2018年2月21日更新

訃報・大杉漣【国民的名優が急逝、バイプレイヤーズからのコメントも】

俳優・大杉漣が、2018年2月21日に、急性心不全のために逝去されました。

突然の訃報……大杉漣さんの早すぎる死

俳優・大杉漣さんが、2018年2月21日に、急性心不全のため逝去されました。本名・大杉孝、66歳でした。 突然の訃報に、業界にも衝撃が走っています。

ただただ悲しい……「バイプレヤーズ」新作も放送中

大杉漣は、1951年9月27日生まれ、徳島県出身。太田省吾主宰の『転形劇場』で舞台俳優として活躍した後、78年に『緊縛いけにえ』で映画デビューします。 以降、映画『ソナチネ』をはじめとする北野武監督の作品の常連になったほか、映画・ドラマをはじめとする様々な作品で活躍。「名バイプレイヤー」として業界の内外を問わず、広く愛される国民的名優でした。 また、2018年2月現在放送中のドラマ、『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』にも出演しており、亡くなる直前まで、同ドラマのPRで積極的にメディアにも出演されていました。

「バイプレイヤーズ」共演者たちの追悼コメントも

また、今回の急逝にあたり、「バイプレイヤーズ」の共演者たち(遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研)からも連名での追悼コメントを発表。 メンバーは、「メンバーもまだ現実を受け入れらない」とした上で、大杉は同作品のバイプレイヤーズのリーダーであり精神的支柱、そして「永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います」とコメントを結んでいます。 共演者からも愛された名優の急逝にショックを隠せませんが、今はただただ、お悔やみ申し上げます。