2018年4月4日更新

ドラマ「チアダン」のあらすじ・キャスト一覧。主演は土屋太鳳に!映画キャスト広瀬すずも出演!

©︎ciatr

広瀬すず主演、ゼロから全米制覇を成し遂げたチアリーダー部の実話を元に製作された映画「チアダン」が2018年7月に連続ドラマ化決定!主演キャストは土屋太鳳に決定しました!この記事では気になるドラマの最新情報をお届けします!

あの「チアダン」が2018年7月ドラマになる!

主演キャストは土屋太鳳

2017年3月に広瀬すず主演で公開された映画『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』が、2018年7月にTBSで連続ドラマとして放送されることが決定しました! 物語のモデルとなった福井県立福井商業高等学校のチアリーダー部・JETSは、創部からわずか3年後の2009年に、チアリーダーの本場であるアメリカで開催されている全米チアダンス選手権大会で優勝するという快挙を成し遂げています。 映画「チアダン」で描かれた女子高生たちのリアルサクセスストーリーは、広瀬すずの人気も相まって、元気が出る青春映画として話題を集めました。今度はそのドラマ化。いったいどんな作品になるのでしょうか。

【見逃した方必見】毎週更新のネタバレあらすじ・視聴率はこちら

映画「チアダン」のあらすじをおさらい!

映画は、福井県立福井商業高等学校での実話を元にした、チアリーダー部のサクセスストーリーです。 映画は、主人公のひかりが、憧れの男子が所属するサッカー部を応援したいという気持ちからチアリーダー部に入部するところから物語が始まります。 軽い気持ちで入部したものの、その部活動は想像以上に厳しいもので、脱落者も続出。そんななか、なんとかチームメイトたちと励まし合いながら練習に励むひかり。やがてチームの中心的ポジションを任されるような存在へと成長していき、チームで優勝を目指すようになります。 青春スポーツものとして楽しめるのはもちろんですが、テーマがチアリーダーなので、観ていて元気がもらえるというのもこの作品の特徴です。

ドラマ「チアダン」のあらすじはオリジナルストーリー!

ドラマ版では映画から数年後を舞台に、映画とは違ったオリジナルストーリーが展開されます。 土屋太鳳演じる藤谷わかばは、幼い頃チアリーダーチーム「JETS」が全米制覇した演技を見て「自分もいつか『JETS』に入って全米制覇したい」という夢を抱いていました。しかし、高校受験に失敗し、「JETS」に入る夢は途絶えてしまいます。やがて自身のチアリーディングに対する自信も失い、弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの日々を送ることに。 そんなある日、東京からやって来た転校生・桐生汐里(石井杏奈)に「チアダンスをやろう」と誘われ、その言葉がわかばの心に火をつけ、チアリーダー部とは別にチアダンス部を作り、高みを目指していきます。 そして、チアリーダーとダンス部の派閥、先輩と後輩の間に起こる問題などを経て、ダンス部として成功するようひたむきにチアダンスに励むことに。

ドラマ版の主演キャストは土屋太鳳!

藤谷わかば/土屋太鳳

土屋太鳳
©︎ciatr

映画版の主人公・ひかりを演じたのは広瀬すずでした。広瀬の運動神経の良さを存分に生かした演技と、観ている人を元気づける魅力的な笑顔が、チアリーダー部を引っ張るひかりという役に説得力を持たせました。 映画のために習得したチアリーディングスキルもあるため、ドラマ『チアダン』でも広瀬の続投を望む声がありましたが、ドラマ版では土屋太鳳が演じることになりました。土屋は日本女子体育大学に通い、バレエや日本舞踊などの経験もあります。彼女の“チアダン”演技に注目が集まります!

ドラマ「チアダン」に出演するキャストが続々発表!

桐生汐里(きりゅうしおり)/石井杏奈

わかばをチアダンスの世界へ誘った転校生、桐生汐里を演じるのは石井杏奈。 石井杏奈は、E-girlsのメンバーとして活躍しています。また『ソロモンの偽証』では、いじめられる女子生徒を熱演し、第58回ブルーリボン賞新人賞を獲得しました。演技力の高さに期待したいところですね!

桜沢麻子(さくらざわあさこ)/佐久間由衣

桜沢麻子は、クラスの学級委員や生徒会役員を務める真面目なキャラクターです。 演じるのは、佐久間由衣。雑誌「ViVi」の専属モデルとして活躍していた彼女は、ゼクシィガールに抜擢されたことから一躍有名に。2015年には、ドラマ『トランジットガールズ』で主演を果たし、朝ドラ『ひよっこ』に出演するなど女優としても着実にキャリアを積んでいます。

柴田茉希(しばたまき)/山本舞香

ある事件をきっかけに不登校気味となってしまった柴田茉希。わかばたちとの出会いをきっかけに少しずつ心境に変化が現れ......? 柴田茉希を演じるのは、山本舞香です。ファッション雑誌「二コラ」でモデルとして活躍した後、2011年放送の『それでも、生きてゆく』で女優デビューを飾りました。 そして2017年からは「王様のブランチ」でレギュラー出演も果たすなど、マルチに活躍しています。

栗原渚(くりはらなぎさ)/朝比奈彩

栗原渚は陸上部に所蔵する、根っからの体育会系ガールです。 栗原渚役は、雑誌「Ray」のモデルとして知られる朝比奈彩。実は、彼女自身も小学校3年生から高校3年生まで陸上部に所属していました。高校3年生では県大会の100m走で8位入賞を獲得するほどの俊足の持ち主だったようです。 2017年に配信されたAmazonオリジナルドラマ『東京アリス』で女優デビューを果たしており、女優としての活躍にも期待です!

榎木妙子(えのきたえこ)/大友花恋

今夜はくらかれですよーん。 写真はチア☆ダンのオフショットですやーん。

大友花恋さん(@karen_otomo)がシェアした投稿 -

中華料理店の娘、榎木妙子はダイエットのためにチアダンス部に入部するものの......。 榎木妙子役は、雑誌「Seventeen」の専属モデルである大友花恋です。13歳から演技経験がある彼女は、北川景子主演の『悪夢ちゃん』や月9ドラマ『恋仲』などの有名作品に出演しています。

橘穂香(たちばなほのか)/箭内夢菜(やないゆめな)

橘穂香は、受験のためにバレエを諦めたことから現実主義者となった冷静なキャラクターです。 橘穂香を演じるのは、箭内夢菜。彼女は2017年度ミスセブンティーンに選ばれ、雑誌「Seventeen」のモデルや、2代目ポカリガールとして活動しています。 本作が初めてのドラマ出演ということで、どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

蓮実琴(はすみこと)/志田彩良

人見知りで、コミュニケーションをとるのが苦手な蓮実琴を演じるのは、志田彩良です。 志田彩良は、雑誌「ピチレモン」で専属モデルとして活躍したのちに、2014年公開の『サルビア』や2017年公開の『ひかりのたび』で主演を飾っています。

柳沢有紀(やなぎざわゆき)/八木莉可子

八木莉可子が主人公わかばの親友役を演じることになりました。役名は柳沢有紀で、絵を描くことが大好きな文化系女子だそうです。 八木莉可子は、かの有名なポカリスエットのCMキャラクターを務めたことで一躍話題となった女優です。もともとは雑誌「Seventeen」で活動するモデルでしたが、ドラマ「チアダン」を通じて女優活動の幅も広がること間違いなしでしょう。

バブリーダンスで話題!登美丘高校元キャプテン・伊原六花が出演

麻生芙美(あそうふみ)/伊原六花(いはらりっか)

2017年のダンススタジアム(日本高校ダンス部選手権)で準優勝を果たした登美丘高等学校。1985年にリリースされた荻野目洋子のシングル「ダンシング・ヒーロー」に合わせて、派手な衣装と髪型で息の合った“バブリーダンス”を披露し話題になりました。 YouTubeにアップした動画は2018年3月現在、5000万回再生に届く勢い。荻野目の楽曲もビルボード・ジャパン・チャートで2位にランクインするなど、社会現象となりました。 そんなバブリーダンスで話題になったダンス部元キャプテンの伊原六花が、土屋太鳳の後輩・麻生芙美役としてレギュラー出演します。2018年3月に高校を卒業したばかりの伊原は本作への出演が、女優デビューとなります。 ドラマ出演について、これまで自分が積み重ねてきた経験やダンスで学んだことをしっかり出していきたい、と意気込みを語りました。

オダギリジョーが顧問役を演じる

オダギリジョー
(C)2018 STUDIO PONOC

やる気のないチアダンス部の顧問・漆戸太郎役を演じるのはなんとオダギリジョー。漆戸はかつては熱心な教師でしたが、前の学校で起きたある出来事により、現在の状態に堕落してしまったという設定です。 そして、休職期間を経て福井県立福井西高等学校の校長(阿川佐和子)からの声かけにより、教師として復職。生徒達のやる気に押され顧問となりました。 普段のオダギリからは想像もつかないようなダメ教師を演じるとのことで、視聴者にとっては新鮮な作品となりそうです。

大人キャストは阿川佐和子、木下ほうからに決定

蒲生駒子/阿川佐和子

わかば達が通う福井西高等学校の校長で「ホトケの駒ちゃん」と呼ばれている蒲生駒子を演じるのは阿川佐和子に決定しました。蒲生は「ホトケ」と呼ばれているのに反して、かつては競泳オリンピック選手を指導するなどの熱血教師だったそう。 阿川は『陸王』で連続ドラマ女優デビューを果たしましたが、土屋太鳳が「『陸王』での芝居があまりにも素敵で驚いた」とコメントしており、本作でもその演技力に注目が集まりそうです。

桜沢伸介/木下ほうか

福井西高等学校の教頭で「福井西の勘定方」と呼ばれているほど、予算の削減に熱を注いでおり、校長の座をも狙っている桜沢伸介役は木下ほうかが演じます。 また、桜沢麻子(佐久間由衣)の父親という顔も持ち合わせ、男手一つで娘を育てているとのことです。

藤谷勝也/高橋和也、藤谷房子/紺野まひる

わかばの両親を演じるのは高橋和也と紺野まひるに決定。2人は苦労しながらも従業員3名で、老舗の眼鏡製作の会社を営んでいるという設定です。

漆戸今日子/松本若菜

チアダンス部の顧問・漆戸太郎(オダギリジョー)の妻・漆戸今日子を演じるのは松本若菜です。今日子はバイオ研究者であり、忙しい日々をすごしているという設定だそう。

福井西高等学校教師陣

英語教師・杉原正道役は本多力、生物教師・松井市子役は森矢カンナが演じ、また体育教師・菊池恭介役に木原勝利が選ばれました。

映画キャスト広瀬すずがドラマ版にも登場!

広瀬すず『チアダン』
(C)2017 映画「チア☆ダン」製作委員会

映画版「チアダン」の主演・広瀬すずもドラマ版に出演することに!ドラマ版は、映画版から9年後を舞台にしていますが、広瀬の役柄・友永ひかりはそのままで、現役「JETS」から9年後の姿で登場します。ひかりは、土屋演じるわかばの憧れの存在という設定だそう。 土屋と広瀬は「ガーナ」のCMなどでは共演していましたが、ドラマで共演するのはこれが初めて。映画版とドラマ版、2つの「チアダン」を繋ぐ2人の演技に注目です。

新木優子がわかばの完璧な姉役に

美人で優しく、「JETS」の元センターで全米選手権3連覇を遂げるという完璧な姉・藤谷あおいを演じるのはモデルで女優の新木優子。 あおいは一見余裕そうに見えますが陰では必死に努力をしており、実家の眼鏡工房を手伝ってはいますが、自分の夢をかけて家族内にひと騒動を起こすという役柄だそう。

注目の若手俳優陣が出演!

椿山春馬/清水尋也

わかばの幼馴染で野球部所属の椿山春馬を演じるのは清水尋也。春馬とわかばはお互いを大切に思っている一方で、なかなか恋愛に発展しない関係。そこに恋愛に積極的な汐里(石井杏奈)が絡むことでまさかの展開になっていきます。また、夏の甲子園で春馬にある試練が訪れることに......。 清水はSpotifyのCMを始め、『anone』などのドラマや『渇き。』『ちはやふる』などの話題作に数々出演。今話題の若手俳優です。

木田隆/岐洲匠

岐洲演じる木田隆は、漆戸太郎(オダギリジョー)が前任していた高校で挫折してしまったきっかけとなる生徒という役所。心に傷を抱えたキャラクターを演じます。 木田は所属していたテニス部で、太郎から情熱を持って指導されていましたが、その思いが行き過ぎた結果木田を追い込み、ある事件が起こってしまうことに。 岐洲は「第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」(2014年)出身で、その後『宇宙戦隊キュウレンジャー』で主演を演じ、本格的に俳優デビューを果たしました。

上杉昇/髙橋里恩

春馬と同じ野球部に所属する生徒・上杉昇役を髙橋里恩が演じます。 髙橋は『ギャングース』や『検察側の罪人』、『猫は抱くもの』などの2018年公開の話題映画作品に4本出演するなど、今後の活躍が期待される若手俳優です。

ドラマ「チアダン」にJETS現役メンバーが出演!

映画版にはOGが出演

ドラマ版に、モデルとなった福商チアリーダー部・JETSの現役メンバー2人が出演することになりました。出演するのは優勝経験がある成瀬亜未と幸永実姫。 主演の土屋は現役メンバーが加わることに感激の様子で、映画版にも経験者2人が出演していたことを踏まえ「映画版の魂をドラマにも繋げていきたい」とコメントしました。 映画版では元部員の2人が出演していた「チアダン」。主人公のひかりをはじめとする初代部員役の8人のうち2人に抜擢された元JETSのメンバーは、100人を超えるオーディションに参加しその役を勝ち取りました。 JETSを演じる24名のキャストのうち、演技未経験者はこの2人だけ。2人は、得意な福井弁を他のキャスト陣に教える代わりに、演技を教えてもらっていたといいます。

モデルとなったチーム・JETSの快進撃はいまも止まらない!

「チアダン」では、初代部員たちが3年で全米チアダンス選手権大会優勝を勝ち取るまでの物語が描かれています。このことはもちろん快挙ですが、それ以降のJETSの快進撃がさらにすごいのです。 初優勝を達成したのが2009年、さらに3年後の2012年からは4連覇を達成し、2017年現在までに6回の優勝を果たしています。 また、2017年3月に開催された同大会のインターナショナルチームパフォーマンス部門では、強豪ひしめく32チームと対決し優勝、同部門の5連覇という偉業を達成しました。

サンボマスターが主題歌を担当!

実は、サンボマスターの楽曲『できっこないを やらなくちゃ』はJETSが創られた頃からずっと使用していたもので、両者には深い関係が。 このようなこともあり、今回ドラマ「チアダン」ではサンボマスターが主題歌を担当する運びとなりました。 この主題歌は『輝きだして走ってく』というタイトルで、夢を追う生徒を応援する楽曲となっているそうです!

ドラマ「チアダン」は2018年7月放送開始!

映画の「チアダン」は、初優勝までの軌跡が原作となっています。それ以降のJETSの活躍を考えると、今後の更なる続編製作などへの期待も高まりますね。 2018年夏放送のドラマでは、フレッシュなキャスト陣がどんな演技で彼女たちの奇跡の物語を紡ぐのか、放送が楽しみです。