2021年7月16日更新

『サマーウォーズ』健二は天才すぎる主人公!鼻血や犯人扱いの理由とは?

『サマーウォーズ』(2009年)

夏の定番映画『サマーウォーズ』の主人公・健二。彼はどんな人物で、作中ではどんな活躍を見せたのでしょうか。この記事では彼の基本情報から声優、さらには気になる鼻血の原因まで、徹底解説していきます。

目次

『サマーウォーズ』健二を徹底解説!声優情報は?【ネタバレ注意】

もはや夏の定番となった細田守監督によるアニメーション映画『サマーウォーズ』。この記事では主人公・小磯健二について、徹底解説していきます。 小磯健二は東京都内にある久遠寺高校に通う17歳の高校2年生。物理部に所属する彼は、国際数学オリンピック日本代表を狙えるほどの天才です。インターネットの仮想空間「OZ」の保守のバイトをしています。 そんな健二は、ある日突然送られてきた謎の暗号を解いて返信したところ、大変な事態に巻き込まれてしまい……。

健二は憧れの夏希先輩からバイトを持ちかけられ……

『サマーウォーズ』(2009年)

健二の先輩で剣道部に所属する篠原夏希は、ノリがよく明るい性格で学校のアイドル的存在。もちろん健二も彼女に想いを寄せています。 あるとき夏希先輩から、“一緒に彼女の実家に行く”というアルバイトを持ちかけられた健二は、軽い気持ちで同行することに。しかし夏希の実家である陣内家には、曾祖母のの誕生日を祝うため親戚一同が集合していました。夏希は尊敬する栄に、彼を婚約者として紹介し、彼は質問攻めにあってしまいます。 その夜、健二の携帯電話に謎の暗号が届きました。彼がそれを解いて送信すると、翌日インターネットの仮想空間「OZ」を荒らした犯人としてニュースに出てしまったのです。 一体なにが起こっているのか、彼は友人である敬の力を借りて調べはじめます。

健二の鼻血が止まらない理由とは?

よろしくお願いしまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁす!!

『サマーウォーズ』
(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

「OZ」が荒らしているのが人工知能「ラブマシーン」だと判明し、夏希をはじめとする陣内家一同は、花札での勝負に挑みます。彼らが勝利し、これで一件落着かと思われたとき、「ラブマシーン」が唯一保持していた人工衛星「あらわし」の着陸地点が陣内家に変更されてしまいました。 その座標を変更するためには「ラブマシーン」の暗号を解かなければなりません。健二は何度か失敗した後、暗算で答えを入力。集中しすぎて彼の鼻からは血が流れ出していました。 そして「よろしくお願いしまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁす!!」の掛け声とともにエンターキーを押し、暗号の解読に成功。「あらわし」の軌道を陣内家から逸らすことに成功したのでした。

健二の鼻血が止まらない……!?

『サマーウォーズ』(2009年)

健二の功績により、「あらわし」墜落の危機から救われた陣内家。栄のお葬式兼誕生日会で親戚一同にはやし立てられた夏希は、彼にお礼と好意を込めたキスをしました。 すると健二は鼻血を吹き出して倒れてしまいます。 緊迫した暗号解読シーンとは対になるような、典型的でちょっとのんきな鼻血の描き方になっています。

健二の使用アバターは?

『サマーウォーズ』(2009年)

「OZ」で健二は、人間の少年にネズミのような耳が生えたアバターを使用していました。 しかし彼のアカウントが「ラブマシーン」に乗っ取られた後は、服装はそのままでしたが顔色が灰色になり、凶悪な顔つきになってしまいます。 また、「ラブマシーン」が乗っ取った彼のアバターは、ほかのアカウントを吸収するごとに見た目を変えていき、最終的には大日如来のような姿になりました。

健二の声優を演じたのは神木隆之介

『サマーウォーズ』で健二の声を担当したのは、俳優の神木隆之介です。 1995年にCMデビューして以降、芸能活動をつづけている彼は、映画『妖怪大戦争』(2005年)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後も途切れることなく、数多くの作品に出演し実力派として知られています。 本作以外のアニメ映画では、スタジオジブリの『千と千尋の神隠し』(2001年)や『ハウルの動く城』(2004年)、新海誠監督の『君の名は。』(2016年)などで声の出演をしています。

『サマーウォーズ』健二は世界を救う天才主人公だった!

『サマーウォーズ』の主人公・健二は内気で控えめな性格ながら、天才的な数学の才能を持ち、最強の人工知能から世界を救いました。 神木隆之介の演技もキャラクターにマッチしており、作品の世界観に没頭することができます。 今年の夏も、『サマーウォーズ』で健二の活躍を楽しみたいですね!

\細田守監督最新作はこちらから/