ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』あらすじ・キャストまとめ【2018年1月放送!山田涼介主演】

2017年11月24日更新

ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』が、2018年1月から日本テレビ土曜22時枠で放送されることが決まりました。Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演となる今作のキャストやあらすじをまとめて紹介します!

山田涼介主演の連続ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』が日本テレビにて放送決定!

ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』が、2018年1月から日本テレビ土曜22時枠にて放送されることが決まりました。Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務め、波瑠や小澤征悦がその兄弟役を演じるコメディドラマです。 この記事では、ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』のあらすじやキャストなど気になる情報をまとめて紹介します!

ドラマ「もみ消して冬」あらすじ

北沢家の長男(医者)、長女(弁護士)、そして末っ子となる次男(警察官)というエリート3兄弟をメインに、それぞれの知識やノウハウを駆使して、社会の常識よりも一家の幸せを優先して問題を解決していくという姿を描くホームコメディです。 優秀な兄弟がそれぞれの役割を最大限発揮することで、一家の事件を解決していきます。主人公である次男が、自身の正義感と家族愛との狭間で悩みながら成長していく姿をベースに描かれます。 今作は原作なしのオリジナルドラマとなっており、脚本は『ハチミツとクローバー』や『プロポーズ大作戦』などで知られる金子茂樹。先の展開が読めないオリジナル作品ということで、今後どのように展開していくのか楽しみな連続ドラマになりそうですね。

主演キャストは山田涼介!

北沢秀作/山田涼介

末っ子の次男(警官)で主人公である北沢秀作を、Hey! Say! JUMPの山田涼介が務めます。 秀作は、東大を卒業し警視庁に勤務しているエリート警察官で、正義感が強すぎる性格。出世意欲も強く未来の警視総監を目指しています。警察官としての職業倫理感と、家族に対して愛との葛藤で悩みながら、一家の問題解決に取り組んでいきます。 山田涼介は2006年に『探偵学園Q』でテレビドラマに初めて出演し、2010年には『左目探偵EYE』で初主演を飾りました。さらに2015年には『暗殺教室』で映画初主演を果たします。その演技が評価され第39回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しました。 公式サイトでは「久しぶりのコメディーであり視聴者の方々に楽しく笑ってもらえるドラマにしていければ」と意気込んでいるようです。

ドラマ「もみ消して冬」のヒロインキャストは波瑠

北沢知晶/波瑠

長女(弁護士)である北沢知晶を波瑠が演じます。知識が豊富で弁が立つ彼女が一家の頭脳となり、家族の様々なトラブルに対して助言する役割を担います。 NHK連続テレビ小説『あさが来た』で有名になった彼女。公式サイトでは、「北沢家の物語がどうなっていくのかまだ分かっていないので冒険するような気持ちで楽しみにしています」と語っています。

その他出演が決定しているキャスト

北沢博文/小澤征悦

長男(医師)である北沢博文を小澤征悦が演じます。若い頃から天才と呼ばれる心臓外科医で、著名人の手術を多数成功させています。部下からの信頼も厚く、早くも将来の院長候補と囁かれている存在です。 数多くのドラマや映画で様々な役を演じたことがある彼ですが、今作の役どころに対して、「家族を愛しながらも自分が大好きなちょっとズレている秀作が、博文や知晶に翻弄されていくところが面白くなりそうです」と語っています。

北沢泰蔵/中村梅雀

三兄弟の父(学園長)であり、北沢家の当主・北沢泰蔵を、中村梅雀が演じます。私立中学校北沢学園の学園長です。三兄弟を全員東大に進学させた秘訣を記した本を書き、ベストセラーとなりました。その結果、学園へも志願者が急増し、難関私立中学校の名経営者として描かれていきます。 代々続く歌舞伎役者の家系を継ぐ中村梅雀ですが、大河ドラマ『八代将軍吉宗』で徳川家康を演じて以降テレビドラマや映画にも積極的に出演しています。今作に対しては、「曲者の人物の役を頂いてワクワクしており、何が出るか分からない怖さと面白さを持って観て頂けたら最高ですね」と語っています。

ドラマ「もみ消して冬」は2018年1月から日本テレビにて放送開始!

注目のホームコメディドラマ『もみ消して冬〜我が家の問題なかったこと〜』は、2018年1月から日本テレビの土曜22時枠で放送されます。 優秀なエリート三兄弟が繰り広げるドタバタコメディでとのことで、面白おかしく楽しませてくれるドラマになりそうですね!早くも放送されるのが楽しみです。