鈴木伸之、劇団EXILE所属のイケメン俳優!デビューからの軌跡をたどる9つの事実

2017年7月6日更新

元EXILEのリーダーで所属事務所LDHの代表取締役社長でもあるHIROが2007年に旗揚げした、劇団EXILEのメンバー・鈴木伸之の、俳優として躍進したデビューからの軌跡をたどる9つの事実をご紹介します。

鈴木伸之のプロフィール

鈴木伸之

鈴木伸之は1992年10月14日生まれ神奈川県出身の俳優です。

EXILEのHIROがプロデューサーを務める劇団EXILEに所属しています。身長185cmでかなりがっしりとした肉体であることから、スポーツをやっている役を多くこなしているようです。

今回はそんな鈴木伸之の俳優としての軌跡をまとめてみました。

1:劇団EXILEのオーディションに見事当選、俳優へ

スレイヤーズ・クロニクル

出典: mdpr.jp

鈴木伸之は2010年の「VOCAL BATTLE AUDITION2」に応募しますが、2次審査で落選してしまいます。

このオーディションは三代目J Soul Brothersのボーカルを選出するために開催され、3万人が参加しました。合格したのは今市隆二と登坂広臣の2人。鈴木伸之は「第3回劇団EXILEオーディション」に合格して俳優の道を進むことになります。

2:デビュー作は漫画原作の深夜ドラマ『ろくでなしBLUES』

ろくでなしBLUES

2011年7月に日本テレビの深夜に放送された『ろくでなしBLUES』の渡久地丈一郎役でドラマデビュー。ヤンキー王道まっしぐらな学園もので、原作は1988年~1997年『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載され、累計発行部数(コミック単行本全42巻)5000万部の人気漫画です。

鈴木伸之が演じた渡久地丈一郎は、主人公で高校の番長である前田太尊を、その座から引きずり落とそうと喧嘩を申込みますが、負けてしまい、後に和解する役柄です。喧嘩っ早いですが、分析力、観察力の優れた頭脳派の丈一郎を熱演しました。

2010年に劇団EXILEで舞台化もしています。

3:映画『桐島、部活やめるってよ』で映画初出演を果たす

神木隆之介主演の映画『桐島、部活やめるってよ』への出演が、鈴木伸之の映画デビューとなりました。

鈴木伸之が演じた久保孝介はバレー部2年の副キャプテン。桐島がバレー部のキャプテンだったことから、桐島が部活を勝手に辞めた影響を大きく被りました。

桐島、部活やめるってよ

出典: laughy.jp

映画初出演で、神木隆之介や橋本愛、東出昌大、松岡茉優、山本美月など勢いのある若手俳優との共演を果たしたことは、彼の中で自信に繋がったことでしょう。

4:ドラマ『GTO』ではレギュラー出演を果たす

GTO

出典: laughy.jp

2012年に関西テレビ制作の『GTO』ではドラマの草野忠明という生徒役で初のレギュラー出演を果たしました。アルバイトをしながらプロボクサーを目指す役で、この作品が連ドラ初主演のEXILEのAKIRAが鬼塚先生を演じました。1998年には反町隆史が元暴走族で破天荒な教師を演じています。

5:映画初主演を飾った『アラグレ』では肉体美も披露

アラグレ

出典: m.tribe-m.jp

2012年に映画『アラグレ』で初主演を果たしました。主人公の氷室星哉が我流の生き方を貫くヤンキーバトルアクション映画で、鈴木伸之はこの映画のために肉体改造に挑みました。

2014年には『アラグレⅡ ROPPONGI V.S. SHIBUYA』も公開されています。

6:中学生までは野球少年だった

ルーズヴェルト・ゲーム

出典: www.tbs.co.jp

2014年にTBSのドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』 では、経営危機に陥った中堅部品メーカーの青島製作所が廃部しようとしていた社会人野球チームと敵対する悪役のエースピッチャーを鈴木伸之が演じていました。

小学生から中学2年生までは野球少年で、肘を壊すなど、軟骨をすり減らしてしまったために野球は断念したようです。青島製作所のピッチャーの沖原和也役には現在福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督の息子の工藤阿須加が出演し、ドラマの中ではクオリティーの高い野球のシーンが際立った作品です。

7:大河ドラマ『花燃ゆ』にも出演し役の幅を広げる

鈴木伸之

井上真央が主演を務めた大河ドラマ『花燃ゆ』では和服姿の寺島忠三郎を演じ、役の幅を広げることとなりました。

寺島忠三郎は、松下村塾の塾生で瀬戸康史や劇団ひとり、佐藤隆太、要潤などの俳優と共演を果たしています。

8:劇団EXILEのメンバーとして舞台でも活躍

歌姫

鈴木伸之の初舞台は翌年ドラマ化もされた2010年の『ろくでなしBLUES』を皮切りに、『「12」〜12人の怒れる男より〜』、『「レッドクリフ -愛-』、『もしもキミが。』、『シダの群れ 純情巡礼編』、『あたっくNo.1』、『真田十勇士』、『歌姫』、『あたっくNo.1スピンオフ朗読劇・眉毛一族の陰謀』など、過去のアメリカドラマのリメイク作品から三国志、ケイタイ小説が原作のものまで、あらゆるジャンルの役をこなしています。

9:少女漫画の実写化『オオカミ少女と黒王子』に出演

2016年5月公開の『オオカミ少女と黒王子』では神谷 望を演じています。

主人公である女子高生の篠原エリカは16年間彼氏がなく、友達に話しを合わせている流れで彼氏がいると見栄を張り、たまたま隠し撮りしたイケメンに偽装カップルを持ちかけますが、そのイケメンはドS王子で、弱味を握られたエリカは散々な扱いを受けることになるストーリーです。

鈴木伸之演じる神谷 望はチャラチャラしたキャラのプレイボーイで彼女を作らない主義。2014年にはアニメ化もされた作品で、原作は2011年から『別冊マーガレット』(集英社)にて連載中です。

俳優としてまだまだ駆け出しではあるものの、着実にキャリアを積んでいる鈴木伸之。今後は鈴木伸之をドラマ・映画で観る機会も増えるかもしれません。彼の活躍から目が離せませんね。