https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88-DVD-BOX-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%B3%EF%BC%91-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%B3/dp/B00Z5SQ7RW/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1490533729&sr=8-1&keywords=%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89+dvd

『ウォーキング・デッド』シーズン7で予想される10の展開

2017年7月14日更新

2010年にシーズン1がスタートし、以来シーズン6まで製作されている人気ドラマ『ウォーキング・デッド』。日本でも10月より視聴開始となる最新シリーズがどんな展開を迎えるのか予想してみました。

1.二ーガンが確実に誰か一人殺している

『ウォーキング・デッド』シーズン6の最終話では、「救世主」と称す強盗集団に主人公ニック達がとらわれてしまいます。そして、ラストは強盗集団の二ーガンが、ニック達の誰かを殴り殺したことを示唆するかのごとく、彼のバットから血がしたたり落ちるシーンで終わりました。

ニック達の集団には11人の人物がいますが、二ーガンはバットで誰かを殴り殺す前に「この中で誰かが動いて、何かしゃべったら、坊やのもう一つの目玉をくりぬいてそいつの父親に食わせるぞ」と意味深なセリフを発言。

もしかしたら、二ーガンの手により既に2人の人物が殺され、バットの被害者は残り9人の中の誰かなのかもしれません。

2.物語は急速に、いっそうダークな展開になる

上記にあるように『ウォーキング・デッド』のシーズン7は誰かの死体と共に幕が上がることは間違いなさそうですが、これを機に物語はよりいっそうダークな方向に向かって進んでいくことになりそうです。

ドラマの製作指揮を担当するスコット・ギンプル氏も、「新シリーズに関してネタバレせずにいえることは、ストーリーがとても、とても、とてもダークになること」と語っており、「しかしストーリーが進むにつれて、闇以上の展開が待っている。登場人物のそれぞれの旅の行方を観てほしい」とただダークなだけでない展開を示唆しています。

3.シーズン7の主役は二ーガン!?

シーズン6の終わりとシーズン7の始まりで重要なキーとなるキャラクター、二ーガンは、シーズン7の全てのエピソードにおいて重要人物となるでしょう。またそれ以降のシーズンにおいても絶大なインパクトを及ぼすかもしれません。

彼の登場により、『ウォーキング・デッド』シリーズは新たな局面を迎えたといっても過言ではありません。

マギー役でドラマに出演しているローレン・コーハンも、二ーガンというキャラクターについて「大きな運命を背負っていて、力にあふれている、とても恐ろしいキャラクター」と語っています。

4.リックは役立たず!?

『ウォーキング・デッド』シリーズ6年間の歴史において、主人公として奮闘してきたリック。しかし、そんな彼の運命もついに終焉を迎えることになりそうなのがシーズン7です。

リック役のアンドリュー・リンカーンも、「シーズン7で初めて、リックは使いものにならなくなる。2年間かけて彼が築き上げてきたものんが一瞬にして崩れるだろう」と語っています。

しかし、アンドリューは「第一話で、リックが災難を回避することが出来れば違ってくるだろう」とも語っているので、リックファンには希望は残されているようです。

5.シリーズ史上、登場人物が最多

『ウォーキング・デッド』シーズン7は、登場人物の数がシリーズ史上最多を記録しそうです。

オースティン・アメレオ演じる二ーガンの仲間、ドワイトや、トム・ペイン演じるリックの味方になったジーザス、ザンダー・バークレー演じるヒルトップのリーダー、グレゴリーといったキャラクターがレギュラーになったことにより、今やメインキャラクターの人数は20人になっています。

6.ついにエザキエルが登場!

『ウォーキング・デッド』シーズン7には、キングダムという名前の組織のリーダー、エザキエルが登場します。預言者の様な特徴的な風貌のエザキエルを演じるのは、カリー・ペイトンです。

エザキエルはシーヴァという名前のトラをペットとして買っていますが、シーヴァは本物ではなくCGIを駆使して撮影されるそうです。

7.新キャラ“バイロン”が登場!

エザキエルは原作にも登場しているキャラですが、“バイロン”という名前の原作にないオリジナルキャラクターがシーズン7の後半に登場するそうです。

説明文によると、バイロンは「知的で無表情なリーダー格。周りを統治する雰囲気を持っていて、あまり感情を表に出さない」キャラクターだそうです。既存キャラクターでいうと、ウィスパラーの女性リーダー、アルファのような人物なのかもしれません。

8.ヒースは続投!

コーリー・ホーキンズ演じるヒースは、アレキサンドリアの住人でシーズン6で初登場します。物資調達係として勇敢にウォーカー達を倒す人気キャラでしたが、コーリーが別の人気ドラマシリーズ『24』のスピンオフにキャスティングされたことから、『ウォーキング・デッド』シーズン7には出演されないと思われていました。

しかし、製作指揮のスコット・ギンプルは、なんとかスケジュールを調整してヒースをシーズン7に登場させると公言しています。

9.シーズン7のテーマは“始めからやり直し”!?

『ウォーキング・デッド』シーズン7において、登場人物たちは二ーガンの登場によって変わってしまった世界でどう生きるかという選択肢を迫られます。

スコット・ギンプルは「世界は彼らが想像していたあり方とは全く変わってしまった。新しい世界でどうスタートを切るか、それが今シーズン最大のポイント」とコメントしています。

ダリル役で出演しているノーマン・リーダスも、「シーズン7では二ーガンの登場によって新しい世界の扉が開く。登場人物たちが歯を食いしばりながら二ーガンという悪役と対峙する様子は原作を超える」と語っており、新シリーズへの期待が煽られます。

10.シーズン6の様な終わり方はしない

『ウォーキング・デッド』シーズン6の最終話は、二ーガンが誰かを殺害したことは明らかなのにそれが誰か分からないという、視聴者にとってある意味ストレスになるような終わり方をしています。

このことに関して、シリーズを通して製作に関わっている漫画家のロバート・カークマンは「一定の視聴者たちはこの手の手法を好んでいないこと念頭に置いて進めたい」と言っており、シーズン7に関してはすっきりした気持ちで最終話を迎えることが出来そうです。