2021年8月3日更新

『天外者(てんがらもん)』の無料動画を配信中のサービスは?【三浦春馬最後の主演映画】

天外者

映画『天外者(てんがらもん)』三浦春馬が好演!動画配信サービスで観るには?

2020年12月に公開された映画『天外者(てんがらもん)』は、五代友厚を中心とした幕末の志士達の活躍を描いた物語。主演の五代友厚役を務めたのは俳優の三浦春馬で、本作が彼にとって最後の主演映画となりました。 本記事では映画『天外者(てんがらもん)』のあらすじキャスト、さらに動画を配信しているサービスがあるのかどうかを説明します。

『天外者(てんがらもん)』あらすじ紹介【五代友厚の一生を描く歴史群像劇】

激動の時代とされる幕末から明治初期にかけて、いち早く新時代の到来に目を向けていた2人の青年武士がいました。彼らの名は五代才助(後の友厚)坂本龍馬。しかし何故か、大勢の侍たちから命を狙われる彼ら。実はこの時、新たな時代の幕が開けようとしていたのです。 そんな中世間は尊皇攘夷と開国の狭間で揺れ動き大変な状況に陥っていましたが、五代は日本だけに留まらず世界に目を向けながら勉学に励んでいました。 ある日遊女のはると出会った五代は、「自由な夢を見たい」と考えるようになります。彼は「誰もが皆夢を見ることの出来る世界を作りたい」と考え、志を共にした坂本龍馬・岩崎弥太郎・伊藤博文らとともに立ち上がります。

三浦春馬だけじゃない!?豪華キャストが歴史上の偉人を熱演

五代友厚役/三浦春馬

五代友厚は本作の主人公で、元の名を五代才助と言います。幕末志士としての武士の魂を持ちながら商才にも非常に長けていた彼は、薩摩藩士から実業家へ。凄まじい才能を生かした彼の活動は、近代日本経済の礎となりました。 才能に溢れる五代を演じるのは、三浦春馬。本作は、彼にとって最後の主演映画です。彼の代表作には、『ブラッディ・マンデイ』や『君に届け』などがあります。

坂本龍馬役/三浦翔平

坂本龍馬は幕末志士であり、五代友厚と志を同じくする仲間の1人です。日本の未来を変えるために、五代とともに立ち上がります。 五代の盟友・龍馬を演じるのは、三浦翔平。彼の代表作には、『ひるなかの流星』や『M 愛すべき人がいて』などがあります。

岩崎弥太郎役/西川貴教

岩崎弥太郎は後に三菱財閥を築く人物であり、龍馬と時を同じくして五代の元に現れました。 弥太郎を茶目っ気たっぷりに演じるのは、俳優としても活動する歌手の西川貴教。彼は多くのヒット曲を輩出する歌手でありながら、俳優として『スカーレット』などに出演しています。

伊藤博文役/森永悠希

伊藤博文は長州藩士として五代と出会い、後に総理大臣として日本を大きく動かしていきます。 伊藤を演じるのは、子役出身の俳優である森永悠希。実力派俳優と呼び声の高い彼の代表作には、『しゃべれども しゃべれども』などがあります。

はる役/森川葵

はるは五代の考え方に影響を与えた遊女で、自由に生きることを夢見ています。 遊女のはるを演じるのは、森川葵。彼女には、元『Seventeen』専属モデルという一面も。彼女の代表作には、『おんなのこきらい』や『賭ケグルイ』シリーズなどがあります。

五代豊子役/蓮佛美沙子

五代豊子は、五代友厚の2番目の妻として彼のことを献身的に支えました。 五代の妻・豊子を演じるのは、蓮佛美沙子。彼女の代表作には、『べっぴんさん』や『お義父さんと呼ばせて』などがあります。

『天外者(てんがらもん)五代友厚ードキュメントー』映画公開までの舞台裏を描く

2020年12月に本作の公開までを描くドキュメンタリー番組『天外者(てんがらもん)五代友厚ードキュメントー』が、カンテレで放送されました。 映画本編にも出演している西川貴教がナレーションを務める本番組では、映画プロジェクトの立ち上げキャスト達の想い、そして『天外者(てんがらもん)』の主人公である五代友厚の生き様などが描かれています。 本番組の見どころは、長らく時代に埋もれてきた五代の功績がクローズアップされているところです。過去とこれからの未来を繋いでいくような内容には感動すら覚えてしまいます。 また2020年7月に逝去した五代友厚役を務める三浦春馬の芝居に込めた熱い想いも見ることが出来ますよ。

『天外者(てんがらもん)』の動画配信情報を見逃すな!

2020年12月に劇場公開された映画『天外者(てんがらもん)』は、幕末を駆け抜けた男達の熱い物語。本作は映画の公開からあまり時間が経っていないため、レンタルが主流ですが、動画配信サービスを使ってお得に楽しみましょう!