2021年7月22日更新

「ヒロアカ」ウォルフラムの個性は2つ?劇場版で見せつけた強さやラストを解説!

ヒロアカ ウォルフラム

「ヒロアカ」劇場版第1作、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』にて、ヴィランチームのリーダーとして登場したウォルフラム。彼は作中で狡猾な一面も見せ、その存在感を大いに発揮していました。今回はそんなウォルフラムの、個性や強さについて徹底解説します!

目次

「ヒロアカ」ウォルフラムはヒーロー社会転覆を狙うヴィラン【ネタバレ注意】

ウォルフラムは「ヒロアカ」の劇場版第1作である『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』に登場した、ヴィランチームのリーダーです。 彼は非常に大柄な体躯をしており、オールバックの髪型と目から口にかけた迷彩メイクが、大きな特徴となっていました。 大柄な体格に似合わず、冷静で高い指揮能力を発揮する知略家として描かれたウォルフラム。また悪役らしく目的のためなら味方をも見捨てる狡猾さも持ち合わせており、横柄な態度からはかなりの自信家であるのも窺えます。 そんな彼が「I・アイランド」を襲撃した目的は、ヒーロー社会転覆を狙ってのことでした。 ※この記事は2021年7月現在までのネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

ウォルフラムの持つ2つの個性と強さを解説

普通であれば1人につき1つのみが発現する個性。しかしウォルフラムは、2つの個性を操って見せました。オールマイトを苦しめるため、彼にオール・フォー・ワンが接触していたのです。 ここではウォルフラムが使う、2つの個性を解説します。

金属操作

1つ目の「金属操作」は、周囲の金属を好きに操れる個性です。攻撃のみならず防御にも使え、とても汎用性の高い能力になっています。 後々別の個性も操るようになるウォルフラムですが、彼のオリジナル個性はこの「金属操作」です。

筋力増強

オール・フォー・ワンがウォルフラムに与えた個性が、この「筋力増強」です。 「筋力増強」はシンプルにパワーを増大させる個性で、ただ力のパラメーターを上げている点で、マスキュラーの「筋肉増強」とは異なります。

2つの個性を抱えたウォルフラムの最後とは?

高度なテクノロジーが集約された「I・アイランド」に、ウォルフラムが侵入できた理由。それはデヴィットとサミュエルが「個性増幅装置」を取り返すために、仮想ヴィランとして雇っていたからでした。 しかしサミュエルに裏切られていたデヴィットはもちろん、サミュエルまでも騙し「個性増幅装置」を奪うウォルフラム。 追撃してきたデクを遮りヘリで逃亡するも、ウォルフラムは拘束を解いたオールマイトにヘリを破壊されてしまいます。しかし彼はその中で試作品を起動し、個性を増幅させてしまいました。巨大な金属の塊で攻撃しようとするも、デクとオールマイトのデトロイトスマッシュで敗れたウォルスラム。 そして彼は試作品の副作用や個性2個持ちの反動で、痩せ細った姿に変化してしまうのでした。

ウォルフラムの声優を務めるのは小山力也

本作のメインヴィランとなるウォルフラムに声を当てたのは、声優のみならず俳優、ナレーターとしても活躍する小山力也です。 小山力也の代表作には「名探偵コナンシリーズ」の2代目毛利小五郎(もうりこごろう)役や、『文豪ストレイドッグス』の福沢諭吉(ふくざわゆきち)役などが挙げられます!

劇場版『僕のヒーローアカデミア』ではウォルフラムとの戦いが熱い!

大胆不敵な面と頭脳派な面を併せ持っており、デクやオールマイト達を追い詰めたウォルフラム。さすが劇場版のボスヴィランなだけあり、ウォルフラムは強く個性も非常に強力なキャラクターでした。 2021年8月には、劇場版最新作の公開も控えている「ヒロアカ」。まだ「2人の英雄」を観ていない人は、ぜひ最新作と合わせてチェックして下さい!