『ハイキュー!!』烏野高校の頭脳菅原孝支がカッコかわいい!

2017年7月6日更新

週刊少年ジャンプで好評連載中のバレーボール漫画『ハイキュー!!』、2014年と2015年に2度アニメ化されるなど大人気の作品です。今回は第3期も予定され勢いが止まらない『ハイキュー!!』に登場する烏野高校の頭脳菅原孝支をご紹介します。

スタメンじゃないけど『ハイキュー!!』の大人気キャラクター菅原孝支

ハイキュー

烏野高校でバレー部の副主将を務める3年生。ポジションはセッターで、6月13日生まれ、身長は174.3cm、体重は63.5kgです。チームメイトからは「スガ」と呼ばれています。

温和な性格と持ち前の洞察力でベンチから試合に出場しチームを支える優しい先輩です。

篤実な人柄や、後輩の影山も憧れる!?にっこりとした笑顔から「爽やか君」というあだ名も付けられています。

今回は、泣きボクロがチャームポイントのイケメン、菅原孝支についてご紹介していきます。

思いやりが半端ない!

菅原孝支

問題児コンビの1年生をサポートするなど、随所にその性格の良さが滲み出る菅原ですが、仲間への思いやりが象徴されたエピソードがあります。

アニメ1期の第9話、エーススパイカーの東峰旭はとある試合の敗戦でチームメイトと諍いを起こし、練習に来なくなってしまいました。菅原もエースに頼りすぎていたかも、と責任を感じていました。

菅原は、練習試合で復帰した東峰にトスを上げるべきなのか葛藤しながらも、培った信頼関係を信じトスを上げます。自信を失いかけているエースを思いやる描写は彼の心根を表すシーンです。

清水とのやりとりがかわいい

菅原、清水

烏野の寡黙な美人マネージャー、清水潔子はチーム内外からも人気ですが、菅原も彼女の事を気にかけている様子が伺えます。

清水への思いを大っぴらに表現する田中や西谷に的確なツッコミをいれたり、部活終わりにそれとなく一緒に下校するのを誘ったりするなど、菅原が「清水」という名前を口にするシーンがしばしば見られます。

白鳥沢戦では緊張を隠せない菅原の手を清水が握るというシーンが話題となりました。混乱した菅原は「結婚は待って下さい!!」と叫び、清水は冷静に「大丈夫、菅原と結婚の予定は無い」と返します。その返答に菅原が「それはわかんないだろ!!」とツッコミ、完全にフラグを立てていました。

戦術的ワンポイントツーセッターを成功させる

菅原、影山

出典: twblog.info

青葉城西を打ち破るなため烏養コーチが仕掛けた戦略で、影山を攻撃に回すための手段として控えセッターの菅原をコートに送り込みます。これによってスパイカーが5人となり、烏野は新たな攻撃手段を得ました。

アタックの練習も始めていた菅原がキーとなったこの作戦が功を奏し、劣勢だった試合の流れを変えることに成功しました。

菅原先輩のカッコいい名言集

「勝つぞ」

菅原孝支

影山との交代でコートを去る際に言ったセリフです。自分よりも実力で上回る影山に対し、勝敗を委ねようと一瞬脳裏に「勝てよ」と言葉が浮かびますが、菅原が選んだのは「勝つぞ」の3文字でした。

短いセリフですが試合への思いやプライドが感じられる名言です。

「最強の敵だったならさ 今度は最強の味方じゃん」

菅原孝支

入部当初、影山を仲間として受け入れられない日向に言ったセリフです。

後輩思いの一面が伺える名言で、物語序盤に聞くことができます。

「大丈夫!一本切ってくべー!!」

菅原孝支

劣勢ムードの中満面の笑みで言ったセリフです。

重たい空気を一瞬で明るく変えてしまう、スガさんにしか言えない一言です。

菅原孝支の声優は?

入野自由

菅原孝支を演じた入野自由は、東京都出身、1988年2月19日生まれ、ジャンクション所属の声優です。

1995年に放送されたアニメ『逮捕しちゃうぞ』のショウ役でデビューし、2001年には『千と千尋の神隠し』でハク役を演じ注目を浴びました。

数多くの主演作で知られ、『アイシールド21』の小早川瀬那や、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の宿海仁太役などが有名です。