映画『君に届け』のあらすじ・キャスト・感想【多部未華子主演】

2017年7月6日更新

多部未華子・三浦春馬主演の映画『君に届け』のキャスト・あらすじや感想をまとめました。女子中高生の恋愛バイブルでもある『君に届け』は漫画が原作。原作にはすでに多くのファンがいましたが、そんなファンをも納得させた映画『君に届け』には多くの魅力がありました。

人気少女漫画『君に届け』

『君に届け』は椎名軽穂の漫画で、別名『君届』と呼ばれ女子中高生に人気の少女漫画です。『別冊マーガレット』にて2006年1月号より連載されていて2016年5月現在、単行本は26巻まで刊行されています。第32回講談社漫画賞少女部門も受賞しました。

映画『君に届け』は、2010年9月25日に東宝より公開されました。

映画版『君に届け』のあらすじ 

主人公黒沼爽子は見た目が暗いという事でクラスメートからは「貞子」と呼ばれる存在。爽子は周りの人たちの事を考えて動いてしまうため、コミュニケーションもうまく取れずクラスでは浮いてしまっているのです。

一方クラスメートの風早翔太は明るく、誰とても仲良くなれる性格の持ち主。爽子に対しても他の人と同じように接してくれる事から、爽子は翔太に憧れと尊敬を抱いていました。

爽子は肝試しをきっかけにクラスメートの女の子たちと仲良くなります。そして翔太は爽子の性格を知るうちに好意を抱きます。女友達が出来て、爽子は楽しい日常を送る事が出来るようになりますが、爽子を良く思わないメンバーが…。

そして爽子は翔太へ恋をしている事に気が付きますが、翔太を好きな女の子も登場し、協力するように持ちかけられてしまいます。爽子と翔太の恋の行方は?

メインキャスト

黒沼爽子/多部未華子

多部未華子が主人公黒沼爽子を演じました。笑う事が苦手で内向的な性格の爽子はクラスメートからは貞子と呼ばれています。多部未華子は1989年1月25日生まれで、2002年にスカウトされた事から芸能界に足を踏み入れました。

スカウトされた翌年の2003年から活躍を始めた女優です。2003年、Janne Da Arcの「Rainy 〜愛の調べ〜」のPVで女優デビュー、同年の映画『HINOKIO』のメインキャスト役に、1,000人を超える応募者の中からオーディションで役を勝ち取りました。

多部未華子の代表作は連続テレビ小説『つばさ』玉木つばさ役、『デカワンコ』花森一子役や『深夜食堂』栗山みちる役などです。

風早翔太/三浦春馬

翔太は明るく人気者ですが、偏見なく人と接する事が出来るので、爽子とも普通に接しているうちに爽子の優しさや気遣いなどに気が付きます。そして爽子に恋心を抱く役どころです。

この翔太役を三浦春馬が演じています。1990年4月5日生まれの俳優で4歳の頃から児童劇団に所属し1997年のNHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役デビューを果たしました。2007年映画『恋空』では第31回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞し、翌年の2008年にはドラマ『ブラッディ・マンデイ』で初主演をしています。

2014年の『永遠の0』では第38回日本アカデミー賞優秀助演男優賞の受賞も果たしました。同年には自身で企画を持ち込んだドラマ『僕のいた時間』で病に侵されていく主役を演じ、第51回ギャラクシー賞個人賞を受賞。このように三浦春馬は演技派俳優としてさまざまな賞の受賞をしています。

その他の出演者

矢野あやね/夏菜

写真左が矢野あやねです。爽子のクラスメートであり、当初は周りと同じように「貞子」として爽子を怖がっていましたが、肝試しをきっかけに爽子と仲良くなります。

この矢野あやねを夏菜が演じました。夏菜は1989年5月23日埼玉出身の女優で2005年に『野ブタ。をプロデュース』でドラマデビューをするとドラマ以外に週刊ヤングジャンプの表紙のグラビアの仕事などもオファーがあり順調なスタートと思われましたが、2009年に初舞台後はオーディションが軒並み不合格。

もともと髪を腰まで伸ばしていた夏菜ですが、マネージャーの「髪切ったら?」というアドバイスを受け渋々ショートカットにしたところ、『GANTZ』(2009年製作、2011年公開)のヒロインに見事抜擢されたという逸話があります。

吉田千鶴/蓮佛美沙子

義理と人情に厚い千鶴はあやねの友達です。あやねと同様、爽子の事を怖がっていましたが肝試しがきっかけで仲良くなり爽子との学校生活を楽しんでいます。

この千鶴役を演じた蓮佛美沙子は1991年2月27日、島根県出身の女優です。女優として活躍する傍ら白百合女子大学の文学部児童文化学科をきちんと4年で卒業している才女でもあります。このドラマで共演している三浦春馬とは堀越高等学校の同級生でした。

2006年公開の映画『犬神家の一族』で映画デビューをすると、同年の『転校生-さよならあなた-』で映画の初主演をして第81回キネマ旬報ベスト・テン日本映画新人女優賞、そして第22回高崎映画祭最優秀新人女優賞などを受賞しています。

2016年10月3日から放送予定の連続テレビ小説『べっぴんさん』坂東ゆり役で出演する事が決まっています。

真田龍/青山ハル(現・佐々木大介)

真田龍は千鶴の幼馴染です。千鶴とあやねが爽子と仲良くなったことから龍も爽子と話すようになります。爽子が自分に自信が無くて困っている時にも一喝して爽子が進むべき道を知らせてくれる役です。

この龍役は青山ハルが演じました。現在は改名し本名である佐々木大介名義で活動をしています。2015年の映画『先輩の彼女』、同年『東京の日』では主演。そして2012年のアメリカ映画『THE ABCs OF DEATH「J」』でもなんと主演をしている俳優です。

胡桃沢梅/桐谷美玲

胡桃沢梅は中学の頃から翔太の事を好きな女の子です。翔太が内心爽子に惹かれているのに気が付き、翔太と爽子がうまくいかないように画策する子です。

この役を桐谷美玲が演じました。桐谷美玲といえば、モデル、映画やドラマ、コマーシャル以外でもNEWSZEROの火曜日のキャスターなどが有名ですね。アメリカの映画サイトが公開する「世界で最も美しい顔100人」では3年連続ランクインし、2014年には世界8位という快挙を果たし、世界的に美人だという事が証明されています。

荒井一市/ARATA(現・井浦新)

爽子たちのクラスの担任の荒井一市です。荒井一市役はARATAが演じました。ARATAは2012年より本名である井浦新名義で活動をしています。もともとはファッションモデルとして『MEN'S NON-NO』や『an・an』で活躍をみせ、1990年代にはパリコレに出演するなどトップモデルとしても活躍を行いました。

1998年頃から独自ブランドを確立し始め「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」として本格的なデザイン活動をしています。俳優としての代表作としては、2012年ドラマ『リッチマン、プアウーマン』、2014年ドラマ『同窓生〜人は、三度、恋をする〜』主演、2012年映画『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』主演、などとなります。

映画『君に届け』感想まとめ

Sacchin とっても優しい気持ちになる、人に気持ちを伝えることの大切さを思い出させてくれる、キュンキュンもの。
usagiumare 一押しのキュンキュン映画。とにかく春馬くんと多部未華子ちゃんが可愛い。何度も見ている映画の一つです。 この映画に出会って春馬くんの大ファンになりました。ドラマに映画に舞台。何でもこなせて歌が上手い。応援したくなるでしょ。『君に届け』は原作がコミックで20巻まで出ています。おすすめですよ〜^_^
Masami_Yoneyama 観ていてどきどきするような恋愛映画!三浦春馬くん演じる風早くんと、多部未華子ちゃん演じる爽子ちゃんがとても素敵です~♬
a__ryn 「この気持ち、君に届くだろうか。」 ただまっすぐで、ただ純粋な想いと想いが重なる。

原作がだいすきだったから、いままで観るのを躊躇してたけどいまこのタイミングで観てよかった。 ひさしぶりにこんなきらきらした映画を観ました

flumpoolさんが歌う主題歌が頭から離れない

エンドロールのあとのシーンがたまらなくすき。 あのときはうしろをついていくだけだったけど、いまはとなりで。

映画『君に届け』の主題歌

flumpool『君に届け』

映画主題歌は同名タイトルでflumpoolの5枚目のシングルとなっています。ボーカルである山村隆太が作詞、ギター担当の阪井一生が作曲を行っています。阪井一生はこの作曲をした当時、漫画『君の届け』の愛読者だったそうです。

この曲は映画で使われただけではなくテレビ朝日のスーパーJチャンネルエンディングテーマとしても使用されました。