2018年8月24日更新

【映画『検察側の罪人』感想・評価】きっともう1回観たくなる。【ネタバレ注意】

(C)2018 TOHO/JStorm

雫井脩介の小説を原作として2018年8月24日に公開された映画『検察側の罪人』。木村拓哉と二宮和也という大スターがW主演を務め、公開前から注目を浴びていました。そして公開後、「正義」をテーマとして俳優たちの好演・怪演が光った本作の様々な感想をまとめてみました。

【ネタバレ注意】映画『検察側の罪人』の感想・評価まとめ

豪華キャストで公開前から大注目されていた映画『検察側の罪人』。木村拓哉と二宮和也演じる2人の検察官のそれぞれの「正義」がぶつかる本作には様々な感想が寄せられました。 注目度MAXの本作に対して「実際面白いのか?」「難しそう」などなど思うところや気になる点はたくさんあるはず。そこで今回は実際に作品を視聴したユーザーの感想をいろいろな角度からまとめました。 ネタバレも交えているので注意してください。

あらすじ、詳しいキャスト情報や原作はこちら

木村拓哉、二宮和也をはじめ様々なキャストの演技に賞賛!

本作では主演の2人の圧巻の演技に加え、脇を固めるキャストへの賞賛の声も多数上がっていました。木村演じる最上の圧倒的存在感はもちろん、今まで静かだった沖野(二宮)が松倉(酒向)を突然罵倒する勢いで問い詰めるシーンでは思わず息が止まるほど。 また、ブローカー・諏訪部役の松重豊と被疑者・松倉役の酒向芳は本作においてかなり存在感を発揮していたのではないかと思います。松重はドラマ『孤独のグルメ』で美味しそうにご飯を食べていた井之頭五郎とは全く別人にしか見えず、酒向も良い意味で引いてしまうほど見事な怪演っぷりを披露していました。

「1回で消化するのが難しい」という意見も。ストーリー展開への感想は?

原作が上下巻に分かれており、さらに扱う内容も政治や法が絡んだ小説とだけあって、予備知識がないとストーリーについていくのが少し大変かもしれません。 また、台詞が少し早口であったり、後半からラストにかけて前半の伏線が一気に詰め込まれた感は否めませんでした。しかし、ここで「難しかったからもう観たくない」という意見よりは「難しかったからまた観に行かなきゃ」という意見の方が多く、作品への満足感は高かったように感じます。

最上と沖野のそれぞれの「正義」を理解できた?

本作でメインに置かれているのは最上と沖野、2人の検察官が追い求める「正義」について。それぞれの正義について視聴者は深く考えさせられます。作品を最上と沖野どちらの立場で観るかによってこの意見は大きく変わるよう。 さらに、2人の正義を理解しようとすると最終的に出てくるのが「正義ってなんだろう」という疑問なのではないでしょうか。また違う立場から観るためや、この答えを見つけるためというのも、「もう1回観たい」という感想が出る要因となっていそうです。

【結末ネタバレ】ラストの終わり方に衝撃を受けた人も

松倉は時効になった少女殺害事件の犯人であり、殺された少女は最上が妹のように可愛がっていた存在でした。 そして起きた老父婦殺害事件で無罪の松倉を犯人にし死刑にするため、真犯人である弓岡を殺してしまった最上。しかし、沖野には最上のやり方が理解できず、辞表を出し最上に真っ向立ち向かうことに。 結果的に松倉は釈放されましたが、最上と沖野は対立したまま。その後沖野は最上の祖父の別荘に呼ばれ、最上の親友が暴こうとした政治の不正を一緒に引き継ごうと誘います。 しかし、最上の正義が理解できなかった沖野はその誘いを断り、別荘を後に。 原作では最上は逮捕されますが、映画では別荘の外で叫ぶ沖野を上から見つめ、幕は閉じます。このラストについては賛否両論様々な感想が寄せられました。

映画『検察側の罪人』をきっともう1回観たくなる。

様々な感想が見られましたが、圧倒的に多かったのは「もう1回観たい」という意見。ストーリーの複雑さや展開、正義とは何か、など観たい理由は人によって色々ですが、もう一度劇場に足を運びたくなる作品であることは間違いなさそうです。 息をつく暇もないほどのキャスト陣の圧巻の演技と怒涛の展開にあなたも引き込まれるはず。そしてきっともう1回観たくなるはずです。