2020年5月25日更新

【SAO】シノンがかっこかわいい!GGOトッププレイヤーの活躍に迫る

【SAO】シノンがかっこかわいい!GGOトッププレイヤーの活躍に迫る サムネイル

人気ライトノベル『ソードアート・オンライン』。シリーズ作品としても人気を博す本作において、第2のヒロインと名高いシノンを紹介します。カッコかわいさの魅力と作中で見せた活躍を詳しく解説!

目次

「SAO」シリーズ第2期のヒロイン、シノンを解説!かっこかわいい人気キャラ【ネタバレ注意】

シノンは原作では5巻より、アニメでは2期より登場した途中参戦ヒロイン。シリーズ内では3番目に登場するゲーム「ガンゲイルオンライン」、通称“GGO”のヒロインとして活躍しました。主人公キリトの戦友でもありライバルでもあります。GGO内でトップクラスの実力を持つスナイパーとしての活躍が見所です。 加えて、ガンゲームの中での数少ない女性プレーヤーとして見せる男勝りな甲斐性、そしたキリトとの絡みの中で見せる女の子らしい繊細さやかわいさを併せ持つ“カッコかわいい”ヒロインとして人気はうなぎのぼり。電撃文庫公式人気キャラ投票では堂々の3位に輝きました。他のキャラにはないカッコかわいさで、アスナに次ぐ第2のヒロインとして人気です。 ※本記事では「ソードアート・オンライン」シリーズのネタバレ情報を扱っています。読み進める際はご注意下さい。

対物ライフルを使いこなすGGOトッププレイヤー

シノンはGGOにて、“冥界の女神”として知られるほどの実力者です。メインウェポンに対物ライフル、「ウルティマラティオ・ヘカートⅡ」を使用します。 アニメ1話の初登場シーンでも、1500m先の敵に見事ヒットさせるカッコよすぎる場面がありました。プレイヤーのほとんどが男性のGGOという中、最高峰のPvP大会、「BoB」の優勝を狙えるほどのトッププレイヤーということも、シノンの魅力でしょう。

GGOでキリトと出会う

主人公キリトがゲーム内での死を現実のものとする事件について調べるためにGGOにアカウントを作ったとき、2人は初めて出会います。 シノンはキリトの女の子らしいアバターを見て、彼を女性だと勘違いしたことでフレンドリーになり、いろいろキリトの世話をしたり案内したりと優しさを見せますが、真実がバレたあとにはシノンがツンデレ発揮してしまいます。 最終的には仲間に落ち着き、苦難を乗り越えた2人の関係は一言で言えば戦友。しかし時として、それ以上を匂わせるシーンも多々あります。キリトといえば公式にアスナという恋人がいます。ですがシノンから、「あれっこれは?」と思ってしまうような言動も。折り合いをつけてはいるみたいですが、完全に諦めている訳でもなさそうです。

シノンがGGOをプレイする理由はリアルの過去と関係があった

GGOで凄腕のスナイパーとして活躍しているシノンですが、彼女がGGOをプレイしているのにはある理由がありました。それは、シノンのリアル・朝田詩乃(あさだしの)の過去が深く関係しています。 誌乃は幼少期から、母親を守るという非常に強い意志を持って生きていました。というのも、父が幼少期に交通事故で死亡。その際、母の精神年齢が逆行してしまったのです。詩乃が“自分で母を守らねば”という強い思いを持って生活していた11歳の頃、ある事件が起こります。 詩乃と母は、強盗に襲われてしまいました。詩乃は“母を守るため”、強盗の持っていた銃を使い射殺……。もちろん、強盗は2人を襲おうとしていたわけですから、正当防衛です。しかし、まだ幼い詩乃の心に傷を与えるには十分過ぎました。 詩乃は銃器に対してトラウマを抱くようになり、PTSDを発症……。事件は噂となって広まり、学校でいじめられるようになってしまいました。 詩乃もといシノンがGGOをプレイしている理由は、抱えている“銃器に対するトラウマ”を克服するため。GGOなら銃を見ても、触っても発症しないため、治療を兼ねてプレイしているということです。

BoB優勝でサトライザーに目をつけられる!戦績はまさかの全敗!?

GGO内では、トッププレイヤーを決める大会「BoB」が定期的に開催されています。シノンは、キリトの協力もあって「死銃」を打ち倒し、見事優勝に輝いた経歴の持ち主です。 ただでさえ女性プレイヤーが珍しいGGOというゲーム。その中で全プレイヤーのトップに女性プレイヤーのシノンが位置したということは、否が応でも注目を集めることになりました。このことで、サトライザーというプレイヤーに目を付けられることになります。 サトライザーは、第1回BoBの優勝者。誰もが認めるGGO最強プレイヤーです。第4回BoBでシノンと相まみえた際には、いとも容易く撃破。シノンは、手も足も出ませんでした。圧倒的な実力差を見せ付けられ、その後正体を暴こうと実行した作戦も失敗に終わっています。 また、この後触れるアリシゼーション編でもサトライザーと対決。超強力スキルを持つ「スーパーアカウント」の太陽神ソルスでログインしたにもかかわらず、終始圧倒されてしまいました。なんとか右腕を吹き飛ばすことに成功しましたが、勝利とはいえないでしょう。

「アルヴヘイム・オンライン(ALO)」にも参戦!ケットシー姿がかわい過ぎる

GGOでの事件後、アスナやキリトと仲良くなったシノンは、勧められて「アルヴヘイム・オンライン」、通称“ALO”のアカウントも作ります。選んだ種族はケットシー。ファン泣かせの猫耳姿で登場しました。 癖のあるロングボウを使いこなすカッコよさも健在ですが、GGOの見た目にそのまま猫耳をつけたり、アスナたちと仲良くなって「シノのん」と呼ばれるところなど、かわいいところもたくさん見られるのがALOです。 また、ALOではキリトらと仲良くなって厳しい性格も丸くなり、感情を出したり照れやすくなるなど、これまで見たことないシノンが見られる魅力的なシーンも多いですね。

エクスキャリバーを弓で釣っちゃう偉業をやってのける

ALO内最強の剣であり、1回限りしか出現しないレアアイテム「エクスキャリバー」。シノンはこの武器が欲しいキリトに獲得クエストへ誘われて挑戦することにします。様々な障害を乗り越え、エクスキャリバーの獲得に成功しますが、喜びは束の間。ダンジョンが崩壊し始めてしまいます。 脱出するためにモンスターの背中へと移る一行。キリトはエクスキャリバーが重すぎるため、断崖から飛び移る際に持って帰ることを諦めて投げ捨ててしまいます。 そんな時、その弓の腕前で暴風吹き荒れる中、超遠距離に位置するエクスキャリバーを回収してしまうシノン。ロングボウは癖があり扱いが難しいにも関わらず、偉業をやってのけた彼女に、その場に居たメンバーから「シノンさんかっけえ!」と称賛されていました。

アリシゼーションでは太陽神に!?

GGOではスナイパー、ALOでは弓を使う、まさに遠距離タイプであるシノン。そんな彼女は、アリシゼーション編の舞台であるアンダーワールドに「スーパーアカウント」を使用してログイン……窮地に立たされていたアンダーワールドを救いました。 シノンがログインしたアカウントは太陽神ソルス。アンダーワールド内の伝承では、三大神の一柱とされている存在です。やはり弓がメイン武器のアカウントで、広範囲殲滅攻撃と、無制限飛行能力という2つの超強力スキルを保有しています。群青色に染まったGGO装備と、背後に浮いている翼が印象的でした。 アリシゼーションではリーファやアスナも共にスーパーアカウントでログインをし、大活躍を遂げています。まさに3人がアンダーワールドの「救世主」になったのでした。

シノンのかっこかわいい名言を3つ紹介

「せめてゲームの中でくらい、銃口に向かって死んでみせろ!」

ターゲット一行を狙う任務中に、ピンチで竦んでしまったメンバーに発したセリフ。ゲームとはいえ、現実以上に本気で取り組む彼女の姿勢が垣間見えます。

「これは、私の、私だけの戦いなのよ!たとえ負けて、死んでも、誰にも私を責める権利なんかない!!」

本気でトラウマ克服を目指し、最高の強さを目指しているからこそのセリフ。覚悟の強さはキリト以上かもしれません。

「——この剣を抜くたびに、心の中で、私のこと思い出してね」

気概あふれるシノンですが、かわいくしたたかな面も。このセリフは一度は諦めたキリトの武器を取り返した際に発したセリフです。アスナとキリト片思い同盟の面々はやられた顔で唖然としていました。

アニメ版「SAO」シリーズでシノンを演じる声優は沢城みゆき

シノンを演じる声優は、沢城みゆきです。代表作は、『HUNTERxHUNTER』のクラピカや、『ルパン三世』の峰不二子などのかっこいいキャラクター。 一方で、『ノーゲーム・ノーライフ』の初瀬いづなや『SAO』のシノンなどのかわいい女の子キャラ、『イナズマイレブンGO』のシュウや『テガミバチ』のラグ・シーイングなどの少年キャラもこなせる幅広く活動する実力派です。