大河ドラマ『龍馬伝』に出演していたキャスト一覧【実はキムタク主演の予定だった?】

2018年1月27日更新

福山雅治が主役を務め好評を博した大河ドラマ『龍馬伝』。実は、龍馬役をめぐり意外な人物の名前が挙がっていたのをご存知ですか?主役をめぐる裏話と出演キャストをまとめて紹介します。

大河ドラマ『龍馬伝』主要キャストをめぐる裏話と出演俳優を一挙紹介

2010年に放送されたNHK大河ドラマ『龍馬伝』。坂本龍馬ゆかりの地、長崎出身の福山雅治が主役を務め、好評のまま幕を閉じました。実は、龍馬役が福山雅治に決まるまでに様々な候補の名前が挙がっていたことをご存知でしたでしょうか? 中にはレインボーブリッジを封鎖した刑事役のあの人や、茶髪にジーパンの検事役を演じたあの人の名前も……。『龍馬伝』主役の座をめぐる裏話を、出演キャストと共に紹介したいと思います。

大河ドラマ『龍馬伝』のあらすじ

土佐藩郷士の次男坊に生まれた坂本龍馬は、剣術も学問も苦手とする気の弱い少年でした。江戸での剣術修行を終えて土佐に帰国し、親友・武市半平太率いる土佐勤皇党に参加するものの、方向性の違いから脱藩を決意することになるのです。 脱藩後は、幕臣・勝海舟に弟子入りし海軍創設のため奔走。勤皇党の惨状を耳にした龍馬は、土佐に戻り武市たちを救おうとしますが叶わず、悔し涙に暮れ、日本を「洗濯する」ことを心に誓うのです。 ついに為すべきことを見い出した龍馬は、仲間のため国のために日本中を駆け巡ります。坂本龍馬激動の33年を、土佐が生んだ幕末屈指の経済人・岩崎弥次郎の視点から描きます。

主要キャストをめぐる裏話【キムタク主演の可能性もあった?】

2010年の大河ドラマ『龍馬伝』の主演をめぐるレースは、2008年春頃にスタートしました。まず最初に名乗りを上げたのが、キムタクこと木村拓哉、続いて織田裕二の名前が浮上します。両者共に引けを取らぬビッグスター、そろそろ大河ドラマの主役を務め、箔をつけたいところですが……。 勝負は意外な形で結します。スケジュール調整が難しいキムタクと、スタッフに対する要求が厳しい織田裕二の両者に、NHK側が難色を示してきたのです。ここにきて急浮上したのが福山雅治の名前です。 キムタクの後押しもあって大河ドラマの脚本担当という大役に抜擢された福田靖ですが、代表作といえばキムタク主演の法廷ドラマ『HERO』、そして福山雅治主演の『ガリレオ』。キムタクがダメなら福山雅治もアリ?とNHKが興味を示してきたのです。福山雅治主演で大成功を収めた『龍馬伝』ですが、キムタクの可能性もあったのかもしれませんね。 それでは大河ドラマ『龍馬伝』に出演していたキャストを紹介していきます!

坂本龍馬/福山雅治

土佐藩郷士・坂本八平の次男坊に生まれ、のちに薩長同盟や大政奉還を実現させるという偉業を成し遂げた坂本龍馬。龍馬役を演じた福山雅治は、長崎県長崎市出身、1969年2月6日生まれの俳優です。 19歳の時、映画『ほんの5g』のヒロイン・富田靖子の相手役に選ばれスクリーンデビュー。代表作に本作の脚本家・福田靖が手掛けた「ガリレオ」シリーズや、2013年公開の映画『そして父になる』があります。 2017年には、ジョン・ウー監督作『マンハント』に中国人俳優チャン・ハンユーとW主演し、海外デビューしています。

坂本八平/児玉清

龍馬の父で坂本家の三代目当主。年をとってから生まれた龍馬のことを格別に可愛がっています。八平を演じた児玉清は、1958年、東宝主催の新人発掘オーディション「東宝ニューフェイス」に合格したのをきっかけに芸能界入り。 2002年のドラマ『HERO』の鍋島役、2008年『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』の田所役と理解ある上司役を立て続けに演じ、若い層からも人気を得るようになりました。クイズ番組「パネルクイズ アタック25」の司会者としても広く知られています。2011年5月16日に胃癌のため77歳で死去しています。

坂本伊與/松原智恵子

八平の後妻で龍馬の継母。龍馬を実の息子のように可愛がり行末を案じています。伊與役を演じた松原智恵子は、岐阜県出身、1945年1月6日生まれの女優です。 高校生の時、日活主催の「ミス16歳コンテスト」に入賞したのをきっかけに芸能界デビュー。清純派のスターとして絶大な人気を誇りました。プライベートでは、27歳の時にジャーナリストの男性と結婚、一男をもうけています。 2016年公開の主演映画『ゆずの葉ゆれて』は、ソチ国際映画祭、アジア国際映画祭に出品され、ソチ国際映画祭の日本文化思想の啓蒙貢献作品賞と主演女優賞を受賞しています。

坂本権平/杉本哲太

龍馬の長兄で坂本家の4代目当主。権平役を演じた杉本哲太は、神奈川県茅ケ崎市出身、1965年7月21日生まれの俳優です。 16歳の時に横浜銀蝿ファミリーのロックバンド、紅麗威甦(グリース)のボーカル兼サイドギターとして芸能界デビュー。トレードマークのリーゼントで人気を博しました。1984年公開の映画『白蛇抄』では、思春期の少年・昌夫役を好演し、日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。 2018年1月スタートのドラマ『FINAL CUT』に、番組を盛り上げるためなら事実をも捻じ曲げる腹黒プロデューサー・井出正弥役で出演しています。

坂本千野/島崎和歌子

権平の妻で龍馬の義姉。千野役を演じた島崎和歌子は、高知県南国市出身、1973年3月2日生まれの女優です。 14歳の時に応募した「ロッテ CMアイドルはキミだ!」で準優勝したのを機に芸能界入り。15歳の時、『よわっちゃうんだ!』でアイドル歌手デビュー、ドラマ『こまらせないで!』で女優デビューしています。 「アイドル冬の時代」と言われた90年前後に、アイドルからバラエティーへと活動の場をシフト。1991年から『オールスター感謝祭』のMCを担当し、事実上の進行役を担っています。

坂本乙女/寺島しのぶ

龍馬の姉。幼少期から親代わりとなり、時に厳しく時に優しく龍馬を支えてくれます。乙女役を演じた寺島しのぶは、東京都出身、1972年12月28日生まれの女優です。 父が歌舞伎役者の7代目尾上菊五郎、母が女優の富司純子という芸能一家に生まれ、高校生の時に女優デビュー。大学在学中は舞台、ドラマを中心に活躍しました。2010年の主演映画『キャタピラー』では、ベルリン映画祭の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞。 日本人として35年ぶりの快挙となりました。プライベートでは、2007年にフランス人のアートディレクターの男性と結婚、2012年に男児を出産しています。

坂本乙女(少女時代)/土屋太鳳

乙女の少女時代を演じた土屋太鳳は、東京都出身、1995年2月3日生まれの女優です。小学5年生の時、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo!JAPANが合同で開催したスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスで審査員特別賞を受賞し、芸能活動スタートさせました。 2017年の年末に公開された佐藤健とのW主演映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』は、年が明けても盛況で観客動員数200万人を超える勢いとなっています。2018年には、菅田将暉とのW主演映画『となりの怪物くん』が公開予定です。

お龍/真木よう子

龍馬の妻。龍馬が危険に晒される度に命懸けで救ってくれます。お龍を演じた真木よう子は、千葉県印西市出身、1982年10月15日生まれの女優です。中学卒業後、仲代達也が主宰する俳優養成所「無名塾」に入塾。 2年目には重要な役どころに抜擢されるものの、仲代と仲違いして退塾してしまいます。2005年公開の初主演作『ベロニカは死ぬことにした』では、ヌードも辞さない体当たりの演技を披露。 2014年に開催された日本アカデミー賞で、最優秀女優賞(『さよなら渓谷』)と最優秀助演女優賞(『そして父になる』)のダブル受賞しています。

岩崎弥太郎/香川照之

龍馬の幼なじみ。自信家かつ毒舌家で、龍馬に対して強いライバル意識をもっています。岩崎弥太郎を演じた香川照之は、東京都出身、1965年12月7日生まれの俳優です。 1989年、NHK大河ドラマ『春日局』の小早川秀秋役で俳優デビュー。他にやりたいこともなかったため、「親の七光り」(母は女優の浜木綿子)を利用して俳優になったといいます。 2002年の大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語~』の豊臣秀吉役でブレイク。2018年1月スタートのドラマ『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』では、SEASONⅠに続き佐田役で出演しています。