2020年2月27日更新

ドラマ「竜の道」で玉木宏と高橋一生が双子を演じる!妹役のキャストは誰に?【2020年春】

コイン(双子座)

人気俳優・玉木宏と高橋一生が初共演を果たすドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』が、2020年4月から放送開始となります。注目が集まる本作のあらすじからキャスト、見どころを紹介しましょう。

目次

玉木宏&高橋一生が初共演!ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』が4月14日放送スタート

カンテレ・フジテレビ系列の2020年4月期のドラマとして、4月14日(火)21時から放送開始となる『竜の道 二つの顔の復讐者』。本作は、玉木宏&高橋一生の初共演でも話題になっています。 人気俳優2人が双子を演じるという「竜の道」について、あらすじからキャスト、見どころなど、最新情報を紹介します。

「竜の道」のあらすじは?原作は未完のまま終了

ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』の原作は、2011年に刊行された白川透による小説『竜の道』(上・下巻)と2015年に刊行された続編『竜の道 飛翔篇』です。しかし、作者の白川は2015年に急逝したため、原作は未完のまま終了となりました。 生まれてまもなく実の親に捨てられた、竜一と竜二の双子の兄弟。小さな運送会社を営む吉江夫妻に引き取られ、夫妻の間に生まれた妹の美佐と5人家族として幸せに暮らしていました。しかし、養父母は会社を乗っ取られたうえに多額の借金を抱え、自殺してしまいます。 彼らを自殺に追い込んだ大手運送会社の社長に復讐すべく、竜一は顔と名前を捨て裏社会へ。竜二は官僚として運送会社を監督する国土交通省へ入省。正反対の立場からともに復讐を遂げようとする彼らでしたが、血の繋がらない妹・美佐へのそれぞれの想いから、2人の足並みは徐々に乱れていきます。

人気俳優が共演!注目のキャスト陣

玉木宏/矢端竜一(やばた・りゅういち)

養父母を自殺に追い込んだ運送会社社長に復讐するため、顔と名前を変え裏社会に足を踏み入れる竜一を演じるのは、玉木宏。映画、ドラマ、CMと多岐にわたって活躍している人気俳優です。 本作で彼が演じる竜一は本来の自分を捨て、時代によって「斉藤一成」や「和田猛」と、名前を変えながら裏社会でのし上がっていく人物。 玉木は視聴者へのメッセージとして「ある意味、誇張されたドラマの世界ではありますが、根底にある気持ちはきっと共感していただけると思うので、僕たち兄弟を応援するような気持ちで見届けていただけたらと思います。」と語っています。

高橋一生/矢端竜二(やばた・りゅうじ)

映画『シン・ゴジラ』(2016年)やドラマ『カルテット』(2017年)、『凪のお暇』(2019年)など、近年映像作品でも目覚ましい活躍を見せている高橋一生が、竜一の双子の弟・竜二を演じます。 竜一とは正反対に表の道を進みながら復讐を画策する竜二について、高橋は「まだ越えてはいけない一線がある人物」と分析。また、本作について復讐の果てになにがあるのか見当がつかないとし、「愛憎だけではなく、とてつもない代償を払うのか?そういった結末を見てくださった方がそれぞれ感じていただくことがメッセージになると思います。」とコメントしています。

『竜の道』の見どころ

登場人物たちの思惑が交錯する先の読めないサスペンス

ともに義父母の復讐を誓いながらも、次第にすれ違っていくという竜一と竜二。さらに一筋縄ではいかない登場人物たちの愛憎、欲望、策略、裏切りなど先の読めない展開が見どころとなる本作。 また、未完のまま終了となった原作にどのような結末がつくのかにも注目です。

キーパーソンとなる妹・美佐役のキャストは?

義父母の死後、竜一と竜二にとって唯一の家族となった妹・美佐は本作のキーパーソンとなる人物です。 2020年2月現在、美佐を演じるキャストは不明。続報を楽しみに待ちましょう!

初共演の人気俳優2人の演技合戦にも期待!

本作で初共演、そして双子の兄弟役を演じる玉木宏と高橋一生。ともに高い演技力が評価されている彼らが、どんな化学反応を起こしてくれるのか、期待が高まります。

『竜の道 二つの顔の復讐者』は2020年4月14日カンテレ・フジテレビ系列で毎週火曜よる9時から放送開始!

玉木宏・高橋一生の人気俳優共演で注目が集まるドラマ「竜の道」。原作が未完であることもあり、先の読めない展開、予測できない結末に期待が高まります。まだ2人以外のキャストも不明なので、続報に期待したいですね! 『竜の道 二つの顔の復讐者』は、カンテレ・フジテレビ系列で2020年4月14日から、毎週火曜日21時放送となります。