2020年5月13日更新

弁護士や検事が活躍するおすすめドラマ20選【主演俳優・女優をわかりやすく紹介】

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」竹内結子
「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(C)フジテレビ

法律をテーマにしたドラマと聞くと、難しいんじゃないの?などと思うかもしれませんが、面白いヒットドラマがたくさんあります!見るとうっかりハマってしまう、法律をテーマにしたおすすめドラマをご紹介します!

目次

法律がよくわかる?弁護士や検事が主人公の国内&海外ドラマを紹介

自分や家族に何か会った時、トラブルに巻き込まれた時や思いも寄らない相続の話が出た時など、法律の知識があれば……と思うことがありますよね。 とは言え、その“法の番人”とも呼ばれる弁護士や検事になるには難しい専門知識や、司法試験をパスする必要があり、難しく感じてしまうかもしれません。弁護士や検事を主人公にしたドラマであれば、楽しく、そしてわかりやすく、身近な法律の知識を得ることもできます! この記事では、そんな弁護士や検事を主人公にしたドラマをピックアップしました。前半では国内ドラマを、後半では弁護士が主人公の海外ドラマを紹介していきます。

1.「HERO」シリーズ(2001年~)

久利生公平/木村拓哉

フジテレビ系で放送された人気テレビドラマシリーズで、第1期は2001年の月9枠で放映され、平均視聴率30%超えという、奇跡的な数字を記録しています。その後も劇場版が2作公開され、2014年には連続ドラマが復活するなど、大ヒットシリーズとなりました。 木村拓哉演じる検事・久利生公平の脇を固める出演者には、松たか子、北川景子、小日向文世、八嶋智人、勝村政信などがいて、それぞれの個性際立つ演技も魅力的でした。最高検察庁や高等検察庁、地方検察庁などで、捜査や公判の執行の指揮監督を行うことが検事の主な仕事なのですが、それまであまり検事という職業を知らなかった人が、このドラマをきっかけに興味を持ち出した人も多くいるでしょう。

2.『離婚弁護士』(2004年)

間宮貴子/天海祐希

2004年にフジテレビ系で放送された主演は天海祐希のテレビドラマです。 東大法学部在学中に司法試験を合格し、大手の法律事務所に勤務する敏腕弁護士、間宮貴子役をかっこよく演じています。 玉山鉄二、佐々木蔵之介、ミムラ、陣内孝則などの豪華出演者も見どころの1つです。

3.『カバチタレ!』(2001年)

常盤貴子/田村希美

カバチタレという言葉にインパクトを受けますが、広島弁で屁理屈言うな!という意味を持ちます。講談社の漫画雑誌モーニングに1999年から2005年まで連載された漫画作品を原作とした、フジテレビ系のテレビドラマです。常磐貴子、深津絵里、山下智久、陣内孝則、篠原涼子、香里奈など、主演級の豪華俳優陣が出演しています。 性格も育った環境も真反対の2人の女が出会い、お互い反発し合いながらも助け合って成長していく中で、恋愛や仕事の理想と現実に悩み、自分を見つけ出して行く、ハートフルなドラマです。

4.「リーガル・ハイ」シリーズ(2012年~)

堺雅人/古美門研介

古沢良太の脚本によるオリジナル作品で、フジテレビ系のテレビドラマです。訴訟で1度も負けたことのない敏腕弁護士、古美門研介を堺雅人、真面目な新米弁護士黛真知子を新垣結衣が演じています。 偏屈で毒舌で超わがままな弁護士役を、堺雅人が見事にコミカル演じていることで、今までの弁護士ドラマの常識を覆したドラマとも言えるでしょう。笑いあり、時々涙もありの、リーガルコメディです。

5.『弁護士のくず』(2006年)

豊川悦司/九頭元人

原作は井浦秀夫による青年漫画で、TBS系で2006年から放送された豊川悦司主演のテレビドラマです。原作では女性だった武田真実は男性に変更され、伊藤英明が演じています。 裁判に勝つためにはどんな手でも使う、弁護士のくずこと九頭元人を、豊川悦司が見事に演じ、伊藤英明との凸凹コンビがハイテンションで法の抜け道をくぐる、スカッとするヒューマンコメディです。

6.『7人の女弁護士』(2006年)

釈由美子/藤堂真紀

テレビ朝日系の主演、釈由美子のテレビドラマです。他のドラマとの大きな違いは、7人もの女性弁護士が登場することです。犯罪の影で泣いている女性を救いたいという、女性ならではのテーマに従い、7人の女弁護士たちが難事件に立ち向かい、解決して行きます。 女性ならではの本音バトルや、野際陽子、三浦理恵子、原沙知絵など、豪華キャストにも注目です。

7.『グッドパートナー 無敵の弁護士』(2016年)

竹野内豊/咲坂健人

竹内豊主演の、テレビ朝日系のテレビドラマです。私生活では合わないが、弁護士として仕事をすると最強になる元夫婦を、竹野内豊と松雪泰子が演じています。 脚本の福田靖は、『DOCTORS~最強の名医~』や『HERO』、『龍馬伝』などを手がけており、脚本力と俳優陣の演技力も合わさって、好視聴率をキープしています。

8.「99.9 -刑事専門弁護士-」シリーズ(2016年~)

松本潤/深山大翔

TBS系の日曜劇場枠でのテレビドラマで、主演は嵐の松本潤。有罪率99.9%の、逆転不可能と言われる刑事事件に、弁護士の深山が挑んでいくストーリーです。 主演の松本に加え、香川照之、榮倉奈々、青木崇高など、実力派俳優陣が演じる癖のあるキャラクターにも注目が集まります。検察に起訴された依頼人の、残りの0.1%をかけて無罪を勝ち取っていくことができるのか――。先が気になるストーリー展開も魅力的です。

9.『イノセンス 冤罪弁護士』(2019年)

黒川拓/坂口健太郎

2019年に日本テレビ系で放送された、坂口健太郎主演のテレビドラマです。その他のキャストには、川口春奈、趣里や藤木直人、市川実日子など。 坂口演じる弁護士・黒川拓が、無実の罪で逮捕された人びとを救うために奮闘し、勝てる見込みがほぼない冤罪弁護に立ち向かうストーリーです。容疑者の誰もが疑わしいのですが、黒川はクライアントをとことん信じて実証実験を重ね、真相を暴いていく姿に感動します! 自分の身にも起こるかもしれない冤罪の数々に、恐ろしくなってしまうかもしれません。

10.『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(2019年)

氷見江/竹内結子

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」竹内結子
「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(C)フジテレビ

竹内結子が主演を務め、弁護士の中でも別名「スピン・ドクター」と呼ばれる危機管理専門弁護士を演じた、フジテレビ系のテレビドラマです。 女性弁護士・氷見江は法廷に立つのではなく、緻密な情報戦略で世間の心情を有利な方向へ向け、嘘すらも真実にする情報操作のプロ。パワハラ、セクハラ、名誉毀損……と様々なスキャンダルで社会的に追い詰められた女性を守っていく様をスタイリッシュに描きました。 氷見とバディを組む与田知恵を水川あさみ、後輩の高学歴弁護士・藤枝修二を中川大志が演じ、バカリズムや山本耕史らも出演しています。

11.「SUITS/スーツ」シリーズ(2018年~)

甲斐正午/織田裕二

『太陽と海の教室』以来、約10年ぶりの「月9」ドラマ出演となる織田裕二が主演し、米USAネットワークの『SUITS/スーツ』をリメイクしました。 原作の設定をほぼ踏襲しつつ、元検事で企業案件を専門とする敏腕弁護士・甲斐正午と、驚異的な記憶力を持つアソシエイト弁護士・鈴木大貴の活躍を描きます。甲斐の相棒となる鈴木役にはHey!Say!JUMPの中島裕翔、その他に新木優子や中村アン、鈴木保奈美らが出演しました。 2020年4月13日から、続編『SUITS/スーツ2』が同枠で放送中(第3話以降、放送延期)なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

12.『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(2018年)

小鳥遊翔子/米倉涼子

主演の米倉涼子が黒い噂が絶えない謎の元弁護士を演じた、テレビ朝日系の法廷ドラマです。メインキャストには、向井理、林遣都、小日向文世ら実力派が集結しました。 弁護士資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子が、ワケありのメンバーをこき使いつつ、どんなに不利な訴訟でもVictory(勝利)を勝ち取っていきます。翔子が集めた事務所のメンバーは、元銀行員、服役経験のある元警備員、クラブのホストなど曲者揃いで、濃すぎる人間模様も必見です。

13.『グッドワイフ』(2019年)

蓮見杏子/常盤貴子

グッドワイフ
©️TBS

常盤貴子が「Beautiful Life」(2000年)以来、19年ぶりにTBS系「日曜劇場」に主演したテレビドラマです。小泉孝太郎、水原希子、唐沢寿明らが共演し、米CBSの人気ドラマ「グッド・ワイフ」シリーズを日本でリメイクしました。 元弁護士・蓮見杏子は出産を機に退職し、エリート検事の夫を支えていましたが、突如、スキャンダルで夫が逮捕されてします。子どもを守るため16年ぶりに弁護士に復帰し、夫の不倫や世間の好奇の目に晒されながら、自分の弱みすら武器にして戦う姿が描かれました

14.『全開ガール』(2011年)

鮎川若葉/新垣結衣

新垣結衣が初めて連続ドラマ単独主演を果たした、フジテレビ系の「月9」ドラマです。相手役には錦戸亮、その他に薬師丸ひろ子、蓮佛美沙子、佐藤二朗らが出演しました。 幼少期の貧乏生活をバネに、東大法学部を主席で卒業、司法試験にも一発合格し、国際弁護士を目指している新人弁護士・鮎川若葉。若葉は元妻の連れ子を育てるバツイチのイクメン男子、山田草太と出会い、その優しすぎる人柄に惹かれていくのですが……。 ガッキーが『リーガル・ハイ』以前に弁護士役を演じた作品で、当時の彼女にしては珍しい、バリバリのキャリアウーマンを演じている点にも注目です。

15.『正義のセ』(2018年)

竹村凛々子/吉高由里子

原作は阿川佐和子の同名小説シリーズで、日本テレビ系で2018年に放送された吉高由里子主演のテレビドラマです。 検事になって2年目の竹村凛々子は、正義感だけは人一倍強く、思い込んだら一直線!取調べ中に感情移入してしまい、検察事務官の相原勉に注意されることも。たまに失敗しつつも、相原や先輩検事たちに助けてもらい、一人前に成長していくのでした。 相原役には安田顕、先輩検事の一人・大塚仁志を三浦翔平が演じ、各事件の関係者として石黒賢、原田良二や倉科カナら豪華キャストが出演しました。

弁護士が主人公の海外ドラマ

ではここからは、弁護士として活躍する主人公が登場する海外ドラマを紹介しましょう。

1.『SUITS/スーツ』(2012年)

ハーヴィー・スペクター/ガブリエル・マクト

米USAネットワークにて2011年から放送され、日本や韓国でもリメイクされるなど世界的なヒットとなったリーガルドラマです。2020年現在、アメリカではシーズン8まで放送されており、シーズン9をもって打ち切りが発表されました。 一匹狼な敏腕弁護士ハーヴィーと、見たモノ・コトを完全に記憶する特殊能力を持つ部下のマイク。天才的な2人がタッグを組み、悪をやり込めていく痛快なストーリーです。 レギューラーキャストの一人、メーガン・マークルが英国王室に入り、彼女の代表作にして最後の作品(シーズン7)としても有名ですね。

2.『グッド・ワイフ』(2010年)

アリシア・フロリック/ジュリアナ・マルグリーズ

米CBSにて2009年から2016年まで放送され、スピンオフドラマ『グッド・ファイト』、日本や韓国リメイク版も製作された大人気ドラマシリーズです。 優秀な弁護士だった専業主婦アリシアは、州検事の夫ピーターが汚職疑惑で逮捕されたのを機に、13年ぶりに弁護士へと復帰します。新人弁護士と競い合いながら家族を支えようと必死に働きますが、夫と娼婦の不倫疑惑まで浮上し、アリシアに様々な困難が襲いかかりました。 あらゆる手段を使って情報を仕入れてくる女性調査員、アリシアの職場復帰に一役買ったロースクールの同期など、個性豊かな登場人物も必見!

3.『殺人を無罪にする方法』(2015年)

アナリーズ・キーティング/ヴィオラ・デイヴィス

米ABCチャンネルにて2014年から放送され、2020年現在シーズン4まで放送されている、ヴィオラ・デイヴィス主演の法廷ドラマです。 殺人事件の弁護において、一度も負けたことがない敏腕弁護士アリアナーズ。彼女は本職の傍ら、ロースクールで“殺人を無罪にする方法”を教えていました。教え子を事務所のインターン生に迎えますが、彼らはとある殺人事件をきっかけに、自らの無罪を証明することになります。 過去、現在、未来のシーンが入り乱れ、3つの時間軸が並行して描かれるのが特徴。誰もかれもが怪しく、予測不能なスリリングな展開に手に汗握るでしょう。

4.『ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』

ボビー・ドネル/ディラン・マクダーモット

ABCチャンネルで1997年から2004年まで放送され、スピンオフ「ボストン・リーガル」シリーズも制作された、ディラン・マクダーモット主演のテレビドラマ。 脚本は『アリー my Love』のデビッド.E.ケリーですが、割とベタなラブコメディだった同作とは違い、骨太かつシリアスな法廷ドラマです。主人公のボビーは主に刑事犯罪の弁護を担当しており、法廷シーンでのディラン・マクダーモットの殺気立った演技が見事! ボビーは勝訴のために手段を問わないことから、悪徳弁護士とも呼ばれています。それでも、揺るがない信念を持ち、自らの正義を貫く姿に胸を打たれるでしょう。

5.『LAW & ORDER』(2011年)

米NBCにて1990年から2010年まで放送され、犯罪サスペンスドラマの金字塔と呼ばれた大ヒットシリーズです。 ニューヨークを舞台に、凶悪犯罪の犯人を追う警察、裁判で真相を追求する検察と弁護士、それぞれの視点から現代社会の問題を浮き彫りにします。各エピソードの前半は警察の捜査、後半は法廷シーンと分けられており、別作品のように感じるかもしれません。 本編終了後も、「性犯罪特捜班」、「クリミナル・インテント」など複数のスピンオフが製作されており、フランチャイズの元祖とも称されました。

主人公の目線になって法律の世界をのぞいてみよう!

今回は、弁護士や検事が主人公の国内ドラマ、弁護士が主人公の海外ドラマを紹介しました。 現実の弁護士や検事に対しては、どうしてもお堅いイメージを抱きがちかもしれませんが、ドラマの主人公は一癖も二癖もある個性派揃い!「HERO」や『リーガル・ハイ』はコメディ色が強いため、楽しんで法律を学べますし、専門用語もスッと頭に入ってくるでしょう。 『SUITS/スーツ』と『グッド・ワイフ』は、複数の国のリメイク版があるので、観比べてみると面白いかもしれません!