2020年3月5日更新

ギターが神ってるアニメおすすめ5選!緻密なディテール、演奏シーンに心躍る

ギターアニメ サムネイル

音楽を扱ったアニメのなかでも、ギターシーンが格好いい作品を紹介します。ガールズバンドやロックバンド、アコースティックギターでの弾き語りなど音楽ジャンルを問わず厳選。各作品の演奏シーンの見どころとともに解説します。

目次

ギターに心奪われるおすすめアニメ紹介!作り手のこだわりつまった演奏シーンに注目

音楽はアニメに欠かせないものです。それだけに、音楽をテーマにした作品はアニメとの相性が抜群。音の表現をアニメーションでどうみせるのか、作品ごとに制作側のこだわりが強く感じられます。 ここではギターの演奏シーンに注目して、5作品を紹介。楽曲にこだわりがあり聴き応えがあるもの、演奏時の作画が緻密なもの、歌唱によって楽器の良さが引き出されているもの……。演奏シーンがすごいといっても、その中身は様々です。 各作品の演奏シーンの特徴や魅力に触れながら、思わずギターを弾いてみたくなる作品を紹介します。

1.『けいおん!』

かきふらいの漫画を原作にアニメ化された『けいおん!』。2009年と2010年に放送され、大ブームとなった作品です。 廃部寸前の軽音部に入部した女子高生たちが主人公。彼女たちは放課後ティータイムというバンドを組み、友情を深め合ったり音楽の楽しさに触れ合ったりしていきます。基本的には日常系アニメなので、部室で繰り広げられる部員たちのゆるっとしたやり取りがフォーカスされています。 熱心な練習シーンはメインとしては描かれていませんが、文化祭などのライブシーンでは一転。プロのようにうまくはないけれど、彼女たちの努力と熱意、チームワークが詰まった熱い演奏が繰り広げられます。 本作を手掛けた京都アニメーションがこだわった演奏シーンの作画、楽器の描き込み、楽曲と手の動きの一致などが見事。なにより生き生きとした放課後ティータイムのメンバーの表情が秀逸。ボーカル兼リードギターを務める平沢唯に憧れて、ギターを始める人が続出したほどです。

2.『涼宮ハルヒの憂鬱』

谷川流のラノベを原作としたアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』。原作にも登場するエピソード「ライブアライブ」が、アニメ1期12話(2006年)と2期26話(2009年)で放送されました。 この「ライブアライブ」は涼宮ハルヒと長門有希の2人が、文化祭でバンドパフォーマンスに参加するというもの。通常の原画の3倍近い人員を割いて、実際の演奏シーンを忠実に再現。さらに事前にハルヒ役の平野綾が歌う表情をもとに、ハルヒの表情を描き起こしています。 これだけ手間のかかっている演奏シーンとあって、楽曲の完成度の高さとともに、同作における伝説回といわれているのです。 2人は女子高生ではありますが、中身は超常的な存在。人並み外れた能力を持つ2人の演奏は、プロと遜色がないほどなので、演奏シーンの迫力も桁違いです。特に長門の速弾きは必見。

3.『キャロル&チューズデイ』

世界中にファンを持つ『カウボーイ・ビバップ』などで知られる渡辺信一郎監督が手掛けたオリジナルアニメ『キャロル&チューズデイ』。とくに洋楽が好きな人におすすめなアニメです。 劇中では、監督がこだわって許諾を取った実在する楽器が登場。作中で鍵となるチューズデイ愛用のアコースティックギターは、ギブソンのハミングバードが使われています。登場する楽曲やサウンドトラックなども、世界的アーティストが制作や演奏に参加しており、ギターだけでなくあらゆるシーンで音楽に心動かされるでしょう。 アコースティックギターの演奏シーンは、実際の演奏の映像をもとに手描きで再現。ギターの音色のあたたかさと相まって、目からも耳からも音の力を感じられる作品となっています。 主人公のキャロルとチューズデイの他にも、個性あふれるアーティストたちのライブパフォーマンスの完成度には目を見張るものがあります。

4.『BanG Dream!(バンドリ!)』

『BanG Dream!(バンドリ!)』は漫画・アニメ・アプリ・リアルライブなどのメディアミックス展開をしているガールズバンドプロジェクト。アニメは2017年から放送されており、2020年に第3期が放送されています。 アニメ1期ではガールズバンドPoppin'Party結成までの物語が描かれ、2期からはRoseliaなど他のガールズバンドも多数登場。多くのガールズバンドがライブハウスで腕を競い合う時代という世界観のため、様々なテイストの演奏を楽しめるのも本作の魅力です。 また、キャラクターと声優がリンクするという点も本作の大きな特徴。声優陣が実際にガールズバンドを組み、リアルライブで演奏を披露してくれるのです。アニメやアプリでも彼女たちの演奏はもちろん楽しめますが、実際に目の前でギターを掻き鳴らす姿を観られるのは、「バンドリ」ならではの楽しみ方といえます。

5.『ギヴン』

『ギヴン』はキヅナツキによるBL漫画を原作としたアニメ。ノイタミナでは初のボーイズラブ漫画原作アニメとして注目を集めた作品です。 ライブハウスではちょっと名の通ったギタリスト高校生・上ノ山立夏が、弾けもしないギターを抱えている同級生・佐藤真冬に出会って始まる、青春群像劇です。音楽を通しての心の交流やすれ違い――。青春特有の感情の揺れなどが、繊細なタッチで描かれています。 OPで流れる演奏シーンや、第9話でのライブシーンは、男性が奏でるロックの格好良さが前面に出るつくりに。一方、本編では誰かを好きになるということに臆病で苦悩する主人公たちが印象的。迫力のライブシーンとの静と動のコントラストが美しい作品です。

ギターの演奏シーンが格好いい作品は、それだけで一見の価値あり

演奏シーンが魅力的でギターが格好いいアニメ作品を5つ紹介してきました。アニメ本編のストーリーでは演奏をメインに描いていない作品もありますが、演奏シーンがやってくると一気に惹き寄せられる作品ばかりです。 ギターの音色にこだわりがあるなら、まずはライブシーンを先に視聴してみるというのもおすすめです。いいアニメといい音楽に同時に触れられる、音楽アニメは一石二鳥のジャンルといえます。