2020年8月17日更新

「ジョジョ」シリーズ初!女性主人公・空条徐倫は最強ヒロイン!壮絶な最期とは

「ジョジョ」6部 空条徐倫 サムネイル画像

世界中で愛され続けている『ジョジョの奇妙な冒険』。第6部「ストーンオーシャン」ではシリーズ初の女性主人公・空条徐倫が登場します。1世紀に跨がる因縁に決着がつく衝撃のラストは必見!本記事では彼女の魅力に迫ります。

目次

空条徐倫(くうじょうじょりーん)は承太郎の娘!父親譲りのタフネスガール【ネタバレ注意】

空条徐倫(くうじょうじょりーん)は、『ジョジョの奇妙な冒険』の第6部「ストーンオーシャン」の主人公。第3部の主人公である空条承太郎(くうじょうじょうたろう)の娘です。父・承太郎からは冷静な判断力や正義感に加え、「やれやれだわ」という口癖も受け継いでいます。 黒髪を2つのお団子にまとめた髪型に、蜘蛛をモチーフにしたヘソ出しファッションに身を包んだスタイルが特徴的。19歳という若さでありながら、仲間と共に過酷な運命を乗り越えていった徐倫の姿は今なお多くのファンを魅了しています。 全17巻に渡って描かれた彼女の成長は、読めば思わず応援したくなること間違いなし!彼女のスタンド能力や戦闘シーン、気になるストーリー完結後の様子を徹底解説します。 ※この記事では『ジョジョの奇妙な冒険』のネタバレ情報を取り扱っています。未読の方はご注意ください。

第6部「ストーンオーシャン」で初の女性主人公!衝撃の登場シーン

空条徐倫は「ジョジョ」シリーズ初となる女性主人公ながら、逆境に置かれても希望を捨てない強い精神の持ち主です。そのポジティブな性格は登場時から際立っていました。 事故現場の回想シーンから始まった第1話。場面が切り替わると、なんと徐倫は罪人として刑務所に向かう途中にいました。当時の恋人・ロメオが起こした交通事故の罪を負うことになった彼女は、殺人罪で懲役を受けていたのです。濡れ衣ではありますが、罪を認めることで刑が軽くなると弁護士に言われていたのにも関わらず、懲役は15年という長さ。 その後、弁護士は物語の黒幕であるエンリコ・プッチと共謀して徐倫を牢に入れたことが発覚するのですが、それを知らない彼女は刑務所での厳しい生活を余儀なくされてしまったのです。 しかしそんな状況でも徐倫は「壁を見る囚人」ではなく、「鉄格子の隙間から星を見る囚人」として希望を捨てませんでした。彼女のタフな精神に惹きつけられた周囲の囚人達も巻き込んで、徐倫の物語が始まります。

空条徐倫のスタンド能力はストーン・フリー!糸を自由に操る

空条徐倫のスタンド能力は「ストーン・フリー」。“刑務所という石の海から自由になる”という意味を込めて名付けられました。 ストーン・フリーは彼女自身の体を糸状にし、それを自在に操るという能力です。糸を細く伸ばすことで、糸電話のように遠くの人の会話を聞くことや、傷口の縫合をすることが出来ます。体を部分的に糸にして敵の攻撃を受け流すなど、トリッキーな使い道も出来る汎用性に優れた能力です。 糸を人型に固めたスタンドは、攻撃範囲が狭まるもののパワーが上がるため、近接攻撃にも応用可能!繊維の特徴である「剛」と「柔」の性質を併せ持っています。父・承太郎の戦闘シーンを思わせる拳のラッシュでは、「オラオラオラァ!」の掛け声とともに敵を圧倒します。

親子関係は最悪!第3部主人公であり父・空条承太郎との関係

第6部の物語序盤、徐倫とその父・空条承太郎の親子関係は最悪でした。承太郎がDIOを倒した後もその部下や息子との因縁は続いていたため、彼は妻や娘を守ろうと2人を遠ざけていたのです。徐倫が重病にかかり、生死を彷徨っていた際にも顔を見せなかった承太郎を、当然徐倫は激しく嫌うようになります。 しかし物語が進むにつれて、黒幕の策略やDIOとジョースター家を巡る因縁を知った徐倫は、再び承太郎を慕うように。当初は承太郎を「あんた」と呼ばわりしていた彼女ですが、「父さん」と呼び始めるなどの変化も見られました。 「ストーンオーシャン」では、敵の策略によって仮死状態に陥ってしまった承太郎を救うべく、戦いに身を投じる徐倫のたくましい姿が描かれています。

承太郎が戦闘不能に!プッチの策略により空条徐倫は投獄された

エンリコ・プッチは徐倫が収容されていた刑務所の教戒師を勤める神父。生前のDIOと親友だった彼は、DIOの思い描いていた「天国へ行く方法」を実行しようと企む物語の黒幕でした。記憶や能力をディスク化して奪う事が出来る能力を持つプッチは、DIOの記憶を持つ承太郎をおびき寄せるため、徐倫を刑務所に入れたのです。 何者かの策略によって徐倫が投獄されたと気づいていた承太郎は、刑務所にいる徐倫に会いに行くことに。そこでプッチのスタンド「ホワイトスネイク」に襲われ、記憶や能力をディスク化されてしまい、仮死状態に陥ります。 承太郎からスタンド能力を発現させるアイテム「矢」の破片を受け取り、「ストーン・フリー」の能力を得た徐倫。刑務所で出会った少年・エンポリオや囚人仲間のナルシソ・アナスイなどと共にあえて刑務所生活を続行し、承太郎のディスクを奪い返すために奮闘します。

シリーズ初のバッドエンド?徐倫の体がバラバラに

「ホワイトスネイク」の刺客達との戦いを経て、徐倫達はエンリコ・プッチが首謀者であることを突き止めます。承太郎のディスクも奪い返し、復活した承太郎と共にプッチ神父を倒そうとしますが、神父が刑務所から逃亡。徐倫達は刑務所を出て、その後を追います。そして物語は最終局面へ。 最終決戦の場では、すでにプッチはさらなる力を手に入れていて、「ホワイトスネイク」から「C-MOON」、そして最終形態である“時間を無限に加速させる能力”の「メイド・イン・ヘブン」を完成させていました。 進化したプッチには時間を止める能力を持つ承太郎ですら太刀打ちできず、不意を突かれて喉を裂かれてしまいます。直前に承太郎の体に入り込んでいたアナスイが身代わりとなっていたおかげで一命を取り留めた承太郎でしたが、徐倫を身を挺(てい)して守り、その後死亡。 その後も苦戦を強いられた徐倫は体をバラバラにされてしまい、仲間達も全員死んでしまいます。生き残ったのは11歳の少年、エンポリオだけでした。

空条徐倫はパラレルワールドで生きている?未完成だった「天国」

プッチによって殺害されてしまった徐倫達。勝利を確信したプッチによって時間は際限なく加速され、宇宙は一巡し世界が新たに作られようとしていました。そこはすべての人がこれから起こる運命を知っている世界、プッチが望んでいた「天国」です。 プッチしか運命を変えられない世界が作られてしまいましたが、1人生き残っていたエンポリオはその条件を逆手に取り、見事敵を倒します。その後、エンポリオは徐倫によく似たアイリーンという少女と出会いますが、彼女はエンポリオのことを知らないのでした。 バッドエンドに思える最後ですが、実はプッチによる宇宙の一巡は未完成だったため、エンポリオやアイリーンのいる世界は元の世界とは全く異なるパラレルワールドだと考えられます。「天国への行き方」は失敗したのです。 こうして1世紀に跨がるDIO一味とジョースター家の因縁は幕を閉じました。ちなみに、第6部「ストーンオーシャン」終了後の第7部からはこのパラレルワールドが舞台となっています。

可愛さも空条徐倫の魅力のひとつ!お団子の髪型や前髪の色にも注目

「ストーンオーシャン」では壮絶な最期が描かれた徐倫ですが、ジョースター家らしいタフで勇敢な生き様は多くの読者を魅了しました。内面はもちろん、徐倫は見た目も魅力的です。「ジョジョ」の特徴でもあるビビッドな色使いで描かれる表紙や扉絵では、徐倫のたくましくも魅惑的な肉体が描かれています。 2つのお団子にまとめられた黒髪が特徴的な彼女ですが、実は前髪の色は定まっていません。緑色で塗られることが多いようですが、作者の荒木飛呂彦の作風によって、ピンクや黄色、水色などで描かれることもあります。 「ジョジョ」シリーズ初の女性主人公ということもあり、未だに多くの読者から人気を集めている徐倫。扉絵に登場するスタイリッシュなファッションも見逃せません。

ヒロイン史上メンタル最強!希望を捨てない空条徐倫の姿に感動

恋人に裏切られて刑務所に入ることになったのにも関わらず、希望を捨てなかった空条徐倫。物語冒頭のシーンからも分かるように、彼女のメンタルは人並み外れて強靱(きょうじん)です。 刑務所での生活は過酷を極め、死んだネズミの皮を被せられたり、ゴキブリの死骸を食べさせられたりというシーンも。目を覆いたくなるような酷い目に合っても決して逃げなかった徐倫は、ヒロイン史上最強と言えるのではないでしょうか。 「ジョジョ」ファンの間では、シリーズの中で最もメンタルが強いキャラの1人として数えられる程のタフな精神の持ち主、徐倫。過酷な状況を経た上で圧倒的な強さの敵に立ち向かっていくその姿に、徐倫の成長が見られます。

スピンオフ『徐倫、GUCCIで飛ぶ』はフルカラー!荒木飛呂彦のイラストが美しい

『徐倫、GUCCIで飛ぶ』はファッション雑誌『SPUR』の付録として公開されたスピンオフ作品です。ブランド『GUCCI』とのコラボで制作され、登場するキャラクターは全員グッチの服を身につけています。主人公は徐倫ですが、本編とは設定が異なっていて、17歳の高校生として登場しました。 母の死後、形見の服を着て日本へと向かう徐倫。しかし空港では政府関係者に扮した第5部の登場人物、ブローノ・ブチャラティとレオーネ・アバッキオに身柄を拘束されてしまいます。空港で逃げ出した未確認生物について質問される徐倫ですが、実は彼女はスカーフにその生物を隠していて――。 第5部と第6部の登場人物が絡むストーリーはファンにとっては垂涎物(すいぜんもの)。フルカラー24ページに渡って描かれた荒木飛呂彦の美しいイラストも必見です。

ゲーム版で空条徐倫を演じるのは声優の沢城みゆき

第6部「ストーンオーシャン」はまだアニメの製作はされていませんが、ゲーム版『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』や『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』では、声と動きが付いた徐倫達を見ることが出来ます。 ゲーム版で空条徐倫を演じるのは、声優の沢城(さわしろ)みゆき。1985年6月2日生まれの長野県出身、青二プロダクションに所属しています。 これまでに出演した有名作品には、『図書館戦争』の柴崎麻子(しばさきあさこ)、「デュラララ!!」シリーズのセルティ・ストゥルルソン、『HUNTER×HUNTER』のクラピカ、『ルパン三世』の3代目峰不二子、『PSYCHO-PASS サイコパス』の唐之杜志恩(からのもりしおん)、「ソードアート・オンライン」シリーズのシノン/朝田詩乃などがあります。

カリスマ性で誰をも魅了する空条徐倫!第6部は「ジョジョ」ファン必見

「ジョジョ」シリーズ初の女性主人公でありながら、過酷な刑務所生活に身を置き、最後には敵の手でバラバラにされてしまうという壮絶な運命を辿った空条徐倫。強いメンタルでどんな状況も乗り越えていく彼女の姿は、囚人仲間だけでなく読者までも魅了しました。 「ストーンオーシャン」はDIOとジョースター家の因縁にようやく決着が付く物語。第7部以降の舞台設定にも繋がるラストもお見逃しなく!