2021年7月16日更新

【ネタバレ】『竜とそばかすの姫』あらすじや見どころは?3つの視点から解説する“インターネットへの肯定”

竜とそばかすの姫
(C)2021 スタジオ地図

『竜とそばかすの姫』の魅力を徹底解説!あらすじから制作の裏側まで【ネタバレ注意】

2021年7月16日(金)公開の細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』。細田守といえば、『サマーウォーズ』や『時をかける少女』などの長編アニメーション映画を手がけている名監督です。 そんな細田守監督の6作目の長編オリジナル作品である本作。物語の舞台は、全世界登録アカウント数50億超のインターネット世界<U>です。 この記事では、「竜」の正体を中心にネタバレありで物語を最後まで追い、本作に織り込まれたメッセージを3つの視点から解説。さらに本作の実現を支えたクリエイターたちも紹介していきます。 インターネットと現実、2つの世界を舞台にした本作では、いったいどんな物語が描かれるのでしょうか? ※本記事の内容は『竜とそばかすの姫』のネタバレを含みます。未鑑賞の人は注意して読み進めてください。

『竜とそばかすの姫』のあらすじ

竜とそばかすの姫 場面写真6
(C)2021 スタジオ地図

物語の主人公は、高知に住む17歳の女子高生「すず」。幼い頃に母を亡くして以来、歌うことができず、作曲だけが生きる糧となっていました。そんなある日、親友に誘われて<U(ユー)>に参加したすずは、自分の分身<As(アズ)>を「ベル」と名付け「ベル」としてなら歌えるように。 ベルの歌は瞬く間に世界中で大人気になります。しかし、<U>の世界でコンサートが開催される日、「竜」と呼ばれる謎の存在がコンサートを無茶苦茶にしてしまうのです。やがて始まった、「竜の正体探し」。 2つの世界で誹謗中傷が溢れる中、すずは竜の心を救いたいと願っていました。果たして、彼女の声は「誰か」に届くのでしょうか……?

『竜とそばかすの姫』メインキャラクター&声優一覧

すず/ベル cv.中村佳穂
仮想世界<U>では絶世の歌姫として多くの人を魅了
謎の竜 cv.佐藤健
複雑な内面を抱えた謎多き嫌われ者
久武忍(しのぶくん) cv.成田凌
主人公・すずを気にかけるミステリアスな幼馴染
千頭慎次郎(カミシン) cv.染谷将太
1人でインターハイを目指すアツいクラスメイト
渡辺瑠果(ルカちゃん) cv.玉城ティナ
吹奏楽部でみんなの憧れ的存在
別役弘香(ヒロちゃん) cv.幾田りら
すずを<U>へ誘う毒舌な親友

もっと詳しい声優情報はこちら!

『竜とそばかすの姫』ネタバレ解説!誰も予想できなかった“竜”の正体

「竜の正体探し(アンベイル)」の渦中でベルは竜の城へ

竜とそばかすの姫 場面写真10
(C)2021 スタジオ地図

<U>で爆発的な人気を誇る歌姫ベル。そんなベルのコンサートを台無しにした竜を、<U>の住人たちは厳しく非難します。そして、自警団「ジャスティス」のリーダー・ジャスティンは、竜をアンベイル(オリジンを明らかにする)しようと、彼の城を探していました。 その一方、彼が気になり始めたベルは、自警団から身を隠しながら竜の城を訪れます。そして心を閉ざしている竜に、自分の気持ちを歌に乗せて届けました。 歴戦でアザだらけの竜でしたが、実際に傷ついているのは彼の心だということに気付いたベル。彼女の歌に合わせて踊りながら、少しずつ心を通わせていきます。

「すず=ベル」はバレていた!?

ベルのオリジンがすずであることは、親友のヒロちゃんしか知らないはずでした。ところが物語の中盤、いきなりあっさりと、すずの想い人であるしのぶくんに正体を指摘されてしまいます。 しかも、実はすずが属する合唱隊のメンバーたちにも気付かれていたことが判明!ずっとすずを見てきたしのぶくんや亡き母の親友でもあるメンバーたちには、すずがベルであることは彼女の隠された才能からわかっていたのでしょう。

50億の中から“竜”の正体が明らかに!

竜とそばかすの姫 場面写真3
(C)2021 スタジオ地図

ジャスティンたち自警団に城を焼かれ、窮地に陥った竜を助けるべく、<U>に集う50億のアカウントから竜のオリジンを探し始めたすずとヒロちゃん。

そして竜のオリジンが、シングルファーザーの父親に虐待を受けている14歳の少年・恵であることを突き止めます。恵は弟の知を父の暴力から守るため、自ら体を盾にしていました。 その姿をネット越しに目の当たりにしたすずは、「助けたい」と恵に声をかけます。しかしすずの姿で現実で顔を合わせるのが初めてだったため、恵には信用してもらえず、回線は切られてしまいました。 彼の信用を得るため、<U>の大観衆を前に自らアンベイルしたすずは、本当の姿のまま歌い始めます。彼女の歌声が人々の心にも光を灯し、大観衆は歌で一体となっていくのでした。

囚われた“竜”を助けるために“ベル”が走り出す

人前で現実の姿のまま歌うすずを見て、恵は疑いつつもう1度回線をつなぎました。しかしそれを父親に見つかり、居場所を言う前に切られてしまいます。 すぐにでも保護しなければ、兄弟に危険が及ぶ。そう感じた、その場に居合わせた全員が必死に彼らの居場所の特定に動き出します。 ネットと五感と知識を駆使し、兄弟の住む地域を特定。すずはすぐに、高知から東京へ向かいました。 雨が降る中、知と恵の住む場所にたどり着いたすずは、追ってきた父親が振り上げた拳を前に1歩も引かず、兄弟を守ります。すずの真剣な目に、父親は慄きながら引き下がっていきました。 恵は抱きしめられた感覚で、ようやくすずがベルであることを確信し、「これからは自分も戦う」とすずに伝えるのでした。

細田守監督が描いた“肯定的インターネット”を3つの視点から解説

細田守監督はこれまで『デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!』と『サマーウォーズ』で、おおよそ10年ごとにインターネットの世界を舞台にした作品を発表してきました。 昨今コロナ禍にもよって、現実とさらに密にリンクし始めたネット世界。誹謗中傷などのマイナスのイメージが連想されがちなテーマに、常に大いなる希望を込め続けている監督でもあります。 ここからは3つの視点から、細田監督が描くインターネットへの肯定についてより深く解説していきます。

①仮想世界で可能性を引き出すインターネット

竜とそばかすの姫 場面写真17
(C)2021 スタジオ地図

本作の冒頭で、<U>の世界とともに「ようこそ<U>の世界へ」という文言が語られます。最後に「さあ、もうひとりのあなたを生きよう。さあ、新しい人生を始めよう。さあ、世界を変えよう。」と締めくくられるこの言葉は、仮想世界では「もう1人の自分」を生きられる可能性を示してくれます。 すずや恵のように、抑圧された才能や内面的な強さが色濃く開花していることも、興味深い点です。そういえば、ベルの前に<U>のスター的な存在だったペギー・スーのオリジンも、実は普通の人であることが本人の口から語られていました。 現実世界では様々な制約がある中、仮想世界では自由に自分を表現できる。このように細田守監督は、インターネットの持つ可能性を本作で伝えてくれたのではないでしょうか。

②現実世界で誰かを救うインターネット

竜とそばかすの姫 場面写真7
(C)2021 スタジオ地図

本作が企画された時よりも、速いスピードでどんどん進化を遂げているインターネットの技術。<U>の世界観の1つである「ボディシェアリング」も、現実に実現可能な技術に思えてきます。 何より、劇中で知と恵を助けるために活用された技術は、ネット配信や画像解析などすでに現実世界で実際に使われているリアルなもの。今まさに、現実世界で誰かを救うことができるツールとしてネット技術は駆使することができるのです。 すずが恵たちを遠く離れた場所から救うことができたのは、紛れもなくこうした技術の進歩のおかげであることは間違いありません。もちろん使い方によっては善にも悪にもなることは、心得ておきたいですね。

③『サマーウォーズ』に似てる?細田守監督がこれまでに描いたインターネット

『サマーウォーズ』
(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

『竜とそばかすの姫』は物語の舞台や設定が発表された際、同じく細田守監督作品である『サマーウォーズ』に似ていると話題になりました。 実は、細田守監督がインターネットの世界を描いた映画はこれまでに2作品が存在しており、それぞれ似ているようで全く違った魅力を持った作品となっています。 2000年の『デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!』ではデジタルワールド、2009年の『サマーウォーズ』ではネット仮想世界「OZ」と、細田守監督はこれまで魅力的なネット世界を創り出してきました。 細田守監督の描くインターネットの世界は常に現実世界とリンクしていて、仮想世界の中でキャラクターの成長があったり、現実の人間関係や家族の繋がりがより強くなったりする様子も多く見られます。 実際にインタビューで「子どもにとってのネットは、それによって自由を得られるものであってほしい」という思いを語っている細田監督。作中ではネットも現実も善悪両面があることを描きつつ、「子どもたちには目の前の世界を肯定的にとらえてほしい」と願っているそうです。

引き込まれる主題歌や仮想世界の裏側は?クリエイター陣を紹介

King Gnu常田らが手掛ける音楽

バンド「King Gnu」や音楽プロジェクト「millennium parade」の主宰で知られる常田大希が、本作のメインテーマ「U」の作詞・作曲を手がけました。 細田守監督によれば、<U>の巨大な世界観を音楽で表現できるのは彼だと感じ、自らオファーしたとのこと。常田大希本人は、「ベルが<As>の群衆が熱狂する<U>の歌姫であることにリアリティを持たせなければならないこと」が1番高いハードルだったと語っています。 音楽監督を務めたのは、映画『モテキ』で知られる岩崎太整。本作の音楽は多様性に富んだ作曲家と連携した「作曲村」というコンセプトで作られ、挿入歌「心のそばに」や「歌よ」、そして重要なシーンで歌われる「はなればなれの君へ」は中村佳穂や細田守監督も作詞を担当しています。

<U>の世界はどうやって作られる?

竜とそばかすの姫 場面写真
(C)2021 スタジオ地図

圧倒的な美しさで描かれ、これぞ仮想世界の建造物と思えるような<U>の世界を創り出したのは、一体誰なのでしょうか?その答えはメイキング映像と劇場用パンフレットで明らかになっています。 ネット世界を描くならネットで人材を探そうと思い至った細田守監督は、ロンドン在住のイギリス人建築家エリック・ウォンを探し当てます。個人作品として、架空の都市設計やイラストレーション制作も行っていた人物です。 <U>全体のモチーフは、楽器のハープが元になっているそう。コロナ禍の中、頻繁にやり取りして監督とともに<U>の世界を創り上げていったことが語られています。

歌姫ベルの振り付けの秘密

竜とそばかすの姫
(C)2021 スタジオ地図

<U>の歌姫ベルが歌いながら踊る振り付けは、コンテンポラリーダンス界で著名な振付師の康本雅子が担当しています。モーションキャプチャーを使って、細田守監督と話し合いながら振り付けを決めていく様子がメイキングに映されていました。 デジタル化した動きを元に、CGアニメーションとして取り込み、ベルのエモーショナルな表現を細かく修正しながら完成させていったようです。 仮想世界<U>のシーンでは手描きアニメーションだけではなく、3DCGを用いた手法が多く取り入れられた本作。細田守監督が挑戦した新たな表現の境地にも目が離せません。

『竜とそばかすの姫』のモチーフは『美女と野獣』?舞台地や裏話を探る

インターネットを介して描く『美女と野獣』

2021年7月6日に行われた完成報告会見で、細田守監督が本作の発想の原点である物語として言及したのが『美女と野獣』。主人公の「ベル」という名前はフランス語で「美しい」という意味を持つ言葉であり、作中の仮想世界<U>における竜の表示は“BEAST”です。 さらに監督は『美女と野獣』の物語の持つ二重性とインターネットの特徴である“現実と虚構”を共通点として捉え、現代の日本を舞台にインターネットを介して『美女と野獣』の世界観を表現したと述べています。 劇中で『美女と野獣』を彷彿とさせるのは、なんといっても竜の城やダンスシーンフードを被ったベルの姿も、バラを胸に付けて2人で踊るシーンもオマージュといえる出来栄えです。 竜を「ご主人様」と呼ぶAIたちも、まるで城の使用人たちのような立ち位置のキャラクターとなっていました。

すずの暮らす現実世界の舞台は高知県

竜とそばかすの姫 場面写真15
(C)2021 スタジオ地図

現実世界の日常の舞台に高知県を選んだのは、そこに仁淀川という美しい川があったからだといいます。初めはUとの対比となる場所を考えていたそうで、高知自体は想定していなかったとか。 人口が少なく、美しい自然があるのに寂しい環境であることが、現実世界の圧力に耐えながら生きているすずが住む場所としてイメージに合っていたようです。

『サマーウォーズ』のアバターが<U>に登場?

細田守監督曰く、『サマーウォーズ』の世界の延長線上にある世界観だという本作。冒頭には、『サマーウォーズ』の冒頭部分にも登場していたウサギのようなアバターが、今度は<As>として登場していることに気が付いたでしょうか? 『サマーウォーズ』でのアバターが、<U>の世界では<As>としてバージョンアップしたと考えても良さそうですね。

『竜とそばかすの姫』は創立10周年を迎えるスタジオ地図の歴史に残る大作に?

『竜とそばかすの姫』で監督を務めた細田守は、手がけた映画作品がすべて日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞しているという、日本を代表するアニメーション映画監督です。 そして2011年に彼がプロデューサーの齋藤優一郎とともに立ち上げたのが、『おおかみこどもの雨と雪』や『バケモノの子』(2015年)などを生み出した映像スタジオである「スタジオ地図」。 数々の名作を生み出したスタジオ地図は、2021年に創立10周年を迎えます。節目の年に公開された今作は、きっとスタジオ地図の歴史に残る大作になることでしょう。

『竜とそばかすの姫』は細田守監督の最高傑作?ネタバレ解説で魅力を深堀りしよう

この記事では、2021年7月16日に公開された映画『竜とそばかすの姫』について解説してきました。インターネットの世界を舞台に繰り広げられる壮大な物語に、目が離せなくなること間違いなしですね! 物語、世界観ともに細田守監督の「集大成」とも言える本作の魅力を是非劇場で堪能してみてください。

おまけ情報!サントリーコーヒー「クラフトボス」とのコラボCM

サントリーコーヒー「クラフトボス」が『竜とそばかすの姫』とコラボしたCMが全国でオンエア!その動画を入手したので、紹介します。 CMのためだけに特別仕様で作られたアニメーションなので、CMとは思えない見ごたえのある内容ですよ。