2017年7月6日更新

トグサが優しくて癒される。公安9課の普通の人を紹介【攻殻機動隊】

公安9課の中でも一番人間に近い存在のトグサを徹底検証します。愛用の銃は実際のモデルを使用していたり、渋くカッコイイと人気もある彼の名言。実写版のトグサ役は誰でしょうか。そして担当声優は人気声優などもっとトグサを知ることができる内容です。

攻殻機動隊とは??

攻殻機動隊 SSS

近未来の日本を舞台に、本作品の主人公の草薙素子率いる部隊、『公安9課』の活躍を描いた作品です。

物語は21世紀、科学技術の急成長により高度化した日本は、電脳化と義体化技術になったのです。

しかし、そのため高度化した社会に凶悪な犯罪も増えていき、対抗するための手段として、隊長の草薙素子を筆頭に非公認特殊部隊を結成し、公安9課またの名を「攻殻機動隊」の始まりでした。

公安9課の中で最も優しいトグサとはどんな人物?

トグサ 攻殻機動隊

トグサは、公安9課に所属するメンバーの中で唯一の妻帯者で、元警視庁捜査一課特務班の刑事です。

情報収集能力や直感力に優れており、正義感の強さから激情にかられる事もしばしば。 公安9課ではバトーと組むことが多く、2人は口論が絶えない間柄です。

また、第2シーズンでは、9課の隊長に就任しており、初登場当時から比べるとだいぶ落ち着いた性格となっていて、新人メンバーに対しても正確な指示を出し9課を引っ張っています。

トグサはほぼ人間?義体化の程度は低いのは何故?

超人揃いの公安9課メンバーの中では擬態化率が低く、また戦闘能力も高くはないトグサ。

では、なぜこのサイボーグの面々の中に配属になったのかと言うと、理由として組織の硬直化を防ぐ意味からなのだそう。

トグサの銃は実モデル

61ajOP42WFS._SL1194_

トグサは先程もあったように、擬態化率で言えば最もメンバーの中では低く、体を張るには無理があります。

その為か、銃に強いこだわりを持っており、特に愛用しているのは「マテバ」という銃です。

各シリーズごとに扱う「マテバ」は違うようで、第1シリーズではM2008とM2007スナブノーズでイノセンスはM2007バレルなど改造を施されたものなどを使用しています。

これはどれも、実際に存在する銃がモデルとなっています。

トグサの名言

シリーズ化されている攻殻機動隊ではキャラクターそれぞれに名セリフが存在しています。その中でトグサの名セリフも多数ありますが、第1シーズンの第26話で語っていた名言をご紹介します。

俺は、別にヒーローになりたかったわけじゃない。だが、自分たちが信じる正義には、一点の曇りなくじゅんじてきたつもりだ。

この回では公安9課が草薙が瀕死の状態に陥り、課の存続が窮地に立たされたメンバーでしたが、その中でトグサの回想シーンを経てこの名言がありました。

9課への思いなどが入り混じった深い言葉ではあるのは確かで、この回を見た視聴者はグッと来たのではないでしょうか。

実写化のトグサ役は?

The Blacklist – Season 1

© 2013 NBCUniversal Media, LLC

2017年に公開予定の実写版攻殻機動隊で昨年2016年11月に遂にビジュアルが公開されました。気になるトグサ役はチン・ハンというアジア系の映画俳優です。

シンガポール出身で映画『ダークナイト』などに出演している現在人気上昇中の人物です。

トグサを演じたのは声優・山寺宏一

渋くカッコイイトグサを演じていたのは山寺 宏一です。

1961年6月17日生まれで所属事務所はアクロス エンタテインメント。同じく声優をしている田中理恵と2016年に入籍し、プライベートも仕事も充実してる大人気声優です。

1985年に『メガゾーン23』中川真二役で声優デビューを飾りました。代表作は1995年に放送されていた『新世紀エヴァンゲリオン』加持リョウジ役や1988年から放送中の『それいけ!アンパンマン』めいけんチーズ役やカバオくんなど、何役も担当しています。

かなり広い声質の持ち主で「七色の声」と称されており、声優界では”困った時の山寺”と言われるほど引っ張りだこの声優です。

また、吹替作品に数多く出演しており、担当俳優ではウィル・スミスやエディ・マーフィ、さらにジム・キャリーなど有名俳優揃いで声優界に欠かせない1人と言えるでしょう。