2017年10月2日更新

ハリーポッターでマクゴナガル先生が一番いい先生な10の理由

大人気ファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズに登場するホグワーツの副校長ミネルバ・マクゴナガルは普段は厳しい人物ですが、いつでも生徒のことを一番に考えている素晴らしい教師です。今回はハリーポッターでマクゴナガル先生が一番いい先生な10の理由を紹介します。

1.マクゴナガル先生はいつても指示が明瞭的確!?

ホグワーツ魔法学校の副校長でもあるミネルバ・マクゴナガル先生は遠回しな表現を嫌います。彼女の指示や話はいつでも要点を得ていて的確です。

2.根っからのリーダー!?

マクゴナガル ハリーポッター

マクゴナガル先生はとても実直な人物。ホグワーツの生徒からの信頼も厚く、根っからのリーダー気質です。

3.厳しくも愛がある!?

マクゴナカルは変身術の教師であることに加えて、グリフィンドール寮の監督も務めている人物です。普段は生徒たちを厳しく監視しているものの、いつでも生徒の幸せを考えています。

間違いなくマクゴナガルがホグワーツいちの寮監督です。

4.ホグワーツでのハリーの母!?

ホグワーツの外でハリーを見守るのはモリー・ウィズリーやシリウス・ブラックかもしれません。

しかし、ホグワーツにいる時にハリーが安心して学園生活を送れるよういつも気にかけていたのはマクゴナガルでした。マクゴナガルはハリーのホグワーツの母親と言っても過言ではないでしょう。

5.ハリーにクィディッチを始めるきっかけを作った!?

クィディッチはハリーの成長において重要な役割を果たしてきました。

もしハリーが1年生の時、マクゴナガルがハリーのポテンシャルを見抜いていなかったら、ハリーはクィディッチを始めていなかったかもしれません。

6.ダンスの先生としても一流!?

マクゴナガル先生はホグワーツいちのダンスインストラクターでもあります。 ロンに素晴らしい手ほどきでダンスとは何かを教えていました。また、もしもマクゴナガル先生のダンス指導がなければ、ネビルはダンスパーティでもっと悲惨な状態に陥っていたはずです。

7.マクゴナガル先生は変身マスター!?

変身術を教えるマクゴナガルはもちろん変身のエキスパートです。動物もどきの彼女は一瞬で猫に変身することが可能です。

8.躊躇せず生徒を守る!?

マクゴナガル先生は生徒のためなら躊躇せずに自分の命を犠牲にできる人物です。 『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』での彼女の犠牲心は多くの人の胸を打ちました。覚悟を決めた時のマクゴナガルは女性ながらかなりの男前です。

9.実はメチャクチャ優しい!?

基本的にマクゴナガルは厳しい性格ですが、彼女の根底にあるのは優しさです。シビル・トレローニーが占い学教授を解雇された時、真っ先に駆けつけていました。

10.マクゴナガル先生を演じているのは、マギー・スミス!

マギースミス

映画でミネルバ・マクゴナガルを演じていたのはアカデミー賞に何度もノミネート経験がある大女優マギー・スミス、今では彼女以外のマクゴナガルは想像出来ません。 2007年、マギー・スミスは乳がんの宣告をされていましたが、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の撮影を見事やり遂げ、『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』では帯状疱疹を患いながらも演じきりました。