2018年3月7日更新

浅野ゆう子、『大奥』にも出演していた昭和の名女優を紹介!

ベテラン女優として名を馳せている浅野ゆう子。『大奥』での大奥総取締役の熱演も記憶に新しいのではないでしょうか。そんな彼女の女優業やプライベートまで総まとめしてお送りします!結婚していない背景にある悲しい理由とは?

大奥総取締を演じ若者にも名前が知られる浅野ゆう子

浅野ゆう子は1960年7月9日生まれ、兵庫県神戸市出身の女優です。過去には歌手活動をはじめ、セクシー女優として活動していました。本名は赤沢裕子(あかざわ ゆうこ)。

2003年にフジテレビ系列で放送された時代劇ドラマ『大奥』では菅野美穂と共演、大奥総取締役の瀧山役を演じました。これをキッカケに若い世代にも浅野ゆう子の貫禄を見せつけました。芸能界をデビューした当初はアイドル歌手としても活動していたことがあります。

1974年に発売した「恋はダン・ダン」で、第16回日本レコード大賞新人賞も受賞するなど確かな経歴の持ち主ですが、その後モデル活動を経て本格的な女優へ転身しました。

女優魂が炸裂?あの人気ドラマにも出演

“W浅野”でお馴染み『抱きしめたい!』

女性からの人気を獲得することとなった『抱きしめたい!』は1988年にフジテレビ系列で放送。元祖トレンディドラマとして位置づけられており、等身大の女性の生活スタイルに共感する視聴者が続出したと言われています。

浅野ゆう子演じる早川夏子と浅野温子演じる池内麻子は親友同士の役柄。麻子は岩城滉一演じる圭介と離婚間近で、圭介は昔付き合っていた麻子に未練が残っている様子。麻子は石田純一演じる二宮、本木雅弘演じる山下にも思いを寄せられます。

それぞれの恋愛感情が入り乱れストーリーは展開していくのですが、その胸キュンありのドキドキする展開に世の女性は目を離せなかったそうです。

昼ドラマでも全力で演技『ほっとけない魔女たち』

2014年にはフジテレビ系列の昼帯ドラマ枠50周年記念企画として制作された『ほっとけない魔女たち』にも出演。V6の三宅健や釈由美子など豪華な顔ぶれが並びました。 当時は最年少の三宅健からこう言われていたそうです。共演者にも彼女の元気さは活力になっていたのかもしれません。

末期のガンで余命半年と告げられてしまった4姉妹の長女・春子(室井滋)。疎遠になっていた妹3人(浅野ゆう子・釈由美子・松本明子)を呼び寄せ、かつて好きだった『キャッツアイ』や『チャーリーズ・エンジェル』のように悪を懲らしめたいという願いを成就させるべく奔走する物語です。

浅野ゆう子は春子と対立しながらもリーダーシップをとって姉妹をまとめあげる次女・夏子を演じていました。

今では見られない!セクシー路線の代表作『サマーチャンピオン』

1979年は4月5日にリリースされた楽曲『サマーチャンピオン』はそのタイトル通りサマーソングとなっています。まだ女優へ転身する前、カネボウ化粧品のイメージガールに大抜擢されたことから彼女がリリースした作品です。

今までとはかけ離れたイメージになっているのですが、当時の男性たちの目の保養になっていた様子。水着姿をメディアで初披露したのもこのときが初めてとなっていますので、男性たちには憧れの的として見られていました。

映画『藏』ではあの女優から主演奪った!?

1995年に公開された映画『蔵』。毎日新聞の朝刊に連載されていた宮尾登美子による同名小説を、オリジナルストーリーを加えて制作されたのですが、制作段階ではひと悶着あったということで話題になりました。それが宮沢りえのドタバタ降板劇です。

なんでも宮沢りえサイドは、主演が浅野ゆう子では嫌だと申し出たのだそうです。元々は宮沢りえが主役だという話も出ていたそうなので、宮沢りえが準主役であったことに不満を募らせての降板劇となった様子。

主演が途中で交代になったなどの噂や憶測の記事が飛び交う事態にもなり、当時メディアを騒がせた出来事として知られています。

役のイメージそのまま?知られざる性格とは

役どころで厳しい顔つきをすることの多い浅野ゆう子ですが、視聴者からは「厳しそう」「お局様」「性格悪そう」といった声が多発しているそうです。

問題になったのはSMAP香取慎吾がメインMCを務めるバラエティー番組「おしゃマップ」に出演したときのこと。番組企画で炊飯器に炊かれている一升の白米を食べつくさなければいけないというとき、彼女だけ椅子に腰かけたままで動くことはあまりなく、それに加えお弁当の白米のみを炊飯器へ入れてしまうという行為をしたことでイメージが悪くなってしまった様子。

チームプレーでクリアを目指さなければならない企画だったので無理もないかもしれません。

結婚しているようで、していないってどういうこと!?

浅野ゆう子は40代の未婚女優として有名。子供がいる役柄もこなしてきたため、すでに結婚していると世間では思われているようです。

中でも2007年に恋人がいることが発覚、2009年には2億円とも言われる豪邸で同棲をスタートとメディアで報じられたため、それを結婚と解釈してしまった方も多かったかもしれません。お相手の方は1967年1月13日生まれの田宮五郎という俳優でした。浅野ゆう子は仕事もプライベートも順風満帆!結婚も秒読み!

そう思われたのですが…。

看病も空しく最愛の人が他界。そして激やせ

田宮五郎は2014年に病気のため他界したのです。病名はくも膜下出血でした。最初に発症したのは2012年、トレーニング中のことだったそうです。

すぐ病院に運ばれ8時間にも及ぶ手術が成功したこともあり一命を取り留め、一時期は退院することも可能となりました。しかし2014年に再発してしまいお亡くなりになってしまったのです。

後に出演したテレビ番組で浅野ゆう子は田宮五郎との結婚を考えていたこともあったと明言しています。最愛の人を亡くした悲しみは本人にしか分かりませんが、一部からは当時ショックのあまり激やせしたとも報じられており、ファンにもその姿から心配の声が挙がっていました。