2017年7月6日更新

松重豊、遅咲き俳優の魅力に迫る9つの事実【孤独のグルメシーズン6放送決定!】

ドラマ『孤独のグルメ』の主人公井之頭五郎役で遅咲きのブレイクを果たした俳優の松重豊。身長188cmの強面俳優として脇役の多かった松重がブレイクを果たすまでの下積み時代や趣味について、その魅力をより深く理解できる「9つの事実」をご紹介します。

『孤独のグルメ』で人気急上昇!個性派俳優・松重豊

孤独のグルメ

松重豊(まつしげゆたか)は1963年1月19日生まれ、福岡県出身の俳優です。

俳優としてのキャリアは長く、1990年代から実に多くのドラマや映画に出演しており、今や日本のドラマ・映画に欠かすことのできないベテラン俳優です。

基本的に脇役を演じることが多かった俳優・松重豊ですが、2012年に始まった主演ドラマ「孤独のグルメ」シリーズで一躍話題になりました。1983年、当時20歳の時から俳優として活動しており、芸歴は33年になります。

今回はそんなベテラン俳優・松重豊の知られざる魅力に迫っていきます!

1:大学では演劇学を専攻、その後俳優を志す

蜷川幸雄

1982年4月に明治大学文学部に入学し演劇学を専攻した松重豊は、当初製作側を目指していましたが唐十郎主宰の「状況劇場」や寺山修司主宰の「天井桟敷」など数々の演劇を観て感動したことがきっかけで役者を志すようになったそうです。

大学を卒業した松重は、演出家・蜷川幸雄主宰の劇団「蜷川スタジオ」に入団。本格的に役者としてのキャリアをスタートさせました。

2:俳優を休業していた時期も!実は遅咲きな松重豊

3年間劇団「蜷川スタジオ」に所属した松重豊でしたが、1989年に劇団を退団。フリーになり舞台、ドラマ、CM、映画、ナレーションなど様々な仕事をしていました。しかし、あまりの生活の苦しさに一年以上休業し建設会社の正社員として働いていたそうです。

その後、建設現場で転落事故を起こしたものの奇跡的に大事に至らなかった松重は「蜷川スタジオ」に所属していた俳優の勝村政信や所属事務所「ザズウ」の社長松野恵美子の激励に応じて俳優に復帰。舞台や映画・ドラマにコンスタントに出演し続け、2012年に当たり役に出会い遅咲きのブレイクを果たしました。

3:松重豊のブレイクのきっかけ

孤独のグルメ12

20歳から俳優として活躍していた松重豊ですが、初主演を飾ったのは49歳のときでした。作品は『孤独のグルメ』(2012)という漫画原作のグルメドラマ。本作で主人公・井之頭五郎を演じたことがきっかけで、松重豊は一躍ブレイクを果たしました。

当初はシーズン3で降板する予定でしたが、世間からの声を聞き続投することに。周りの人に必要とされているのがうれしかったらしく、現在も五郎役を続けています。結果的に本作が松重の出世作となりましたね。

サントリー「伊右衛門」CM

また、孤独のグルメで“グルメ俳優”というキャッチコピーが付けられるほど世間に名を広めたため、CMに出演しても味わう演出が多くなったように思います。

4:脇役俳優当時、支えていたのは妻の存在

孤独のグルメ

松重がドラマ『孤独のグルメ』でブレイクしたのが49歳。それまでに多くのドラマ・映画には出演してきましたが、主演を飾るほどではありませんでした。

前述したように一時は俳優を休業し、生活のために建設会社に勤めていたことも。そんな松重豊を俳優として応援し続けたのは妻の存在でした。妻は一般人女性と言われており、松重がブレイクする前に結婚しています。

現在は息子と娘がひとりずついるそうで、4人家族ということになります。

5:釣りからカメラ、園芸など多岐にわたる趣味

松重豊は多趣味で知られており、釣りに始まり万歩計を携帯しての散策、炊飯器を中心とした家電、アナログカメラによる写真、自宅での野菜作りを主とする家庭園芸と幅広く趣味に興じる様子が自身のブログに多数投稿されています。

6:ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトとは30年来の親友

ザ・クロマニヨンズ

松重豊が大学在学中の1982年にアルバイトをしていた下北沢の中華料理屋「珉亭(みんてい)」で同じアルバイト仲間として知り合い、以後30年来の親友がザ・クロマニヨンズのボーカルである甲本ヒロト。

2013年1月5日放送のNHK「土曜スタジオパーク」に出演した甲本ヒロトが松重に向けた手紙を読み上げ、松重のブログにも甲本から手紙が届いたことや古い親友であることが記事として投稿されています。

以下は甲本ヒロトが松重に宛てた手紙の内容の一部です。

《松重豊くんへ。上京して下北沢で同じ中華料理店でバイトに入った日が一緒で、10代の僕らが仲良くなるのに時間は必要ありませんでした。僕はバンド、豊は芝居の道を歩き始めたばっかりでした。そこからお互いの夢を語り合ってた日がずっとあったね。お互い夢をこれからも続けていこう!》

7:松重豊、中学生時代の夢は相撲の力士

豊山広光(元湊親方)

豊山広光

松重豊は中学生の頃187cmの長身だったこともあって「力士になろう」と予てから応援していた力士の豊山に会える雑誌企画に大量の葉書を書いて当選。出会ったその場で豊山に弟子入りを志願するも「大学で勉強してから来なさい」と諭され、代わりに柔道を始めて段位2段を与えられるまでの実力を身に付けました。

8:体型維持のために健康管理は欠かさない

孤独のグルメ9

松重豊は役者として体系維持のために散歩6km、テレビ体操10分、腹筋ローラー30往復を日課としているとか。

『孤高のグルメ』では甘党の役を演じている松重ですが実は甘いものが苦手で、食事制限をしているわけではないものの朝食はヨーグルトとサラダ。昼食はご飯半膳、目玉焼き、サラダ。夕食は日本酒とつまみのみという食生活を撮影日以外では送っているそうです。

9.脱コワモテ!?さまざまな役柄にチャレンジ

ドラマ『重版出来!』の編集長に就任

重版出来

ちょっぴり強面の印象が強い松重豊ですが、近年の出演作ではコメディからシリアスな役どころまで実に幅広い役をこなしています。

2016年4月より放送されたドラマ『重版出来!』では、舞台となるコミック雑誌「週刊バイブス」の編集長・和田靖樹を演じています。

出版社で働く新人女性編集者が主人公の人気同名漫画を若手女優・黒木華主演でドラマ化したこの作品。出版業界の人間模様と主人公の成長をリアルに描いたドラマです。

コメディ映画『グッドモーニングショー』に出演

朝のワイドショーで起こる「事件」をコメディタッチに描く映画『グッドモーニングショー』。主演に中井貴一を迎え、長澤まさみや志田未来がアシスタント役で出演。「踊る大捜査線」シリーズで有名の君塚良一監督がメガホンをとります。

松重はある事件の犯人を追う刑事・黒岩哲人を演じました。

グルメキャラが定着?『続・深夜食堂』に出演!

ドラマも人気を博した『深夜食堂』の映画第二弾が製作されることとなり、ドラマ・前作の映画『深夜食堂』ともに出演していた松重も続投することが決まっています。

深夜に開店している「めしや」を舞台に、小林薫演じるマスターと客の交流を描いたこの作品。松重は「めしや」の常連でヤクザの幹部である竜を演じています。

『続・深夜食堂』は2016年11月に公開されました。

松重豊の今後

『孤独のグルメ シーズン6』が放送!

ファンにとっては嬉しい情報です!松重豊の代表作『孤独のグルメ』が2017年も放送されます。シーズン6になっても食べ続ける松重。

今回はどんなお店に出会えるのでしょうか?放送前から楽しみで、お腹がすいてきますね。ドラマは2017年4月7日の深夜0:12より放送される予定です。