2019年12月16日更新

アニメ『僕のヒーローアカデミア』メインキャラ&声優を一挙紹介!第4期も大反響!

僕のヒーローアカデミア 4期

「個性」にフォーカスを当てた『僕のヒーローアカデミア』は、その能力の特徴でなく、登場人物たちもみな揃って個性的。ここでは、主な登場人物たちのキャラクターと、彼らに声を吹き込む各声優のプロフィールについて紹介していきます。

目次

アニメ『僕のヒーローアカデミア』のメインキャラクター&声優キャストを一挙紹介!

『僕のヒーローアカデミア』、通称「ヒロアカ」は、堀越耕平による同名の漫画を原作とした作品。2014年に「週刊少年ジャンプ」誌で連載が始まって以来、絶賛連載中の人気作品です。 アニメは、2019年10月より第4期が放送中。劇場作品も製作されており、2作目は2019年12月20日公開予定と、間もなく封切られます。 人々が「個性」と呼ばれる超常能力を有する世界。そこには「個性」で犯罪を行うヴィランと、それを取り締まるヒーローがいました。ヒーローの中のヒーロー、「オールマイト」に憧れた少年は、自らヒーローを目指すように。しかし、彼は個性が発現しない“無個性”というハンデを背負っていました。 周りからどんなにバカにされても、ヒーローを諦めない主人公。彼は見事に、多くのヒーローを輩出してきた雄英高校に合格し、ヒーローの道を歩き始めます。 この記事では、第4期までのメインキャラクター&声優キャストを一挙紹介していきます!

緑谷出久(みどりやいずく)/声優:山下大輝

雄英高校ヒーロー科1年A組に所属する、本作の主人公。ヒーロー名は、幼なじみからの悪口をそのまま取った「デク」。 能力を持たない“無個性”ながらもヒーローに憧れ続け、「ワン・フォー・オール」の能力を授けられます。その能力は身体機能の爆発的な強化。はじめは制御すらできませんでしたが、自身より格上のヴィランとの死闘を経て、徐々に能力解放上限を増やしていきました。 彼を演じている山下大輝は、 2014年の第8回声優アワードで新人男優賞を受賞した、アーツビジョン所属の人気若手声優。 代表作は、『弱虫ペダル』の小野田坂道や「ジョジョ」第5部のナランチャ・ギルガなど。高めの声が特徴的で、例に挙げたような少年役を多く務めてきました。デクに関しても熱い少年のキャラクターであるため、その相性は抜群です。

爆豪勝己(ばくごうかつき)/声優:岡本信彦

雄英高校ヒーロー科1年A組に所属する、デクのライバル。ヒーロー名はまだ決まっていません。 天才肌で、「1番」と「勝利」に執着する自尊心の塊。昔から無個性の緑谷を「デク」と見下してきましたが、徐々に精神的な成長を遂げています。個性は「爆破」の能力で、手のひらから出るニトロのような汗が爆破するというもの。因縁のデクとは、能力をぶつけ合う大ゲンカを何度も繰り広げています。 爆豪を演じるのは、プロ・フィットに所属する、名実ともに一流の実力派声優の岡本信彦。 「とある」シリーズの一方通行(アクセラレータ)をはじめ、狂気を見せるダークヒーロー的キャラクターを多く演じています。彼自身が「中二病」を自認していることもあり、この手の役はお手の物でしょう。他方、演技の幅の広さにも定評があり、『終わりのセラフ』早乙女与一のような心優しい青少年役もこなします。

轟焦凍(とどろきしょうと)/声優:梶裕貴

轟焦凍は、雄英高校ヒーロー科1年A組所属の特待生の1人。ヒーロー名は下の名前から取った「ショート」。 No.2ヒーロー「エンデヴァー」の息子で、卓越した個性と身体能力の持ち主。両親の能力を同時に受け継いだ「半冷半燃」が個性ですが、それが原因で父親を憎んでいます。体育祭でのデクとの闘いで諭されてからは、父親譲りの炎も使うように。能力は炎か氷の片方しか使えませんでしたが、個性伸ばし訓練により同時使用が可能。 人気キャラの轟を演じるのは、ヴィムス所属の超人気声優、梶裕貴です。 『進撃の巨人』のエレン・イェーガーをはじめ、毎クール彼の名を見ないときはありません。真っ直ぐな好青年から、『からかい上手の高木さん』の西片(にしかた)のような幼さ残る少年役まで、お芝居の実力は文句なし。轟のような言葉少ななキャラクターにおいては、そのクールさを一層引き出しています。

麗日お茶子(うららかおちゃこ)/声優:佐倉綾音

雄英高校ヒーロー科1年A組のクラスメイトで、ヒーロー名は「ウラビティ」。個性は無重力で、指先の肉球で触れた物を一時的に無重力状態にします。 声優はアイムエンタープライズ所属の佐倉綾音。「ごちうさ」のココア役などで有名な、超売れっ子声優の1人です。

飯田天哉(いいだてんや)/声優:石川界人

雄英高校ヒーロー科1年A組のクラスメイトで、ヒーロー名は「インゲニウム」。個性は「エンジン」と呼ばれ、ふくらはぎにエンジンが備わり、高速かつ長距離の移動が可能。 担当声優は、プロ・フィットに所属している石川界人です。演じてきた主な役として、『ハイキュー!!』の影山飛雄(かげやまとびお)などが挙げられます。

切島鋭児郎(きりしまえいじろう)/声優:増田俊樹

雄英高校ヒーロー科1年A組のクラスメイトで、ヒーロー名は「烈怒頼雄斗(レッドライオット)」。全身の皮膚を鋭く硬化させ、攻めにも守りにも強い「硬化」の個性を持ちます。 役を演じた増田俊樹は、トイズファクトリーの所属。「刀剣乱舞」加州清光(かしゅうきよみつ)など、多くの役で活躍する若手声優です。

通形ミリオ(とおがたみりお)/声優:新垣樽助(たるすけ)

通形ミリオは、雄英高校ヒーロー科3年、「ビッグ3」の1人。ヒーロー名は、「ルミリオン」。 現在No.1ヒーローに最も近い人物。元々は落ちこぼれでしたが、すさまじい努力を積み重ね、今に至ります。個性は透過の能力で、自身の実体を失くして通り抜けることで、ほぼ全ての攻撃の無効化が可能。死穢八斎會(しえはっさいかい)突入時は、オーバーホールと死闘を繰り広げています。 彼を担当している声優は、マウスプロモーション所属の新垣樽助。2000年から声優活動を続けている中堅声優です。演じてきた主な役は、『Fate/Zero』の間桐雁夜(まとうかりや)や『攻殻機動隊 ARISE』のトグサ役などが挙げられます。 よく知られる低音ボイスとはうってかわって、ミリオのようなひょうひょうとした役にも要注目です。

天喰環(あまじきたまき)/声優:上村祐翔

雄英高校ヒーロー科3年、「ビッグ3」の1人で、ヒーロー名は「サンイーター」。口に入れて食べた物の特徴を肉体で再現できる、「再現」の能力が個性。 彼を演じたのは、劇団ひまわり所属の男性声優、上村祐翔。「文スト」の中島敦や、『ヴィンランド・サガ』のトルフィンなどを演じてきました。

波動ねじれ(はどうねじれ)/声優:安野希世乃

雄英高校ヒーロー科3年、「ビッグ3」の1人で、ヒーロー名は「ねじれちゃん」。自身の活力をエネルギーに、強力なねじれた衝撃波を放つ「波動」が個性です。 彼女の声は、エイベックス・ピクチャーズに所属する声優、安野希世乃が担当しています。「冴えカノ」の加藤恵役をはじめ、数多くの役を演じる実力は確かです。

オールマイト/声優:三宅健太

オールマイトは、平和の象徴である「No.1ヒーロー」。本名八木俊典(やぎとしのり)。デクをはじめ、多くの者たちにとってのあこがれの存在です。 特徴的な髪形と分厚い筋肉を持った、アメコミヒーローのような風ぼう。強じんな肉体と個性を活かし、犯罪抑止に貢献してきました。彼の個性は、先人たちの努力を力として蓄積し譲渡する、「ワン・フォー・オール」。自身も先代から受け継ぎ、後継者としてデクに譲っています。 本作を象徴するオールマイトの役を演じるのは、アニメの他、数多くの洋画や海外ドラマの吹替でも活躍している、81プロデュース所属の三宅健太。 アニメでは、「ジョジョ第3部」のモハメド・アブドゥル役や『オーバーロード』のコキュートス役で有名。また、「タイムボカン」シリーズの悪者3人組の怪力キャラをたてかべ和也から受け継ぎました。威厳ある低い声は、オールマイトの強さと厳しさを見事に表現しています。

サー・ナイトアイ/声優:三木眞一郎

サー・ナイトアイは、オールマイトの相棒を務めたプロヒーロー。本名は佐々木未来。ヒーローインターン先として、デクとミリオを受け入れます。 背が高く細身で、スーツ姿が特徴的。ストイックながらユーモアを重んじる、度を越したオールマイトファン。個性は予知で、目を合わせた者の1時間先までの行動を見ることが可能です。治崎との闘いでは、長年探し求めた未来を変えるための結論に至っています。 演じる声優は、81プロデュースに所属する三木眞一郎。彼もまた百戦錬磨のベテラン声優です。 主なものとして、「ポケモン」のコジロウや『頭文字(イニシャル)D』の主人公、藤原拓海が挙げられます。声優に対する徹底したプロ意識を持ち、徹底的に役作りして芝居に臨む役者としても有名です。その声によって、サー・ナイトアイには確かに“命”が吹き込まれています。

ファットガム/声優:興津和幸

ファットガムはプロヒーローの1人で、本名は豊満太志郎(とよみつたいしろう)。何でも吸着して沈めることができる脂肪を持つ個性、「脂肪吸着」が武器です。 担当した興津和幸は、ケッケコーポレーション所属の声優。「ジョジョ」第1部のジョナサン・ジョースターほか、様々なキャラクターを演じ分けてきています。

オーバーホール/声優:津田健次郎

オーバーホールは、極道組織「死穢八斎會(しえはっさいかい)」の若頭。本名は治崎廻(ちさきかい)。数多く存在するヴィランの中でも特に大物の1人。 常にマスクを被ったいで立ち。ヒーローや個性を嫌い、個性をこの世から失くそうとしています。個性の「オーバーホール」は、対象の分解・修復を可能とする能力。これを使って「個性を消す銃弾」を開発し、個性の上に成り立つ世界を破壊しようとしています。 かなりの悪党である彼を魅力的に演じているのが、芸能事務所アミュレートに籍を置くベテラン声優の津田健次郎。 「遊戯王」の海馬瀬人(かいばせと)や『テニスの王子様』の乾貞治(いぬいさだはる)が代表作。声優だけでなく俳優としても活躍しており、テレビドラマから映画、舞台まで多数出演しています。独特のハスキーボイスは色気十分。

壊理(えり)/声優:小林星蘭

壊理は、死穢八斎會組長の孫娘。治崎(オーバーホール)の計画の最重要人物として、加担させられています。 計画のため、八斎會本部の地下に閉じ込められていました。彼女の個性は、人の時を巻き戻すという極めて特殊かつ強大なもの。触れる者の時間を際限なく巻き戻し続け、最終的には消滅させてしまうことも。治崎は自分の個性で彼女を分解し、その細胞と血を詰めた「個性を消す銃弾」を作り上げました。 彼女の声を担当したのは、テレビ番組にも多く出演するテアトルアカデミー所属の子役女優、小林星蘭。 声優としての経験はまだまだですが、子役として培ってきた実績は本物。『若おかみは小学生!』では主人公の関織子(おっこ)を見事に演じきっており、高い評価を得ています。今後、声優としての活躍も楽しみな、才能豊かな若手です。

オール・フォー・ワン/声優:大塚明夫

オール・フォー・ワンは、ヒーローたちに敵対する「ヴィラン連合」の黒幕。本名不明のため、個性名で呼ばれています。 ヴィラン連合の真の支配者として君臨する人物。彼の個性は、相手の個性を奪い取って与えたり、自ら使うことができるようになるというもの。オールマイトの「ワン・フォー・オール」と対をなす能力の個性です。宿敵オールマイトと幾度となく闘い、体の大半を失いながらも生きています。 彼を担当しているマウスプロモーション所属の大塚明夫は、この道30年以上のベテランで、必ずどこかで一度は聞いたことのある声でしょう。 2019年現在の深夜アニメにおいてもなお多くの役を演じています。しいて挙げるとすれば、『ブラック・ジャック』のブラック・ジャック、ARISEを除く「攻殻機動隊」のバトーなど。その他、ゲームから海外俳優まで持ち役は多数に及びます。

「死柄木弔(しがらきとむら)/声優:内山昂輝」

死柄木弔はヴィラン連合のリーダーで、本名は志村転狐(てんこ)。手で触れたものをボロボロに崩す「崩壊」の個性を持ち、オールマイト抹殺が目的。 演じた声優は、劇団ひまわり所属の内山昂輝。代表作は、『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のバナージ・リンクスなど。

荼毘(だび)/声優:下野紘

荼毘はヴィラン連合の一員で、本名は不詳。手のひらから青い炎を放つ能力を有していますが、個性名は不明です。 アイムエンタープライズの人気声優、下野紘が演じています。キャリア豊富で、『鬼滅の刃』の我妻善逸(あがつまぜんいつ)など。代表作は多数。

トガヒミコ/声優:福圓(ふくえん)美里

トガヒミコはヴィラン連合の一員で、本名はそのまま渡我被身子(とがひみこ)。他者の血を摂取して、その姿に変身する個性を持っています。 演じたのはシグマ・セブン所属の女性声優の福圓美里です。『ストライクウィッチーズ』の宮藤芳佳(みやふじよしか)や「To LOVEる」のヤミなどで有名。