2021年8月9日更新

【最新】「ヒロアカ」死亡キャラを一覧で紹介!ついに生徒にも死亡フラグが!?

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄〜』
(C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

ついに最終章に突入し、これまで以上の盛り上がりを見せる「ヒロアカ」。敵との激しい戦いが繰り広げられる本作では、準レギュラーも含めてこれまでに何人かのキャラクターが命を落としました。今回の記事では、作中で死亡してしまった人物やこれから死亡する可能性のある人物について紹介していきます。

「ヒロアカ」死亡キャラ一覧!フラグが立っているキャラも紹介【ネタバレ注意】

ヒーローを目指す少年少女の奮闘が描かれる「ヒロアカ」。市民を守るため敵と戦う主人公たちの姿はかっこいいものですが、その過程で命を落としてしまった登場人物の存在もあります。 今回の記事では、本作品にて志半ばで亡くなってしまったキャラクターについて紹介。フラグが立っている人物についても取り上げているので、作品を読んだり観たりする際の参考にしてみてください。 ※この記事は2021年8月現在の『僕のヒーローアカデミア』のネタバレを含みます。読み進める際は十分に注意してください。

【ヒーロー編】「ヒロアカ」死亡キャラと死亡シーン

サー・ナイトアイ 死穢八斎會の若頭・オーバーホールとの戦闘で重傷を負い死亡
ミッドナイト ギガントマキアを食い止めようとするも、多数のヴィランに襲われ死亡
クラスト 死柄木弔の個性からイレイザーヘッドを救い出し、身代わりとなって死亡
スナッチ 敵連合との戦闘中、Mr.コンプレスの「圧縮」で閉じ込められて死亡

ヒーローサイドで死亡してしまった主なキャラクターは上記の4名です。ここからは一人ひとりの死因について詳しく見ていきましょう。

サー・ナイトアイ

サー・ナイトアイはオーバーホールとの戦いで、個性「予知」をフル活用し善戦するも、左腕を失い腹部に大きな穴を開けられるという重傷を負いました。治療のため病院に運ばれますが手の施しようがなく、ほどなくして命を落としてしまいます。 最期は愛弟子のミリオに対し、「誰より立派なヒーローになっている」という未来を伝えて笑顔で逝きました。

ミッドナイト

ミッドナイトは超常解放戦線との戦闘時、街を破壊するギガントマキアを止めようとして大ダメージを受けてしまいます。その後、睡眠薬を使った作戦を思いつき、八百万に連絡したところを、ヴィランたちに囲まれ攻撃を受けて死亡。 どのような状態で亡くなったのかは不明ですが、亡骸があえて描かれていないことからも、相当手ひどくやられてしまったであろうことが推測されます。

クラスト

クラストは超常解放戦線との戦いの際、エンデヴァーをはじめとした仲間たちとともに蛇腔病院へと向かいました。そこで繰り広げられた5体のハイエンドとの戦闘は、ヒーロー側の勝利で終わるかに思われましたが、仮死状態にあった死柄木弔が覚醒したせいで事態が急変。死柄木弔 の個性による「崩壊」が起きてしまうのでした。 このときクラストは、崩壊に巻き込まれそうになったイレイザーヘッドをかばって死亡してしまいます。

スナッチ

スナッチは任務としてオーバーホールの護送をしていたところを、敵連合に襲撃されました。彼は荼毘と死柄木をはじめとした強敵相手にたったひとりで奮闘しますが、最終的には敗北してしまいます。その最期は、Mr.コンプレスの個性によって、荼毘の炎とともに圧縮され焼き尽くされるというものでした。

【ヴィラン編】「ヒロアカ」死亡キャラと死亡シーン

マグネ 敵連合と死穢八斎會による会談時、オーバーホールに襲われて死亡
トゥワイス スパイとして潜入していたヒーロー・ホークスに刺されて死亡
キュリオス 個性を覚醒させたトガヒミコによって空中から墜落させられて死亡

ヴィランサイドで死亡した主なキャラクターは以上の3人です。ヒーローたちを脅かした彼らの最後はどのようなものだったのでしょうか?

マグネ

マグネは敵連合が死穢八斎會との会合を開いた際、オーバーホールの言動が気に食わず彼を攻撃します。しかし、相手からの反撃を受けあっけなく死亡。一瞬で上半身を破裂させられるという惨い最期を迎えました。ちなみにこのときマグネが殺されたことによって、敵連合の面々は死穢八斎會に対し強い恨みを抱くようになります。

トゥワイス

トゥワイスは、スパイとして敵連合に潜り込んでいたヒーロー・ホークスとの戦闘で刺されて命を落としました。しかしその直後、彼が生み出した分身はトガヒミコたちのピンチを前にして、最後の力を振り絞って仲間を助けます。 最終的にはその分身も、トガに感謝の言葉とともに抱きしめられて溶けて消えていくのでした。

キュリオス

キュリオスは取材対象としてトガに目をつけ、罠を張って追い詰めますが、その途中でトガの個性が覚醒します。それまでトガは、血を吸った相手の姿や声をコピーすることしかできませんでしたが、なんとコピー対象の個性まで使えるようになったのです。 その後キュリオスは、お茶子の個性「無重力」を使ったトガによって空中から地面に叩きつけられ、死亡してしまいました。

人気キャラにも死亡フラグが!?死亡が予想されるキャラ一覧

最後に、ファンの間で死亡が予想されているキャラクターを理由とともに紹介します。今後の展開の中で、雄英高校の生徒から死亡者は出てしまうのでしょうか?

オールマイト

ヒロアカ

オールマイトは、サー・ナイトアイの個性によって死を予言されています。彼によれば、オールマイトは敵と戦って悲惨な最期を迎えるとのこと。ナイトアイの予言は確定済みのものとされているので、オールマイトの死は避けようがないと考えられます。 しかしその一方で、デクは1度だけナイトアイの予言を覆したことがあるため、最悪の未来を避けるための方法が皆無というわけでもなさそうです。今後の展開が気になりますね!

爆豪勝己

範馬勇次郎

爆豪勝己は、デクが死柄木との戦いでピンチに陥ったとき、彼をかばって重傷を負っています。ずっとデクを目の上のたんこぶ扱いしていた彼の行動に、驚きと同時に感動をおぼえた人も多いのではないでしょうか。 このときは命に別状はなく無事に回復した爆豪ですが、今後また似たようなことが起きないとは限りません。しかし、作品にとってもファンにとっても大切なキャラクターなので、ぜひとも無事に生き残って立派なヒーローになってほしいところです。

エンデヴァー

エンデヴァーは、敵連合の重要人物である荼毘と深い因縁があります。実は荼毘は、かつて亡くなったと思われていたエンデヴァーの息子・轟燈矢だったのです。 荼毘は父親に強い恨みを持っており、彼に復讐をしたいと考えています。そのため、エンデヴァーは荼毘によって殺されてしまうという可能性も高いです。改心して家族とやり直そうとしている姿が描かれているだけに、本当に死んでしまったらやりきれない気持ちになりますね。

イレイザーヘッド

イレイザーヘッドは、見つめているあいだだけ相手の個性を消す「抹消」という、非常に厄介な個性を持っています。そのため、敵連合にとって邪魔な相手であり、一刻も早く消えてほしい存在であることには間違いありません。 これまでに幾度となく死亡フラグを回避してきた彼だからこそ、「今度こそ本当に……?」と心配になってしまいます。

ヒロアカ最終章で次なる死亡キャラが発生してしまうのか……?

今回の記事では、ヒロアカの登場人物のなかで死亡した者と死亡フラグが立っている者について解説してきました。 敵との激しい戦いが繰り広げられ、準レギュラーですら死ぬという辛い展開が続いている本作。最終章ではさらなる犠牲者が出てきそうで、思わず心配になってしまいますよね。好きなキャラクターを見守るという意味でも、今後の展開から目が離せません。