モアナは過去最高のディズニープリンセス!?モアナに関する19の事実

2017年7月6日更新

ディズニーアニメ最新作『モアナと伝説の海』の公開が2016年11月23日に控えています。本作は航海士の少女モアナを主役とした海洋アドベンチャーとなるようです。今回は『モアナと伝説の海』に関する19の事実を紹介します。

ディズニー最新作『モアナと伝説の海』!

ディズニー長編アニメ映画第56作となる『モアナと伝説の海』が2017年3月9日に公開予定です。今回は本作の公開がより楽しみになる情報を紹介します。

1.ディズニー初のポリネシア系プリンセス!

Explorer. Wayfinder. Hero in the making. #Moana

Walt Disney Animation Studiosさん(@disneyanimation)がシェアした投稿 -

『モアナと伝説の海』の主人公モアナはディズニー史上初のポリネシア系プリンセスです。ムーランはアジア系、ティアナは黒人系 インディアンのポカホンタス、アラブ系のジャスミンなど、様々なプリンセスを描いてきましたが、南太平洋を舞台に、ポリネシア系の人々を描いたのは今回が初めてです。生粋の航海士である彼女が伝説の島を目指して航海に出るストーリーが語られるようです。

2.夢が叶った! 14歳の少女が大抜擢

本作でモアナの声優に抜擢されたのはハワイのオワフ島出身の14歳アウリ・クラヴァーリョです。アウリは幼い頃からディズニープリンセスになることが夢だったそうです。まだ14歳の彼女ですが、その夢を本当に叶えてしまったというのだから驚きです。

モアナ役のアウィ・クラヴァーリョが本作のオーディションを受けるきっかけはキャスティングディレクターがハワイのコンテストで彼女が歌唱する姿を目撃したことだったそう。その後、アウィはすぐさまオーディションを受けるためロサンゼルスへ向かいました。ロン・クレメンツ&ジョン・マスカーは彼女を見た時モアナのイメージにピッタリな人物だと思ったそうです。

偶然が重なって今回のキャステングにつながったのです。

3.音楽担当が豪華!?

ライオンキング

本作は音楽を担当する人物が豪華なことでも話題となっています。 ブロードウェイミュージカルでトニー賞のオリジナル楽曲賞を受賞するなど実力派のリン=マニュエル・ミランダ、サモアのミュージシャンオペタイア・フォアッイ、『ライオン・キング』で数々の名曲を生み出したマーク・マンシーナが本作の音楽を担当しています。

4.『マッドマックス 怒りのデスロード』のオマージュシーンが!?

製作陣がマッドマックスの監督を務めたジョージ・ミラーのファンだったこともあり、船で戦う場面では、『マッドマックス 怒りのデスロード』がオマージュされています。かなり激しいシーンになっているそう。期待が高まりますね。

5.マウイは複数の伝説を合わせたキャラクター

Drum roll, please... #Moana is on Blu-ray TOMORROW

Walt Disney Animation Studiosさん(@disneyanimation)がシェアした投稿 -

ザ・ロックが声を吹き込む半神マウイはハワイ、トンガ、サモア、タヒチ、ポリネシア、ニュージーランドなど複数の島の伝説をかけ合わせて生まれたキャラクターだと言われています。実際にマウイは現地の人々に非常に慕われている英雄であり、神話です。

ディズニーで映像化するに当たって、現地にフィールドワークに出かけ、村の長老などから話を伺いながらマウイのイメージを膨らませていったそう。

6.イタリアバージョンはなぜか”ヴァイアナ”!?

“モアナ”はハワイ語やマオリ語で“海”を意味する言葉です。

しかし本作のイタリアバージョンは“ヴァイアナ”に、映画のタイトルは“オセアニア”に変更されてしまいました。これは、80年代活躍したイタリアのポルノスター“モアナ・ポッツィ”と混同させないための配慮だったと言われています。

7.人生観を変えるほどの旅!?

AULI‘I CRAVALHO lends her voice to the title character, MOANA, a teenager who dreams of becoming a master wayfinder. #Moana

Walt Disney Animation Studiosさん(@disneyanimation)がシェアした投稿 -

ロン・クレメンツ&ジョン・マスカーコンビは本作のため南シナ海へ2度のリサーチ旅行を敢行していました。

その旅で人生観を変えるほどの経験をしたため、旅を終えた後に本作のストーリーラインを初めから練り直していたそうです。

8.ディズニープリンセス最年少!?

Look it's @auliicravalho & PUA! #moana #linstagram

Walt Disney Animation Studiosさん(@disneyanimation)がシェアした投稿 -

モアナの声を担当した14歳の少女アウリィ・クラヴァーリョはディズニープリンセスの声優を務めた最年少の人物となりました。モアナの年齢設定は16歳。実年齢よりも年上のキャラを演じていたのですね。

また、プリンセスの声優は歌手やミュージカル女優など、ある程度キャリアがある人が務めてきましたが、今回は全くの新人であるアウリィが抜擢されているのです。

9.『ライオン・キング』の名曲が流れる!?

本作のモアナが誕生するオープニングシーンでディズニー映画『ライオン・キング』(1994)の名曲“サークル・オブ・ライフ”が流れると言われています。

10.リサーチ中に生まれた設定!?

本作製作陣たちがポリネシア人についてリサーチしていた時、彼らはポリネシア人と海の繋がりの深さに感嘆したと言います。

そのため赤ちゃんの頃から貝と戯れる場面など、なるべく幼少期からモアナが海と触れ合う場面を描くことを心がけたそうです。

11.ポリネシアの女性航海士は珍しい!?

『モアナと伝説の海』サウンドトラック

ポリネシア人の航海士はほとんどが男性のため、女性航海士のモアナはかなり珍しい存在。ポリネシアの男性航海士は海の状態を読むために、睾丸で波の感触を確かめるそうです。