2018年3月27日更新

【NINJA!】本当に面白い忍者映画ランキングベスト10!【ドラマ『くノ一忍法帖 蛍火』も放送開始】

BATMAN and all related characters and elements © & ™ DC Comics. © 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.

日本のみならず海外でも多数製作されている忍者映画。あまたある作品の中から本当に面白い作品を10作品選りすぐり、ランキング形式でご紹介します!

おすすめの忍者映画をランキング形式でご紹介!

忍者発祥の地である日本はもちろんですが、海外、とりわけ米国での忍者人気には驚くものがあります。それを証明するように、これまで邦画・洋画を問わず、たくさんの忍者映画が製作されてきました。 一部でしばしば「忍者映画に傑作なし」などという声も聞かれますが、はたしてそうでしょうか?確かに、名だたる映画祭で作品賞を受賞するものではないかもしれませんが、一度観たらハマってしまう独特の面白さにあふれていることに気づくでしょう! 脇役として登場するものまで含めると大変な作品数にのぼります。ここではそんな中から忍者が主役として描かれているものにしぼり、おすすめしたい本当に面白い忍者映画を10作品ランキング形式でご紹介します。

10位:山田風太郎の人気小説を最先端VFXにより映像化!【2005年】

山田風太郎の「忍法帖」シリーズ第1作として人気の高い「甲賀忍法帖」を原作に、仲間由紀恵とオダギリジョーを主演に迎え実写化したアクション時代劇です。それぞれに宿命を抱えた伊賀流と甲賀流の忍者たちの闘いを軸に、許されぬ愛の物語が展開します。 江戸時代、敵対する伊賀と甲賀の忍者たちが暮らす2つの里。ある日、両家の後継者である弦之介と朧が、それと知らずに出会い恋に落ちてしまいます。しかし、運命の流れで2人は否応なく戦わざるを得ない状況に至るのでした。 糸や虫を繰り出す武器や変身など、忍者たちが操る様々な術や派手なアクションが最先端VFXを駆使して映像化され、迫力あるシーンを生み出しています。監督は、人気アーティストのミュージックビデオ等でも活躍する下山天です。

9位:ケイン・コスギが主演したハリウッド版忍者アクション【2015年】

世界的アクション・スターとして知られるショー・コスギの息子ケイン・コスギが『エクスペンダブルズ2』のスコット・アドキンスとともにW主演した忍者アクションです。 甲賀流忍者の道場で修行を極めたケイシーは、師匠の娘・波子と結婚するも、何者かに妻を殺害されてしまいます。兄弟子の中原とともに、タイのバンコクで妻の死に関わる麻薬密売組織に闘いを挑むのでした。 やはりスコット・アドキンスが主演した2009年公開の映画『NINJA』の続編に当たります。ケイン・コスギは8歳のときに父の主演映画『ニンジャII/修羅ノ章』でデビューを果たしており、鍛え上げられた肉体とアクションシーンにおける確かな存在感はさすが父親譲りです。

8位:家族で楽しめる、人気アニメ原作の異色忍者映画【2011年】

尼子騒兵衛のギャグコミックを原作に、1993年からNHKでテレビアニメ化され国民的人気を博している『忍たま乱太郎』の実写映画版です。メガホンをとったのは三池崇史監督で、主演は人気子役の加藤清史郎が務めました。 三流の忍者の家に生まれた猪名寺乱太郎がエリート目指して忍術学校に入学したものの、いつもながらドジばかり。そんなとき、友達の斉藤タカ丸の家に暗殺者が出現し、乱太郎ら仲間たちはタカ丸を救うために立ち上がります。 乱太郎はもちろん、しんべヱやきり丸など個性あふれるキャラクターは実写版でも健在です。2013年には第2弾となる『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』が公開され、加藤清史郎が引き続き主演しました。

7位:伝説の忍者コミックを宮藤官九郎脚本で実写映画化!【2009年】

アニメ化・ラジオドラマ化もされて熱狂的ファンを生んだ白土三平の伝説的忍者コミック、満を持しての実写映画版です。メガホンをとったのは崔洋一、脚本をヒットメーカーの宮藤官九郎が手掛けたのも話題になりました。 17世紀の日本を舞台に、忍びの掟を破って追われる身となった剣の使い手カムイが辿り着いた島で出会ったのは、漁師の妻として身をひそめる同じ忍者のスガルでした。 孤独に生きる不屈のカムイを松山ケンイチ、ヒロインとなるスガルを怪我で降板した菊地凛子に代わって小雪が演じました。本作での共演がきっかけとなり、2人は実生活でも結婚に至りました。

6位:同時テレビドラマ化も話題をよんだ人気アクション時代劇【1980年】

「必殺」シリーズなど、光と影の大胆な演出により「映像の刺客」とも称された工藤栄一がメガホンをとり、斬新な映像表現で忍者を描いたアクション時代劇です。徳川幕府三代将軍の家光が急死したことにより混迷を極める後継者争いの裏で、伊賀と甲賀の二大勢力が、それぞれの思惑から激しい闘いを繰り広げます。 上下に分裂した伊賀の服部家において、「下」の服部半蔵を渡瀬恒彦、「上」の服部半蔵を西郷輝彦が演じました。対する甲賀四郎兵衛には緒形拳が扮しています。 同年には千葉真一主演でテレビドラマ版の放送も始まり、5作を数える大ヒットシリーズとなりました。当初は千葉が映画版の主演もする予定でしたが、監督との意見の相違から降板したというエピソードはよく知られています。

5位:「嵐」の大野智が伊賀随一の忍者役で主演!【2017年】

時代劇映画初主演となった「嵐」の大野智を主人公に迎え、「のぼうの城」で知られる和田竜の同名小説を実写映画化したアクション大作です。1578年から数年に渡り、織田信長率いる軍と伊賀の忍者たちの間で繰り広げられた天正伊賀の乱が題材になっています。 天下統一に向けて勢力を拡大していた織田信長ですら恐れた伊賀。伊賀随一の戦闘能力を持ちながら怠け者の無門が妻とのんびり暮していましたが、ある日ついに大規模な軍勢を誇る織田軍が伊賀に攻め入ってきます。 大軍に対する忍者たちの秘策や独自の戦いぶりが見どころです。個性あふれる無門を大野智、妻のお国を石原さとみが演じるほか、鈴木亮平や伊勢谷友介ら多彩な脇役陣にも注目です。

4位:マイケル・ベイが手掛けた30周年記念のリブート超大作【2014年】

カメの忍者ヒーローたちの活躍を描き、1984年に発行されるや絶大なる人気を博したアメコミ『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』。テレビアニメ化に続き、実写映画化されたシリーズのうち、生誕30周年記念の作品が2014年公開の本作です。 90年代の映画3部作から飛躍的にスケールアップし、監督には「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイが抜擢されました。ネズミの師匠による訓練で成長したレオナルドらが巨悪なフット団との闘いに挑みます。 ミーガン・フォックスやウィル・アーネットらが共演し、またマイケル・ベイらしい圧倒的な迫力ある戦闘シーンが見ものです。2016年には本作の続編も公開されています。

3位:国際色豊かな豪華スターが共演したスタイリッシュな本格アクション【2010年】

「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟やジョエル・シルヴァーらスタッフ陣が結集し、歌手としても活躍する韓流スターのRain(ピ)をハリウッド映画初主演に迎えたアクション大作です。 秘密暗殺集団の忍者一族で育った雷蔵は、仲間を殺されたことから組織への復讐を誓います。欧州警察ユーロポールの女性捜査官ミカと協力して、組織と壮絶な闘いを繰り広げる姿を描きました。 ヒロインとなる科学捜査官のミカを『ムーンライト』のナオミ・ハリス、孤児だった雷蔵を凄腕殺し屋へと育て上げた師匠をショー・コスギが演じるなど、国際色豊かな豪華スターが共演しました。

2位:全米で空前の忍者ブームを巻き起こした記念すべき作品【1986年】

全米で1981年に公開されるや空前の忍者ブームを巻きおこしたばかりか、出演したショー・コスギを世界的アクション・スターに押し上げた記念碑的作品です。大ヒットを記録してその後人気シリーズ化しました。 日本で忍者の修行を積んだアメリカ人のコール。戦友でもある親友を助けるため、悪徳大富豪が日本から招いた悪の忍者ハセガワと熾烈な闘いを繰り広げます。 主人公のコールには国際的スターのフランコ・ネロ、オーディションで抜擢されたショー・コスギがハセガワを演じ、鮮烈な本格的デビューを果たしました。全米を虜にしたキレのあるアクションは必見です。

1位:海外にも熱狂的ファン!市川雷蔵主演の古典的忍者映画【1962年】

村山知義の同名小説を原作に、山本薩夫監督、市川雷蔵主演のコンビで映画化した知る人ぞ知る忍者映画の名作が『忍びの者』です。雷蔵人気もあって大ヒットを記録し、その後8作に渡ってシリーズ化されました。 戦国時代、勢力拡大の野望に燃える織田信長。敵対する宗門の頭領・百地三太夫は、忍びの者に信長暗殺の命を下すのでした。市川雷蔵演じる主人公は石川五右衛門であり、本作では忍者だったという設定です。 リアリズムにもとづいた描写と大胆なカメラワークは高く評価されており、また派手なハリウッド忍者ものとは根本的に異なる点で、海外にも本作の熱狂的なファンが多くいます。

海外の忍者映画あるある?!

80年代には米国で爆発的な忍者ブームが巻き起こり、たくさんの忍者映画が製作されました。それらで描かれる忍者の姿は、日本人から見るとちょっと首をかしげたくなる点も少なくありません。 たとえば、忍者なのにかなり無国籍風であること。そこまでいかなくても日本的というよりやたら中国風だったりします。 また正体を隠す隠密の身でありながら、堂々と昼間、真っ向から対戦するパターンも頻繁に見受けられます。なかには忍術というより超能力を駆使したり、戦闘能力が人知を超えていたり……。 日本の忍者ではありますが、独自の進化を遂げたファンタジーとして楽しむことが大切です!

忍者映画ファンがこぞって訪れる観光スポットが!

忍者映画をみて忍者好きになった海外の観光客がこぞって訪れる観光スポットが、実はあちらこちらに存在しています。 三重県にある「伊賀流忍者博物館」、滋賀県にある「甲賀の里忍術村」など有名どころはもちろんのこと、数々の小規模な忍者体験施設、さらには新宿区にある服部半蔵の墓に訪れる外国人観光客もいるのだとか。 「NINJA AKASAKA」なる忍者をテーマにしたレストランは、連日のように外国人客で盛り上がっているようです。 燈台下暗し、一度、日本人の私たちもそんな場所を訪ねてみてはいかがでしょうか?

意外?あのイケメン俳優たちもニンジャに!

斎藤工主演/『虎影』

少し意外かもしれませんが、人気イケメン俳優が忍者を演じている作品もあります。その代表的な一本は、斎藤工主演の『虎影』。『蠱毒 ミートボールマシン』などで熱狂的なファンを獲得している西村喜廣監督がメガホンをとった本作、邦画ファンなら必見です!

ディーン・フジオカ主演/『NINJA THE MONSTER』

もう一つのイケメン俳優主演の忍者映画は、あのディーン・フジオカ主演をつとめ、森川葵と共演した『NINJA THE MONSTER』。『太秦ライムライト』の落合賢監督、『超高速!参勤交代』の土橋章宏が脚本という、優秀なスタッフが集結している点でも、注目の一作です。

レゴだってニンジャに!

一部で圧倒的な指示を得ている「レゴ」が題材のアニメ映画。そんな「レゴ・ムービー」シリーズの中にも、忍者を題材にした作品が!大人も楽しめると評判の同シリーズ、子供向けて思ってみていると、意外と度肝を抜かれるかもしれませんよ?

あの世界的人気ヒーローもニンジャに!!

意外なところでは、あのバットマンが忍者になる作品もあります!日米合作で作られる本作は、一見するとジョークのようにも取られそうですが、日本に先駆けて公開された海外メディアでは絶賛レビューが多数寄せられているとか!2018年6月公開の、注目の忍者映画です。

なぜか惹かれてしまう忍者映画の秘密!四月からはベッキー主演、ドラマ『くノ一忍法帖 蛍火』も放送開始!

無国籍風な海外の忍者映画に対し、一方の邦画はバリエーション豊かに進化している点が特徴だと言えるかもしれません。 王道の時代劇はもちろん、『忍たま乱太郎』や『忍者ハットリくん』などアニメ系、『忍者戦隊カクレンジャー』や『科学忍者隊ガッチャマン』など特撮ヒーローものまで、子供から大人まで楽しめる幅の広さはさすが発祥の地だと言えるでしょう。 さらに、2018年4月3日20時からは、BSジャパンでベッキー主演のドラマ『くノ一忍法帖 蛍火』もスタートします。 なぜそこまで私たちは忍者に惹かれるのでしょうか? 秘密めいた行動、正体をあかさない神秘性、心躍る忍術の数々、そして何より今は存在しないこと……そこには童心に帰ったような夢やファンタジーがあふれており、私たちを捕らえて離さないのかもしれません。