ドラマ『家なき子』のキャストの現在は?

2017年7月6日更新

1994年に放送を開始し、1、2ともに大ヒットしたテレビドラマに出演していたキャストの現在をまとめてみました。

ドラマ『家なき子』に出演していたキャストたち

家なき子 画像

作中の言葉「同情するならカネをくれ」は1994年の新語・流行語大賞に選ばれるなど、社会的ブームになりました。平均視聴率24.7%を記録した大ヒット作に出演していたキャストの現在をまとめてみました。

相沢すず/安達祐実

安達祐実 画像

出典: ameblo.jp

家は貧しく、虐待などが横行しているというつらい家庭環境で育ち、それゆえに妙に考え方が大人びている主人公、相沢すず。彼女を演じた安達祐実はこのドラマで日本アカデミー賞主演女優賞を獲得し、一気にスターの階段を駆け上がりました。作中の「同情するならカネをくれ」という衝撃的なセリフは流行語に。その後も『ガラスの仮面』や『大奥』といったドラマから『花宵道中』といった映画やCMなど出演作品を上げれば、数え切れないほど出演しています。

私生活では2005年にお笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤と結婚後、一年後に女児を出産しました。2009年には井戸田潤と離婚してしまい、その5年後にカメラマンである桑島智輝と再婚、2016年には二人目の子どもを妊娠したことを発表しました。

相沢悟志/内藤剛志

内藤剛志 画像

相沢悟志はすずの養父であり、作中ではすずに何回も虐待を繰り返します。この役を演じた内藤剛志はこの後、1995年1月から2001年9月にかけて、6年9カ月間ずっと連続ドラマに出続けるという日本ドラマにいなくてはならない存在になっていきます。

刑事を演じることが多く、30作を超える刑事ドラマに出演していて、2016年4月からはテレビ朝日系で放送する土曜ワイド劇場の主演作品『警視庁・捜査一課長』が木曜ミステリーで連続ドラマ化することになりました。娘はスタジオジブリのアニメーターで、内藤自身、声優としてアニメに参加するときはジブリの作品が多いです。

相沢陽子/田中好子

田中好子 画像

すずの母親で働きづめの生活から重い心臓病を患ってしまう相沢陽子を演じたのはかつてアイドルグループ、キャンディーズとして人気を博し、1989年映画『黒い雨』で日本アカデミー賞主演女優賞、ブリーリボン賞主演女優賞など数々の賞を受賞した田中好子です。この作品のときからすでに有名でありこの作品から後、たびたび母親役を演じています。

『家なき子』の前、1992年には乳がんが発見され19年間の闘病の後2011年に55歳で亡くなりました。病気のことは親族や親しい一部の人にしか明かされていませんでした。

片島智之/保坂尚輝

保坂尚輝

出典: topicks.jp

すずの担任教師であり、父は殺人で逮捕され、親戚の間をたらい回しにされるつらい過去を持つ片島智之を演じたのはこの作品の前の年に日本アカデミー賞新人俳優賞にノミネートされた保坂尚輝です。

保坂はこの役同様に波乱万丈の人生を送っています。1996年に高岡早紀と再婚、子ども二人を授かりますが布袋寅泰との不倫発覚により2004年に離婚してしまいます。その3年後の2007年には過去に自殺してしまった両親を供養するために2仏門に入り出家し、無事供養が終わると翌年、法名を返納しました。

岡崎章子/水野真紀

水野真紀 画像

大企業の社長のひとり娘で片島智之と交際する女性、岡崎章子を演じた水野真紀は残念ながら、『家なき子』ではブレイクせず、そのあとの1996年CM出演していた花嫁候補No.1女優に選ばれたころから頭角を現してきました。その翌年、1997年には日本アカデミー賞助演女優賞、新人俳優賞ノミネートされています。

女優としてではなく調理師としての顔もあり、2003年『きょうも女優ごはん』という本を集英社から出しており、2016年現在はテレビドラマを中心に活動しています。