原作漫画『響』を徹底解説&映画キャスト予想!結果はいかに?

2018年3月27日更新

柳本光晴の大人気コミック『響〜小説家になる方法〜』が、このたび『響-HIBIKI-』として実写映画化されることが決定。今回は気になる原作コミックについてご紹介します。

実写映画化が決定!『響 〜小説家になる方法〜』の魅力とは

『響〜小説家になる方法〜』は、2017年に「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した大人気コミック。本作が2018年秋、『響-HIBIKI-』のタイトルで実写映画化されることが決定しました。 2014年から現在(2018年3月)まで小学館の「ビッグコミックスペリオール」にて絶賛連載中の本作品。本記事では、そんな気になる原作コミックの魅力をご紹介します。

「マンガ大賞2017」大賞を受賞した原作コミック

2018年3月現在、8巻まで単行本が発売されている『響〜小説家になる方法〜』。小説家になることを夢見る、ちょっとかわった性格をもつ15歳の女子高生が主人公です。 原作は不況に苦しむ文学誌「木蓮」の編集部が舞台。新人賞の応募規定に沿わなかったためゴミ箱に捨てられた手書きの作品に、ある編集者が目を留めるところから物語が始まります。

あの尾田栄一郎がオススメする作品!

世界的に大人気マンガ『ONE PIECE』の作者として知られる、尾田栄一郎。そんな彼が今回映画化されるコミック『響〜小説家になる方法〜』を絶賛しています。 世界の尾田先生が、新しい主人公の形だとコメントしている本作品。まだ読んでいない方は、ぜひ読んでみてください!きっと後悔しないでしょう。

原作者、柳本光晴とは?

『響-HIBIKI-』として実写化される、原作のコミック著者は柳本光晴。以前の作品には『きっと可愛い女の子だから』や『女の子が死ぬ話』などを発表しています。 マンガ大賞2017の授賞式では、受賞の連絡を聞いた当時、「マンガは絵じゃないってことが証明されましたね!」とアシスタントのひとりがコメントしたことを振り返り、取材陣を笑わせていました。

小説家をテーマに選んだ理由が気になる!

作品のテーマについて考えた際、メジャーなスポーツがテーマだと書くために相当な勉強が必要ですし、しかも好みのネタじゃなければ連載は難しいと考えた作者の柳本光晴。 そしてマンガで「まだ取り扱われていないテーマ」を考えたときに、絵に起こすのが難しいとされる小説文芸のジャンルをひらめいたそう。キャラクターさえ活かせれば成立するかも、と『響~小説家になる方法~』執筆当時の構想を語っています。

主人公は圧倒的な文才を持つ15歳の響(ひびき)

原作『響 〜小説家になる方法〜』の主人公は、たった15歳にして周りとは比べものにならないほどの文才と、独特の感性を持つ女子高生・鮎喰響(あくいひびき)です。 黒髪のショートヘアに眼鏡で一見おとなしく見える彼女ですが、実際は冗談が通じなかったり、自分の考えを曲げられない"ちょっと変わった"性格の持ち主。身長154センチメートル、体重42キロととても小柄な一方で喧嘩っ早いところもあります。 クラスメイトや編集部のメンバーたちは、天才的な才能を持つ響を理解しようと努力しますが、常識はずれな彼女の行動にいつも振り回されています。

原作コミック『響〜小説家になる方法〜』あらすじ

不況に悩む文芸誌「木蓮(もくれん)」編集部の、新人賞宛に送りつけられたある手書きの原稿用紙。入社3年目・若手編集部員の花井ふみが、応募条件を満たさずゴミ箱に捨てられていたその封筒を偶然見つけます。 封を開けると、これまで出会ったことのない革新的な内容の小説で衝撃を受ける花井。鮎喰響(あゆくいひびき)と作者の名前が書いてありますが、それ以外のプロフィールは一切記載が見当たらず……。

『響-HIBIKI-』勝手にキャスト予想

主人公の響をはじめとして個性的なキャラクターが登場する原作『響〜小説家になる方法〜』。 実写映画版は主演キャストすらまだ発表となっていませんが、キャラクターたちのキャストを勝手に予想してみました!

主人公・響(ひびき)役はあの美少女?

黒髪ショートヘア・眼鏡の美少女(?)である響役には、『君の膵臓をたべたい』(2017年)のヒロインをつとめた浜辺美波なんてぴったりではないでしょうか? 彼女は2000年生まれのため、原作コミックの響の年齢15歳にも近いですし高校生役がぴったり合いそう!それに『響-HIBIKI-』の監督は、「キミスイ」の監督をつとめた月川翔なので制作陣とも相性が良さそうです。 あくまで勝手な予想ですので、公式発表を心待ちにしましょう!

金髪で小麦肌の部長・凛夏(りか)役は?

響たちが所属する文芸文芸部の部長で、響にとっての親友。原作コミックではフィンランド人の母を持つハーフという設定です。 そんな凛夏役には最近ドラマや映画と引っ張りだこのハーフ女優、玉城ティナなんてどうでしょうか。原作の"小麦色の肌"を実写化するのかどうかが注目です。

響ひとすじ!超イケメンの涼太郎役は?

運動神経が良く頭脳も冴えるためクラスの女子たちの人気を集める涼太郎に、『春待つ僕ら』の公開を控える北村匠海を予想。涼太郎はみんなの憧れ的な存在にも関わらず、異常なほど響ひとすじ。 自分の部屋に響の写真をたくさん貼り、就寝前には必ず写真に口付けをするというクレイジーな一面も持ちあわせる彼。超イケメンなキャラクターの配役が気になりますね!

映画『響-HIBIKI-』は2018年秋に公開予定!

監督は『君の膵臓をたべたい』の月川翔、脚本はアニメ「TIGER&BUNNY」シリーズや『信長協奏曲』の西田征史が決定しています。 今回勝手にキャストの予想をしましたが、正式なキャストや主題歌などの情報解禁の日が待ち遠しいですね。また最新コミック第9巻は 2018年4月27日発売予定ですので、こちらも映画公開までに要チェックです!

キャストが正式決定!主演は平手友梨奈!詳しい情報はこちらをチェック