2018年7月17日更新

あれもこれもネトフリオリジナル? おすすめバラエティ番組6選!

「テラスハウス」(プレス)
(C)フジテレビ / イースト・エンタテインメント

毎年数百本のオリジナル作品を世界190カ国に配信し続けているオンデマンド配信サービスのNetflix。本記事ではNetflixオリジナルの中からおすすめのバラエティ番組を紹介します。

Netflixはドラマと映画だけじゃない!

Netflix

『ハウス・オブ・カード』のヒットを皮切りに、『ストレンジャー・シングス』や『13の理由』など話題作を送り続けるNetflix。もはや一大コンテンツメーカーとなったNetflixが、映画やドラマだけでなく、バラエティ番組の製作にも携わっていることを皆さんご存知でしょうか? ドラマや映画とは異なり、既存のテレビ局と共同で製作した作品が多いものの、やはり地上波の枠にとらわれない番組作りが特徴的なNetflixオリジナルバラエティ。本記事では数ある作品の中からおすすめの番組をご紹介します。

「テラスハウス」シリーズ

2014年に惜しまれながら放送を終了した恋愛リアリティ番組の新シリーズが、2015年のNetflix日本上陸開始当初から配信されています。共同生活を送る男女6人を見守るのは、YOUや山里亮太など、テレビ放映からのおなじみの面々です。 東京を舞台にした「BOYS & GIRLS IN THE CITY」に始まり、ハワイを舞台にした「ALOHA STATE」、軽井沢を舞台にした「OPENING NEW DOORS」へと場所やメンバーを変えながら愛され続ける「テラスハウス」シリーズ。 海外の視聴者をも虜にする恋愛模様は、スタジオで見守る芸能人たちの副音声と一緒に楽しむこともできます。

REA(L)OVE

ロンドンブーツ1号2号の田村淳がアシスタントの矢口真里とともお送りする「リアラブ」は、沖縄2泊3日旅行を通じて、恋愛下手な18人の参加者たちの恋愛をサポートする番組です。 しかし、この番組が『テラスハウス』と決定的に異なるのは、全員が偽名で参加していること、そして全員が借金や依存症、苦い離婚歴といった何かしらの「傷」を負っている訳ありな人々ということです。 自分の傷については旅のどこかで告白しなければなりません。その傷を知ってもなおカップル成立に至るのか、その点に注目してください。

「クィア・アイ」シリーズ

New year, new queer. Brand new episodes of Queer Eye with a fresh Fab Five are coming to Netflix February 2018!

Queer Eyeさん(@queereye)がシェアした投稿 -

2003年から2007年にかけて放映されていた大ヒット番組がNetflixオリジナルとして帰ってきました。旧シリーズから「ファブ5」のメンバーを総入替えしているものの、ゲイ5人組が悩める人々をあらゆる方向から助けるという番組のコンセプトは変わっていません。 若者からおじいさんなどのストレート男性に限らず、ゲイやトランスジェンダーなど、どんな人でもステキに変身させるファブ5。また、彼らがより良い人生を送るための数々のアドバイスは、各回のターゲットに限らずどんな人にも参考になるものばかりです。

キャロルの小さなアドバイス

『キャロルの小さなアドバイス』は、60年代から活躍し続ける米大物コメディエンヌのキャロル・バーネットがホストを務めるお悩み相談番組。ちょっとした相談事を持ち込むゲストたちは、一般視聴者から海外ドラマファンにはおなじみのスターまで多彩な顔ぶれが揃っています。 そんな多彩な悩める大人たちにアドバイスをするのは5人の子どもたち。率直な意見をしたかと思えば、突飛な意見や本末転倒な意見をゲストにぶつけて笑いを誘うこともあります。大人になるにつれてあれやこれやと複雑に考えてしまう事態を幼い子どもたちが素直に、かつキュートに答えてくれる様子は必見です。

ビッグ・ファミリー・クッキング

NetflixがBBCとのタッグでお届けするのは、家族で参加する料理対決番組。事前に行われた予選を勝ち抜いた料理上手な16組の家族が、自慢の家庭料理で有名シェフたちの舌を唸らせます。 移民の多いイギリスらしく、様々なバックグラウンドを持った家族たちが作るのは、伝統的なイギリスの家庭料理からアジアや中東の料理までの多種多様な料理。見ているだけでもよだれが出てきそうな料理が次から次へとテーブルに並ぶ様は圧巻です。 また、家族といっても親子だけではなく、兄弟や姉妹、娘のボーイフレンドに兄嫁など様々なメンバーで構成される各ファミリーのやり取りも見ていて楽しめます

クッキング・ハイ

Twitterで密かに話題を呼んでいる『クッキング・ハイ』の見所は、なんといっても食材に「大麻」が使われているところです。もちろん材料となる大麻は地域で合法とされている品種しか使われていませんが、大麻で料理をしている姿に多くの日本人は驚かずにはいられないでしょう。 審査員がハイになる時間を用意したり、出演者が大麻にまつわるエピソードを語ったりするなど、料理番組としては異色な点が目立つものの、対決をするシェフたちの表情はいたって真面目。 もちろん日本ではレシピを再現することはできませんが、大麻という知られざる世界と出会うことができます。

Netflixを思う存分、楽しもう!

上に挙げた作品の他にも、料理対決番組『ズンボのジャストデザート』や、SASUKEを彷彿とさせる『アルティメット・ビーストマスター』、韓国のコント番組『犯人はお前だ!』、歴史を振り返りながら素人にスパイ訓練を行う『チャーチルの秘密エージェント』など、盛りだくさんのNetflixのオリジナル作品。 また、1999年から2009年に放映された人気恋愛リアリティ番組『あいのり』の新シリーズ『あいのり:Asian Journey』の続編もNetfixオリジナルとして好評配信中です。 ドラマや映画の間に楽しむのもよし、バラエティ番組中心に楽しむのもよしなNetflixオリジナルのバラエティ作品。気軽に楽しんでみてください。