2017年7月6日更新

森川葵出演ドラマ一覧【月9 『いつ恋』で大注目!】

最近注目されている話題の美少女、森川葵。その高い演技力はもちろん、役に合わせて髪型を変えていく事が大きな話題を呼びました。今回は森川葵はがこれまで出演したドラマを一挙に紹介します。

若手演技派女優森川葵

森川葵

1995年6月17日生まれで愛知県出身の女優・森川葵。

2010年に開催された『Seventeen』の専属モデルオーディションでは、応募者5,575人の中からグランプリの一人として選ばれ芸能界デビューを果たしました。

2015年には『Seventeen』の専属モデルから卒業。同年10月にフジテレビ系ドラマの『テディ・ゴー!』にて連続ドラマ初主演を果たしています。

今回は森川葵がこれまで出演したドラマを紹介します。

『スプラウト』(2012年)

スプラウト

2012年7月29日から9月29日まで、日本テレビ系列で放送されました。

原作は南波あつこによる同名漫画が基になっています。

池之内実紅(森川葵)の父親が始めた下宿屋に同級生の楢橋草平(知念侑季)が同居しています。二人は次第に惹かれていきます。ですが、彼には恋人がいました。他に下宿屋に様々な事情を抱える若者が集う恋愛群像劇です。

森川葵は、本作がドラマデビューだったにもかかわらず主演を務め堂々とした演技を見せました。

『ホリック~xxxHOLiC~』(2013年)

ホリック xxxHOLiC

2013年3月17日・24日・4月14日にWOWOWで放送された『ホリック~xxxHOLiC~』。

アヤカシを惹きつける血を持つ主人公・四月一日君尋(染谷将太)は妖しい屋敷に迷い込みます。女主人・壱原侑子(杏)は来訪者の願いを対価と引き換えに叶えます。四月一日は強引に願いを促され、対価として壱原は彼を雇います。四月一日は悩みを抱える人や奇怪な出来事に次々と遭遇していきます。

本作は人気マンガ『XXXHOLiC』の実写化で、主人公の壱原侑子を杏が、四月一日君尋を染谷将太が演じました。杏の夫である東出昌大も出演しています。森川葵は、雨を司るアヤカシの雨童女を演じました。

『神様のボート』(2013年)

神様のボート

2013年3月24日にNHKのBSプレミアムで放送されました。江國香織による同名小説が原作。

愛する男を待ち続ける主人公・野島葉子(宮沢りえ)は静かな愛の狂気に囚われながら旅を続けていき__。母と少女の10数年に及ぶドラマを描いた物語です。

森川葵は、14歳となった主人公の娘・野島草子を演じました。

『35歳の高校生』(2013年)

35歳の高校生

2013年4月13日から6月22日まで、日本テレビ系列で放送された『35歳の高校生』。

諸事情で高校を中退した主人公・馬場亜矢子(米倉涼子)が、35歳で高校生活をやり直す為に編入学するというストーリーです。クラスが抱えていた問題を独自の方法で解決していく社会派学園ドラマとして話題になりました。

森川葵は、女子駅伝部の部員・衛藤瞳として出演しています。

『水木しげるのゲゲゲの怪談』(2013年)

水木しげるのゲゲゲの怪談

2013年8月31日にフジテレビ系列で放送。水木しげるの短編漫画『砂かけばばあ』、『不死鳥を飼う男』、『妖怪枕返し』、『永仁の壺』が基になっています。

漫画家・水木しげるの短編漫画を原作に全4編のオムニバスドラマ化した夏休み特別企画です。森川葵は、各編を繋げる語り手役の猫娘として出演しています。

『刑事のまなざし』(2013年)

刑事のまなざし

出典: ameblo.jp

2013年11月11日にTBS系列で放送されました。原作は薬丸岳による連作短編集『刑事のまなざし』です。

幼い娘がある事件で失った事で主人公・夏目信人(椎名桔平)は法務技官から警察官に転身し、被害者の気持ちが分かる新人刑事として奮闘していく、という物語です。

森川葵は、第6話で主人公の娘の幼馴染み・三好夏希として登場します。

『おわらないものがたり』(2014年)

おわらないものがたり

2014年8月16日から23日まで、フジテレビ系列で放送されました。原作は桜木紫乃による小説『硝子の葦』。

致死性のインフルエンザが病院内に発生し、主人公・ケイスケ(白洲迅)は絶望的な状況の中で徐々に追い詰められていくというドラマです。

森川葵は、主人公の妹であるユミを演じました。

『ごめんね青春!』(2014年)

ごめんね青春!

2014年10月12日から12月21日まで、TBS系列で放送されました。

カトリック系の女子高と仏教系の男子高が、少子化で定員割れを起こし合併の噂が立つも、両校の間には決して埋まらない深い溝がありました。そんな中主人公・原平助(錦戸亮)は合併の話しを進めようと奮闘していくという学園モノです。

森川葵は、カトリック系の女子高の阿部あまり役として、二面性を持つ女子高生を演じています。

『硝子の葦~garasu no ashi~』(2015年)

硝子の葦

2015年2月21日から3月14日まで、WOWOWで放送されました。

ラブホテルのオーナーの妻・幸田節子(相武紗季)は、主人(奥田英二)が事故に遭って助かる見込みがないと診断されます。そこへ彼女の実母(多岐川裕美)がやって来て一悶着が。節子はその一件より抑えていた闇が溢れ始めていきます。

森川葵は、主人公の義理の娘・幸田梢役として出演し、イメージを一新する金髪姿で登場しています。

『She』(2015年)

She

2015年4月18日から5月16日まで、フジテレビ系列で放送されました。

学年で一番の美女が姿を消し、そこに学園有数の才女である西澤京子(松岡茉優)が真相を探っていく学園サスペンスドラマです。

森川葵は、学園で目立たない地味な女子生徒・奥村千里として出演しています。

『ドS刑事』(2015年)

ドS刑事

2015年5月16日に日本テレビ系列で放送されました。七尾与史による推理小説『ドS刑事シリーズ』が基になっています。

悪人を“いたぶる”目的で刑事になった黒井マヤ(多部未華子)が、鋭い観察力とドSな言動で事件を解決していきます。森川葵は、第6話に登場する中心人物の友人・水上香奈役で出演しました。

『ちゃんぽん食べたか』(2015年)

ちゃんぽん食べたか

2015年5月30日から8月1日まで、NHKで放送されました。原作はさだまさしによる同名自伝的小説です。

バイオリン弾きの佐野雅志(菅田将暉)が挫折し、それでも音楽への諦めずフォークデュオとして歌い始めるという青春物語。森川葵は、佐野雅志のクラスメイト・岡倉洋子として出演しています。

『表参道高校合唱部!』(2015年)

表参道高校合唱部!

2015年7月17日から9月25日まで、TBS系列で放送されました。

香川真琴(芳根京子)は転校した高校の合唱部は廃部寸前。彼女により様々なトラブルを乗り越えて立て直していく青春学園ドラマとなっています。

森川葵は、アイドル志望の1軍メンバー、引田里奈役で出演しています。

『テディ・ゴー!』(2015年)

テディ・ゴー!

2015年10月10日から31日まで、フジテレビ系列で放送されました。原作は加藤実秋の推理小説シリーズ『テディシリーズ』の第2作目が基となっています。

山瀬和子(森川葵)がクマの編みぐるみを射的で当てますが、突然しゃべり出します。実は殉職した刑事・天野康雄(哀川翔)の魂が宿っています。そこで和子は殉職した天野の事件の真相究明に乗り出します。

森川葵は、主人公・山瀬和子として出演。本作で連続ドラマ初主演となりました。

『監獄学園-プリズンスクール-』(2015年)

監獄学園

2015年10月25日から12月21日まで、MBS・TBS系列で放送されました。原作は平本アキラによる漫画『監獄学園』。

全寮制の元女子高で5人の男子が女子風呂を覗いた罰として、懲罰棟と呼ばれる監獄で1ヶ月の謹慎生活を強いられるという物語です。

森川葵は、裏生徒会書記の緑川花として出演。金髪ウィッグ姿を披露し、これまでのイメージと違うことに驚いた人も多いでしょう。

『5人のジュンコ』(2015年)

5人のジュンコ

2015年11月21日から12月19日まで、WOWOWで放送されました。原作は真梨幸子による同名小説。

「ジュンコ」という名前を持つ5人の女性はそれぞれ違う環境の中、一つの事件が全員を繋げていくというもの。森川葵は、主人公である田辺絢子の高校生時代を演じています。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016年)

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

2016年1月18日から3月21日まで、フジテレビ系列で放送された月9ドラマ。

四人の男女の想いが複雑に絡み合う群像ラブストーリーです。高良健吾、有村架純、坂口健太郎など旬な俳優がメインキャストを務めたことでも話題になった作品です。

森川葵は、主人公の後輩で好意を抱くデザイナー志望の市村小夏として出演しています。

『遺産相続弁護士 柿崎真一』(2016年)

遺産相続弁護士 柿崎真一

2016年7月7日に日本テレビ系列で放送されました。柿崎真一(三上博史)は遺産相続を専門とする弁護士で、遺産相続に関する問題を解決していきます。

森川葵は、遺産相続弁護士の下で働く新米弁護士・丸井華として出演しています。