描いたドラマ。序盤の江口はプライドばかり高く、不愛想で自己中心的なキャラクターでした。 しかし、新しくやってきた副支配人の宇海の「お客様を喜ばせる」というやり方に巻き込まれる内、少しずつ変わっていく江口。自分のためではなくホテルに宿泊する人のために料理を振舞う立派な料理人へと成長を遂げました。 あまりしゃべらず不愛想ながら心には情熱を秘めた中村の静かな演技は好評化で「嵌り役」とファンからの注目も高かったようです。

11.演技だけでなく歌とダンスも堪能!

演技だけでなく、歌やダンスにも定評のある中村倫也。 舞台では、歌あり!ダンスあり!と、その完成度の高さから、多彩な才能も注目されました。特に、歌唱でのソロパートの低く安心感を与える声は、観客を思わずに引き込んでしまう力があります。

12.カメレオン俳優、中村倫也の幅広い役どころ

ダメ男姿の中村倫也を見ることのできる映画

本作が映画初・主演作となる満島真之介演じる遼太郎と、佐々木希演じるかよを中心に描いたラブストーリー映画『風俗行ったら人生変わったwww』。 2011年にインターネット掲示板2ちゃんねるに書き込まれたことで注目を集め、2012年に書籍化、2013年に映画化されました。中村倫也は中畑光男というダメ男役して出演。佐々木希が貢いでいる相手役を演じています。その他にも松坂桃李や滝藤賢一、谷村美月らと共演しています。

ティンパニを奏でる中村倫也

2015年に松坂桃李主演で西田敏行やmiwaらと共演しています。 不況の影響をうけて解散してしまったオーケストラに謎の指揮者・天道徹三郎(西田敏行)とコンサートマスター・香坂真一(松坂桃李)が中心となって、再起していく感動ストーリーです。 中村は劇中でティンパニを演奏する丹下浩を演じています。

プロ将棋士役で出演

2017年公開の『3月のライオン』は若き天才と呼ばれているも実は家族も居場所も無く孤独だった17歳のプロ将棋棋士・桐山零(神木隆之介)がある日とある三姉妹と出会い、そこで自分の居場所を見つけていくという漫画原作の映画です。 この映画で中村は零の先輩で零と共にコンビを組む棋士スミスこと三角龍雪を演じ零演じる神木隆之介と共演しています。