2022年8月1日更新

「ガリレオ」シリーズ歴代キャスト・相棒一覧!2022年最新作まで【ドラマ・映画】

ガリレオ 容疑者Xの献身
(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社

東野圭吾の小説「探偵ガリレオ」シリーズを原作としたドラマ『ガリレオ』は、2007年に放送され大ヒットとなり、2013年には続編が放送された大人気シリーズ。2度の劇場版も大ヒットを記録しています。 そんな「ガリレオ」シリーズが、2022年に約9年ぶりの復活!9月16日に「ガリレオ」シリーズ映画第3弾『沈黙のパレード』が公開されるとともに、9月17日には新作SPドラマ『禁断の魔術』が放送されます。 この記事では、「ガリレオ」シリーズの映画・ドラマを盛り上げてくれたキャストたちを紹介します。

新作映画『沈黙のパレード』のキャストは?

メインキャスト 湯川学役/福山雅治 内海薫役/柴咲コウ 草薙俊平役/北村一輝
並木家 並木佐織役/川床明日香 並木夏美役/出口夏希 並木祐太郎役/飯尾和樹 並木真智子役/戸田菜穂
その他 高垣智也役/岡山天音 蓮沼寛一役/村上淳 宮沢麻耶役/吉田羊 新倉留美役/檀れい 新倉直紀役/椎名桔平

「ガリレオ」シリーズの新作映画『沈黙のパレード』は、2022年9月16日(金)公開予定。監督は、ドラマおよび映画1・2作目に続いて西谷弘が手がけます。 キャストについては、湯川学役の福山雅治、草薙俊平役の北村一輝、そして、連続ドラマや映画『容疑者Xの献身』に湯川のパートナーとして登場した刑事・内海薫役の柴咲コウの3人が出演することがわかっています。 ほか、被害者の父親役にお笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹、被害者の恋人役に若手人気俳優・岡山天音、パレードの日に殺害される容疑者役に村上淳ら、豪華キャストがキャスティングされています。

湯川学役/福山雅治

帝都大学で物理学を教えている准教授湯川学。理屈っぽく偏屈気味の性格で周囲の人から変人と思われてもおかしくはないのですが、抜群のルックスの良さで女生徒からは絶大な人気を誇っています。そんな湯川学を演じたのは福山雅治です。 1988年に俳優としてデビューした福山雅治は、1990年にシングル曲『追憶の雨の中』をリリースし、これまで並行して俳優と歌手、2つの活動を行ってきました。1993年に出演したドラマ『ひとつ屋根の下』で人気俳優となり、数々のドラマで主演を務めるようになります。 2010年にはNHK大河ドラマ『龍馬伝』で主人公・坂本龍馬役を熱演。また、主演を務めた映画『そして父になる』(2013年)が第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞したほか、『三度目の殺人』(2017年)、『マチネの終わりに』(2019年)などと主演映画のヒットが続いています

草薙俊平役/北村一輝

湯川学の学生時代からの友人であり、内海薫の上司である、草薙俊平。朗らかな性格で内海薫などの職場の女性からも慕われています。内海薫を湯川に引き合わせたのも草薙俊平がきっかけです。 草薙俊平役を務めたのは、北村一輝です。役者を目指してさまざまなオーディションを受けていた北村一輝でしたが、なかなか機会に恵まれず、長い下積み時代を送ることになります。 1999年に主演を務めた映画『日本黒社会 LEY LINES』で一躍注目を集めます。2003年のドラマ『大奥』や2006年の『夜王』で人気を得て、人気ドラマのメインキャストには欠かせない存在となりました。 2018年には、韓国ドラマ『シグナル』のリメイクしたドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』に出演。連続テレビ小説『スカーレット』(2019年)では主人公の父親役を演じるなど、幅広く活躍し続けています

初代相棒:内海薫役/柴咲コウ

湯川学とは正反対のまっすぐで熱い性格の持ち主である女性刑事、内海薫を演じるのは柴咲コウ。 2002年にドラマ『夢のカリフォルニア』で初めてヒロイン役を務めた柴咲コウは、同年に歌手としても活動を開始しています。2004年に主演を務めたドラマ『オレンジデイズ』は大ヒット作となり、実力派人気女優となりました。 「ガリレオ」シリーズのスピンオフドラマ『ガリレオ XX(ダブルエックス) 内海薫 最後の事件 愚弄ぶ』(2013年)では主人公として描かれました。 さらに2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』では主演を務め、2020年の『エール』で連続ドラマ小説に初出演。2020年放送のドラマ『35歳の少女』では、10歳で意識を失い25年後に目を覚ました主人公を見事に演じ大きな話題を呼びました。

2代目相棒:岸谷美砂役/吉高由里子

ドラマ『ガリレオ』の第2シーズンで湯川学の担当を務めるのは、帝都大学卒のキャリア女性刑事の岸谷美砂。常に自信にあふれ、そのため生意気で偉そうな態度ばかり取っていますが、実は落ち込みやすく恋に不器用な一面もあります。 内海薫とはまったく異なるキャラクターの岸谷美砂を演じたのは、吉高由里子です。2006年の映画『紀子の食卓』で主人公の妹・ユカ役で女優デビューし、翌年の2007年には衝撃作『蛇にピアス』でヌードシーンを演じ、話題となりました。 2010年の『美丘-君がいた日々-』や2011年の『私が恋愛できない理由』などの人気ドラマでメインキャストに抜擢され、2014年にはNHK連続テレビ小説『花子とアン』で主演を務めました。 その後も、ドラマ『最愛』(2021年)など続々とドラマで主演を務め、2023年にはドラマ『星降る夜に』、2024年には大河ドラマ『光る君へ』への主演が決定しています。

3代目相棒:牧村朋佳役/新木優子

2022年9月17日放送のSPドラマで、内海薫(柴咲コウ)、岸谷美砂(吉高由里子)に続き、湯川の新たな相棒となる新人女性刑事の牧村朋佳。そのキャストには、人気女優・新木優子が抜擢されました。 牧村朋佳は、湯川の友人でもある草薙の部下で、ある事件の捜査協力を求めるために草薙に連れられて帝都大学の准教授・湯川のもとを訪れます。 牧村朋佳役を演じる新木優子は、小学5年生だった2004年からモデル活動を始め、2008年に映画『錨を投げろ』で映画デビュー。『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の3rdシーズン(2017年)や『トドメの接吻』(2018年)など数々の注目ドラマ・映画に出演してきました。 韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本リメイク作『六本木クラス』でも、ヒロインの1人を演じる今大注目の女優です!

ドラマ『ガリレオ』第1シーズン(2007年)

弓削志郎役/品川佑

内海薫の先輩刑事である弓削志郎。優秀さや敏腕さはなく、死体もいつまでも苦手、なのにいつも後輩の薫には先輩風をふかせています。そんな弓削志郎を品川佑が演じています。 お笑いコンビ「品川庄司」として、1996年から活動を始めた品川佑。1999年より放送されていた『爆笑オンエアバトル』で注目を集め、『爆笑レッドカーペット』や『エンタの神様』などのネタ番組で常連の人気コンビとなります。 2001年から放送されていた『ココリコミラクルタイプ』ではレギュラー出演を果たし、番組内のコントにて演技力を発揮しました。 品川佑は、品川ヒロシ名義で作家や映画監督としても活躍しています。2003年に短編映画『two shot』にて初めてメガホンを取り、精力的に作品を発表し続け、2015年には哀川翔の芸能生活30周年を記念した『Zアイランド』の脚本・監督を務め話題となりました。 2021年にもオムニバス映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』内の「戦湯 ~SENTO~」や、映画『リスタート』などの監督・脚本を手がけます。

城之内桜子役/真矢みき

美人でクールな見た目とは裏腹になかなかに豪快でサバサバした性格をしている監察医、城之内桜子。甘いお菓子が大好きで、登場するときには大抵デザートタイムを楽しんでいるという可愛らしい一面もあります。 城之内桜子役を務めたのは真矢ミキです。宝塚歌劇団の退団後は、テレビドラマを中心に活動します。 2003年の映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』でキャリアの沖田仁美役を演じ話題となり、以後は数々の人気ドラマでクールな女性上司や姉御肌のキャリアウーマン役では欠かせない存在となっています。 プライベートでは2008年にバレエダンサーの西島千博と結婚、2016年には舞台『ドラマティック古事記〜神々の愛の物語〜』にて夫婦共演しました。 人気ドラマ『さくらの親子丼』では主人公さくらを熱演。映画『Diner ダイナー』(2019年)やドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(2020年)にも出演しています。

栗林宏美役/渡辺いっけい

湯川学の助手を務める栗林宏美ですが、実は湯川が学生時代から帝都大学で助手として働いていました。警察の内海薫や岸谷美砂が研究室にやってくることを心よく思わず、湯川が事件に協力することも嫌がっています。 栗林宏美を好演しているのは、渡辺いっけい。学生時代から劇団に入り演技に携わっていた渡辺いっけいは、1990年ごろからテレビドラマにも出演します。1992年には、NHK連続テレビ小説『ひらり』に出演し、知名度を得て、その後も数々の人気ドラマで名キャラクターを演じてきました。 ドラマ「TRICK」シリーズや「LIAR GAME」シリーズ、『バイプレイヤーズ 〜名脇役の森の100日間〜』(2021年)などへの出演で知られています。

映画『容疑者Xの献身』(2008年)

ガリレオ 容疑者Xの献身
(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社
石神哲哉役 堤真一
花岡靖子役 松雪靖子
花岡美里役 金澤美穂
富樫慎二役 長塚圭史
工藤邦明役 ダンカン

ドラマ『ガリレオ』第2シーズン(2013年)

太田川稔役/澤部佑(ハライチ)

岸谷美砂の先輩であり、ともにコンビを組んで事件解決にあたる刑事、太田川稔。美砂にはいつも生意気な態度を取られていますが、なかなかに優秀な一面があり、活躍を見せることもしばしば。そんな太田川稔を澤部佑が演じました。 澤部佑は、お笑いコンビ「ハライチ」として活躍、「M-1グランプリ」にも4回も出場するなど、その実力が高く評価されています。2010年から放送された『ピカルの定理』で人気と知名度を得て、その後はお笑いタレントとしてだけでなく、俳優としても活躍。 ドラマ『ちゃんぽん食べたか』(2015年)、『ボク、運命の人です。』(2017年)、『テセウスの船』(2020年)など数々のドラマで自然な演技を披露しています。プライベートでは2013年に一般女性と結婚、3児の父となりました。

映画『真夏の方程式』(2013年)

ガリレオ 真夏の方程式
(C)2013 フジテレビジョン アミューズ 文藝春秋 FNS27社
川畑成実役
柄崎恭平役 山﨑光
川畑重治役 前田吟
川畑節子役 風吹ジュン
柄崎敬一役 田中哲司
塚原正次役 塩見三省
仙波英俊役 白竜
三宅伸子役 西田尚美

「ガリレオ」は主題歌にも注目

第1シーズン、第2シーズン共にドラマ『ガリレオ』の主題歌を担当しているのは「KOH+」。これは柴崎コウと福山雅治のユニットで、ドラマ『ガリレオ』の主題歌を手掛けるために結成されたものでした。 互いに役者と歌手という2つの顔を持つ柴崎コウと福山雅治だけに、ドラマ内での演技以上に息の合った2人を楽しめる楽曲になっています

映画・ドラマ「ガリレオ」シリーズのキャスト・相棒一覧を復習しよう

2007年にシーズン1が放送されたドラマ『ガリレオ』ですが、キャストはいまでも第一線で活躍するベテラン揃い!ストーリーや演出も全く古臭くなく、今見ても楽しめる超本格ミステリーです。 9年ぶりとなる新作でかつてのキャストがどんな活躍をするか、今から楽しみですね!